2016年06月21日

オットマン+クッション

今日は夏至ですね。
陽が極まる日。
太陽のエネルギーが一年で一番長く届く、パワフルな一日。
庭の宿根草も、亜麻も、雑草も元気いっぱいです。^^
今日は、太陽が顔を出してくれるといいのですが。

さて、先月のDAYキャンプで、
オットマンがあればもっと快適に寛げるね、という話になりました。

小ぶりな折り畳みチェアをオットマンとして使うことにし、
Adirondack(アディロンダック) マイクロチェア を購入しました。

P6202209(1).JPG

オットはダークブルー、私はレッド。
ダークブルーは、くすみのあるブルー。(やや地味な色)
レッドは、とても良い色です。
オットもこちらを気に入っている様子。^^

似たようなデザインの椅子は他にもいくつかあったのですが、
アディロンダックのマイクロチェアは、何より丈夫そうなところが決め手となりました。
クチコミ通り、安定感バッチリ。
ゴールドのフレームもカッコイイ。


P6202212(1).JPG


550gと軽く、コンパクトにたためるので、携帯性もバッチリ。
ハイキングにも気軽に持ち出せそうです。


P6202255(1).JPG


オレンジの収納袋もnice!


P6202260(1).JPG


P6202272(1).JPG


火起こしの時も使える。

ただ、ONWAYのコンフォートチェアに合わせてオットマンとして使うには、
高さ31cmのマイクロチェアは、少し低かった。

P6202218(1).JPG


P6202215(1).JPG

このままでは、足が下がってしまう。
おまけに、生地のテンションが高いので、
長時間の使用では、ふくらはぎが当たって少々痛くなります。
惜しい。

どうしたものか。
クッションを乗せてみたり色々試したのですが、
クッションだとずり落ちてよろしくない。
いっそのこと底上げする?

悩んだ末に、取り外し可能で固定出来るクッションを作ることにしました。

家にあったウレタンのクッションベースの厚・薄を一枚ずつ。
それでもまだ低いので、
廃棄予定だった低反発マットのへたりの少ない端部分をカットし、3枚重ねに。
これで、9cmの厚みが確保出来ました。


P6202221(1).JPG


P6202223(1).JPG


一番上を低反発マットにすると、もっちりして気持ちいい。


11号ハンプでカバーを縫いました。

P6202225(1).JPG


裏側でマジックテープで止めて、椅子に固定しています。

P6202228(1).JPG


P6202233(1).JPG


汚れたら、カバーだけ洗えます。


P6202277(1).JPG


比べてみるとこんな感じ。

P6202251(1).JPG


P6202254(1).JPG


P6202237(1).JPG


使っているうちにへたってきたり高さが合わないと感じたら、
中身を入れ替えることが出来る、アバウトな作りのクッションです。
もう1つは、もう少し丁寧に作ってみよう。

早く外で使ってみたいのですが、5月の好天とは対照的に、6月は雨続き。
梅雨がない北海道にも、蝦夷梅雨(エゾツユ)と言われる雨季があります。
今年は少し長い...。
お日様カモーン。





posted by マメコ at 06:00| 北海道 ☔| キャンプ道具 | 更新情報をチェックする