2013年06月21日

本日夏至〜!

今日は、夏至ですね。
札幌はあいにくの曇天で、肌寒いくらいです。
台風の影響で、日本列島どこもすっきりしないお天気でしょうか?

夏至は、北半球では太陽のエネルギーが一番強い日です。
光に満ちた日。
植物達もこの頃グンっと成長するそうです。
どうりで、最近の庭の草むしりは大変です。

1週間前に大方抜いたはずのタンポポが、いつの間にか勢力を拡大しており、
立派に育っています。
手で一つずつ抜くのもすでに限界。
そっちがそうくるなら、と今年初の「鍬」出動となりました。
鍬(クワ)で根こそぎほっくり返し、、鋤(スキ)でほぐす作戦。

かつて、亡き父が手塩にかけて手入れしていた芝生は見る影も無く、
タンポポとクローバーが巾を利かせる無法地帯になってしまった庭。
毎年この時期は、庭を見るのが恐怖でさえあります。
いっそのことウッドデッキにしてしまいたいけれど、冬場の貴重な雪捨て場でもある庭なので、
さてどうしたものか。。。


そんなこんなで、雑草抜きに気をとられていたら、
あっという間に夏至で、
あさって23日は、満月(スーパームーン)です。
月が地球に接近するので、大きなお月様が見られるようです。
つまりここ数日は、太陽も月もエネルギー全開ってことですね。

私は満月に向う時期は、どうもカリカリ・イライラしてしまうのを自覚しています。
感情の起伏には要注意です。
でも、月を眺めると、何故か落ち着きます。
月には倭人がいるそうですよ。(不思議な友人談)

最近強く感じるのは、私には倭人(縄文人)の血が流れているだろうということ。
もちろん多くの日本人が、倭人の血を引いていると思います。

私は東京生まれの神奈川育ちですが、
父方は薩摩です。ルーツは奄美らしい。
なので、うちの家族は皆、濃い顔立ち。
姉の結婚式の時姉の友人達が、父・姉・私・弟があまりに似ているから可笑しかったと
言っていた、と後から聞きました。
はたから見たら、金太郎飴のような家族に映ったのでしょう。

我が家の息子達は、ほどよく薄まりましたが、
弟のところの姪っ子たちはやっぱり濃くて、幼い頃の自分を見ているよう。(笑)

ご先祖様の血が今も流れているこの体。
ムーや縄文という言葉に惹かれるのは、魂のレベルなのか肉体なのかはわかりませんが、
何かを感じ取っているのでしょうね。

昨日の天下泰平さんのブログ、とても面白かったです。
天照大神様と瀬織津姫様のお話。
神話では天照大神様は女性として描かれていますが、
実際は男性ではないかと書かれていました。
今日の、「うさとの服」のさとううさぶろうさんのお話も最高です。
是非、読んでみて下さいませ。

他のブログでも、瀬織津姫様の興味深いお話を見ました。
瀬織津姫様こそが、龍体日本の龍神様で、地球の意識体。
つまり、母なる地球の意識(=ガイア)という事になるようで。。。

とにかく謎の多い日本ですが、そろそろ、本当にそろそろ何かが表に出てきそうな、
ワクワク感があります。
そろそろ、お願いします。

太陽と月のエネルギーをありがたくいただいて、
母なる地球に感謝して、
私達もエネルギー全開となるといいですね。
ついでに、『スイッチオン!』となれば最高〜。





posted by マメコ at 10:43| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。