2018年06月15日

初めてのアルコールストーブ

現在キャンプ道具のスリム化を目指しておりまして、コンパクトで携帯に便利な、アルコールストーブを手に入れました。

トランギアのアルスト。
一応オットへの父の日のプレゼントです。
と、その前に勝手に開封&カスタマイズ。(^^)


P6132190.JPG


P6132192.JPG


P6132198.JPG

trangia(トランギア) アルコールバーナー TRB25

何故か底に糸がはさまっているのですが、これってゴミですか?
要るもの?(一応そのままにしておこう)


アルスト愛好家の皆さんに習って、火消蓋に取っ手をつけてみます。

本当はjijiiさんが販売されている取っ手が欲しいのですが、金属にドリルで2mmの穴を開けるという工程は私には少々ハードルが高いので、今回はプチカスタマイズでお茶を濁しておきます。

真鍮製のアルストは、新品のうちは金ぴかでとてもキレイ。
ダ〇ソーのリーンクリップ(M)の持ち手を使いました。(本当はLが良かった)


P6112138.JPG


P6112168.JPG


クリップをばらして、穴に引っ掛けただけ。


P6112155.JPG


裏はこんな感じ。


P6112147.JPG


裏側で干渉するので、少しすき間が出来ます。

なので、使う時も、

P6132215.JPG


畳む時も、

P6112166.JPG

御覧の通り、ぴったりとは収まりません。
取り敢えず持ち手付けておいたよ、というやっつけ仕事に見える。(実際そう)
アルストが、おままごとチックになってしまいましたが、持ち手の仕事はしてくれそうです。
ちょっと短めなので、引き続きリーンクリップのLサイズを探します。


手持ちの「カマドスマートグリルB6」で使う予定ですが、
別に五徳があれば更に便利そうなので、エバニューのチタン五徳(大きい方)も入手しました。


P6132181.JPG


P6132186.JPG

エバニュー(EVERNEW) チタンゴトク EBY258
この五徳、とっても軽く仕上がりもきれいで、機能美を感じます。


P6132206.JPG


ただこの五徳を使うと、火消蓋は使えない事に気付きました。
熱々になった五徳を掴むモノが、何か必要ですね。






posted by マメコ at 14:53| 北海道 ☔| Comment(0) | キャンプ道具 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。