2015年05月18日

深宇宙探訪記

「深宇宙探訪記」上・中・下3部作を読みました。

P1160195.JPG

1回延長して計4週間、必死に読んだのですが、
『下巻』の30ページくらいを残して時間切れ。
泣く泣く返却しました。
『下』だけまた借りよう。
とにかく長かったー。

3冊それぞれ主人公が違います。
『上』はマゴッチ氏の体験記。
UFO目撃から、自分の意思によるUFOへの搭乗&操縦、
そして母船への搭乗などが淡々と綴られています。
まるで「アミ小さな宇宙人」の大人版のような印象でした。
『中』はバズアンドリュースの体験。SF映画のような展開。
『下』はロシア人マイカのストーリー。
彼は大昔に起きた宇宙戦争に於いて「善」の中心的役割だった人物。
『中』と『下』は、彼らの体験をマゴッチさんが聞き取り、書いたものです。
この3人の男性は、それぞれ別の場所で小型宇宙船に乗り、
地球外の存在の手引きにより同じ母船に乗り合わせています。(この時点では面識なし)
そして、母船から飛び出した旅の先で、
目が眩むほど眩しい金白色の光の存在と対面する、というストーリー。
(ザックリ過ぎるか...)

今回読んだのは『深宇宙探訪記』3部作ですが、
『上』『中』は『オスカー・マゴッチの宇宙船操縦記』と内容が同じかも
知れません。

ダウンロード (1).jpg  41vIQYgB0kL._SY344_BO1,204,203,200_.jpg



私が「宇宙探訪記」に夢中になっている頃、
主人は映画『ガーデイアンズ・オブ・ギャラクシー』を借りてきて見ていました。

ダウンロード.jpg

登場人物もストーリーも全く違いますが
『ガーディアンズ(守護者)』でシンクロしていた事が、妙に可笑しかった。

本山よろずや本舗さんでも紹介されています。
宇宙の友人たちという項目にあります。http://homepage2.nifty.com/motoyama/
宇宙に惹かれる方には興味深い本かもしれません。

この本に書かれているのは、
物語ではなく『体験記』なのでしょうね。






posted by マメコ at 09:30| Comment(0) | 読書記録+おすすめの本 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。