2018年10月30日

BRUTUSとDIY

お久しぶりです。
すっかり間が空いてしまいました。

10月半ばまさかのギックリ腰になりまして、その後はオットの店の改修やら(店内の使い勝手の改善)、外壁の塗装などに励んでいました。
今回初めて自分たちで店の壁を塗りました。
ペンキにも色々種類があって、アクリル系よりシリコン系のほうが持ちがいいなど初めて知りまして、今までの謎が少し解けた気がしました。
ペンキ塗り自体は割と楽しい作業ですが、ケレンと呼ばれる元の塗装のはがしが一番の難敵。
サンダーで粉まみれになりながら古い塗装をはがします。
その後、マスキングテープを張り、養生シートを地面や窓にも貼って入念に養生しました。
養生さえしっかりやれば、多少のはみ出しなど気にせず大胆に塗れます。
下準備8割、塗り2割、の感じですね。

窓枠の色も少し変えて、渋めにチェンジ。

せっかくだからイーゼルの看板を作り替えて、ドアの取っ手も替えようと、あれもこれも手直しが進行中です。
やる時は一気に行くタイプです。

今回スイッチが入ったのには訳があります。
今年の8月から雑誌の取材やコーヒー専門サイトの取材が続いて、大トリはブルータス。



11/1発売のBRUTUS「札幌の正解」に、ちょこんと掲載していただく事となりました。
それもこれも、リピーターのお客様が推薦して下さったり、ずっと飲み続けてくださっている皆さま、口コミで広げてくださる皆さまのおかげです。
応援して下さる方がいる有難さを感じる今日この頃です。

illustratorとPhotoshopの勉強も始めました。
イーゼルに貼るカッテイングシートの原案を作っています。
カッテイングシートなどの発注は、イラストレーターでの入稿が求められるので、必要に迫られてのトライです。
本を片手に色々やってみると、フォンとも沢山あるし、余白の調整もしやすいし、アウトライン化もボタン一つ。
50代の私が今からイラストレーターだなんて...、
もう脳ミソがショートしそうな状態なのですが、自分たちにぴったりなものはやはり自分で作るのが一番と、老体に鞭打つ秋。

雪が降り始める前までに完成させられるよう、もうひと頑張りします。







posted by マメコ at 14:00| 北海道 ☔| Comment(0) | DIY | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。