2018年09月08日

ブラックアウト

9/6の未明に北海道で発生しました震度7の大地震。
被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

さて、この度の大地震。
ここ札幌も大きく揺れ、初めて震度5を経験しました。

そしてほどなくして、ブラックアウト。
北海道中のほぼ全ての家庭が停電していたようです。
信号も全てダウン。
地下鉄も鉄道もバスも千歳空港も、交通機関ほぼ全てが止まっていました。
完全に機能停止。

近くのセブンは地震後も暗がりの中営業を続けてくれていました。
感謝・感謝。
様子を見に行った息子たちが、ラジオ用の電池を買ってきてくれました。

地震からおよそ7時間後、スーパーに行ってみましたが、
殆ど閉まっていたり、ホームセンターには長蛇の列が出来ていたり。
水用のポリタンク・ガスコンロ・ボンベ・乾電池・ラジオ・充電器。
このあたりがあっという間に売り切れたようです。
幸い我が家は水とガスは使えたのですが、隣の区は一部断水していたようでした。

我が家は結局40時間停電していました。
ネットも繋がりにくく、ラジオだけが頼りで、リスナーさんから寄せられる情報や流れてくる音楽にどれだけホッとしたことか。
夕飯は日が出ているうちに済ませて洗い物も明るいうちに。
お米は土鍋で炊く。
そして早寝。
キャンプの時のリズムで過ごしました。

さて、次は食料問題。
あまり備蓄をしていなかったので、この先何日持つか少し心配になり、地震発生の翌朝ダメもとで息子と買い出しに。
近所のスーパーはやはりクローズしていましたが、少し進むと信号がついているエリアがあり、更に進むとその先のイオンの駐車場にどんどん車が入って行くのが見えました。
とても信じられない光景でしたが、所々電気も付いていて、営業してくれていました。
店員さんも被災しているのに、有難くて有難くて。
ありがとう。


昨夜の8時過ぎ、ようやく電気が復旧し、家族みんなで喜び合いましたが、
山のあちこちが崩れてしまっている厚真地区の映像に、言葉もありませんでした。
前日の5日未明は台風の影響で大荒れで、翌日未明にこの大地震。
この二つの自然現象が重なってしまった事が残念です。

昨日の夕方から地下鉄が動きだし、今朝からガソリンスタンドも開いて、スーパーも開き始め、少しずつ平常に戻りつつあります。

今回キャンプ用のランタンが活躍しました。

ソーラーランタン。
電池が要らず、太陽光で繰り返し充電できるのでとても便利です。

「SOLAR PUFF」

P3041552(1).JPG

P3041560(1).JPG


電池式のLEDランタンも丸二日は使えました。


P4181765.JPG


本来は単一4本を使うタイプですが、、単一4本だとかなり重くなるので、
サイズ変換スペーサー(単一)に、単三のエネループを入れて使っています。


P4181756(1).JPG

P4181758(1).JPG

軽くなるし、中の電池は充電して繰り返し使えるしで、この変換スペーサーはとても役に立っています。


そしてもう一つのLEDランタン、MAGNA(マグナ)。
リチウム充電池で電池は不要、USBで充電しておくタイプです。
照明としてはもちろんのこと、スマホの充電器としても大変役立ちました。


PB086122.JPG

PB086124.JPG


ガスランタンは換気の必要があるため、今回は使いませんでした。

まだまだ断水している地域もありますし、
市内では液状化で道路が陥没してしまった地域もあります。
1日も早く復旧されますように。

日頃の備えがいかに大事か。
そして、
電気の有難さと共に、電気に依存しきった生活をしている怖さを強く感じた2日間でした。

ただ、これが真冬でなくて本当に良かったと思います。
電気が止まっても使える暖房機具の備えが、各家庭に必要ですね。





posted by マメコ at 10:44| 北海道 ☔| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。