2014年02月14日

ゼロ・グラビティ

オリンピックが盛り上がってきている今日この頃ですが、
昨晩、映画「ゼロ・グラビティ」をIMAX(3D)で観て来ました。
そろそろ終わりそうなので、駆け込み鑑賞。

untitled.bmpzero.bmp

:あらすじ:
スペースシャトルでの船外活動中に事故に見舞われ、宇宙に放り出されてしまった
ベテラン飛行士と医師。
2人が暗闇の恐怖と戦い、生きて帰還すべく壮絶なサバイバルに挑む。


登場人物(映像)は実質2人だけ。
映像が素晴らしかったです。
美しく、深く、絶望感がはんぱなく、
8割以上がハラハラする場面で、見終わった後の疲労感も凄かった。
90分間画面に釘付けで、映画の世界に入り込んでいました。
宇宙を、無重力を、孤独と暗闇の怖さを、擬似体験してきた感じです。

破片が飛んでくるシーンでは、思わず「ヒャッ」と声を出してよけてしまいました。
いやいや本当に驚いた。
オットも隣でよけていたらしい。
周りの人も恐らく...。^^;

観ている途中、不思議と体が軽くなっている感じがしたり
座席が揺れている感じがしたり、気のせいもあるのでしょうが、
ちょっと不思議な体感がありました。
ストーリーがどうというより、見どころはとにかく映像ですね。
あれって、どうやって撮影しているんだろうと思ったら、
こんな仕組みだったのですね。

http://matome.naver.jp/odai/2138846833735579801

なるほど...。

余談ですが、メガネも良かったです。
フィット感もよく、かけている煩わしさを感じない、よくできたメガネです。
字幕が通常より大きいので、メガネをかけていてもよく見えました。
この映画を観るなら、絶対大画面で。
出来れば、IMAX・3Dがおすすめ。








posted by マメコ at 10:52| Comment(0) | 映画・ドラマ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。