2020年03月04日

続・ビタミンC

今日もビタミンCについて。

多くの動物はビタミンCを体内で合成しますが、ごく一部の動物だけがビタミンCを体内で合成できません。

私たち『ヒト』も、ビタミンCを体内で作る事が出来ません。

それは、L-グロノラクトンオキシダーゼ(ブドウ糖をビタミンCに変換する酵素)を持ち合わせていないからだそう。(大昔に失ったらしい)
ビタミンC合成能力を失った動物種として、
ヒト、サル、コウモリ、モルモット
などがあげられます。

コウモリ?

武漢の生物研究所ではコウモリを使って生物〇器の研究していたのではないかと、そんな話があちこちから出ていますね。
どうしてコウモリなんだろうと思っていましたが、その理由が何となくわかった気がします。
コウモリを研究で使う理由、それはヒトと同じように「ビタミンC合成能力がない」からなのではないでしょうか?
こんな共通点があったとは...。
モルモット(テンジクネズミ)が古くから実験動物として使用されてきたのも、同じ理由かと。
※ そして、コウモリは発症しないらしい。(罹患しても平気)
保江さんが2月の講演会でお話された、コウモリ〇ロ計画もこれで可能なわけですね。
おまけに、あちらの人たちはコウモリを食べるって言うし。

先日のオーソモレキュラー(栄養療法)医学会からの緊急提言をもう一度確認してみましょう。

『ビタミンCはコロナウィルスから体を守る』

「身体がウイルスに攻撃された際、体の抗酸化能力および免疫力を最大化しておくことが、症状の軽 減や発症予防のために、とても大切です。
人間の体内の環境が最も重要なのです。重篤な疾患を治療 するよりも、予防に力を注ぐ方が容易であることは明確です。」
「国際オーソモレキュラー医学会ニュース」 01177.pdf

ここでもビタミンC。 

生田哲さんのこちらの本を読んだのですが、

P3047003.JPG

ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く (講談社+α新書)

コロナウィルスで糖尿病患者さんが重篤化してしまうのも、ビタミンCと関係があるような気がしてきました。
ビタミンCとブドウ糖は分子構造が似ていて、ブドウ糖運搬体(高性能ポンプ)によって細胞内部に取り込まれます。
この高性能ポンプは数に限りがあるため、ビタミンCとブドウ糖はポンプを獲得するために競争をするのだそうです。
ただ、ブドウ糖のほうがビタミンCに優先して細胞内に取り込まれる為、
血液中に糖が多い場合、ビタミンCが吸収されにくくなるのだそうです。
なので、糖尿病の人はビタミンC不足になりやすい。
なるほど。
インフルエンザに罹った時など甘いものを控えた方がいい(かえって餌になる)と言うのも、こういう理由なのでしょうね。

余談ですが、以前保江邦夫さんが糖尿病はマグネシウム不足が原因で、
マグネシウムは血液中から糖を吸い取るポンプの役割をする、とお話されていました。

諸々想像してみると、やはり身近な『ビタミンC』が健康の鍵になるような気がします。
ビタミンCは当たり前すぎて、手軽過ぎて、眉唾〜と思われるでしょうが、
新薬やワクチンに頼らずとも、私たちに必要なものはずっと前から身近にあったのかもしれません。
案外単純な事なのかも。
ビタミンCの血中濃度がカギで、少量では残念ながら効果はないようです。
予防には毎日ビタミンC3000r(3g)〜を推奨。
レモン1個分のビタミンCが50rだとすると、サプリ1000r1錠はレモン20個分になります。1日分だとその3倍。

P3036993.JPG
iHerbで諸々購入。

昔からビタミンCで成果を上げてきたお医者さんたちが居たにもかかわらず、それを偽のデータを用いて悉く潰しにかかっていた勢力がいたのも妙に納得できます。
彼らにとって、ビタミンCは不都合な存在。(笑)
今もそれは変わっていないのでしょうか?

「ビタミンCが効くとか、そんな効果はほぼないのでおまじない程度と思ったほうがいい」
今もそんな事を言うお医者さんはいるそうです。
教わらなかった事は「ない」事になり、自分で試したこともない事は「おまじない」で片づけられてしまう。

人によって合う合わないがあるでしょうから、こればかりは自分で試してみるしかありません。

コウモリは日に当たらないため、ビタミンDの濃度も低いそうです。
ビタミンDは免疫を強めるのに重要なことがわかってきており、インフルエンザ予防の有効性も言われているそうです。

北海道でコロナが流行ってしまっている一因として、日照時間が短く外はまだ雪に覆われているため、この時期あまり外に出て日に当たらない事もあるかも知れませんね。
札幌は特に、地下鉄や地下道の利用が多かったりします。
日光浴でビタミンDを増やすことに併せて、
食事やサプリメントを上手に利用して、体の中から予防するのも有効だろうと思います。
「体の抗酸化能力および免疫力を最大化しておくこと」こそが最大の防御。

※ ビタミンCの原材料のほとんどは中国で生産されているそうです。








posted by マメコ at 17:14| 北海道 ☔| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。