2018年05月01日

焙煎機のケース

こんにちは。
札幌も桜が咲きました。
カラフルになって行くこの時期は、人もエネルギーが湧いてくるような感じがしますね。

というわけで、久しぶりに縫物を。
キャンプでコーヒーの手焙煎をする予定で、アウベルクラフトさんの手回し焙煎機のケースを作ってみました。


P5011269.JPG


厚手の帆布(多分6号くらいのリ・ユース布)を使い、針は14、糸は30番。
4枚重ねまでは何とか唸らずに縫えたので、勢いでロックミシンもかけました。

紙で模型を作って、その後は作りながら微調整していく、行き当たりばったり製法。
左右のファスナーの色が微妙に違うのはここだけの話。


P4301165.JPG


バッグ用にストックしていた持ち手が丁度いい長さだったので、カシメで留め、


P5011227.JPG


ファスナーの持ち手を似たような色の細い革ひもに付け替えたら、いい感じになりました。
ちょっと斜めっていますね。


P5011259.JPG



底にはクッションを敷きました。


P5011245.JPG


入れてみるとこんな感じ。
やっぱり斜めってる。
横着して芯を貼らなかったので、直立不能です。


P5011256.JPG


背面にプラバンを張り付けてみたら、少し自立できるようになりました。


P5011266.JPG


この焙煎機に、名前をつけました。
「煎り坊(IRIBOW)」と呼んでいます。^^
これから、キャンプにジャンジャン連れて行きますょ〜。






posted by マメコ at 12:27| 北海道 ☔| Comment(0) | MYOG(キャンプ道具) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。