2018年07月13日

アルコールストーブのケースを自作

雨降りの午後、ちまちまと小物ソーイングなど。
トランギアのアルコールストーブに、ケースを作ってみました。








使用した生地は、厚手のナイロンオックス生地。





丸い形の小物を縫うのは少々難しいのですが、四角より丸い方が収まりがいいし、何たってかわいいよね?と無理くり丸形にしてみました。
ナイロン素材はちっとも伸びないので、カーブを縫うのに大苦戦。
それでも小さなものは作っていて楽しく、半日で完成しました。


カネゴ〜ン。




火消蓋に付けた持ち手が出っ張る分、高さに余裕を持たせて作りましたが、もう少し背を低くしても良かったかな。





◆◆ ◆◆◆ ◆◆


久しぶりに晴れ間が見えた日、美笛でデイキャンプしてきました。
美笛についたら生憎の曇天、時々晴れ。
贅沢は言いません。


P7122467.JPG


久しぶりに2日連続の晴れ予報だったので、
美笛は沢山のキャンパーさんで賑わっていました。
ソロのおじ様が、ツインピルツタイプのテント(多分海外幕)を張っていたり、若者3人組がコンパクトでかっこいい空間を作っていたり、皆さん思い思いの世界感を醸し出していて、そんな様子をチラチラっと眺めるだけでも、とても楽しいのでした。


珍しく湖畔近くのグッドポジジョンが空いていたので、今回は砂地に張りました。

昼食は焼き肉をして、後はただただ、ノンビリ。


P7122473.JPG


先日プチ改良をしたコーヒーバネットとカリタのウノトールで、コーヒーを淹れてみました。
コーヒーバネットのシリコン加工は、ばっちりでした。(^^)/



P7122478.JPG


P7122486.JPG


バネットはお湯の落ちが良く、かと言って薄いコーヒーになるわけでもなく、とっても優秀。
同じコーヒーを使っているのに、ウノトールの方より美味しく感じます。

さてと、アルストの試運転をば。


P7122493.JPG


アルコールをほんの少し入れて、着火。

P7122489.JPG


日中の屋外では火が付いているのかよく見えず、一瞬火傷しそうになりヒヤリ。
ちゃんと燃えていました。

この五徳を乗せると、火消し蓋が被せられません。
火を消すために熱々の五徳を持ち上げるのは、ちょっと危ない感じがしました。(ワタシ的に)
アルコールを使い切る調理法なら、この五徳は最高なのでしょう。

数分の燃焼でしたが、アルストの底はかなり熱くなっていました。
下に敷いたステンレスのトレーもアッチッチです。

winpy jijiiさんの最新動画は、アルストの五徳の話し。

やっぱりそうか〜。
他の五徳を探すかな。







posted by マメコ at 16:00| 北海道 ☔| Comment(0) | キャンプ道具 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。