2015年02月16日

定規いろいろ

先日購入した、M&Mのワンピースのパターン。
超・超大型の一枚紙に、6サイズ分まとめて印刷されていました。
とりあえず2サイズ写し取ろうと思ったのですが、この大きな紙を前に
戦意喪失し、一旦退却〜。

面倒な型紙写しを、いかに簡単に済ますか。
手持ちの道具や新調したものなどで、検証してみました。

その1
「自在定規」


P1150394(1).JPG

その名の通り、自在に曲げられる定規。
カーブの長さを計るのに使うものですが、曲線を書くのにも使えるかもと、思いたちました。


P1150396(1).JPG

パターンの袖ぐりのカーブに合わせて定規を曲げて、
一番外側をなぞってみます。


P1150395(1).JPG

大きなカーブなら、スムーズに曲線が引けます。
今まで気付かなかった...。


その2
「丸型へり定規」
これは主に、革小物製作に使う道具だそうです。


P1150459(1).JPG

ソーイング本などの型紙に、「縫い代」を書き足す時に使えるかなと思い、
革材料専門店 Good Leather」さんで購入しました。
10mm・14mm・20mmの3サイズのセットです。

中央の穴にペン先を入れて、定規などの淵に沿わせて滑らせると、
半径分の巾 5mm・7mm・10mmの線が、均等に引けるというもの。
普通縫い代は1cmなので、20mm(半径10mm)は丁度いいサイズ。
14mm(7mm)は、襟ぐりなどのカーブ用に使えそう。

自在定規で作ったカーブに沿って、この丸型定規を滑らせると...


P1150447(1).JPG


P1150448(1).JPG


P1150451(1).JPG

うひひ、
綺麗なカーブが引けました。

直線もバッチリ。

P1150453(1).JPG

定規の淵に押し当てながらすーっ。
滑らかに進みます。
この結果に大いに満足。

これは使える!と気をよくして、60mmの大きな円を作ってみました。(厚紙3枚重ね)


P1150437(1).JPG

背高族の私は、丈を伸ばすことが多いので3cmの延長用です。
スカートやブラウスのカーブしている裾に使えるかな。

それでは実験。

まず直線
P1150416(1).JPG

そしてカーブも、
P1150427(1).JPG

綺麗に引けました。
楽しいの〜。^^
簡単に作れるから他のサイズも作っておくかな。

上の定規にくっついているのは、定規ホルダーです。(付け外し可能)
これはとても便利。


P1150380(1).JPG


P1150390(1).JPG

定規は、無印良品の「カッティング定規スベリ止付き」です。
ロータリーカッターで布を裁断する時にも使っています。
持ち手があるだけで、定規が動かしやすく、作業しやすくなります。
ホルダー部分を持つので、誤ってカッターがずれた時にも安心。
しっかり抑えられるのでズレなくなるし、これはなかなかの優れもの。

文鎮も、ソーイング用のは安定感抜群なのだと今更ながら知る。
文化学園ショップさんで購入。

P1150399(1).JPG


P1150411(1).JPG

今まで書道用の文鎮と姫川薬石で代用してきたので、
これでガッツリ固定出来まする。

この文鎮カラフルな展開なのですが、残念な事に青がなかったので、
心を落ち着けて作業出来るよう、クールな黒とシルバーに。

そんなこんなを試しながら、無事型紙1サイズ分を写し取りました。
お次は布の裁断。

昨日は一日暴風が吹荒れておりました。(この冬は暴風の回数が、やけに多いです)
それでも日が出ている時間は長くなっていますし、
今日はプラスの気温。
確実に春は近付いて来ています。
脱線もこの辺にして、そろそろミシンを踏もうかという気になって参りましたヨ。






posted by マメコ at 10:45| ソーイング・グッズ | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

ステッチ定規?

久しぶりに、ソーイングの話など。

私のミシンは、家庭用ミシン、シンガーの『モナミヌウ+(sc200)』です。
今のところ調子はいいのですが、何せ私の腕がないので、
カーブがきれいに縫えません。

直線縫いではマグネットのステッチ定規を使っていますが、カーブでは
役に立たず。
ミシン本体に取り付ける「ステッチ定規」を使っているが多いようなのですが、
我が家のシンには取り付けが出来ない事がわかり、
「カーブをきれいに縫う」事は諦めていました。

images (1).jpg
ステッチ定規 (画像お借りしました)

いつもボビンを購入しているミシンネットさんで、先日気付いたもの。

P1140380(2).JPG

P1140375(1).JPG

素っ気無いただの棒に見えますが、
一応シンガー純正の『棒定規』です。
キルトステッチ定規 SINGER SC200用。

キルトステッチ定規って言うくらいだから、キルトをやる人が使うんだろうなー
と思っておりまして、こちらの商品は今までスルー。
けれど、説明をじっくり読んでみると、どうも一般的に言うところの
ステッチ定規の代わりになりそうな気がしてきた。

押さえ部分の、樹脂製の小さな穴に挿して使うようです。

購入者さんのレビューに「穴に入らなかった」というのがありまして、
それを受けてお店側から「入りますよ」的なコメント返しがあり、
ここは一先ずステッチ定規なのかどうかは置いておいて、
「入るのか、入らないのか」、
気になって仕方ないので、試しに購入。(おバカ)


押さえの穴は、この部分。

P1140373(1).JPG

うちのモナミーに、この棒が本当に入るのかしら?
力いっぱい押し込む、と説明にあります。
回転させながら、押し込めーーーーーーーー-。
それっ。
ん?入ったか?
確かに硬いけれど、無事入りました。
店主さんのおっしゃる通り、入りましたょ。(レビューするべきだろうか?)
一見入らなさそうに思えるのも、初めは入らないと感じるのも無理もない、
そんな感じ。

P1140384(1).JPG

P1140386(1).JPG

縫い代1cm〜棒の長さいっぱい(5〜6cmくらい)まで調節可能です。

早速ハギレで縫ってみましょう。
布端にこの棒の角部分を合わせる感じです。

P1140387(1).JPG

今まで目を凝らして、慎重に縫っていたカーブ。
ゆっくり過ぎるとかえって縫い目が蛇行して、とても苦手だったカーブ。
棒を頼りにカーブを縫います。
サクサク、サクサク。

P1140393(1).JPG

まだまだ練習が必要ですが、目印があるだけで随分違います。手(チョキ)
直線用のマグネットは、布端にしかセット出来ませんが、この定規だと布上にも
セット出来るみたいです。

キルトって、そういうことねー。(やっと理解する)
で、これは「なんちゃってステッチ定規」ってことでいいのかナ???






posted by マメコ at 12:47| ソーイング・グッズ | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

ゴムと秘密兵器

ゴムの話。

以前作った、バルーンスカートとショート&クロップト・2WAYパンツ、
ゴム入れでとても手こずりました。

100均のゴムでいいやと安易に考えて使ったのですが、通していく時、
中でゴムがよじれてしまい、えらく時間がかかって、
それ以来ゴム入れ恐怖症に...。


P1130587(1).JPG
こんな風に簡単に折れてしまう、の図。

そんな訳で、このイライラをなんとか解消する方法はないかとググッてみると、
ゴムにも色々あることがわかりました。

中折れしないように工夫された「段オリゴム」というのを、つくる楽しみさんで
見つけ、一番使うと思われる20mm巾の10m巻きを購入。

P1130561(1).JPG

10mで1260円。
100均の1m売りのは無駄が出るので、こちらのほうがかえってお得かと。

P1130573(1).JPG


梯子状に織が入っているため、縦に折り曲がりません。(やや硬めです)

パンツ用の35mmと30mm巾の織ゴムも、つくる楽しみさんで購入。
こちらの織ゴム、とてもしっかりしています。
目が詰まっていて、100均のとは別物でした。

左から段オリゴム20mm・100均20mm・織ゴム30mmです。

P1130578(1).JPG

ゴムも奥が深いです...。

続いて、ゴム通しの便利グッズも発見しました。
クロバーさんのゴム通し。

P1130576(1).JPG

ゴムを挟んで使います。(35mmを挟んでいる図)
今までゴムに安全ピンを刺して通していましたが、
これはゴムを平らなまま挟み込むので、よじれる確率がグンと減ります。
途中ゴムが外れてしまっても、中で挟み直して使うことが出来ました。
「最初からやり直し!」とならないところが、実に有り難いです。
これは、優れもの。

ゴム待ちだったカプリロング2wayパンツに、無事35mmの織ゴムを通しました。
今までの苦労は何だったんだろう?と思うほど、楽々でした。

段オリゴムの実力は、またの機会に検証します。




posted by マメコ at 10:59| ソーイング・グッズ | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

手芸用はさみ

先月完成したバタフライ・テーブル、大活躍しています。
折り畳まれる事も無く、ずっと広げっぱなしです。
息子に、「別にバタフライじゃなくても、良かったんじゃね?」
と言われました。
そうかも...。

今は、初の開きのあるブラウスを製作中です。
前立てや衿の工程を理解するのに少々手こずりましたが、
もう少しで完成しそうです。
只今ボタン待ち。

裁断する時の印付け(合印 あいじるし)は、今まではチャコペーパーやしつけ糸で
していました。
が、今回から切り込みを入れるやり方に変えました。(こっちのほうが断然簡単)

P1120963(1).JPG

縫い代部分に2〜3mmの浅い切り込みを入れるため、よく切れる小ぶりなはさみを
購入しました。
美鈴さんの キルトカットはさみです。(125mm)

P1120974(1).JPG

P1120973(1).JPG

ケースにピンクのステッチが入っているところが、ニクイ!

P1120982(1).JPG

つくる楽しみさんで購入しました。

手芸用のはさみは用途別に種類が沢山あって、選ぶのに随分悩みました。
他にクロバーのカットワークはさみ(青)と、ヘンケルスの刺繍バサミ(黒)が
候補に挙がりましたが、
きれいなローズピンクカラーでケース付き、後はレビューが決め手になり、
美鈴さんのこちらのはさみにしました。

実際切れ味がよく、とても使いやすいです。
おまけに可愛いいので、大満足。






posted by マメコ at 10:52| ソーイング・グッズ | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

不織布バンザイ!

ソーインググッズ第7弾。
最近大人外買いしたものです。

P1100954(1).JPG

一見トイレットペーパーのように見えるコレ、
実は、ソーイング用の不織布です。
市販の型紙やソーイング本の型紙から、自分のサイズを写し取る時に
使っています。

P1100981(1).JPG
(専用の重しがないので、文鎮や姫川薬石で代用中。^^)

以前は専用のトレッシングペーパーを使っていましたが、この不織布タイプを
知ってからは専らこればかり。
とってもイイのです。

不織布のどこが偉いかと言いますと、
@ カサカサ音がしない。
A 布の上に置いたとき、ずれにくい。
B 待ち針を打っても、穴があかない。
C 破れづらい。
D ハサミを滑らせるだけで、すーっと切れる。
E シワが出来たら、アイロンで伸ばせる。
F トレペタイプ(60cm)より幅広(100cm)なので、無駄が出ない。
  これって案外大事。

とにかくストレス・フリーなんです。
しかも、不織布なのに下の線や文字はよく見えます。
これだけ見えれば充分。

P1100993(1).JPG


P1100998(1).JPG


いつもAz-netさんで購入しています。
今回ド・ドーンと30M、まとめ買いしました。
これで心おきなく写せる。^^v

最近は生地集めに加えて、パターン集めも趣味になりつつあります。
ソーイングは、まずパターンありきだと思うのです。
自分に似合いそうなパターンに出会った時は、とっても嬉しい。
特に期間限定でOPENするパターン屋さんは、カレンダーに書き込んで
忘れずにチェックしています。

生地もまた、出会い。
その年にしか出回らない生地も沢山あります。

そんな生地とパターンの組み合わせに、悶々と悩みまくる日々。
どんな生地で作ると素敵になるのか、色々試して失敗して、
せっせと部屋着量産中〜。






posted by マメコ at 11:30| ソーイング・グッズ | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

ソーイング用クリップ

久しぶりにソーインググッズのお話。

今、ラミネート素材でバッグを縫っています。
その際にとても役に立っているのがクリップ。
仮止め用のクリップです。
ラミネート加工やビニールコーティングの生地など、
待ち針の穴を空けたくない生地に、とても便利です。

P1100517(1).JPG

この生地の裏側(本当はそちらが表)がラミネート加工されています。

P1100524(1).JPG

いつも利用している手芸やさんで、クロバーのクリップを売っていましたが、
1個あたり50円もしました。
ある程度まとまった数が欲しいので、クリップ一個50円はちょっと高い。

100均や文房具のクリップで代用できないかと、探し回りましたが
なかなかいいのが見つかりません。
洗濯ばさみは大きすぎるし。。。

結局クライ・ムキさんの、透明クリップ(1個50円)を購入しました。
しばらくして、似たようなカラフルなクリップを他のお店で見つけました。
ムキさんのと何が違うのだろうと、試しに2色購入。

「つくる楽しみ」さん。
http://item.rakuten.co.jp/tukurutanosimi/0000007301179-001000-88-000-0011/

untitled.bmpclip.bmp
「つくる楽しみ」さんより、画像をお借りしました。

こちらはきれいな色があって、1個あたり約25円、半額です。
ムキさんのクリップとどう違うのか、じっくり見比べてみましたが、
違いがわかりませんでした。
ここだけの話、大きさも構造も使い勝手も同じように思えます。

このクリップ、小さいけれどしっかり挟めて、充分待ち針の役目をしてくれます。
ラミネート加工の布はアイロンが使えないので、
しっかり折り目を付けたい時には、挟んでしばらく置いておけば、
折り目付けにも役立ちます。

P1100525(1).JPG

ミシンをかける時は、外しながら縫っていくわけですが、
雑なため、しょっちゅう床に落としてしまいます。
そんな時、透明よりカラフルなほうが見つけやすいように思いました。

P1080764(1).JPG

使わないときは、透明の入れ物に入れて飾っています。
丈夫だし、使いやすいし、カワイイし(安いし)、おすすめのクリップです。








posted by マメコ at 12:18| ソーイング・グッズ | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

マグネット ステッチ定規

久しぶりにソーイングの話。

最近たて続けに、エプロンを3着作りました。
その時に活躍してくれた、助っ人をご紹介します。

『マグネット式 ステッチ定規』

P1090822(1).JPG


P1090824(1).JPG


安藤ミシン商会さんで購入しました。
4cmくらいの小さなものですが、このマグネットがとにかく強力。
ミシンの金属部分にビターっと貼りつきます。
これを布の端にくるようセットすると、ガイドの役割をしてくれるので、まっすぐ布を送ることが出来、きれいに縫えるんです。


P1090814(1).JPG


エプロンのような、ただひたすら真っ直ぐ縫いに威力を発揮してくれました。
おかげで、手早くきれいに縫えました。
一定の幅をキープしてくれるので、帽子などの曲線を縫うのにも便利だそうです。

大雑把な私には、とてもありがたい存在。
小さいけれど、いい仕事してくれますヨ。




ラベル:ステッチ定規
posted by マメコ at 10:51| ソーイング・グッズ | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

ボビンキャッチャー

ソーイング・グッズ第4弾。

整理整頓が苦手な私を、片付け上手にしてくれるかも知れない優れもの、
『ボビンキャッチャー』。
ミシン糸とボビンに巻いた糸を合体させる、賢い商品です。

P1080566(1).JPG

ソーイングのお店(ネットショップ)を覗くと、便利グッズが沢山あって
面白いですね。
つい時間を忘れて長居してしまいます。^^
私が学生の頃は、こんなアイデア商品なかったな。

今まで、ミシン糸とボビンは、別々に収納していました。
ちなみに、私のミシンはシンガーです。(モナミヌウプラス)
シンガーのボビンはちょっと特殊で、互換性アリとして売られているものとは
微妙にサイズが違うらしく、合わないボビンはミシンの故障の原因になる
そうなので、純正を使っています。

ボビンボビンケースも、ミシンネットストアさんで購入。

ボビン専用ケース。

P1080559(1).JPG


これはこれで、ごちゃごちゃにならずに良い方法だと思ってました。

P1080563(1).JPG

でも、黒やチャコールグレーや紺色 などは、パット見区別がつきにくい。
蛍光灯の下では更に解りづらくて、黒?紺?と、上糸と下糸の色を揃える時に
迷うのがやや面倒でした。

そんな煩わしさを一挙に解決してくれるのが、この 『ボビンキャッチャー』です。
太いほうをミシン糸に刺して、細い方にボビンを刺します。

P1080569(1).JPG


P1080570(1).JPG

ジャジャーン。
ミシン糸とボビンがきっちり合体。
カチッとはまるので、抜けません。

P1080576(1).JPG

こうしておけば、組合わせを間違う事もないですね。
一緒に使う物だから、一緒にしてしまえばいいんだ。
なんておりこうなんでしょう。

実はこれ、手芸やさんで買うと6個入りで260円〜300円。

08-383-blue.jpg

1個当たり50円弱、意外と高いです...。
どうしようかと購入を迷っていたら、メーカーさんから直接購入できる事がわかりました。

有限会社みやべさん

50個入りで1.260円でした。
1個あたり25円ちよっとです。
送料はメール便で80円。
これから少しずつ糸が増えてきたら、50個はあっという間に使ってしまうかもしれません。

今の商品はブルーなのですが、旧タイプの白のおまけもつけていただきました。
とってもいいお買い物が出来て嬉しいな。
少しだけ収納上手になった気がして、これまた嬉しいのでした。







posted by マメコ at 09:54| ソーイング・グッズ | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

チャコ・シャープペン

今日もまたソーインググッズのお話。

布に印を付ける場合、チャコというのを使います。
おにぎり型のや鉛筆タイプのチャコペンや、ペーパータイプがあります。
そんなチャコも進化しているようで、今はシャープペンタイプのものが出ていました。

カリスマファブリック・シャープペンシル」というものだそう。
レビューの評判が良かったので、試しにピンクの芯のみを購入。
0.9mmと太目で、6本入り。
As-netさんで購入しました。

P1080526(1).JPG

専用のシャープペン本体は高かったので、コクヨの学童用のを近所の文具店で購入。
これは、三角形で握りやすく、カラフルな色が揃っているので、色分けに便利です。
ピンクと緑があれば殆どの布色に対応できるそうなので、ブルーには緑の芯を入れて使う予定です。
(0.9mmのシャープペン本体は100均でも売ってました)

P1080539(1).JPG


チョコペンを削る手間がはぶけるし、無駄も出ない。
きれいにスーッと線が引けました。
(この布には、緑の方が見やすいでしょうね。^^;)

P1080537(1).JPG

こうやってチマチマ道具を揃えるのって、楽しいです。
ソーイングの事で、頭はいっぱい。(^o^)







posted by マメコ at 09:00| 北海道 ☔| ソーイング・グッズ | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

ロータリーカッター 他

昨年ミシンを購入し、ウン十年ぶりに裁縫をやってみようかと思いたちました。
まずは帽子や小物、自分用の部屋着など簡単なものから始めようと思います。

本やパターン(型紙)などを手に入れ、生地のサンプルをせっせと集め、作りたい物、欲しい生地(生地屋さん)のメドはたちました。
次は道具の準備です。
久しぶりの裁縫なので、道具の一部(鋏など)を新調しようと調べていたら、とっても便利で優れた道具があることがわかりました。
ソーイングの世界も進歩してるんですね。

学生の頃から裁断は苦手でした。
型紙を待ち針で数箇所止め、生地を2枚重ねてカットするのですが、下の生地が少しずつ
ずれてしまい、うまく切れません。
きれいに布を裁つことは「基本の基」ですが、その裁断が上手くできない。
そんな苦手な裁断が、ストレスなくスイスイ進められる、優れモノのカッターがあると
知りました。

それが、「ロータリーカッター」です。
今回は鋏の購入を見送り、布用のロータリーカッター(回転式カッター)と、
専用のカッター板を購入することにしました。


P1080477(1).JPG


まず、ロータリーカッター。
オルファさんのものにしました。
手芸メーカーの『クロバー』さんのと迷いましたが、使わないときは歯が引っ込む安全設計と、ピンキングの替え刃がある事が決め手になり、こちらにしました。


P1080470(1).JPG

P1080471(1).JPG

【156B】 セーフティロータリーカッター L型

早速試し切り。
歯がサクッと布を噛むので、無理に力を入れなくてもすーっと切れました。
気持ちよかー。
定規を当てて回転させれば、道を逸れてしまう事もなく、狙ったところを確実に切る事が出来ました。
試し布で何度か練習すれば、きっと大丈夫でしょう。
2枚重ねも楽々でした。

そしてもう一つ、元洋裁学校の先生のブログで紹介されていたお品。
細かい部分やカーブのきつい所用に便利な、「ホビーカッター」。

P1080465(1).JPG

P1080491(1).JPG

これも、使わないときは歯がしまえる安全設計です。


OLFA ホビーロータリー 172B

「ホビーロータリー」の方は、カッターナイフを握るのと同じ感覚で、とても持ちやすいです。
細かな波なみもスイスイ。
場所によってこの2サイズを使い分けると良さそうです。
これは、かなりの優れものかも。


オルファ アートナイフプロ 157B

こちらも使いやすそうです。

お次はカッター板。
こちらも『オルファ』さんのカッター板A1サイズ(90cm×60cm)です。
洋服の生地を主にカットしたいので、一番大きいのにしました。
これで、食卓テーブルの上でも気兼ねなく生地を広げられそうです。

リバーシブルになっていて、表がチャコールグレー、裏面がベージュ。
(普段、緑色の工作用のカッター板を愛用していますが、このシックな色は気分が変わってなかなか良いゎ)




オルファ(OLFA) カッターマットA1 160B


カッターとの相性がいいのでしょう。
カッターの歯が食い込むことなく滑らかに回転し、気持ちよくスーッと切れました。
鋏下手の私にとって、最強コンビかも知れません。

裁断が楽しみになりそうです。

↓のA2サイズも、使い勝手がよさそう。



オルファ(OLFA) カッターマットA2 159B



posted by マメコ at 22:45| ソーイング・グッズ | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

糸選びの巻 

リネン(麻)の生地が4種類届き、お次はミシン糸の色選びです。

大手のネットの生地屋さんでは、布を購入するとそれに合った色の糸を選んでくれるところがあります。
プロの目で合う色を選んでくれるので、失敗がありません。
とってもいいサービスですね。
残念なことに今回私が利用したネットの生地屋さんは、生地サンプルは送ってくれるのですが、糸の色合わせのサービスはありませんでした。

糸を買いに大き目の手芸屋さんに出かけましたが、ピッタリの色がありませんでした。
基本のミシン糸(シャッペスパン)は約300色もの色があるのだそうですが、お店に全色揃っているわけではないのですね。
微妙な色は、特に探すのが難しいです。

ミシン糸はネットショップの方が価格も安く、また品揃えがいい事がわかりました。
ネットで糸を買うには、どうやって色合わせをしたらいいんだろう・・・?
皆さんどうしてるのかなと、ソーイングブログにおじゃましていたら、
いいものを見つけました。

ずばり、糸の色見本帳!
シャッペスパン全300色!
なるほど、なるほど、その手があったか。

P1080075(1).JPG

インターネットの糸屋「ボビン」さんでで購入しました。(840円)
三つ折りになっておりまして、中身はこんな感じ。

P1080076(1).JPG


P1080077(1).JPG


P1080078(1).JPG


微妙な色、渋い色もバッチリ揃っていて、布を当てて色を選べるので間違いがありません。
見ているだけでも楽しい色見本です。
昔・むかし、24色の色鉛筆を初めて買ってもらった時みたいな嬉しさです。

あっ、この色好きだ。
こんな色の生地売ってないかな。
ミシン糸があるくらいだから、この見本帳の中の色の布もきっとあるのでしょうね。
イエローベースの私はこんな色が似合うのかもね。
こんな色のリネンの服をいつか縫ってみたいな、
そんな風に考えるだけで、とても楽しくなります。
色って、パワーをくれる気がしますね。

ということで、糸の色選びはこれでバッチリ解決。

いつの日か、ニットソーイングの挑戦する時が来たら、
その時には、レジロン見本帳を...。






posted by マメコ at 11:02| ソーイング・グッズ | 更新情報をチェックする