2014年02月28日

『かみさまとのやくそく 〜胎内記憶を語る子どもたち〜』

ドキュメンタリー映画
『かみさまとのやくそく 〜胎内記憶を語る子どもたち〜』が、
全国で自主上映されるようです。
公式サイトはコチラ http://norio-ogikubo.info/

この映画に出てくる産婦人科医、池川 明先生の本、


雲の上でママをみていたときのこと。を以前読みました。

胎内記憶を持ったまま産まれて来る子たちの、興味深いお話です。
雲の上から、どのママにしようかなと見ていた事。
自分で選んで下りて行った子や、神さまに決めてもらったと話す子。
とても神秘的で、感動的でした。
過去記事はコチラ

産道を通って産まれ出るとき、人は前世や過去の記憶を一旦消去して生まれる、と
聞いた事がありますが、中には記憶を持ち続ける子もいるんですね。
彼らが話す、自分が生まれてきた理由は、
「人の役にたつため」なのだそうです。
小さな子供達がそう話すんですよ。
私、誰かの役にたっているだろうか....?
ちょっと恥かしくなりました。

以前不思議な友人に、
アナタはご両親を選んで生まれてきているし、
子ども達は魂の幼いアナタを助けるため、アナタを選んで生まれて来てくれたんだよー、
そう言われました。
私だけじゃありません。
みんなそうやって、自分で親を選んで生まれて来ているのだとか...。
それをすっかり忘れているから、その頃の気持ちを思い出せずにいるから、
世の中おかしな事になっているのでしょうね。

不思議な友人は、前世の記憶も胎児の記憶もあるそうです。
すなわち、生まれてきた使命もわかっている。
きっと神様との約束を守っているんだろうな〜。
私は一体どんな約束をしてきたんだろう。
少しでも実行できているのかなぁ?


この坊やの話も、とってもかわいいです。





あいにく札幌ではまだ上映予定がありませんが、ぜひ観てみたいです。
これから出産予定のご夫婦にも、おすすめの映画だと思います。

追記(3.15)
札幌でも、4/5と6/26に上映会が行われるそうです。
情報ありがとうございました。
詳細はこちらをご覧下さい。






posted by マメコ at 10:52| Comment(6) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、古賀ともうします。

札幌で4月5日に先行上映会しますので是非起こし下さい。
30人限定なので事前申込が必要ですが日程があえばよろしくお願いします。

詳しくはホームページに記載しています。

http://www.yururun.com
Posted by 古賀里香 at 2014年03月14日 18:55

古賀様、はじめまして。
札幌上映会のご案内をいただき、ありがとうございます。
都合がつきましたら、申し込みさせていただきますね。

Posted by マメコ at 2014年03月14日 20:56
マメコさん、こんにちは。
1年分の確定申告、お疲れ様でした!(ちょっと時間がたってしまいましたが…)
ご紹介いただいた映画の上映会が今日、近所であったので、行ってきましたよ。
上記の動画の少年、映画に出てくる子供たち、「人の役に立つために生まれてきた」となんの迷いもなく言い切る姿に、生まれてきた使命を思い出すところから始めている私は首を垂れてしまいます…。
心に残る話、いろいろあったのですが、自分に響いたのは、子供がお母さんを選んで生まれてくるというエピソードで。大変な体験(?)をしたお母さんを幸せにするために、助けるために生まれてくるケースもあるそうで、私の母も、旦那の母も、肉親に関して悲しい体験があったので、はっとさせられました。未だ遠くに越していった娘を案じて週一の電話を欠かさない母ですが(笑)、今の時間を大切にしようと思いました。

そうそう、ついにあんこちゃんの本で、チョコレートビスコッティを作りましたよ! 天然酵母ならではの気泡も入り、カリッとしてて、おいしくできました。もう少し温かくなったら、ひぜ珈琲酵母に挑戦してみようと思っています。

とりとめなくすみません、最後にもう1つ!
「プレアデス+地球を開く鍵」を、先日読み終えました〜。今回は中古品で安く入手しました。訳者あとがきに「読んでるうちに何度も眠くなる」とあったのですが、ほんとに何度も睡魔に襲われました(笑)。私たち夫婦が描くこれからの生活のありかたで「コミュニティ」がひとつのキーワードなのですが、この件に関して、いろいろな方が語られていますが、90年代にプレアデス人が語っていたので驚きました。クラクラする刺激的な内容も含まれていましたが、今読んでよかったと思います。
勢いづいて今は「プレアデス+光の家族」を読み始めています。2012年からさかのぼっての25年間について書かれているようです。私は、だんだん「光の家族」であるような、その気になってきましたよ。あはは!

まだまだ思い出すには至れないのですが、
今世で体験してきたこと、印象に残っていること、好きだったことについては、すごく伏線があったのだという認識を深めている日々です。

春分の日も過ぎて、陽も明るくなり、むくむくとやる気が満ちてきた感じがします。
はぁ、長くなり、失礼しました〜。


Posted by チェリーセージ at 2014年03月23日 18:00
チェリーセージさん、こんにちは。

次男の高校入学準備&買い物に付き合わされて、
ブログを放置しっ放しの3月です。^^;

おぉっ、上映会行かれましたか。
私は来月初旬に観てきますね。

幼い頃から母が苦手で、苦しい事が多かったのですが、不思議な友人から、
自分で選んだんだよと聞かされて、「何故なんだ?」と思ってきました。
でも母の病気がきっかけで、不思議な友人がカミングアウトしてくれたのです。
降りてきたあの頃の純粋な気持ちを、初心を思い出したいなと思っています。

プレアデスの続編も全然進みません。
「かく語りき」の後に、勢いで読んでおけば良かったかな。
こちらは、ようやく気温がプラス+になってきました。
そろそろ冬眠から目覚めて、チェリーセージさんのように、サク・サク動きたいと思います。
いい刺激をいただきました。
いつもありがとうございます。
Posted by マメコ at 2014年03月23日 21:37
マメコさん、こんばんは。
4/6の記事、ようやくじっくり読ませていただきました。

先日美容院で担当してくれた女性が、スピリチャル系の話は好きとのことで、映画の「子供は親を選んで生まれてくる」という話をしたんです。すると、大きく一歩下がって驚かれ、次の瞬間「では虐待されて死んでしまった子供はなんで生まれてきたんでしょう」と。お互いの考えを話しました。さりげない会話の中で、誰かの制限された思考をちょっとでも解放に向かわせる灯を、ぽつん、ぽつんと灯していけたらいいなと思わせてくれた出来事でした。

まだ「プレアデス光の家族」を読んでいるのですが(笑)。「あぁ」と思わせられるフレーズがあちこち出てきます。3冊読んだ中で、いちばん自分の制限された思考を解放に向かわせてくれています。

どの世界を見ても、どの分野を見ても、同じような闇と光の攻防が展開されていて、
それに自分がどう向き合うか探しあぐねていたのですが、「闇は暴かれることによって癒される」というフレーズを見つけて、なるほど!と。

実は「癒し」という言葉はあまり好きではありませんでした。「リラクゼーション」的な意味合いで安易に頻繁に使われるのに違和感があったのかもしれません。
でも、魂レベル、それも銀河系宇宙レベルでみたとき、「癒す」ということは、とてもとても意味のあることなんだと分かり始めてきました。

丁度、細胞関係のニュースが注目されていますね。表のニュースに情報操作感を感じつつ、
情報操作にやっきになる勢力の心の闇に想いをめぐらせ、最後は彼らも暴かれ、癒され、真実が明らかになる時を待ちたいです。

起きていることに、丸め込まれず、ウオッチし続けよう!と、マメコさんの記事を読んであらためて思いました。

信州も、わたしの住んでいるあたりは、ようやく梅がほころび始めました。
今、庭に福寿草が咲いています!

桜の季節を楽しみに待ちたいですね。
Posted by チェリーセージ at 2014年04月11日 01:03
チェリーセージさん、こんにちは。
いつも素敵なコメントをいただき、ありがとうございます。

不思議な話を真面目にできる友人(ママ友)が2人に増えました。
意外な人が実はこういう話OKで、ビックリしつつも嬉しかったです。
切り出すのはとても勇気がいることでしたが、言えて良かったと思っています。
彼女たちを不思議な友人に繋げました。
実は子ども同士が友だちなので、(子どもたちは何も知りません)
話していいものか散々悩みました。(一人は2年以上迷いました)
これからは諸々いい方向に流れていくだろうと安心しつつ、逆に私が勇気付けられています。

受け入れてくれる人は確実に増えていますね。
美容師さんもチェリーセージさんとの会話で、何か感じとってくれたのではないのでしょうか?
ささやかなきっかけが、実はとても大事な事だったと後から気づく事もありますね。

stapの件は私も情報操作を感じます。
都知事選の頃、散々騒ぎたててこの話題一色にしておいて、今になって突然梯子を
外された感じ。
何かの思惑を感じずにいられません。

「癒し」「愛」などの言葉、どうも苦手です。
どれも私の中にないものだから、アレルギーを起こすのかもしれません。
殺伐としてる〜。^^;


Posted by マメコ at 2014年04月11日 10:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。