2018年07月21日

理想の五徳に出会ったかも

おはようございます。

どうやら北海道の梅雨も明けたようです。
本来北海道に梅雨は無いのですが、今年はずっと雨が続いていました。
そんなジメジメが続いていた最中、Pinterestでビビビッと来るアルコールストーブ用の五徳に出会い、気分は晴れ晴れ。

Trail Hut さんの五徳です。

P7192527.JPG


P7192532.JPG


数種類の五徳の中から、トランギアに最適そうな「Pot Stand Y」を選びました。
佇まいが美しく、ほぼ一目惚れ。

お行儀よく収まっている、

P7202612.JPG


3枚の脚を開いていくと、

P7202616.JPG


五徳に変〜身。

P7202561.JPG

この展開する感じ、何故だかガンダムを思い出しました。^^)

とても丁寧な作りで、畳むとコンパクト。
エバニューのチタンの五徳と比ベてみると、こんなサイズ感です。


P7202566.JPG


素晴らしい〜。


トランギアを乗せてみると、ぴったり、しっくり。


P7202572.JPG


安定感が増すように、絶妙な形状になっているのだと思われます。


P7202574.JPG


また、底上げされているおかげで、熱でテーブルを傷める心配も減りそうです。
素晴らしい。


念願の火消蓋もバッチリ被せられました。

P7202584.JPG


素晴らしい。

エバニューのチタンの五徳も、軽くて美しくて素晴らしいのですが、

P7202579.JPG


残念ながら火消蓋が被せられません。



シェラカップや、

P7202593.JPG


チタンカップ400FDを乗せてみます。

P7202606.JPG

良いよい。
早く使いたいナ。

因みに風防は、EPI(イーピーアイ) ウインドスクリーン A-6502を使用します。

キャンプで手焙煎をする時に使っているものです。
イワタニのミニカセットコンロにギリギリ使えるサイズなので重宝しています。

P5091341.JPG

やや大きくて重たい分、安定感バッチリ。
オートキャンプなので、しばらくはこれでヨシとします。(散財は控えよう)

五徳にもケースが必要ですね。(ケース好き)
コーヒー用のアルミ蒸着のクラフト袋と窓付き袋を、ミシンで縫ってみました。


エバニューの五徳ケース。
文字は印刷。(似た書体が見つからなかったので、適当なフォントで)

P7202682.JPG


Pot Stand Yのケースは、中身が見えるように作りました。

P7202656.JPG


100均のアルミのTOOLケースに、

P7202643.JPG


2種類の五徳とスライドガストーチが、

P7202667.JPG


収まりました。

P7202660.JPG

五徳のケースは、カチャカチャ音の防止と、ガストーチの傷よけを兼ねています。

元々アルストはオットへのプレゼントでしたが、ケースを作ったりフタに取っ手を付けたり、世話を焼いているうちにだんだん愛着が沸いてきて、今や主がわからなくなってきました。
キャンプ道具のパッキングは私の担当なので、カスタマイズし放題です。(^o^)


UL系の道具には、知恵と工夫が沢山詰まっていますね。(優しさもたっぷり)
そんな丁寧に作られた道具を手にすると、何とも言えず幸せな気持ちになります。
アウベルクラフトさんの手回し焙煎機と同じくらい、こちらの五徳に感動しました。
大事にガシガシ使わせていただきます。





posted by マメコ at 09:00| 北海道 ☔| Comment(0) | キャンプ道具 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。