2014年12月26日

すったもんだの年の瀬の、ご褒美

クリスマスも終わり、
今年も残すところあと6日。
ひゃー、年賀状まだ書いていない。

ここ数日店のオンラインショップ(サーバー全体)にトラブルがあり、
ご注文が完了しない事態が起きていました。
参ったなと思っていたら、今度は主人の通勤用の車がバッテリー上がり。
今朝出勤しようと思ったらエンジンがかからない。
先日の別の車のバッテリー上がりも、下手人は主人。(オイオイ)
50代半ばのおっちゃん、どうもこのところ不注意が多くて困ります。

シッカリシテクダサイナ。

この一連のナンダカンダは一体何なんでしょ?
私が全部呼び込んだ不運なのか、それとも主人に何かあるのか、たまたまなのか?
今日、ようやく新しいボイラーが付くので(1週間待ち)、
それが終わってから、またJAFさんを呼ぶのが気が重くて。
(10日の間に二度も呼ぶって、いかがなもの?)

もう嫌になっちゃうなと思っていたところに、「お届け物です」。
注文していたマイナス電子の治療器が届きました。

P1150118(1).JPG
(タカダイオン電子治療器)

B5くらいの大きさ。
中学時代捻挫した時に通っていた、接骨院にあったような少々レトロな趣。
イオンを語る機器は様々出ていますが、
タカダイオンは60年も前に作られ、そして今も作り続けられている製品です。

この機械は、マイナス電子を大量に発生させ(1869億個)、(直流で)効率的に体内に
取り込むことが出来、取り込まれたマイナス電子は体内にある活性酸素と結びつき、
分解・除去させるようです。
もう少し簡単に言うと、電子を奪われた細胞(酸化)に電子を与えて活性化(還元)し、
それによって、ミトコンドリアがATPをせっせと量産し、
病気を改善し健康維持につながるという事のよう。(あってるかな?)

P1150079(1).JPG

マイナスイオンや電子負荷療法に関する書籍を読み、

P1150125(1).JPG

販売元の所長さんから電話で色々とお話を伺い、
十分納得して購入に踏み切りました。(私的には、清水の舞台もの)

このタカダイオンを知った時、姫川薬石と出会った時と同じようなピピピ!がありました。
そのしくみというか原理に納得。
珍しく今回は主人も乗り気で、
自分たちへの1日遅れのクリスマスプレゼントとなりました。

健康維持&病気予防のために、お正月休みにかけてじっくり使ってみる予定。
ネジの緩んだ、ボケボケ連発のオットにも利くといいのぅ。
母の血圧安定や鬱の改善にも大いに期待。

来年の我が家のテーマは、
「老いも若きも、ミトコンドリアを活性化して元気に!」 
です。
ミトコンドリアの過去記事はコチラ

一般的にはあまり知られていない治療器ですが、我が家には治験対象者が
ゴロゴロいるので、あれこれ試してみるのが楽しみ。(みんなが実験台^^)






posted by マメコ at 11:42| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。