2020年05月10日

信じたいものを信じればいい

明日は5.11。
不思議な友人から、「毎月11日は窓が開く日」だと聞いた事があります。
窓が開いて、隠されていた事などが表に出て来る日なのだそう。
そろそろ何がしの発表があるかもと、首を長くしてお待ちの方も多いと思います。
「Q」とは無関係のあの方も、5.11に注目されていましたっけ。
アメリカのロックダウンも日本国内の自粛も、徐々に解除されてますからね。
そろそろ来るかな?
5月中にはあるといい、まぁ気長に待つとします。

そう、それは地球維新。
良からぬコントロールからの解放になります。
というわけで、今はこんな気分です。
「民衆の歌」



2番手のオスカル風の方、誰かと思ったら平原綾香さんなんですね。ビツクリ。
こども店長の加藤清史郎くんは、もっと分からなかったけど。

人は自分の信じたいものを信じて生きていますから、信じた道を行けばよいと思うのです。
途中で誰かに出会い、自分の視野が広がる事もあるのでしょう。

私の場合10年前に不思議な友人に出会い、不思議な世界の話の他に、医療の嘘、薬の怖さについて教わりました。
当時母が鬱で入院しており、処方されている沢山の薬の危険性について彼女は忠告してくれました。
また、18年前父を癌で亡くしたのですが、その時の癌治療も受けてはいけない内容だったと彼女から聞き、自分の無知に気付き大変ショックを受けました。
おかげで色んな本を読み漁り、それ以降家族全員インフルのワクチンは受けない事に決めました。
身体を守るどころか害にしかならないと知ったからです。
以前読んだホメオパシーの本でも、インフルワクチンと自閉症や認知症との因果関係に触れられていて、ゾッとしたものです。

インフルワクチンの怪しさはググればいくらでも出てきます。
本も出ています。
それなのに未だにご丁寧に毒入りワクチンを打つ人がいるのが不思議で仕方ないわけですが、それとてその人にとっては信じた道です。
だけど、お子さんにも危ないものだから、お節介おばさんはどうしても言いたい。
それだけは『やめとけ』と。

「ナカムラクリニック」さんのツィートの一読をお勧めします。
https://twitter.com/nakamuraclinic8

多くの人がこの罠から抜け出すことが出来ずにいると、このコントロールに満ちた世界を変える事ができません。
多くの人がインチキと認識すれば、いずれこの世からなくなるものが沢山あると思います。
だから、気付いてほしい。
身近な事からでいい。
ペットボトルの表示を見て。
アスパルテームなどの合成甘味料が使われていませんか?
昔はそんなの使われてなかったのに。
お菓子の原材料を見て。
焼き菓子の多くには、『狂った油』と言われるマーガリンやショートニングが使われています。
これは欧米ではすでに使用不可になっているものです。
どうして日本はOKなの?
口に入れるものに良からぬものが使われていて、具合が悪くなったら病院に行って薬を飲んで、予防にワクチンを打つ。
そんなサイクルに一般の人はどっぷり嵌って、その裏では誰かが大儲けをして薄笑い。
ヤダ、ヤダ、そんな悪魔的思考の世界。
だから気付いてほしい。

コロナが実際存在するのかどうかも怪しくなってきています。
https://www.bitchute.com/video/CPLyoWIQLsUK/

今や存在そのものを疑われているコロナウィルスですが、
テレビをつければ、やれレムデシビルが承認されただの、コロナのワクチン完成に期待するような話ばかりが垂れ流されていて、心底ウンザリしてテレビを消す毎日。
日本のテレビはDS(ディープステート)や、世界中の人類にワクチンを打ちたくて堪らないビルゲイツ(キ・ル・ゲイツ)の共犯との認識でいます。
以前、子宮頸がんワクチンで被害を受けた少女たちに強引な取材をして問題になっていた某村中女史までが、今やコロナの件でテレビに出て語っています。
ペンネームで活動している自称医師。
もう何が何だかワケワカメ。

というわけで、
ワクチンを勧める人は、
テレビに出てる人も、
ネットで活動する人も、
1ミリも信じないようにしています。
例え他の分野でどんなにいい事を言っていても、私の中ではあちらサイドの人に認定。完全にアウトです。


プランデミック=計画されたパンデミック
この動画の中でも、例のアンソニー・ファウチが主要人物として登場します。
武漢の研究所にも関わっていたようですね。

映画「プランデミック」我々の命、自由、健康を支配する計画、パート1:ジュディ・マイコヴィッツ(前編)
https://www.youtube.com/watch?v=XuMmTIj0ZZs

翻訳に感謝します。


こちらの動画もおすすめです。
頼もしい日本女性。キレッキレです。

危ないスーパーシティ構想



ちょっぴりスピリチュアルな回もおすすめ。




『覚醒の2020年』にして、ひっくり返していきたいと思いますぞ。





posted by マメコ at 09:15| 北海道 ☔| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。