2013年02月18日

オブロング・フレアブラウス

自分服第3弾。
MPLさんの「オブロング・フレアブラウス」。
ボートネックに近い、楕円の襟の開きです。
沢山の方が作っていらっしゃるのをブログで拝見し、
ずっと作ってみたいと思っていました。

P1100727(1).JPG

MPLさんのパターンはサイズがとても細かく分かれているので、
サイズの相談から始まりました。
まず、自分のサイズをあちこち測りまして、(これが結構辛い)
嘘偽り無く 正直に申告しまして、
サイズのアドバイスをいただきました。
それが夏のこと。
ようやくカタチになりました。

生地は、60ローンのサラっとした生地です。

P1100713(1).JPG

光にかざすと、こんなに薄いの。

生地幅が足りなかったため、7分袖から5分袖に変更しましたが、
この5分袖、何とも中途半端な印象になってしまいました。
何回か着たら、半袖にしてしまおう。
着丈は少し伸ばしました。

着物スリーブという、袖と見頃が一体になった面白いパターンです。
パーツは前身頃、後ろ見頃、見返しの3つだけ。
袖口から裾まで一気に縫ってしまいます。

あっという間に、とはいかないけれど、
それでも割りと早く縫えました。
仕様書がとても細かくて、ありがたいです。

この冬のハードな雪かきのおかげで、夏よりほんの少し体積が減ったのか、
ちょっと身幅が大きかったかな。
肩まわりは窮屈な事なく、着心地もなかなか良いです。
次回は、縫い代を気持ち大目にとって縫ってみよう。

P1100730(1).JPG

襟元は好みが分かれるところでしょうが、
私にはこのボートネック、似合わないような気がするナァ。。。
Vネックにしたらどうだろう。

似合う似合わないは、襟元が決め手ですよね。
年齢的にも、顔の印象からも。
あとは肩のあたりのボリューム。
そして、袖口。
こいういう部分的なアレンジの仕方が載ってる本があったら、是非欲しいものです。
自分流にカスタマイズ出来たら、きっと最高の1枚になるでしょうね。
そんなパターンに出会いたい。

何枚か洋服を縫ってみてわかったのは、
ロックミシンが必要だって事。
とりあえず本を買って、ロックミシンでどんな事が出来るのか
勉強しています。



ロックミシンの教科書

今のところ、縁かがりで何とかしのいでいますが、やっぱり欲しいです。
いずれニットも縫いたくなるでしょうし。

どうせなら、カバーステッチ機能の付いた機種にしたい。
ムキさんの本の機種とは違うけれど、欲しいのは決まってます。

怖くて言えないけど、言えないけど、言えないけど。。。
買ってよろしいか?





posted by マメコ at 10:04| Comment(0) | ソーイング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。