2019年10月23日

保江さんの本と動画

昨日の「即位礼正殿の儀」、まるで絵巻物の中の世界のようで、見入ってしまいました。
テレビに向かって万歳三唱をしていたら、次男に鼻で笑われましたけど、オットもその時間店で万歳をしていたとか。
「そりゃ万歳するでしょ」と申しておりました。
日本人にとって大変おめだたい1日でしたからね。

4月に、保江邦夫さんの「祈りが護る國 アラヒトガミの霊力をふたたび」を読みました。
平成から新しい年号に代わるタイミングに、どうしても読んでおきたいと思った本でした。

PA236465.JPG
祈りが護る國 アラヒトガミの霊力をふたたび


保江さんの本は今までにも何冊か読みましたが、この本は今までと少し違っていて、何故かちょっと改まったというかかしこまった文体でした。
それは、天皇陛下のお話をされるからだったのだと、読み進めていくうちに理解しました。
今までの本も(動画も)ミラクルな話題が多くて面白かった保江さんですが、今回はエリア51・52の話や、トップシークレットの天皇陛下の「秘密のお・ち・か・ら」の話まで、アンタッチャブルな話が満載でした。

ご高名な物理学者さん(湯川博士の最後のお弟子さん)が語る、オカルト話。
このミスマッチ感が堪りません。(笑)

先日この本に関する動画がアップされまして、追加情報にまたまたビックリ。
今のところ1/7〜5/7までがアップされています。
この動画では、本の内容そのまま、いえそれ以上のお話をされてます。

以前不思議な友人から天皇陛下の目に見えないパワーについて聞いたことがあります。
なので、この本に書かれていることはあり得るかもと思いながらも、こんな大胆な事を書いて保江さんは大丈夫なのだろうかとドキドキしながら読みました。
が、この動画を見て一安心。
この本の内容(天皇陛下の箇所)は、○○庁のお墨付きだとか。
そのやり取りに更に驚くわけですが。



1/7

凄いお話をなさっています。必見です。


3/7

個人的にとっても面白かったのが 3・4・5。(6・7も楽しみ)

日露戦争の話や、薩長を動かしていた鍋島藩、
明治天皇〇〇説の真相のお話が凄かった。
随分前になりますが、少し興味を持ったフルベッキの写真。

Verbeck_picture.jpg

中央にお座りのこのお方は、どなたなのか?
囁かれていた替え玉説をご存知の方も多いと思いますが、第三の説が保江さんの口から飛び出しました。
えーーーっ!な展開。実に鳥肌物。
そんなトリックがあったのか...。
宮中祭祀を司っていた伯家神道...。
でも考えてみたら、そうですよね。
霊統が大事なのですから、すり替わって済むような話じゃないのです。

また、本にも書かれていますが、昭和天皇の霊力でB29を消されたお話もされています。
B29の話は矢作さんからお聞きになったと別の場所でお話しされていましたが、その矢作さんは並木良和さんと講演会をしていらっしゃる。
なので、いつか保江さんと並木さんの対談が実現しますようにと、お二人のファンとして切に願うところです。

にわかには信じられないでしょうが、ぜひご覧いただきたい動画です。
不思議の国ニッポン、龍体日本の面白さと有難さを、当の日本人が知らないなんて勿体ない。

保江さんの出版記念講演の動画も幾つかYOUTUBEにアップされていますので、興味のある方は是非ご覧くださいませ。

来年出版される新刊(日本の裏歴史)が、楽しみ〜。







posted by マメコ at 13:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。