2018年07月31日

100円ショップのケーキ型

夏休み 大人の自由研究。

ダイソーで、ケーキの丸い型(内径116mm×高さ58mm)と目が合いました。


P7272791.JPG

底が外れるタイプです。
底が外れるという事は、
筒状になる、
という事は、、、

以前、SOTOのシングルバーナーの風防に、クッキー型を使うアイデアが広まっていたのを思い出しました。
ひょっとすると「Pot Stand Y 」の風防に使えるかも。


P7202584.JPG

Pot Stand Yの脚を開いた直径は確か約11cm、この型の内径は11.6cm。
ヨシ、多分イケル。

ギリギリ入りました。


P7312917.JPG

しかし高さが足りず、鍋底がむき出し。
火元は守られているけれど、肝心な鍋底は風が通り抜けていきます。
これじゃ風防にならないか?

少し底上げをしてみましょう。
風防の下にすき間があるほうが、酸素の供給がされてしっかり燃焼すると言う話をどこかで聞いたような。
下にWクリップを挟んですき間を作ってみます。
小さいクリップだと高さが出ないので、大き目(挟み口25mm)を使いました。

クリップの内側を使い、外側は倒します。

P7312902.JPG


P7312904.JPG


これはWクリップの利点。


P7312907.JPG


なべ底とほぼ同じ高さになりました。


P7312926.JPG


お財布への優しさはピカイチのこの風防、その実力やいかに。


残った底部分の丸い板も使い道が色々あります。
鍋敷き、チョイ置きトレー、フタ、
固形燃料を使う時には、カーボンフェルトの上に敷いて汚れ防止に。


P7312949.JPG









posted by マメコ at 12:00| 北海道 ☔| Comment(0) | キャンプ道具 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。