2015年12月04日

リジュベラック?

『リジュベラック』という言葉を今日始めて知りました。

穀物を水に浸けておくと、菌による発酵作用により醗酵液ができる。
この液が「リジュベラック」と呼ばれているものらしい。
リジュベラックには、還元力があり、水素が含まれているとか。
そして、弱酸性。
(胃は酸性なので、弱酸性だという事が大事みたい)

お米の研ぎ汁やお米を浸した水(24時間ほど放置)から、
水素が発生していると、あちらこちらで話題になっていました。

本当ですかい?
研ぎ汁から水素水が出来る?

@ ゴールドコーストde食事療法さん http://sekokiti.partisapp.com/?eid=158
A ナチュラルキッチンセサミさん  
http://ksesame.exblog.jp/tags/%E6%B0%B4%E7%B4%A0%E6%B0%B4/
B リジュベラックの作り方

『ガンの特効薬はミトコン...』さんでも取り上げられています。http://16296315.at.webry.info/201512/article_2.html

コレ、本当なら凄い話。
お米の研ぎ汁は3番汁(?)くらいがいいらしい。(一番汁は酵母菌優位だとか)
本当に水素出てるのか?って、確かめたくなりますねー。
そんな時には、酸化還元電位計で計る事が出来るのだそう。

こんなものまで、売られてる〜。




手当たり次第に計っしまいそうです。(知らないほうがいい事もあるかも)


震災以降、お米の研ぎ汁から豆乳ヨーグルトを作っている方多いですね。
最近では豆乳に玄米チャポンでOKなんて簡単な作り方もあるようで。

私もかつては豆乳ヨーグルトを作って食べていました。
豆乳も大豆から手作りしたけれど、家族には不評。
仕方ないので1人でせっせと食べてましたが、大豆のとりすぎは良くない気がして、
途中でやめました。

豆乳ヨーグルト以外で他にないかと探していた時に、
たまたまテレビで見たのが水キムチ。




この本では上新粉(お米の粉)を使って作ります。
お米の研ぎ汁ではありませんが、上新粉もお米だし、
醗酵させるプロセスは似ているように思います。

クックパッドで、水キムチをお米の研ぎ汁から作っている方を発見。
http://cookpad.com/recipe/1308514
皆さん、あれこれ試していて、素晴らしい。
感謝・感謝です。

研ぎ汁を醗酵させると匂いが出るので、そのまま飲むのには抵抗がありますが、
味を漬けたお漬物としてなら、気にせず食べられそうです。
水キムチはお汁も残さず飲むのがいいらしい。
塩にもちょっとこだわって、ヒマラヤ岩塩(食用)など使ったら尚goodかも〜。

水キムチとリジュベラック、早速作ってみましょ。







posted by マメコ at 11:43| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。