2012年09月28日

映画『天地明察』

昨日、映画『天地明察』を観てきました。
なかなか面白かったです。
ただ、長かった。。。

出だしのテンポのいい展開が、特に良かったです。
ベテラン俳優さんたちの、味のある演技が光っていました。

時は、江戸時代前期。
主人公の安井算哲は、幕府の碁方。(将軍に囲碁を教える仕事)
出世や富には興味が無く、囲碁の傍ら、算術や星の観測に熱中する若者です。
そんな算哲に、若き4代将軍「家綱」の後見人である会津藩主/保科正之は、800年前に中国からもたらされた今の暦を改める(改暦)大仕事を命じます。
その当時使われていた暦は正確ではなく、致命的なのは食(日食)がずれてしまうこと。
当時の暦は、生活はもとより、宗教、政治、経済にまで影響を及ぼし、暦を司る者が国を治めるほどの重要な意味を持っていおり、その実権は朝廷が握っていました。
改暦の必要はないと突っぱねる朝廷と対立しながらも、算哲は10年以上の歳月をかけて、暦のずれの原因を突き止め、新たな暦「大和暦」を完成させます。

地球が丸いことも地動説も一般的に知られていないこの時代に、独自の暦を作ることがいかに大変なことだったか。
算哲の作った大和暦はのちに貞享暦(じょうきょうれき)として、朝廷に採用される事となります。
この貞享暦(じょうきょうれき)が、日本初の暦「和暦」となりました。

この映画は9.15から公開されていますが、日本中が沸いた、5/21の「金環日食」前後の封切だったら、さぞ盛り上がったでしょうね。
惜しいです。

個人的には、星の動きや太陽や月、地球の動きが、わかりやすい映像で表現されていたら、もっとスケールの大きなものになったのに、と少し残念に思いました。
贅沢かな?
もちろんALLCGでオッケーなので。
エンドロールで流れた映像の一部が、宇宙をイメージできて、この映画の中で一番好きだったりして。^^;

この映画を見ると、きっと北極星を探したくなります。
探し方はコチラhttp://hokkyoku-sei.netやコチラで。http://homepage2.nifty.com/turupura/guide/mark/hokkyokusei.htm
北の空です。
カシオペア(M字型)や北斗七星(柄杓型)を見つけると、わかりやすいようです。
お試しあれ。





ラベル:天地明察
posted by マメコ at 10:12| Comment(0) | 映画・ドラマ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。