2016年05月07日

ミニ旅 登別編 

お久しぶりです。

GW後半(5/5〜6)に、オットと登別(のぼりべつ)へ出かけてきました。
一般道を走って2時間弱の距離。
天気予報はあまり良くなかったのものの、
意外や意外、現地では青空も出て良いお天気でした。
『ツイテル・ツイテル♪』を連発しながら、
支笏湖(しこつこ)〜 苫小牧(とまこまい)を抜け、
虎杖浜(こじょうはま)でタラコ屋さんに立ち寄り、目的地の登別(のぼりべつ)へ。

登別は、温泉の湯量・種類ともに北海道NO.1と言われる温泉地です。
中でも地獄谷が有名。そしてクマ牧場も。(こちらは割愛)
途中桜のトンネルと言われる桜並木を通りました。

P5051832(1).JPG

満開には少し早かったようで、5分咲きくらいでした。

坂を更にグングン上って行くと、登別温泉の一大ホテル郡が現れます。
沢山の人(外国人も多数)が歩いていて、大賑わい。
一番上の駐車場に車を止め、「地獄谷」散策へ。


これは、これは。

P5051809(1).JPG

P5051799(1).JPG

P5051801(1).JPG


茶褐色の岩肌と硫黄の匂い、噴出す水蒸気。
地獄谷は、まるで映画のセットの中にいるような異空間。


P5051815(1).JPG


木道が続いていて、奥まで行かれます。


P5051806(1).JPG

数分おきに激しく噴き上げる水蒸気。

P5051812(1).JPG


地獄谷を一通り見てまわった後は、お楽しみの天然足湯へ。
大湯沼まで車で移動し、足湯の川まで徒歩で7〜8分くらい。
沢へ下りて行きます。

P5051824(1).JPG P5051827(1).JPG


温泉が流れる川。
湯気のあがる川。
ここは、世界唯一の天然温泉が流れる川の足湯だそう。

IMG_2857.jpg

祝日だったので流石に混んでいましたが、それでも上手い具合に入れ替わっていました。
中国語はもちろんこと、韓国語・ベトナム語までも飛び交う〜。^^
備え付けのマットをおしりの下に敷き、しばし川に足を付けてホッコリ。
熱過ぎずぬる過ぎずの、丁度いい湯加減でした。
紅葉の頃も風情があっていいでしょうね。

さぁ、撤収。
今夜のお宿がある、虎杖浜(コジョウハマ)へ向かいます。(車で20分くらい)
海の近くのお宿。
海を眺めながら露天風呂に入れる、というのが決め手でした。


部屋からも海が見えます。

P5051835(1).JPG

少し辺りを散策しに出てみました。

P5051839(1).JPG

P5051850(1).JPG


夕食の前に、お風呂へ。
海を眺めながら露天風呂にノンビリ入っていると、
鹿が一頭、近くを横切っていきました。
地元のおばちゃん達曰く、「おや、今日は単独行動だね」と。
いつもは群れで通って行くのだとか。
海の近くに鹿がいるのが、少々意外。


さて、お楽しみの夕食。
お部屋でいただきました。

P5051855(1).JPG


上げ膳据え膳で、それはもう極楽。
海の幸が美味しく、
1時間半ゆっくり時間をかけて、お腹一杯に。
今頃息子とばあちゃんは、カレーを食べている頃か。^^

夜になると海に漁船が沢山出ていて、一列に並んだ船の灯りがきれいでした。
空には満点の星。明日も晴れるかな?
そして、庭先で何やらゴソゴソ動く影。(誰だ?)

明朝は早起きして、日の出(4:25)を見ながら露天風呂に入ろうと、
早めに就寝しました。

2日目に続きます。






posted by マメコ at 09:42| 北海道 ☔| Comment(0) | 北海道 LOVE | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。