2018年08月24日

ダウンパンツ

昨日の札幌はカラリと良く晴れて、29度まで気温が上がりました。
夏が戻ってきた感じです。

こんな気持ちのいい日は、美笛にデイキャンプに行きたいところでしたが、
店の用事があったので泣く泣く諦め、
代わりに帰りに赤レンガテラスのモンベルショップに寄ってきました。

秋のキャンプに備えて、シュラフをもう少しスペックの高いものに変えようかとオットと話していました。
現在はコールマンのコンフォートマスターの封筒型(0度まで対応)を使っています。

P9105257.JPG

(これ、3.4`ととても重く、とても嵩張る)

昨年の10月のニセコや今年5月の穂別では、朝方0度以下まで冷え込み、あまりの寒さによく眠れませんでした。
原因はやはりシュラフかと。

寒冷地や冬キャンにはマミー型のダウンシュラフが万能で、ナンガやモンベルが人気ですね。
オットはモンベルのダウンハガーに興味があるらしく、現物を見てきました。
首回りの保温に工夫があって、とても気に入った様子。
私は閉所恐怖症なので、マミー型=包まれる感じ=窮屈に感じてどうも苦手です。
とても暖かそうなのですが、この形状はやはり私には厳しい。
狭いテントさえちょっと不安になる事があるくらいで。(キャンプには不向き)
閉所が怖いのは、きっと前世の記憶なのだろうな、と時々思うのです。(笑)
マミーがダメとなると、ダウンの封筒型しか選択肢が残っていません。



ナンガのこれ↑が形状・スペック共に理想的なのですが、お値段があずましくない。


シュラフは一先ず保留にして、階下のウェア売り場に移動すると、ダウンパンツが目に飛び込んできました。
以前某キャンプブログで、ダウンパンツやダウンジャケットの着用で、シュラフのスペック不足を補える場合がある、と書かれていたことを思い出しました。
という事で早速試着してみます。
店内は冷房がガンガンに効いていたので、ダウンの試着も苦になりません。^^

モンベルのダウンパンツは、この菱形のステッチがちょっと.....、と思っていて、

m_c_1101472_bk.jpg

以前よりダウンパンツを買うなら、マウンテンイクィップメントの、と心の中では決めていました。
色といい、横ステッチといい、好みの要素が詰まっています。



で、モンベルのダウンパンツを試着してみたら、とても形が綺麗で履きやすく、菱形ステッチもあまり気にならない。
ダウンパンツだと、意中のシュラフの1/3の価格で済むのでお財布にも優しいし、
フカフカで軽くて暖かく、これ最高に気持ちいい、と即決。

レディースは黒と赤の二色展開で、メンズはキレイなブルーを加えた3色展開。
とてもいいブルーだったのでメンズも試着しましたが、やはりレデイースの方が形がきれいです。

というわけで、赤にしました。(還暦にはまだ早い)
黒はかっこ良くてシュッとすっきり見えるのですが、アウトドア用なのでここは気分が上がる赤に。
現物は、写真より落ち着いた感じの良い赤です。


P8243188.JPG


引っかけたり焚き火で穴が開いたら悲しいので、多分スウェットやオーバーパンツを上に履くでしょう。
手持ちのシュラフ+ダウンパンツ&ダウンパーカーでどれくらい暖かいのか、試してみたいと思います。

オットもダウンパンツを試着してみて、その暖かさ気持ち良さに感動していました。
シュラフを買う気満々だったのが、寝るとき以外も暖かく過ごせて、キャンプ以外でも十分使えそうなダウンパンツに気持ちが傾き始めた様子。

さて、どうする?










posted by マメコ at 12:00| 北海道 ☔| Comment(0) | キャンプ道具 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。