2015年12月29日

たまご

この夏、思いもよらぬ珍事に遭遇し、ちょっと参ってしまったものですから、
秋以降、カラダに良さそうな事を試してみたり、自然の中に身を置いてみたり、
オットの助けを借りて、リハビリに励んできました。
そういえば、またおかしな電話がかかってきてたなぁ。ほんと、困るな。

冷えの改善や自律神経の調整に「陶板浴」に通い、
水の大切さに今更ながら気付き、
水素の偉大さを知り、
塩不足にも気付き、
『塩』繋がりで、美味しいタマゴに出会いました。


PC271301(1).JPG


清田の有明にある永光農園さんの平飼いの有精卵。
自宅から永光農園さんまでは、車で30分ほどの距離。

一度目はあいにくの定休日(水曜)で、自販機でタマゴのみ購入。
10個で450円。(いつも買っている卵の倍ちかい値段ダ!)

PC231268(1).JPG

この時、たまたま自販機小屋でご一緒したご婦人から、
「ここのシュークリームとプリン、とっても美味しいのよ〜」と耳寄りな情報を
教えていただいたのでした。

オットと再度訪問。
永光農園さんは、卵の販売の他にお菓子の販売(コッコテラスさん)と、
お蕎麦屋さんもされていました。

「農園の四季」さん
PC231270(1).JPG

10割蕎麦を出されているようで、蕎麦好きのオットが素通りできるわけがなく、
もり蕎麦をいただきました。

PC231263(1).JPG

つなぎを使わない10割蕎麦って、ボソボソした記憶があったのですが、
こちらは更科で、ツルツル、とっても喉越しが良い美味しいお蕎麦でした。

PC231260(1).JPG

自家製トマトソースとお醤油でいただく、
厚焼き卵も絶品でした。

※ 「農園の四季」さんは、1月・2月はお休みだそうです。


そして、かのご婦人が大絶賛されていた、シュークリームとプリン、
更にサクサクカスタードを、コッコテラスさんで購入。(念のため予約しておきました)

PC231267(1).JPG

クリームを充填してから「1時間以内にお召し上がり下さい」との事なので、
車中でまず1個食べてみました。(喫茶コーナーもあります)


PC241274(1).JPG


シュー生地がパリッパリのサックサク。
カスタードは甘すぎず丁度良くて、とっても滑らか。
シンプルで、とても美味しいシュークリームです。
タマゴが美味しいと、こうも違うのか。
これで120円って、ちょっと凄いと思いました。

http://nagamitsufarm.com/cocco/cocco-items/

時間が経つと、シュー生地が一般的な食感になってしまうので、
やはり出来たてを味わうのがおすすめです。

プリンも噂通り、絶品でした。

PC241289(1).JPG


パイ生地のサクサクカスタードもクリームたっぷりで美味しい。

PC241280(1).JPG


どれもまた食べたくなる美味しさでした。
今度はシフォンケーキも食べてみたい。
雪道の運転怖いけど、ガッツで買いに行くかな〜。

さて、何故に平飼いの有精卵を求めたか、ここからが本題です。^^

塩について興味を持ち、
現代人は塩不足という話から、一倉定氏の「生食と人体」という本を読みました。

この本の中に「卵醤(らんしょう)」(タマゴに醤油)というものが出てきます。
塩不足により起きている様々な不調に、効果抜群の療法なのだそう。
全卵一個に、殻の半分にお醤油をなみなみ入れたのを混ぜ、
「飲む」という、ちょっとワイルドな食し方。
卵は有精卵に限り、正しく作られたいいお醤油を使うことを勧めています。
おすすめの醤油は、近くの自然食のお店でも扱っていました。


丸島 濃口醤油 900ml

卵醤を試す為に有精卵を探して、永光農園さんに辿りついた次第です。
コッコテラスさんでは、と同じお醤油も売られていました。
これって、卵醤セットだよね、とオットとヒソヒソ。^^

最近お疲れ気味の、バリバリ陰性体質の長男のために、
まずは私で実験。
最初は4日連続で飲み、後は週に1個程度を続ける。
「稀に吐く場合もある」なんて書かれているので、内心ビクビクです。
夕飯の時に飲んでみました。

有精卵は白身の割合が多い印象。
お箸でといても、なかなか白身がほぐれません。
殻半分にお醤油を注いで卵に混ぜると、卵が真っ黒に。オヨヨ。
新鮮だからか全く匂いは気にならず、しょっぱいのだけを我慢できれば、
意外や意外、スルスルと飲み込めました。
オットは醤油少な目で半分だけ飲んで、残り半分は卵かけご飯にしていました。(←これは邪道)
卵飲みの4日間は無事終わり、これからは週一ペースで続けます。

人生初の、生卵一気飲み。
大人になったのか、何かを捨てたのか、やや複雑な思いがしないでもありませんが、
思っていたより抵抗はありませんでした。

塩分というのは、ちゃんと体に許容範囲があるらしく、
ある一定の量に達したら、自然と受け付けなくなるものだそう。
その点が砂糖とは違うので、摂りすぎは心配しなくていいようです。
自分の体の声を聞きながら、無理なくやればいいのでしょうね。

卵醤を飲み始めたからなのか、
リコエンザイムソルトのお風呂に入っているからなのか、
米の研ぎ汁還元水を飲んでいるからなのか、
陶板浴に通っているからなのか、
浄水器を付けたからなのか、
タカダイオンを1年使っているからなのか、
いつもの冬より、幾分冷えが治まり、肌の調子(カサつかない)もいい感じです。

ただ、この中のどれが効いたのかはわかりません。
タイミング的には、卵醤かリ・コエンザイムソルト(お風呂&摂取)かなとも思うし、
テラヘルツ波の陶板浴効果なのかも知れません。

いずれにしても、いい変化があるのは励みになります。








posted by マメコ at 11:33| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。