2013年11月30日

バタフライ・テーブル ダイジェスト

バタフライテーブルの製作工程を、まとめてみました。
(かなり長いです)

IKEAの素敵なテーブルを理想に掲げ...。

untitled.bmpikeabata.bmp

引き出しは難しそうだから、簡単な棚にして、
コロコロ移動できるようにキャスターを付けよう。
と、こんなアバウトな感じでテーブル作りがスタートしました。

図書館で木工の本を数冊借りてみたのですが、バタフライテーブルは
載っておらず、主人の指導の下、自分で設計図を書いてみました。
書き始めたのが、お盆過ぎのまだ暑かった頃。
市販されている天板(パイン材)のサイズを元に、
平面図を書き、構造やサイズなどを何度も修正しました。
実はこの作業、結構時間がかかっています。
おかげで、ほぼ設計図通りに出来上がりました。(当たり前か^^;)

P1120454(1).JPG

P1120453(1).JPG

上の設計図を元に木取り図を書き、ホームセンターで脚部分の木材をカットして
もらったのが9月初旬のこと。
少し涼しくなっていました。
脚部分には、丈夫で安価な2×4(ツーバイフォー)と1×4(ワンバイフォー)を
多用しています。

全ての木材にサンドペーパーをかけ、そして、柿渋を塗りました。

P1120460(1).JPG  
P1120501(1).JPG  P1120519(1).JPG


よく乾かしてから、
木材の保護のため、全てに亜麻仁油を塗りました。

P1120573(1).JPG

ここから組み立てに入ります。

P1120496(1).JPG

と、その前に部材を組み合わせてみて、木ねじのサイズや本数を確認し、
ねじを買いに...。
屋内用だからスチールのネジでいいんじゃないかと、一部に使用したのですが、
インパクトドライバーで「ガ.ガ.ガー」と一気に止めていく場合、
相当な力がネジにかかるそうです。
ネジ自体が折れる可能性もあるので、出来ればステンレスのネジを使ったほうが
いいと、ホームセンターで教わりました。
途中から、木の割れを起こしにくいステンレスのスリムねじに変更しました。

P1120895(1).JPG

今回、ダボ穴あけの部品も購入。(8mm用)
木ねじの穴をきれいに塞ぐためのものです。

P1120507(1).JPGP1120510(1).JPGP1120512(1).JPG

いよいよ組み立てです。

P1120522(1).JPG


まず、ダボ専用の錐で穴をあけます。(この作業、とっても楽しいです)
更に、その穴の中央にドリルで木ネジの下穴をあけ、
木工用ボンドで木材同士を仮止めして、
木ねじでガッチリ固定。

P1120525(1).JPG

穴をダボで塞ぎ、(ボンド付けます)

P1120532(1).JPG

あさりなしの薄いノコで、
飛び出した部分をカット。

P1120546(1).JPG

このくり返しです。
このチマチマとした作業、楽しくてついつい夢中になってしまいました。^^;

P1120561(1).JPG
 
このあさりなしのノコが、使いやすくてとっても便利でした。
ホームセンターで700円くらいで売っています。

コツコツ組み立てて、脚部分のパーツが完成しました。

P1120623(1).JPG

いよいよ金具で繋ぎ合わせていきます。

蝶番での取り付けは、全部で8箇所。
中央の脚とバタフライを支える両脇の可動脚との接続に小さめ4つ。
そして天板3枚の合体には大きめ4つ。
脚部分の蝶番は問題ないのですが、天板の蝶番のつけ方に悩みました。
蝶番の中心部分は膨らみがあり、そのままだと蝶番が浮いてしまいます。
この部分をどう収めたらいいのかわからず、
木材をカットしてもらったホームセンターで相談。
「彫るといいんだと思いますよ」と貴重なアドバイスをいただきました。
なるほど〜。

早速端材で試してみます。
ステンレス製の70mm蝶番。
重たい天板を支えるので、丈夫なステンレスを選びました。

P1120682(1).JPG


P1120661(1).JPG

このままだと浮いてしまうので、

P1120647(1).JPG

芯が当たる部分を、半円形に彫ります。

P1120659(1).JPG

収めるとこんな感じです。

P1120664(1).JPG

マスキングテープで仮止めして動きを確認。パタパタ。
天板の隙間もあかず、滑らかに動きます。
これでいいみたいです。

キャスターも端材で一度試して、木の端が割れないかを確認します。

P1120690(1).JPG

40mmの双輪キャスターを使用しました。
手前二箇所はストッパー付き。

P1120702(1).JPG


次に、本体の脚とバタフライ脚を繋ぐ蝶番を取り付けます。

P1120720(1).JPG

P1120699(1).JPG

ここは普通に取り付けてOKでした。

無事、左右の脚がつきました。

P1120798(1).JPG

P1120799(1).JPG

開閉もなめらか〜。
(天板の蝶番の出っ張りが当たる部分は、脚上部のレベルを下げています。)

P1120805(1).JPG

脚を閉じると、本体脚の間にすっぽり納まります。


この時点では、天板はまだ固定されていません。
乗っかっている状態です。
布地を痛める事のないよう、天板には念入りにサンドペーパーをかけました。
天板は、パイン集製材(18mm)です。

P1120617(1).JPG

そしていよいよ、3枚の天板を蝶番で合体します。

P1120881(1).JPG

彫った溝に蝶番をはめ込み、慎重に取り付けました。

P1120876(1).JPG

無事3枚の合体に成功。
3枚つながると、案外大きくて重たいです。
一人では持ち上げられないので、主人に手伝ってもらい、
本体脚のダボと天板にあけた穴をはめ込みました。(ピッタンコ!)、
さらに本体脚の裏側から木ねじでガッチリ固定。
ふ〜、出来た.....。 

完成です。

P1120901(1).JPG

P1120906(1).JPG

P1120907(1).JPG

P1120908(1).JPG

広げた状態で体重をかけても、ぐらつきは殆どありません。
想像以上にガッチリ、安定感があります。
脚部分に、2×4(ツーバイフォー)を使ったのは、大正解でした。
出来上がってみると全然ゴッツく感じず、頼もしくて丁度いいくらいです。^^

予算通りの、15.000円くらいで出来ました。
蝶番、キャスター、ステンレスの木ねじの追加購入が、高くついたかな。

木材カットは、ホームセンターにお任せでOK。
正確で早くて、おまけに安いです。
ワンカット50円で、今回の脚部分は8カット 400円で切ってもらえました。
木取り図にうまくまとめられれば、コストカットにつながると思います。
なので、インパクトドライバーと使いやすい小型のノコがご家庭にあれば、
充分作れると思います。

このテーブルが出来たおかげでソーイングの意欲が高まり、毎日何かしら
作業をしています。
コンパクトに畳まれている事は殆どありません。^^;
今のところ棚の下段には、ソーイングの本やパターンを、上段には細々とした
ものを収納しています。
木の色も、いい感じに濃くなってきているように思います。

これにて、「2013.秋のDIY祭り」はおしまいです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。





posted by マメコ at 16:56| Comment(4) | DIY | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

バタフライ・テーブル (6) 完成

地味な作業を積み重ねること、約2ヶ月。
(正確には、構想1ヶ月弱・作業1ヶ月強。)
ようやくバタフライ・テーブルが完成しました。


P1120901(1).JPG


P1120906(1).JPG


P1120908(1).JPG


P1120907(1).JPG


P1120909(1).JPG

60cm×90cmのカッターマットを載せても余裕の大きさです。


P1120918(1).JPG

片側だけ広げても使えます。


出来上がりサイズ

折りたたみ時
横幅  49cm  奥行き 80cm 高さ 83cm

開いた時
横幅 135cm 

片側を開いた時
横幅 91.5cm

天板と脚本体部分は、木ねじで裏側から止めました。
その前に、ダボでも固定しています。
主人には「それ、ムダじゃない?」と言われましたが、
私はぜひともやってみたかった、一つなのです。

ダボは穴埋めに使うだけにあらず。
連結にこそ、力を発揮するのじゃ。


P1120709(2).JPGP1120711(2).JPG


本体足部分の上部にダボ錐で穴をあけ、ダボを打ち込みます。
天板裏にもダボ穴を空けまして、両方を合体させます。
この部分、何と言いましても、穴あけ位置が『肝』なのです。
この穴(4箇所)が一つでもずれると、天板ははまりません。

P1120631(1)(2).JPG

ダボ専用のマーカーも売っていますが、家にあるもので何とかできないものかと、
画鋲を使ってみたり、洋裁用のチャコペーパーを使って写してみたり、
色々試してみました。
最終的には厚紙で型紙を作って、双方に印付け。
そんな苦労の甲斐あって、バッチリはまったのでした。めでたしめでたし。
マーカー、買おう.....。

手作り化粧品用のビーズワックスと亜麻仁油で、
ワックスも作りました。

P1120691(1).JPG

ビーズワックス 3 : 亜麻仁油 7 を、湯煎にかけます。

P1120808(1).JPG

オイルの方が多いのに、出来上がりは「カッチカチ」です。
こちらは、おいおい塗っていこうと思っています。

長かったけれど、楽しい作業でした。
9月半ばから1ヶ月もの間、リビングが作業場と化していましたが、
主人も息子も、よく辛抱してくれました。
特に苦情もなく、これは助かりました。

ソーイング専用の作業台が出来たので、
これからはいつでも気兼ねなく服作りに没頭出来ます。
木工もソーイングも、『正確に、丁寧に、根気強く...』は同じですね。
初めから無理だと諦めることなく、ちょっと難しい物にもチャレンジしたいと思います。

主人から、「オットマン作って!」とリクエストが来ました。
今なら勢いで作れそうな気がしています。
でも、これから私はソーイングに没頭する身なので、
「自分で作ったら〜、
手は貸せないけど、アドバイスなら出来るよ」と、
いつかの言葉をお返ししておきました。

完成をイメージする事、作業行程をイメージする事、段取りをする事、
丁寧に作業すること。
私にとってはどれも苦手な事でしたが、一つ一つ進んでいけば、
一歩一歩完成に近づく事を、身をもって学んだ気がします。
大雑把なO型気質の私でも『やれば出来るんだ』と、
感無量.....です。
この感動を忘れないでおこう。

DIY、最高〜!

途中画像をいくつか端折ったので、ダイジェスト版にまとめました。




posted by マメコ at 10:10| Comment(2) | DIY | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

バタフライ・テーブル (5) 

秋のDIY祭りも、いよいよ終盤。

(写真多いです。)

本体脚部分にキャスターを取り付けまして、

P1120702(1).JPG
(手前の二つは、ストッパー付きにしました。)


バタフライ脚部分の、蝶番を付けました。
ここは、彫らずに普通に付けてOK。


P1120699(1).JPG

P1120738(1).JPG

P1120720(1).JPG


天板は、乗っけているだけです。


P1120727(1).JPG


お次は最大の山場、バタフライ脚と本体脚の合体です。
単体では安定感の悪い、片方だけキャスターの付いたバタフライ支え脚。
微妙な高さ調整が必要なため、出勤前のオットの手を借りました。


P1120805(1).JPG

上手くいったみたい。
本体脚の間に、バタフライ支え脚が納まります。
真ん中にくる天板左右4箇所にも蝶番を取り付けました。


P1120798(1).JPG

脚を開くと、こんな感じです。
支え足開閉の際、天板に付けた蝶番の軸部分が当たるので、支え脚の上部の一部を
数ミリ削りました。

P1120799(1).JPG

両側を開くと、こんな風。


P1120801(1).JPG

正面。


この後は、天板三枚を合体させ、中央天板と脚を木ネジで固定して、
中段に棚板を取り付ける予定です。
そして、天板にオイルを塗って完成です。
ゴールまで、あと少し!

その6完成編へ続きます。








posted by マメコ at 10:15| Comment(0) | DIY | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

バタフライ・テーブル (4) 金具お試し編

いよいよ金具の取り付けに入ります。
その前に、ちょっとお試し。

今回のバタフライテーブルは、蝶番が肝です。
天板には大きめの蝶番が4ヶ、脚には小さめの蝶番が4ヶ、
全部で8箇所付く予定です。

奥行き80cm×巾45cmの天板には、ステンレス製の76mmの蝶番を片側2箇所ずつ、
裏側に取り付けます。

P1120682(1).JPG


ステンレス製は、さすがに丈夫そうで、頼もしいかぎり。
垂れ下がる天板は少々重いので、丈夫な蝶番に頑張ってもらわないといけません。
しかし、そのまま置くと、こんな風に浮いてしまいます。
これでは、ネジでしっかり固定できない...。


P1120661(1).JPG


軸を木の外側に出すと、開いた時に天板の間に隙間が出来てしまいます。
蝶番の中央の軸(棒状)の膨らみ、この部分をどう収めたらいいのだろう...?
木工の本で調べてみても、参考になるような「蝶番の付け方」は載っていませんでした。
テーブル天板の場合、扉のつけ方とは少し違うようなのです。
木材をカットしてもらったホームセンターで、少しアドバイスをもらいました。
「彫ったらいいんだと思いますよ」

なるほど、「彫る」のですね...。
端材で試してみます。
半円を削るように、彫刻刀で彫ってみました。


P1120647(1).JPG


溝にはめると、こんな感じ。


P1120654(1).JPG


無事に収まった...のかな?
マスキングテープで仮止めして、折りたたんだり、

P1120664(1).JPG

ひっくり返してみます。

P1120669(1).JPG

隙間もあかず、フラットになりました。
このやり方でいいみたいですね。

この蝶番の取り付けが、最大の山場かも知れません。(汗)
もう少し「彫り」の練習をして、それから慎重に位置決めしようと思います。

お次はキャスター。
こちらも端材でお試しです。


P1120690(1).JPG


40mm双輪キャスター、平付けタイプです。
38mmの角材に仮止めしてみました。
ねじの位置が木の端にくるので、割れる心配があったのですが、大丈夫でした。
これでいけそう。

ということで、とりあえずお試しはクリアしたので、
次は本番です。
大雑把なO型を封印して、慎重に、慎重に進めます。

その5へ続きます。




posted by マメコ at 09:12| Comment(0) | DIY | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

バタフライ・テーブル作り (3)

「丁度いいのが売っていないなら、作ってしまえー」と、
勢いで始めたソーイング専用テーブル作り。
とりあえずイメージ図を書き、設計図もどきを書き、
完成までたどり着けるのか本人にもわからないまま、
材料を揃えていったのが、9月初めのことでした。
あれから1ヶ月。
私以外誰も完成を楽しみにしておらず、気楽に進めてきたましたが、
だんだん形になってきました。

毎日少しずつ作業をしています。
自作の設計図で作り始めたので、自由度は高い反面、
悩みだしたらキリがありません。
組み立ての順番はどうすればいいのか、強度を持たせるにはどこを補強したら
いいのか、木材の前で、頭を抱えたこともありました。
うーむ...。サッパリワカラン。

何度も確認してやっているつもりなのに、逆さまにくっつけてしまい、
余計な穴があいていて、塞いだところが数箇所あります。
インパクトドライバーが上手く使えず、空回りしたり、ねじ山をなめてしまう
こともしばしば。
主人に 「HELP ME 〜!」と泣きついて、
やっと脚パーツが完成...。

P1120623(1).JPG


ここからいよいよ、後半戦に突入です。
本体脚部分(+棚板)、バタフライ脚部分2脚、天板3枚
これらを合体させていきます。

今は天板にサンドペーパーをかけています。

P1120617(1).JPG

パインの集成材です。
安い部材ですが、やすりかけを丁寧にしたらしただけ「スベスベ」になるので、
ひまさえあれば天板をなでて、サンドペーパーをかけています。
お気に入りの布地を傷めてしまうことのないよう、ここは徹底的にやります。

この後は、脚部分と中央天板の合体&天板3枚の蝶番付け、
本体脚とバタフライ脚の蝶番付け、
そして、キャスター付けの予定です。
天板がフラットになるような蝶番のつけ方を調べたり、
キャスターを平付けにするか鬼目ナットでのねじ込み式にするかなど、
まだまだ考ることが沢山ありそうです。

もう一息のような気もするし、まだまだのような気もします...。
短気を起こさないように、ボチボチやっていきます。

その4金具編へ続きます。



posted by マメコ at 11:06| Comment(0) | DIY | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

バタフライ・テーブル作り (2)

いよいよ組み立てに入ります。

設計図通りに木材を組み合わせてみます。
中央と左は本体部分の脚になります。
右は、バタフライ部分の板を支える脚。
これが2脚で左右に付きます。

P1120496(1).JPG

こうして並べてみて、木ねじのサイズ(長さ)や必要な本数を割り出して、
ホームセンターへ。
自分の書いた設計図を見ても、細かい部分はよくわからないのでした。
随分アナログ〜。(^c^;)

木ねじは、スリムネジの65mmと40mmに決定。
ダボ穴あけ専用の錐(キリ)と、ダボも購入しました。
2×4(ツーバイフォー)のゴッツイ脚ですが、せめてネジ跡は隠して
きれいに仕上げたいのです。
ささやかな、乙女心ナリ

P1120507(1).JPG

錐とダボ、どちらも8mm用。

P1120510(1).JPG


P1120512(1).JPG

この錐をインパクトドライバーに装着しまして、少し力を入れてウィーンと
押し込むと穴があきます。

P1120522(1).JPG

一定の深さで止まるので、貫通はしません。
思ったより簡単で、きれいです。
これはとっても楽しい作業。

続いてキリに付け替えて下穴をあけ、
それから木ねじでがっちり固定します。(あらかじめ木工用ボンドでくっつけました)

P1120525(1).JPG

ダボを穴に挿し込んで(接着材を付け)、余分な出っ張りをカットします。
(予め半分にカットしたダボを差し込んでいます)

P1120532(1).JPG

ここでとても役立ったのが、ダボのカットに適した、あさりなしの木工用ノコ。
800円くらいで売っています。

P1120561(1).JPG

歯が薄くて、よくしなるので、木材面にピタッとフィットし、
表面に傷をつけることなく簡単にカット出来ます。
厚い木材をカットするのには向きませんが、
細かい物のカットにはとっても使いやすいノコです。

P1120546(1).JPG

これで穴埋め完了。
木ねじが隠れて、すっきりしました。
ちょこっと頭が出ていますが、まぁ最初はこんなもんでしょう。
回を重ねるごとに、きれいに仕上がるようになりました。

この後、パーツ毎に亜麻仁油を塗っていきます。

P1120573(1).JPG

亜麻仁油は、リネンの原料のフラックス=(亜麻)から採れるオイルです。
保護と艶出しのために塗ります。
ハンズの売り場では、保護が目的なら オイルステイン+ニス の組み合わせを
薦められました。
亜麻仁油などで皮膜を作る場合は、数回重ね塗りをする必要があるそうです。
「手間がかかりますよー」とお店の方。
多少手間がかかっても、せっかくだから自然なものがいいな。
ということで、今回は柿渋と亜麻仁油のコンビに決めたのでした。

亜麻仁油を刷毛で塗って、15分〜30分放置。
その後、布で拭き取ります。
拭き取り後はサラッっとしていて、べたつきは殆どありません。
亜麻仁油、桐由、荏油(えのあぶら)、くるみ油などは乾性油なので、
乾きが早く木工に向くそうです。
(この4種の中で、亜麻仁油が一番リーズナブル)
また、先に塗った柿渋だけでも、多少水をはじく作用があるそうです。

コチラのサイトを参考にさせていただきました。
http://www.osugi.co.jp/kakisibu/kakisibu-oil-wax.html

脚部分は、一回塗りでOKとしよう。
天板だけ重ね塗りしようと思います。
匂いは気にならないので、思い立ったらササッと塗れそうです。
亜麻仁油とビーズワックス(蜜蝋)を、7:3で湯煎にかけて溶かして混ぜると、
固形のワックスが出来るのだそう。
木の保護にはとてもいいそうです。


P1120603(1).JPG


丁度、手作り化粧品用のビーズワックスがあるので、
これもいずれ試してみようと思います。

その3へ続きます。






posted by マメコ at 11:00| Comment(0) | DIY | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

バタフライ・テ−ブル作り (1)

この秋、快適なソーイング空間のための、
テーブル作りに挑戦しています。

普段は2階で生活しているのですが、型紙写し&裁断作業は
1階のダイニングテーブルでしています。
道具一式を抱えて1階〜2階の移動、これがかなり面倒で、
モチベーションが下がる原因ではないか、と気づきました。
食事の度に片付けるのも面倒。
そんな面倒くさがりな私は、そもそもソーイングに
不向きなのでしょう。
でも、自分が着たい物を作れるようになりたい。
この面倒くさがりを、なんとか克服したい。

自分の弱点をよくよく理解した上で、
面倒に感じる部分を改善することにしました。

ソーイングは、型紙写しや裁断など広いスペースが必要なので、
作業しやすく、家族の迷惑にもならず、気兼ねなく使える大きなテーブルが
2階にあれば、きっと効率がよくなる。

スペースに限りのある2階に、何とか裁断スペースを!
ということで、
いつもはコンパクト、使うときだけ広げられる、
『バタフライ・テーブル』を購入する事を考えました。
ところが、市販されているのはいかにも合板で、その割りに結構お高くて、
購買意欲が湧きません。

untitled.bmpikeabata.bmp

これは、IKEAのバタフライテーブル。
こんなシンプルなのが理想です。
でも、札幌にはまだ「IKEA」は来ておらず...。

ある日、バタフライ・テーブルで検索していたら、海外在住の日本人女性の
DIYブログにたどり着きました。
家の中の様々なものを手作りされていて、
バタフライテーブルも作っていらっしゃいました。
ナチュラルでとっても素敵。
フムフム、脚の部分はこんな構造なのね。
だんだん、私にも作れるような気がしてきました。

以前古い家の床の断熱材を入れ替え、床材を自分達で貼った経験があります。
下駄箱も、息子たちの勉強机も、主人が作りました。
久しぶりだけど、DIYは割りと好きなほうです。
涼しくなってきたし、ここはひとつやってみますか?

Do It Yourself ... ?

主人に声をかけてみると「一人でやってみたら?」とツレナイ返事。
「手は貸せないけど、相談には乗るよ」と...。
当てが外れて、やる気も一気にダウンです。バッド(下向き矢印)

期待していた助っ人は望めなくなりましたが、ここは1人でもやってやると、
腹を括るしかない。
図書館で木工&DIYの本を数冊借り、ホームセンターへ通い、
イメージを膨らませました。

       P1120447(2).JPG

最近は、「DIY女子」という括りがあるんですね。
「ソーイング男子」もいるくらいですから、要は、そう!心意気です。
男女問わず、何だってやってみたら、思わぬ発見がありますからね。

裁断作業は立ったままする事が多いので、テーブル面は高くして、
キャスターをつけてコロコロ移動できるようにして、
引き出しは大変そうだから、簡単な棚にして、
「丈夫さ&お財布への優しさ」を重視することにしました。

バタフライテーブルの設計図は、どの本にも載っていなかったので、
自分で図面を書く事にしました。
主人曰く、
こういう場合は、立体画より平面画が大事だと言います。
真正面、真横、真上から見た図を書くべしと。なるほど。
これが、意外と私には難しい作業でした。
何度も主人のダメだしをもらいながら、書き直しを繰り返し、
ようやく設計図が完成しました。

平面図です。

P1120454(1).JPG
(一部変です...。)

主人から認められた予算は、15.000円。
メインの木材(天板&脚)以外にも、木ねじ、キャスター、蝶番、オイル、刷毛、
など色々必要です。

上の図を元に、木材の寸法や本数を計算しました。
天板はパインの集成材。
脚部分には、安くて丈夫な建材 2×4(ツーバイフォー)と、
1×4(ワンバイフォー)を多用することにしました。
見た目かなりごつく、重たいテーブルになりそうです。

ホームセンターに「木取り図」を持って行きました。

P1120453(1).JPG

「木取り図」は、いわゆるカット指示書みたいなもの。
これを書くことで、頭の中が整理でき、無駄が出ないようにも出来、
また、カットの回数を効率よくまとめる事が出来ます。
ホームセンターで木材購入時にカットしてもらいました。
8カット×50円で、全部で400円也〜。

我が家にも丸ノコとジグソーがありますが、どうもおっかなくて
私には使いこなせません。
お店のカットは、正確だし・きれいだし・早いし、いう事ナシ。
これで、半分は出来たようなものダ。

P1120460(1).JPG

まずは、全ての部材にサンドペーパーをかけまして、
脚部分に柿渋を塗っていきます。

P1120519(1).JPG

手作り石けんにも使用した、無臭タイプの柿渋です。
以前のは開封後時間が経っていたので、ゲル化してしまいました。
湯煎にかけたり、水を加えてみたりしましたが、全然ダメ。
諦めて再度購入しました。
刷毛で塗って、ウェスで拭き取ります。
脚部分だけで半分消費。
今回は、使い切れそうです。

P1120473(1).JPG

真ん中は無塗装、両サイドは一度塗り。
塗りたては色が薄いですが、時間の経過と共に濃くなっていきます。

P1120501(1).JPG

全て塗り終えて、乾かしました。
この後、組み立てに入ります。

その2に続きます・・・。http://motokononikki.seesaa.net/article/375633756.html





posted by マメコ at 10:06| Comment(0) | DIY | 更新情報をチェックする