2020年07月05日

隠された英国王 ?

コンニチハ。
気付けばもう7月。
随分更新が空いてしまいましたが、私はすこぶる元気でおります。

美笛キャンプ場が1ヵ月遅れで6月1日にオープンしたので、6月初旬デイキャンプに出かけてきました。

P6037209.JPG

キャンパーの多くが、この時を待ちわびていたのでしょうね。
平日なのに大変賑わっていました。

P6037210.JPG


6月下旬は、八剣山果樹園でいちご狩り。

P6257311.JPG

オープン6日後に伺いましたが、立派なイチゴさんが、あるわ、あるわ。
大ぶりの真っ赤なイチゴを葉っぱの陰から見つけるのは宝探しの様で楽しく、そしてどれも甘く美味しくて、最高です。

P6257307.JPG

今年から持ち帰り希望者に、紙コップ(200円)の販売がありました。
コップは受付時に購入するのですが、たまたま持っていたペットボトルの水をカップに入れて、イチゴを洗って食べる事が出来ました。
これとっても便利。

P6257330.JPG

おなかいっぱいイチゴを食べた後、紙コップに目いっぱい積み大事に大事に持ち帰り。
今年も美味しいイチゴを、ご馳走様でした。
8月にとうもろこし狩りでまたお邪魔します。

インドアでは、店の手伝いや、息子から懇願されてようやくADSLから光回線にしたり、キャンプ道具をポチったり、保江さんの新刊を読んだり、
インチキ・コロナ報道に突っ込みを入れたりしながら過ごしていました。


さて、
本題の隠された英国王について。
コロナ騒動の最中、英国ロイヤルファミリーに関するおよよな噂が流れていました。
バッキンガム宮殿の門から紋章が外されているとか、女王様はバッキンガム宮殿をすでに出ているとか。
これはロイヤルファミリー(偽)が、追放された事を意味すると言う説もあり。
おまけにA王子はあのエプスタインとズブズブの関係で、あの島をお訪れており、今後罪に問われるだろうとも...。

今までが偽物だったという事は、本物がいらっしゃるわけなのですが、
正当な国王、つまり新英国王ご本人が、ついに動画にご登場です。

隠された英国王 ジョセフ・グレゴリー・ハレット part1
https://youtu.be/lzbwfgHDUAs

この件、当初ほんまかいな?と半信半疑でおりましたが、動画を見た印象ではこの方がお話されている事は真実ではないかと私は感じました。
キリストの称号やメシアなど、まるでおとぎ話みたいですが。

ある人は捕まったり、ある人はその地位を離れたり、
今は世の立て直しの真っ只中。
静かに、事は良き方向へと進んでいるのかも知れませんね。

今後の展開が楽しみです。


追記
part2 https://youtu.be/-CdbKKHr7Ooと、
その続きhttps://youtu.be/ju1KivDkTKkも必見です。
アンビリーバボーな話のオンパレードですが、面白い。

2020年7月9日
ジョセフ・グレゴリー・ハレット氏はユナイテッドキングダムの王位に就く最終宣言書に署名した。


女王様の異議申し立ての期限はこの日から21日以内、つまり7月末まで。
それまでに何も無ければ、8月以降新国王について何かしらの発表があるのでしょうね。
「偽りのロイヤルファミリーがしてきたことは、まるでマフィアのようだ」とジョセフさん。
この話には更に続きがあるようです。

今本当にこんな事が水面下で起きているのなら、
未来は明るい!








posted by マメコ at 12:49| 北海道 ☔| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。