2017年02月28日

春の新刊、続々

お久しぶりです。
気が付けば今日で2月も終わり。
早いですね〜。

オットの店の確定申告や、新しいホームページ作りの準備で
目が疲れて、本当に疲れてしまい、
ブログから少し遠ざかっておりました。

札幌も少しずつ春めいてきました。
雪解けも近そうです。

この春、魅力的なソーイング本が、続々と発売になるようですね。


  
  
                   (大人服も数点あるようです)


他にはコチラ。


気のきいた いつもの服

ブログの雰囲気から、
密かに期待している一冊です。

とはいえ、昨年私が縫ったのは、ワイルドベリーさんのブラウス一枚だけ。
昨年はすっかりキャンプ⛺脳になっており、
キャンプに関する小物はチャッチャと作るものの、
どうも洋服を作るスイッチが「オフ」になったままでした。
そんな状態だったので、
布もパターンもソーイング本も買わず、
その代わりに、コーディネート本を数冊購入。

面白かった本。



娘さんの辛口コメントが、実に的を得ていて楽しい。
札幌出身の方とういうのもあって、
ブログを楽しく拝見させてもらっています。

銀座での三脚立てての自撮りには、驚かされましたョ。(アッパレ〜)
見られることに慣れているのか、見られることが快感なのか。^^
どんどんおしゃれになっていくあっこたん(さん)。
たまに外して娘さんからダメ出しされているのも微笑ましく、
あっこたん(さん)の、幾つになってもおしゃれを楽しむ心意気を見習って、
自分の好みと「似合う」を見極めながら、おしゃれを楽しみたいものです。

で、私は昨年は積極的に洋服を購入しました。
縫う気がないなら、洋服は買うと割り切るしかない。
この際、罪庫布の山やパターンにも目をつぶろう。
そう自分に許したところ、
これが精神衛生上とてもよろしく、楽になりました。

今更ですが、あまりにも着る服がなかった事に気づきました。
どうやら、「着回しの効く」アイテムが足りないみたいで、
幾通りにも組み合わせられる、
シンプルなアイテムを足していく必要がありそう。
これは某山本さんの受け売りで。
山本女史がおっしゃる着回しアイテムの王様、「白シャツ」さえ持っておらず、
あちこち見て回って、まずはAIGLEの白シャツを購入。

P2273580.JPG
小さめな衿、

P2273579.JPG
前立てのデザインや、ラウンドした上前の裾、

P2273576.JPG

ポケット部分など、
小技が効いていて気に入っています。

札幌で見つけられなかったものは、ネットで。
このネット購入で、大当たりを連発〜。
レビューを隅々まで読み、サイズを吟味して選びました。
レビューって本当に有難いです。皆さんアリガトウ🎵

P2273565.JPG

特にGymphlexのベストとダウンは、秋&冬とても重宝しました。


P2273572.JPG

nicholson&nicholsonのブラウスは、後ろの裾だけにギャザーが入っています。
ミジンコチェック柄のとても軽い素材で、春らしさいっぱい。
羽織にもイケル。

最近は、少し崩したものに惹かれる傾向があって、
サルエル風とか後ろ下がりとかドルマンとか、
どこか「揺れる」とか「膨らむ」とか、そんなカタチに
目が行きます。
山本女史のおっしゃるようなシンプルなものとは少々路線が違いますが、
「着回し」ワードは常に頭の隅に置いておき、
今あるものに組み合わせられるものを増やしていくことを、肝に銘じます。
いつも単品で「これいい!」と選んでいたから、駄目だったのね。
組み合わせてナンボなのダ〜。



ソーイング本以外では、こんな本も気になっています。


上質バッグと帽子 洗える麻糸で編む


定番の帽子とおしゃれバッグ エコアンダリヤで編む

『縫う』を諦めて、いっそのこと『編む』ってのはどうだろう?


さてさて、今年は「縫い」スイッチが入るのかどうか、
春の新刊の力をお借りできたら、と楽しみにしています。





posted by マメコ at 11:00| 北海道 ☔| ソーイング本・パターン | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

サロンがいっぱい

何度も開いては眺めている、とってもユニークな本。
「それぞれの衣生活」

P2081361(1).JPG

手紙が挟み込まれていたり、面白い仕掛けがいっぱいです。

安藤明子さんが考案された「サロン」の、
素敵な着こなしが沢山掲載されています。
(サロン=筒状のスカート)
ソーイング本ではありませんが、ソーイング本カテに入れてみました。


P2081346(1).JPG


P2081348(1).JPG

「布をまく」という最も単純な衣服の着方。
一枚で着たり、重ねたり、色の組み合わせを愉しんだり、
どれも自由で、素敵♪
見ているだけで楽しくなります。






posted by マメコ at 11:20| 北海道 ☔| ソーイング本・パターン | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

襟元

「自分に似合う服を着たい!(作りたい)」

その一心で、ソーイングに挑戦しております。
私の場合、自分に似合うかどうかは、
「襟元のあきと肩のボリューム」が最重要ポイントじゃなかろうかと
睨んでいます。
首が長い、背高族のアラフィフ。
少しでもソフトに見せたいとは思うけれど、無理があったり似合わなかったりで、
願望と現実はイコールではないと言うことに、いい加減気付いていくわけです。

それでも、今の自分(気分)にピッタリくるような洋服を着たくて、
それは一体何なのか?と考えれば考えるほど、さっぱりわからなくなってきた。

昨年こんなトップスを見かけ、

gi-236-lsh-28-7.jpglsh-28-nk3-8a.jpg
(TAKANNAさんより画像お借りしました)

似たようなパターンを探してみると、filerさんに近いカタチがありました。
今裁断に取り掛かっているパターン。
どちらも襟が少し立ち上がるような形です。
途中、「デフォルトのままでいいのだろうか?」と、
ふと不安が頭をよぎり、念のため襟元だけのサンプルを作ることにしました。
狭い場合は後から広げれば済みますが、広い場合はアウト。
広過ぎるあきで以前大失敗した事があるので、ここは慎重に行っておこう。

端切れから襟パーツと身頃の一部を切り出し、手縫いで作ってみました。


P1160176(1).JPG


実際着て(かぶって)みると、左はあきが広過ぎで、右は襟が立ち上がり過ぎ。
うーむ。
右はまるで裃(かみしも)のような、シャキーンとした印象。(い、いかつい...)

図形の解釈だとか、数学的な思考スキルが極端に低い私は、
この形のどこをどう操作したら、自分の理想の形が生まれるのか、
そこがわかりませぬ。
身頃の襟を詰めた場合、襟のパターンはどう操作したらいいのだろう?
立ち過ぎの襟を寝かせる(ソフトにする)には、一体どこをどうすれば?
「???」ばかりで、頭がショートしそうです。

自分好みの服を手に入れるのは、なかなかに難儀なことで...。







posted by マメコ at 10:24| ソーイング本・パターン | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

組み合わせてみる

5月になりました。
例年ならこの時期はまだうすら寒い札幌なのですが、最近は妙に暖かいです。
1ヶ月以上季節がずれている感じ。
昨日はまさかの26℃まで上がりました。(暑かったー)
昨日お花見に出かけたのですが、この陽気のおかげで大部分が散っておりました。(TT)
カメラデビューも、惨敗...。
来週は北上して、お花見リベンジです。

さて、
そんなおかしな陽気に助けられ、ようやく洋服など縫ってみようかという気に、
なって参りました。

お店の商品や、素敵なハンドメイドのブログにお邪魔していつも関心するのは、
生地とパターンの組み合わせがバッチリ合っているという点。
当たり前と言えば当たり前ですが、
「パターンに合った布を選ぶ」
「布にあったパターンを選ぶ」
という基本の「キ」が、素人には難しかったりします。

センスなし子の私は、まずこの組み合わせでつまづき、散々悩み、
そのままトンズラ〜、これが今までのパターンでした。

好みの布(のはず)、好みのパターン(のはず)が沢山手元にあるのだから、
より取り見取りと思いきや、
好き同士をくっつけても、「ピッタリ」とはならないから、アラ不思議。
生地が厚かったり、薄かったり、柄がパターンのイメージに合わなかったりと
原因は様々ですが、どうもしっくり来ず、進めない。(融通が利かない)

いつも「あーでもない、こーでもない」と考えてばかりいるのですが、
それでは埒が明かないので、
視覚的にわかりやすくして、頭の中を整理してみようと思い立ちました。

昨年作った罪庫リスト、布一覧

P1140972(1).JPG


P1160161(1).JPG
(更に増えて...)


この生地サンプルの上に、重ねられるミニパターンを作ってみました。
本やパターンのイラストを、透ける紙に書き写したものです。


P1160172(1).JPG


P1160168(1).JPG


布一覧に乗せると、こんな感じになります。

P1160075(1).JPGP1160074(1).JPG

P1160163(1).JPGP1160164(1).JPG

うっすら透ける感じ、伝わるでしょうか。

生地を引っ張り出したり、パターンをあれこれ引っ張り出さずに、
布一覧とミニパターンで、組み合わせを考えてみてはどうかと。
(不精にもほどがアル)

懐かしの「リカちゃんの着せ替えごっこ」のような、組み合わせごっこ。
これが案外楽しいのです。
ようやく1つ2つ組み合わせが決まり、ボチボチ動き出しました。
まずは袖付け要らずの、簡単な半袖から。







posted by マメコ at 13:36| ソーイング本・パターン | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

SPRING♪

3月ですね。
この響きだけで、心が躍ります。

札幌の2月は例年に比べて気温が高く、雪かきの回数も少なくて、
とても楽チンな2月でした。
(その分1月はハード)
こちらに越してきて13年、一番雪の苦労の少ない2月だったように思います。
その代り暴風が吹荒れる回数がとても多い、そんな冬でした。(過去形にしたい)

「このまま終わるわけないよねー」と言うのが周りの共通認識。
でも、本当に終わったのかもと思えるような、そんな雰囲気が漂っています。
12月がとても寒く、一月早く真冬が来たようでしたから、
ひょっとしたら一月早く冬が終わるのかナ。(そうだと嬉しいぞ)
春はもうすぐ。

そんな春気分を味わうのにぴったりな、スタイリスト佐藤かなさんのソーイング本。
かなり売れているようです。
表紙のブラウスがとってもかわいい。
袖にちょこっとフリルが付くだけで、こんなに華やぐのですね。


スタイリスト佐藤かなの 簡単に作れて、とことん使える日常着 KANA’S STANDARD

以前ジャケ買いで大失敗した事があるので、中身を確認しに書店へ行きました。
北海道は、発売日の2日遅れでようやく入荷。(毎度の事だけど、何とかならないのかナ〜)
今までのソーイング本とは雰囲気が違い、コーディネートも載っていて、
参考になります。
でも私にはちとラブリー(すぎる)か...。
只今確定申告の追い込み中なので、
それが片付いてからまた考えようと、一旦保留に。

その後instagramで、表紙のブラウスの素敵な作例を沢山見たものだから、
結局我慢できずに買いました。^^
表紙のブラウス、自分には似合わないと思ったけれど、
色違いでぜひ作ってみたい。(フリル少なめ&地味色で)

パンツも色々載ってます。

P1150525(1).JPG

P1150524(1).JPG

P1150526(1).JPG


早いとこ申告片付けて、楽しみたいのですが、
これがなかなか進まない...。






posted by マメコ at 11:47| ソーイング本・パターン | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

MERCHANT&MILLS

イギリスの裁縫道具などのブランド、
MERCHANT&MILLS」のTrapeze Dress(ワンピース)を作られた方のブログを拝見し、
エージレスな魅力にやられて、型紙を購入してみました。(日本の雑貨屋さん)
こちらは廉価版。6サイズ分が印刷されています。
正式のは厚めのクラフト紙に書かれたものが、紙筒に入って届くらしい。(ワンサイズ)

P1150362(1).JPG
「The Trapeze Dress」

作り方の説明は全て英語。

P1150352(1).JPG

イラストが描かれているので、大まかには理解できるのですが、
久しぶりに英和辞書を引っ張り出して、わからない単語を幾つか調べました。
どうしてもわからない単語が1つ。

「allowance」  手当て 給与額 差し引き 手かげん 

うーん、意味が繋がらない。
ここは1つ、現役大学生(長男)の助けを借りるしかない。
ちょっと教えてと紙を見せると、
この「allowance」は前のseamとセットで使われるんじゃないか、と言います。

「seam」 は縫い目。
「seam allowance」、そうか「縫い代」か。

あー、そういうことね。
縫い合わせる前に、生地端をジグザグまたはロックミシンで処理しておく、
そういう事か。
なるほど。スッキリいたしました。

次男が、スマホで調べりゃいいじゃんと一言。
俺いつも(宿題)そうしているけど、と。
その手があったか。(未だにアナログ人間)
パソコンで調べたら、出てくる出てくる。
打ち込んで和訳すれば良かったんだと、解決してから気付きました。

さて、肝心なパターン。
大きな大きな一枚の紙が、小さく小さく畳まれて入っていました。

P1150349(1).JPG

このアバウトな畳み方が、日本の製品とは大きく違いますねー。

P1150371(1).JPG

それにしても大きい。

P1150370(1).JPG

6サイズ分書き込まれているので、ここから自分サイズを書き写す作業をします。
自分がどのサイズに該当するのかよくわからないので、
取り敢えず、2サイズ分書き写す必要がありそうです。

型紙写すの苦手なんだな。
それを忘れていたわけじゃないが、
やや戦意喪失..。
折り線多すぎるし。
一旦しまおうか。
畳みなおすのも、なかなか難しい。






posted by マメコ at 16:53| ソーイング本・パターン | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

「サロン」という名の服

ソーイングの本ではないのですが、衣服に纏わる本を読みました。



安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて

安藤さんは、多治見にあるギャルリももぐさのオーナーさんだそうです。

ソーイングを始めてからせっせと布買いに励んでいて、我が家の布山は高くなる一方です。
気に入った布ほどなかなかハサミがいれられず。
布にピッタリのパターンに出会うまで大事にしていると言うのもあるけれど、
私の腕が上がるのを待っているというのも本当の理由だったりする。

別に特別な布というわけではなく、普通に手に入れた布ばかりですが、
温存して、また買って、の繰り返しです。(殆ど病気ね。^^)
『布は旬なうちに裁て!』と、
重々わかっちゃいるのだが...。

安藤明子さんが考案された『サロン』と言う名の太い筒状の布。
布を直線にカットして縫い合わせたもの。
捨てる部分も少ないです。
巻きスカートとして着るのが王道のようですが、マントのようにしたり、
男性も着用してたり、使い方は色々。

直線断ちの布、着る人の体に合わせて纏う服。
着物に近い感覚です。
立体裁断のパターンから作られる洋服とは、真逆の発想ですね。

単純な筒状の四角い布で、ここまで雰囲気が出せる事に、驚きました。
味のある布一枚で仕立ててあったり、組み合わせて縫ってあったり、重ねたり。
夏は素材で涼しく、冬は重ねて暖かく。
遠い昔の人は、織った四角い布をただ体に巻きつけて着ていたと思われますが、
そんな原型のような服なのかも知れません。

本には、こんな言葉が書かれています。

「最低限の手を入れて 衣服になるものをつくりたい」
「必要な始末を手を抜かずに 丁寧に」

HPの中(instagram)の安藤さんの着こなし例がとても素敵でした。
赤い靴下+トリッペンとか、もうすごくおしゃれ。

ソーイングの本にも、直線断ちで作れるものなど増えてきていて、
折り紙のような発想に、和のテイストを感じます。
最近はやっこさん風のはおりものをよく見かけます。
パーツも少なく、縫うのも直線だからとっても簡単(らしい)。
それでも、ちゃんと着るものになるという面白さ。

日本人の体型には、案外筒状のものや直線裁ちのものが似合うのかも。
本には寸法などは特に書かれていませんが、絵を参考にmyサロンを作ってみるのも
面白そうです。
無地の布に部分的に刺し子をしても、きっとかわいい。

安藤さんの「サロン」。
昔々の大和の装いを思い起こさせるような、そんな雰囲気が新鮮で、
真似してみたくなりました。
トリッペン、ますます欲しくなったゾ。





posted by マメコ at 17:04| ソーイング本・パターン | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

『自分スタイルの服作り』

4月に入って、魅力的なソーイング本が続々発売される模様です。
香田あおいさん、芽木さん、月居さんなどなど。
春はワンピースの本が多いみたいですね。
(もう随分ワンピを着ていません。いや、怖くて着れない)
そんな中、ソーイング本らしからぬ表紙の本が異彩を放っていました。


自分スタイルの服作り

な〜んて素敵なんでしょう。
葉山(神奈川)で実店舗をされている方の本だそうです。
いいですね、葉山。
湘南は、神奈川県人であっても、海好きにはたまらない憧れの地でした。(元・川崎市民)
北海道の海周辺では、葉山や湘南のような雰囲気のエリアにお目にかかった
事がありません。
厳しい冬が長いから、こちらではマリンビジネスが成り立たないのかも知れません。
この点がいつも寂しく思うところです。
ニセコみたいな賑わいが、海岸線にも出来たら素敵だろうな。

時々神奈川の海が無性に恋しくなる私は、リゾート感漂うこの表紙にやられました。
本の中身はわかりませんが、
地元の書店より早く届くamazonにて、早速予約。
ほとんど、ジャケ買い。
湘南のかほりが我が家に届くのを、楽しみにしています。^^
4/18発売だそうです。

購入後の感想

基本パターン10のうち、
ワンピース 5
ブラウス 3
スカート 1
パンツ 1

ワンピース5点のうち、ノースリーブが3点もあり、
かなり夏をイメージしたラインナップでした。
もう少しバリエーションがあったら良かったなー。
手持ちの本やパターンにすでに似たようなラインがあって、
特に新しさは感じませんでした。
リゾート風を期待していましたが、
今時これを着る人がいるんだろうか?と思わずにいられないような、
ボヘミアーンな作品があったり。
湘南のイメージが見事打ち砕かれました。
全体的に古めかしい(昭和チック)印象。
生地を吟味したら、印象も変わるのかな?
ちょっと私には着る機会がなさそうなスタイルで、残念な結果となりました。
ソーイング本は中身を確認してから、と肝に銘じます。





posted by マメコ at 10:13| ソーイング本・パターン | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

誌上・パターン塾 Vol.1 トップ編

あれこれソーイングパターンを買い込んでいますが、
「コレだ!」というパターンに、未だ出会えていません。
特にトップス。
衿元が詰まっていたり、ちょっと可愛らしくて似合わなかったり、色々...。
(要は、何を着ても似合わないってことかも...TT)

アレンジする技量がないので、
自分に合いそうなパターンを探す旅が続いています。

そんな私の悩みを解消してくれそうな、アレンジに関する本が出ます。



誌上・パターン塾 Vol.1 トップ編 (文化出版局MOOKシリーズ)

ミセスのスタイルブックに連載されていた、「パターン塾」の内容が一冊に
まとまった本です。

自分に似合う形にアレンジができたら、最高ですよね。
作って楽しんだあとは、着て楽しめないと意味が無いですから。
ということで、早速予約しました。
中身を見ないで購入するのは少々勇気がいりますが、

「デザインは無限大」

の一文を、信じる次第。
2月12日発売。

そして、もう一冊。
こちらはソーイングの「困った」場面に出くわしたときに
強い味方になってくれそうなお助け本。



こちらも役立ちそうです。




posted by マメコ at 16:31| ソーイング本・パターン | 更新情報をチェックする