2017年06月13日

真狩 デイキャンプ

先週のキャンプ泊も、またも雨で流れました。
札幌はこのところお天気が続きません。
雨でもキャンプは行かれるのだけど、ヘタレな私たちはキャンプ泊は諦めて、
真狩(まっかり)自然公園キャンプ場でデイキャンプをしてきました。
「蝦夷富士」と呼ばれる、羊蹄山の麓にあるキャンプ場です。

キャンプ場の近くには羊蹄の湧水がありまして、
その隣の湧水を使った人気のお豆腐屋さんに寄りました。


P6074440.JPG

湧水の水汲み場も、お豆腐屋さんも、とても賑わっていました。
午前中だったのでお豆腐の試食がたくさん並んでいて、
あれもこれもといただいて、試食でお腹いっぱい。
どれも美味しかったのですが、何とか5つに絞り購入。

お豆腐屋さんからキャンプ場まではほんの数分の距離です。

P6074443.JPG

管理事務所でまずは受付。
管理棟そばの芝生では、無料でデイキャンプをしていいそうなのですが、
今回はキャンプ場の下見も兼ねていたので、キャンプサイトのフリーを使わせて
いただくことに。二人で1.200円。
アウトは何時でも構いませんよーと、かなりアバウトでした。

管理棟から800mほど進むと、キャンプ場があります。
真狩キャンプ場は縦に長く、思っていたよりこじんまりとした印象です。
キャンプサイトはこの日も貸し切りでした。
さすがにちょっと寂しいものですね。
ただ、こちらのキャンプ場は羊蹄山の登山者たちの通り道になっていて、
下山された方々が数人通って行き、
たまにキャンプ場の下見らしき車が数台入ってきたりで、
多少の人の気配はありました。

フリーサイト6区画分の真ん中に、ドーンと贅沢に張らせていただき、
羊蹄山を正面に仰ぎます。
先月と比べると、随分羊蹄山の雪が減っていました。
この日は長袖で丁度いいくらいの気温。


P6074465.JPG


虫がやたらと多く、自作の虫よけスプレーをシュッシュして、
何とか凌ぎましたが、そろそろ蚊遣りなどの出番のようです。


さて、一息ついて先ほどのお豆腐屋さんで買ってきたものを並べてみます。
お豆腐のドーナツ、すごいとうふ、名水わらび餅、湯葉ひろうす、
そして燻製豆腐。

P6074447.JPG


「すごいとうふ」が一番のお楽しみですが、
これは家に帰ってからいただくとします

燻製豆腐を食べてみましょう。

P6074456.JPG

P6074460.JPG

むっちりと、しっかりした切り心地。
さてさてお味は。

旨。
うましでございます。
以前木綿豆腐の燻製に挑戦したことがありましたが、全くの別物。
しっかり水切りされていて、燻製の香りがのっていて美味しい。
まるでチーズ。

昼食後は、読書をしたり、カメラの充電切れに凹んだり、
蚊と格闘しながら昼寝をしたり、ノンビリ過ごして4時過ぎに撤収。
真狩は家から1時間半くらいの距離なので、明るいうちに帰宅できました。
近いって、楽ちんです。疲れませんね。

夕飯に、「すごいとうふ」をいただきました。
本当にすごくて、「旨い!」と一同大絶賛。
濃い豆乳の中にお豆腐が入っていて、ちょっと取り出すのに苦戦しましたが、
しっかりとした硬さがあり、濃厚で、とっても美味しいお豆腐でした。
また行こう。

このお豆腐屋さんと、近くのお蕎麦屋さんの「いし豆」さんと、
パンの「JIN」さんを、このエリアの「3皇」と呼ぶ人もいるのだとか。
「皇」って...。
好みは人それぞれでしょうけれど、真狩&ニセコは魅力がいっぱいのエリアです。
いし豆さんは残念ながら定休日で、JINさんはちょっと遠回りになるので
今回は割愛。

お豆腐屋さんの隣の羊蹄山の湧水ももちろん美味しいのですが、
以前「さかもと公園」の湧水(甘露の水)にとても感動したので、
私たち的には、この4ヶ所を回れたら最高かなと思います。
それと、「マッカリーナ」でランチしてみたいナ。
これはまたの機会のお楽しみに。






posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| キャンプ | 更新情報をチェックする