2017年09月18日

縫物 色々

こちら札幌は、雨も風もさほど強くなく、
台風18号は、どうやら無事に通り過ぎたようです。

8月末から、次男(18)に扁桃炎の症状が出て、
耳鼻科を受診したところ、
耳慣れない、「EBウィルス」というものに罹っていた事が
わかりました。
まるまる2週間、38度以上の熱が続き、前半は唾も水も飲み込めないほど喉が痛く、
最後は発疹〜蕁麻疹、更には39度の高熱と随分派手に暴れまくって、
終わりました。
何度も血液検査をし、
入院にこそならなかったものの、なかなかにキツイ症状が続きました。
このEBウイルスは、子どもの頃に罹っている人が大半だそうで、
息子くらいの年齢で罹ると、重くなる場合が多いのだそう。
ハイ、大当たりでした。

健康の有難みをかみしめて、今日は久しぶりのバイト。
明日からは学校。
夏休み中だったのが幸いでした。
夏休み後半の予定は、
EBウイルスのおかげで全て吹っ飛びましたが、
来年の夏リベンジするらしい。

そんな最中、私はキャンプの縫物に勤しんでおりました。

一つ目は、石油ストーブ(フジカ)のカバー。


P9185301.JPG
再利用素材のため、ちょっとヨレッとしてます。(笑)


念願のフジカです。
運搬用に何か入れ物をと探してみたところ、
なかなかこれダ!と言うのに、お目にかかれず。
フジカにもピッタリだという、スノピのストーブ用カバーは、
のけぞるほどお高くて、とてもじゃないけど手が出ない。
ホームセンターにもピッタリなのは売っていない。
こうなると、作るしかない。

布団を購入した際の丈夫な不織布のカバー(持ち手付き)を解体して、
箱のサイズに作り替えてみました。
箱に入れたまま保管&運搬、が我が家にはしっくりきます。
付属のファスナーも再利用して。

P9185307.JPG

ここが一番の難所でしたが、頑張りましたョ。^^

P9185302.JPG



二つ目は寝袋用のインナーシーツ。
汚れ防止と保温力アップと両方を兼ねるというインナーシーツ。
オット用にまずは一つ、購入してみました。

P9105255.JPG



MYCARBON トラベルシーツ インナーシーツ


これが手持ちのコールマンの寝袋「コンフォートマスター」に、
まさかのシンデラフィットで、かなり驚きました。(嬉)

P9105272.JPG

P9105264.JPG

横幅も、
P9105269.JPG

長さも、
P9105267.JPG

ジャスト・サ〜〜〜イズ! (これはもう、奇跡だ)


サイドに、力布が施されていたり、

P9105270.JPG


首元の掛けカバーにもなるような被せがあったり、
よく考えられている作りで、思わず唸ってしまいました。
凄いぞ。

P9105283.JPG

頭部には返しがあり、
一般的なシーツのように寝袋の頭部分にすっぽりと被せられます。
(実際は、タオルなどを丸めて枕代わりにするようですが)

P9105276.JPG

寝ている間にシーツがぐちゃぐちゃになる心配も少し減りそう。

「コンフォートマスター」ユーザーさんには、
このシーツ、強くお勧めしちゃいます。


とても気に入ったので、この既製品をお手本に、私の分は在庫布から
作る事にしました。
凝った作りで、構造を理解するのに一苦労しましたけどね。


P9185292.JPG


ボトムには2m50cm買ってあった、マスタードのソフトな綾織生地、
上にはチェックのガーゼ生地2mを使用。
肌触りの良いのが出来上がりました。
この画像ではわかりづらいですが、サイドに力布も付けました。
足元は開閉式になっていて、閉じるとシーツの中だけでも随分暖か。
直線縫いだけなので、構造が分かりさえすれば、
あとはひたすらダダダーッと縫うだけ。
在(罪)庫布を2枚消化出来て、満足・満足。


そして、三つ目は、レイサの冬用窓。(正面用)
寒さを凌ぎつつ、開放感は得たいという
私の「あったらいいな」を形にしてみました。


P9185298.JPG


ホームセンターでビニールクロスを購入し、
外周は、前回のスカートの残り生地で補強してみました。
2P用インナーの吊り下げフック5カ所を利用して、固定する予定です。

詳細は、また改めて。





posted by マメコ at 16:11| 北海道 ☔| Comment(0) | MYOG(キャンプ道具) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。