2018年07月02日

しんちゃん、お疲れ様

クレヨンしんちゃんの、しんのすけの声を27年に渡り担当してきた声優さんが、先週の放送分をもって降板されました。

声優の矢島さんは、実は中学2年(川崎市のM中)の時の同級生です。
彼女は多分同期で一番、いえM中卒業生一の出世頭かと。^^
9期下には、川崎フロンターレのJリーガーもいたのですがね。
矢島さんは当時演劇部で、弁論大会の彼女はまるで何か乗り移ったかのような、そんな迫力がありました。

しんちゃんの声が矢島さんだと知ったのは、随分後になってから。
控えめな印象だった彼女が、おふざけな5才児のしんちゃんを演じている、そのギャップに驚きもしたし、感動しました。
多分みんなも誇りに思っていたことでしょう。

あのしんちゃんの声がもう聴けなくなるのは、寂しい限りです。

長い間楽しませてくれてありがとう。
お疲れさまでした。







posted by マメコ at 17:10| 北海道 ☔| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。