2017年01月06日

おめでとうございます

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

昨日までお休みをいただき、のんびり過ごしていました。
元旦は初日の出を見にちょこっと外に出て、
ひと眠りしてからおせち。

今年は、毎年作っていた『炒り鶏』をやめました。
オットも私も好きなのですが、息子たちに不評で毎年残ってしまうのです。
「少しだけ作る」が苦手で、いつもドーンと出来上がる炒り鶏。
結婚してからずっと作り続けてきたので、いざ作らないとなると淋しいけれど、
替わりになりそうなものをCOOKPADで探して、
今年は生春巻きと煮豚にしました。


P1013472.JPG
チリソースも手作り。


P1013471.JPG

煮豚(肩ロース)は圧力を掛け過ぎたようで、ちょっとホロホロになりましたが、
玉ねぎのソースが美味で好評でした。

他に、お雑煮といつもの栗きんとんや黒豆などなど。

食後は「一年の計は元旦にあり」で、
オットと今年の計画や希望について話し合いました。

我が家には受験生がいるため、人込みへ出かけるのはなるべく控えまして、

2日はゴロゴロしながら駅伝や映画三昧で、
3日は公園でウォーキング、
4日は日帰り温泉、
5日に初詣に出かけて、帰りに人気のおうどん屋さんに寄って。

雪かきも殆ど必要なく、穏やかな年始を過ごせた事に感謝です。

初詣のおみくじは、オットは毎度の大吉で、私は末吉。
この末吉が、実に私にピッタンコな内容でした。
オットの大吉に負けていないって思えるくらい嬉しい内容で、
確か、『自由になって苦しみを逃れて、楽しみの多い身となる運』とか書かれていました。
有難くて、勇気凛々湧いてくる、そんなメッセージ。
オットも、「おっ、いいじゃない、〇〇〇にピッタリじゃないか」って、
二人してこの末吉に喜んでいました。^^
結んできちゃったけれど、持って帰ってくれば良かったゎ...。

療養中の母を横浜の姉がしばらく看てくれることになり、
昨年の秋に迎えに来てくれました。
こちらは雪で閉ざされる時期が長いので、
少しでも体を動かせるように、場所を変えて刺激を与えて、
そして私を休ませるため、など色々考えて動いてくれました。

やらなくちゃが無くなり、おかげで心身ともに楽になりました。
のんびりと気楽なお正月が過ごせたのも、姉や義兄のおかげです。
感謝・感謝。

今年も「毎日を機嫌よく過ごす」を意識しようと思っています。

幸せに生きるには、幸せになる「考え方」が必要だそうで、
いかに楽しく機嫌良く過ごせるか、
それは自分の「考え方次第」で、
これがなかなか難しいのだけれど、自分にしか出来ない事。
つまりは、
『自分を救えるのは自分』ってところに行き着くのです。やっぱりこれだ〜。

以前不思議な友人がこんなアドバイスしてくれました。

「人って自分の性格はなかなか変えられないけれど、
見方を変える事は出来るんだよ」


どう捉えるか、どう見るか。
鳥のように、高いところからの視点で見られたら、
小さな事に囚われる事なく、大らかに朗らかに、
ご機嫌さんで生きられるんだろうな。

2017年がHAPPYな1年でありますように!









posted by マメコ at 10:30| 北海道 ☔| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。