2018年09月19日

フライパンと蓋

キャンプ用のフライパンを購入しました。

P9183257.JPG

プリムスの「ライテックセラミックフライパン」

今までLODGEのミニスキレットを使っていましたが、鉄鍋は重いしキャンプ中は使用後の手入れが面倒。

秀岳荘でキャンプ用(山用)のフライパンを下見したところ、
餃子を一番美味しく焼けそうに感じたのが、このライテックフライパンでした。
他の山用フライパンと比べると、厚手でしっかりした作り。
その分こびりつきも少ないだろうと思われ、フッ素加工ではなくセラミックコーティングな点もポイント高し。
ペーパータオルでサッと一拭きすれば2度3度と繰り返し焼けるのは、スキレットには無い利点でもあります。

私たちにとって大きさも理想的なフライパンなのですが、一つだけ問題が。

餃子を焼きたいのに、フタ がない。
お好み焼きや、ホットケーキも焼きたいのに、フタ がない。

家にあるフタはどれも合わない。
そこで、20cmのフタ探しです。
軽くて割れないタイプ。
100均やホームセンターにフライパンを持って行っては試して、一つ手に入れました。

P9183248.JPG

DCMブランドのアルミのフタです。

P9183266.JPG

P9183265.JPG

乗っかっているだけなのでちょっと心許なく、つまみがやけに大きいのも気になりますが、

ひっくり返すと本体に収まり、

P9183272.JPG


P9183275.JPG

収納袋にも入ったので、取り敢えずはこれでヨシとしました。


別売りでもいいから、プリムスで専用の蓋を作ってもらえないかな。





posted by マメコ at 09:00| 北海道 ☔| Comment(0) | キャンプ道具 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。