2019年07月24日

ホワイト国解除と、注意喚起情報

外務省が19日、韓国の日本大使館前で起きた車両放火事件を受けて、
注意喚起のスポット情報を出しています。

在韓国日本国大使館付近での車両の炎上事案に関する注意喚起

続いて22日には、釜山にある日本総領事館に学生たちが侵入した件で再度注意喚起。
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2019C084.html

注意喚起ですが、下の映像を観るともっと危険な状況になっているのでは?と感じます。

総領事館侵入の動画がこちら。

https://youtu.be/JgNmdHAiwmw

ちょっと驚くレベルの騒ぎです。
この動画、日本人も見てるんですよー、ドン引きしてますよー。

法を犯して侵入して、排除されるとギャーギャー喚き散らす、この激しさは一体何なのでしょうね?
韓国の学生さんのようですが、なんでこんなに攻撃的になっちゃうんだろう。
お互い、捏造された歴史に踊らされてきたんです。
歴史を正しく理解したら、あなた方が抗議すべき相手は、自国の政府だったと気付くでしょう。

レーダー照射、大使館へのテロ行為、領事館侵入、産経新聞乱入、竹島上空でのロシア機への威嚇行為、WTOへの提訴、徴用工差し押さえ資産の現金化、見せかけの不買運動、
もうお腹いっぱいなくらい、やらかしてくれていますが、こうやって騒げば騒ぐほど益々こじれて日本人の心証が悪くなっていくのが、彼らにはわからないみたいですね。

経産省のホワイト国解除に関するパブリックコメントは、今日が締め切りです。
それに合わせたように、
かの国はホワイト国解除を撤回して欲しいと言って来ているそうですが、自分たちがその原因を作った事を反省するわけでもなく改善策を打ち出すわけでもなく、相変わらずトンチンカンなご都合発言を繰り返しています。
もうどうしようもない。

渡航禁止→金融制裁→○○なんてシナリオもあるかも...。

気の済むまで反日やって盛り上がって、巨大な墓穴でもせっせと掘り続けてればいいのだ。
もう放っておけばいい。

相変わらず反日マスコミは、吉本のどうでもいい話ばかり。
公共放送にも外国人が多数在籍しているって、異常事態ですよね。
こんな反日マスコミはもう要らないから、一緒に墓穴に放り込んじゃえ。

マスコミの中の健全な日本人勢力、ガンバッテ!!

「ホワイト国解除」の発動が楽しみなだなぁ。
まともに付き合う事など所詮無理な相手なのだと、日本国民の大半が気付きました。
極力関わり合いを減らして、これ以上ネガティブに引っ張られないようにしたいものです。

李承晩がかの国の人々に信じ込ませた捏造の史実。
これは非常に受け入れがい事でしょうが、ここから始めないと何も始まらないような気がします。
かの国の人々におかれましては、いつの日か真実を受け入れて想いの方向を修正するきっかけとなれば、救われる日も必ず来るかと。

それにしても、日本はこれまでよく我慢してきたなと思います。
捏造の歴史で罵詈雑言を浴びせられ続け、代償として日本国民の血税が吸い取られ、数多の侮辱・屈辱に耐え、長い間歯がゆい思いをしてきました。
経産省が正当に反論しただけで、こんなにあちらが大騒ぎになるとは...。
こんなに脆い国だったとは、いやはや驚き。
ようやく悪夢から解放されるのかと思うと、感無量です。
ホワイト国解除のついでに、日本の中に巣くう勢力(反日マスコミとか)から日本を取り返せたら、
本当にサイコー。
そんな日も遠くないですよね。


これから先は、燻り続けて留まるのも、軽やかな方へ行くのも、個人の自由。
今は大事な時期らしいですから、いつまでも争ったり憎悪にまみれていたら、
また重たい世界での体験を延々と繰り返す....。

なんてね。






posted by マメコ at 17:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。