2016年06月18日

燻製作り

ずっと雨で、なかなかDAYキャンプにも行かれないので、
ガレージで初めての燻製作りに挑戦。

キャンプで、一度やってみたいと思っていた燻製。
初心者でも失敗がないのは、玉子やチーズだとか。
慣れてきたら是非作ってみたいのは、王道のベーコン。
サーモンや手羽なんかも美味しそうだナ。

まずは燻製器選びから。
色んな種類が出ていて迷いましたが、
割れる心配がなく、軽くてコンパクトで、尚且つお手ごろ価格の、
キャメロンズ ミニスモーカー(ステンレス製)にしました。

P6172184(1).JPG


長方形で、ベーコン用のバラ肉が収まるサイズというのも決め手に。

P6172186(1).JPG

フタがスライドします。

P6172188(1).JPG
(ヒッコリーのチップが付いてきました)

初回なので、オーソドックスな桜のチップを使います。
鍋の底に、汚れ防止のアルミホイルを敷き、大匙1.5杯ほどのチップを中央に盛ります。

P6172192(1).JPG

この上にトレーをかぶせ、網を乗せ、具材を並べます。
ちくわとウインナーと、カマンベールチーズと玉子。
玉子は、煮玉子と塩をもみ込んだのと2パターン。

P6172191(1).JPG


始めは強火。
煙が出てきたら、弱火にして10分。
具材が汗をかくので、何度かフタを開けてキッチンペーパーで水滴をふき取りました。
(水分は煙と反応して、酸味になってしまうのだそう)

10分後、それらしく出来上がりました〜♪

P6172195(1).JPG

出来立ては煙の匂いが少し強いのですが、
時間がたつと馴染んできて、独特な燻製の香りに変化しました。
塩をもみ込んだ玉子がとっても美味。
ウインナーは息子達が喜びそう。

P6172201(1).JPG

カマンベールもウマウマ。

風が強い中強行しましたが、初めてにしては上手く出来たように思います。

次は豚バラの塊肉を買ってきて、自家製ベーコンを作りたい。
ベーコンの作り方も様々あるようですが、
まずはキャメロンズで出来る、簡単なやり方で。

強めに塩コショウをして三日間冷蔵庫で寝かせ、
40分ほど燻せば出来上がるとか。
そんなに簡単にベーコンが?と思うのですが、
どうやら本当に出来るらしい。

オットがやる気満々なので、
近いうちに自家製ベーコンが食べられそう。

調味料(お醤油とか)も、燻す事が出来るとか。
色々試してみたくなります。






posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| キャンプ道具 | 更新情報をチェックする