2013年06月24日

マイケル♪

昨晩のスーパームーン、ご覧になりましたか?
札幌ではとてもきれいに見えました。
何度も外に出て、月光浴しました。
ついでに、「スーハー、スーハー」深呼吸。

明日、6月25日は故マイケル・ジャクソン氏の命日です。
夏至とスーパームーンが過ぎ、そしてマイケルの命日。エライコッチャ

私は「THIS IS IT」を観て、マイケルのファンになりました。
今までマイケルを誤解していたことに気づき、本を数冊読みました。
真実を捻じ曲げられ、心無いバッシングを受け続けていた事、
亡くなって初めて、マイケルの無念さを知り、
自分の無知を恥じました。

おなじみ、「Heal the World」には、何度も助けられました。
とてもしんどかった時期、きれいなメロディー、マイケルの優しい歌声は、
私のささくれだった心を落ち着かせてくれたものです。

ライブイン・ブカレストのDVDを初めて観たとき、「Heal the World」を歌う
マイケルの背中に羽が生えているように見えて、鳥肌がたったのを今も覚えています。
何かを超越しているかのような、神々しさがありました。




これは、スーパーボウルのハーフタイムショーの動画です。(ブカレストのが探せません。。)
世界中の子供達の絵が、とってもかわいい。


『GHOSTS』の神ダンスのマイケルは最高だし、
『リメンバー・ザ・タイム』の美しいマイケルには、うっとりしちゃうし、
『マン・イン・ザ・ミラー』も大好き。そうだね、まずは自分から変わろう。
『ブラック・オア・ホワイト』や『ゼイ・ドント・ケア・アバウト・アス』を聞けば、
マイケルが何と戦い、何を訴え続けていたかがわかると思います。




けがのため、椅子に座ったまま『リメンバー・ザ・タイム』を歌うマイケル。
なのに、こんなにかっこ良いなんて。。。


今日の遠い記憶・前世からの約束さんの記事、とても興味深かったです。
マイケルは、ミカエル。。。
うなずけますね。
唯一無二の天才アーティストでありながら、あれほどの苦痛を味わい、
戦い続け、そしてツアーを目前に旅立っていったマイケル。
沢山のメッセージを残してくれました。
マイケルの死をきっかけに、この世の不条理に気づいた人も多かったと思います。

もしも、肉体を持ったまま故人に会えるとしたら、
亡き父と、愛猫のタラちゃん♂と、そしてマイケルに会いたい。
マイケルは遠〜〜くからでもいいの、一目見るだけでも。。。

痛みも苦痛も何もない、ベストコンディションのマイケルの、
「This is it」が観たいナ。
想像しただけで、感動してしまう。

天使とマイケル、私の中ではぴったり重なります。






posted by マメコ at 11:33| Comment(0) | マイケル・ジャクソン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。