2015年02月24日

アイロン台のカバー

アイロン台のカバーがボロボロになってきたので、
作ってみました。

P1150518(1).JPG

15年ほど前に通販生活で購入した、斉藤さんの立体アイロン台。
シャツのアイロンがけがしやすく、我が家では大変重宝しています。
頻繁に使うからか、2〜3年でダメになってしまうシーチングのカバー、
破れたらその都度買い換えてきました。

P1150483(1).JPG

折角ミシンを踏む気になってきているので、ここはひとつ作ってみよう。
古いカバーから型を取って、布を裁断。
生地はMPLのオブロングブラウスを縫った時の余り布。
立体なので難しいと思っていましたが、よく見るとなんてことはない作り。
表は1パーツ、裏は4パーツ。
縫い合わせてゴムを入れたら完成。

若干ダブついておりますがツルツルした生地のおかげで、
シャツもスルッとセット出来て快適です。

脚の滑り止めのゴムも交換。
アイロン台がすっかり若返り、節約にもなったと自画自賛。^^





posted by マメコ at 12:23| Comment(0) | ソーイング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。