2017年08月27日

レイサのスカート改良 実践編

新しいスカートを引っ提げて、
意気揚々と、美笛にやって参りました。
北海道の夏休みは一週間ほど前に終わりましたが、
美笛はそこそこ賑わっていました。(大人たちで)


P8235166.JPG


P8235126.JPG


今回はスカート合わせの他に、
ムーンライト5をイン出来るかどうかや、
ローベンスのタープの過保護張りなど
試したいことが色々あります。

気兼ねなく作業に勤しむため、
湖畔から離れた奥の方に陣を構えるつもりでいたのですが、
何故だかロープが張りめぐらされており。
結局前回の右隣に張りました。なので、殆ど同じ景色です。

お蕎麦を茹で、トウモロコシを蒸し、

P8235119.JPG

簡単に昼食を済ませて、
さてと、スカートから始めましょうか。

レイサの隙間問題は、特に左側。
10cm近く空いています。

P8235130.JPG


前・後と、左側5枚の計7枚を装着してみます。
各スカートには、前・後ろ・L1・L2・R4・R5 など、
番号を記入してあります。

まずは前部分から。

P8235147.JPG

長さはバッチリ。(喜)

P8235148.JPG

ペグ(エリッゼ28cm)の飛び出た部分が干渉して、
コーナーが浮いてますね。

P8235149.JPG

ペグを深く打ち込めば、スカートが綺麗に収まる事が確認できました。
ここは他のペグに変更する予定。
ユニフレームのこのペグが今のところ候補。




前と左の先頭のスカートの三角部分を交差させると、こんな感じに。



P8235165.JPG

ここまで鋭角にする必要はなかったみたいですね。
それぞれの先端はペグ止めします。

後ろもOK。
朱鞠内の時、寝室部分に雨が滲み込んでしまったので、
後ろは重点的に守りたいと思っています。

P8235163.JPG

スカートは、採寸を基に少し大きめに作ったつもりでしたが、
寸足らずな箇所がありました。
大物の採寸は難しい。
隣のを少し引っ張って、被せるとして、

P8235157.JPG

P8235155.JPG


スカートの重なる部分は、ゼムクリップか、ネオジウムの磁石で留める予定。
何か所かループの追加と、
コーナーの三角部分の角度を少し変更する必要がありましたが、
それ以外は概ねOKとなりました。
生地の色も風合いも、今回のはレイサにmatchしてるのではと、自画自賛。
この夏、リッパー片手にチマチマほどいていた甲斐がありました。
ヨカッタ・ヨカッタ。
これで、スカート問題はひとまずクリアという事で。

オットとスカート装着の作業をしていたところ、女性に話しかけられました。
その方は、湖畔近くにグリーンのレイサを張られていた方。
スカートや、秋キャンプの暖房について情報交換させていただき、
そんなちょっとした会話で、とても楽しい気分になったのでした。


続いて、ムーンライト5をIN出来るかの検証を。
付属の4P用インナーも決して悪くないけれど、
天井が高く、フルタイムメッシュ部分があるため、秋キャンプには少し寒そう。
なので、これは一度試してみたかった事。


floorplan-Reisa-6-800x500px.jpg
レイサ

ecinfo_002_00622.jpg
ムーンライト5

うちのムーンライトは25年位前の古いものなので、
この図面のとは少し違うかもしれないけれど、
さて、どうだろう?


P8235112.JPG


P8235123.JPG


何とかレイサの4Pインナー部分に収まりはしましたが、かなりキツキツ。
フライシート用に伸びたポールが幕に当たるので、
その部分(4ヶ所)はポールを内側に畳んで固定し、
ついでにフライも装着してみます。
4隅をポールに引っ掛けられないため、フライがへばりついてます。
まぁ、そうなるよね。
入り口の向きを変えれば、ポールを伸ばしてもいけそうです。
本当は、ノースフェースのホームステッドルーミー2が、
手持ちの大き目シュラフ(コールマン・コンフォートマスター)が入り、
且つサイズもコンパクトで、
我が家のレイサのカンガルースタイルには、ベストかなと思うのですが、
今に「欲しい・欲しいお化け」が出てきそうなので、
この件はまたの機会に。

そういうわけで、手持ちの装備を組み合わせて何とか快適な空間を作れないかと、
試行錯誤してます。
9月は、この組み合わせでやってみようか。

続いて、ローベンスのタープをお試し。
レイサの後方(寝室部分)上部に、雨除けのタープを張れるかどうか、を
試してみました。
最大横幅290cmのレイサに対し、300cm角のローベンスを張るのは、
やはり無理がありました。
外に張り出したレイサのポールに、ローベンスのポールが当たってしまいます。
これは薄々わかっていただけに、やっぱり感が...。
仕方ない、普通にタープとして使う事にしましょう。


この日は、試し張りにはもったいないくらいの良いお天気でした。

P8235146.JPG

カヌーが眩しい。

今年3度目の美笛。
来月も、10月も、またきっと来たくなるでしょう。
今年は何故かモーラップに足が向きません。
陽ざしが強いから、木陰を求めて美笛を選んでしまうのかも知れませんね。


帰り道、支笏湖のビジターセンター付近の上空に、
とてもユニークな形の雲を見ました。
それは気のせいではなく、オットも同じものを見たのですが、
写真を撮ろうと思った数秒後には居なくなっていました。
替わりに、こんな雲がずっと形を変えずに見えていました。


P8235176.JPG

幻想的な空でした。

P8235191.JPG


お天気に恵まれた、夏の終わりの1日、

P8235171.JPG

また来ますね。





posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| キャンプ道具 | 更新情報をチェックする