2012年05月21日

金環日食

世紀の天体ショー、素敵でしたね。
札幌は朝から雲ひとつ無い快晴。晴れ
金環にはならず部分日食でしたが、珍しく息子達も早目に起きてきたので、登校前に皆で日食を見ることができました。
食の最大の時は夕暮れののようにやや暗くなり、空気もヒンヤリしていました。
月や太陽のさらに向こうに、プレアデス星団とも一直線に並んでいるのかしらん?と、はるか宇宙を想像して見ました。

今朝の地球暦さんからのメッセージです。

───────────────────────────────────
今日は、金環日食です。
───────────────────────────────────
地球号の巡る円盤に対して、月は5度の傾きを持っています。

そのため、新月や満月のように、太陽に対して直列しても毎回日食や月食となる
わけではありませんが、傾きの交わる“交点”で、新月や満月を迎えると、
太陽-月-地球の芯が重なり、串が通ったように地球の一部分に陰が落とされます。

地球に落された月の陰の中に入った場所では、太陽と月が完璧に重なって見えるため
日食となります。

今回は月の距離が40万5848kmとほぼ最遠値で、見た目に小さいため、
太陽が黄金のリングのようになって見えることから、金環日食と呼ばれています。

───────────────────────────────────
日本各地で観測されます
───────────────────────────────────
日食や月食は、地球上でも限られた場所、限られた時間に起きる天文現象です。

今回は、日本の龍体をなぞるように、太平洋側で多く観測することができます。
(日本海側では観測できません)
食の最大は、東京7:34、和歌山7:28、鹿児島7:22となっております。

太陽黄経60度の小満を迎えた朝の太陽に月が重なる一瞬、
日と月の2つの大きな針が重なり、時が一瞬静止するようです。

肉眼では黒いレンズを通しての金環の観測できますが、
木漏れ日の陰なども円形になります。

国内での金環日食は、1987年9月23日に沖縄で見られてから25年ぶりで、
次回は18年後の2030年6月1日に北海道となります。


次回はここ北海道なのですね。

6月4日には部分月食。
http://www.astroarts.co.jp/special/20120604lunar_eclipse/index-j.shtml
そして、6月6日には金星の日面通過も観られます。
天体ショー、目白押し。

金環と金星と『金』が続きますね。
友人が言っていた、「今年は金色のものを身につけるといいよ」の言葉を思い出し、金色のアクセサリーを引っ張り出して身に着けました。
今年は『金』がキーワードなのかも.....。






posted by マメコ at 10:41| 北海道 ☔| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。