2016年09月26日

秋のご馳走

栗の渋皮煮を作りました。

一晩水に漬けると、半分くらいが浮いてしまいました(使えない)。
諦めきれず、浮いた分の鬼皮を剝いてみたけれど、
ブカブカしていたり色が悪かったりで、やはり使い物にはなりません。(TT)

元々300gと少なめだったのが半分になり、使えるのはわずかに12粒ほど。
鬼皮を剝くと、正味は170グラム分弱。オヨヨ
割らないよう慎重に、重曹を入れて3回、その後3回ゆでこぼしました。
更に砂糖を入れてコトコトと。

P9142786.JPG

ほっくりした秋の味覚。
大事に大事にいただきました。

今回、渋皮がきれいに取れなかったのですが、重曹の量が少なかったのかな?
前回のと比べてみると、随分違う。(過去記事

P1090943(1).JPG



お次はいくらの醤油漬けを。
我が家ではだし醤油と焼酎で漬けます。


P9142788.JPG

立派な筋子。

P9142789.JPG

専用網の上でコロコロ。

P9142792.JPG

この網を使うと、お湯に漬ける必要もなく手早く簡単に筋が取れます。
年に一度しか出番がないけれど、この網は必需品。

翌日には食べられます。
美味しくて、ご飯が止まりません。


先週、とうもろこし狩りに出かけました。
場所は、札幌南区の八剣山の麓にある、

P9152798.JPG

八剣山果樹園さん。

P9152799.JPG


今年で3度目になる、とうもろこし狩り。
こちらのとうもろこし狩りは9月初旬からなので、ずっと楽しみにしていました。
ところが残念な事に、
天候不良のため殆ど育たず、今年はとうもろこし狩りは中止とのことでした。

苗植えの時期に低温が続いた影響で、育ちが悪かったそうです。
更に台風の影響で倒れたところを、カラスにやられてしまったとかで...。
確かに、畑に目をやると、例年の半分くらいの背丈しかありません。
無農薬で甘くて、新鮮なとうもろこし。
スーパーで見かけてもずっと我慢して素通りしてきただけに、残念。
また来年を楽しみにしています。


この八剣山の数日後、
長野から新鮮なとうもろこしが届きました。

P9212840.JPG

そうだ、そうだった。
我が家にはとうもろこしの望みがまだ残されていた事を、すっかり忘れていました。
送り主は、オットのサラリーマン時代の同期のTさん。
野辺山で農業と貸し別荘と、何やら面白い事をやっていらっしゃるお方。

今年もまるまる太った美味しそうなとうもろこしを届けてくれました。
アリガトウ、アリガトウ。
粒揃いで甘くて、とっても美味しかったですよー。
ごちそう様でした。

コーヒーをお送りしますから、待っていて下さいね。







posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 美味しい北海道 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。