2013年07月29日

亀の恩返し

おととい、(27日深夜)BSプレミアムで
「亀の恩返し」というライブの模様が放送されていました。
音楽プロデューサー 亀田誠治氏ゆかりのアーティストが集結した、ライブイベント。

秦 基博君が出るので、録画予約して寝ました。

トップバッターは「スピッツ」。
震災の影響で草野マサムネさんがストレス障害になり、一時活動を休止していましたが、
お元気そうでした。
優しい歌声は健在。若返っている印象すら受けました。^^
そして二番手が秦君。この中では若手なのかな。
スガシカオさんのステージもカッコ良かったです。
豪華だゎ〜。

後半、草野さんと秦君とで原田真二さんの懐かしの名曲「タイム・トラベル」。
久しぶりに「タイム・トラベル」を聞きました。
35年も前の楽曲ですが、今聞いても、古さを感じませんね。
むしろ新鮮でした。
YOUTUBEで探してみたら、原田さんの「タイム・トラベル」ありました。



そうそう、この声、この感じ。
懐かしい。
原田さん、10代の時に作った曲だそうです。
天才ですね。
改めて聞いてみると、面白い歌詞にビックリです。
子どもの頃は意味もわからず、早口言葉のように唄っていました。
こんな歌詞だったとは。。。
作詞は松本隆さん。

街の外れの旧い館が 君の家、日の暮れる頃
呼び鈴押した 暗い廊下で君は無言の手招きさ
蕃紅花色の ドアを開けたよ
スフィンクスが眠る砂漠に君は立ち
下弦の月に照らされてたよ 北極星の真下に尖る
ピラミッド光の船を君はさす

時間旅行のツァーはいかが いかがなもの?
クレオパトラの衣裳の君が
時間旅行のツァーはいかが いかがなもの?
そうささやいた ああ夢の中 ああ夢の中

黒い自動車すれ違いざまマシンガン
ニューヨークではお祭りさわぎ
旧いラジオが奏でだすのはチャールストン
FBI もタップ・ダンス

時間旅行のツァーはいかが いかがなもの?
ハリウッド・クイーンまがいの君が
時間旅行のツァーはいかが いかがなもの?
甘い吐息さ ああ夢の中 ああ夢の中

最後の部屋は星降りそそぐ時の果て
幾千万の船が旅立つ
住めなくなった青い地球は窓の外
やがて小さな点に消えたよ

時間旅行のツァーはいかが いかがなもの?
突然夢がそこで途切れた
時間旅行のツァーはいかが いかがなもの?
ここは東京 君の手の中 君の手の中
時間旅行のツァーはいかが?



特にこの部分は、まるで
宇宙船天空に満つる日」の光景のようです。^^

「最後の部屋は星降りそそぐ時の果て
 幾千万の船が旅立つ
 住めなくなった青い地球は窓の外
 やがて小さな点に消えたよ」


なぜここで「タイム・トラベル」を演奏したのかと不思議に思っていたら、
スピッツがこの「タイム・トラベル」の他に、ユーミンの「14番目の月」や、
奥田民生さんの「サスライ」や、花*花の「さよなら大好な人」
などのカバー6曲を含む、アルバムを出していたことがわかりました。
なるほどね〜。


おるたな


早速レンタルしてきました。
ユーミンの「14番目の月」も大好きですが、スピッツの「14番目..」もとっても良かったです。
アレンジで、まるで別物。
ロックな「14番目の月」になってます。
かっこよくて、クセになりそう。



懐かしさと新鮮さがミックスされた、素敵なアルバムでした。







posted by マメコ at 09:45| Comment(0) | 好きな音楽 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。