2017年05月17日

カセットコンロ

本日のお題は、カセットコンロについて。
個人的に「ほぉー」となった話です。

長い間使ってきた家のカセットコンロ、
とうとうつまみが回らなくなってきたので、新調しました。

P5023879.JPG
ビストロの達人II ホワイト カセットガス グリルパン CB-GP-W

一応家用ですが、キャンプ目線でも選んでみました。

キャンプで焼き肉をする道具を探していて見つけたのが、
このカセットコンロ、『ビストロの達人U』です。
当初、炭火を使う「ユニセラGTV」や、sotoのデュアルグリルが候補でしたが、
デイキャンプが多い私たちには、炭を使った調理は火熾しから
灰の片付けなど何かと面倒ではないかと、そんな意見がオットから出て、
炭火を候補から外すことにしました。
炭がダメならガスしかない。
カセットコンロなら家でもデイキャンプでも使えるし、
我が家にはビストロみたいなのが丁度いい。

ビストロの達人Uの第一のメリットは、
これ一つで色んなメニューが楽しめるというところ。


4t_02.jpg
画像お借りしました。


付属のプレートを外すと、カセットコンロになるという点もポイント高し。
鍋もOKです。

P5023896.JPG


また、別売りのアクセサリー(焼き肉プレートやたこ焼きプレート)を使えば、
更にメニューの幅が広がります。

焼き肉専用プレート(大)が、気持ちよくフィット。💛


P5023901.JPG


実はこの焼き肉プレート、マーベラスにもセット出来るんだそう。

そういえば、マーベラスには五徳が一つ付いてきました。

P5164152.JPG

裏返すとこんな形状。

P5164155.JPG


購入当初、この五徳を何に使うのかわからずしまいこんでいました。
マーベラスの特殊な台の上にこの五徳をはめ込む事で、
イワタニの別売りのアクセサリーをセットできる仕様に
なっているんですね。(知らなかった〜)


通常マーベラスにポットやお鍋を置く時は、この変わった台座の上に乗せますが、

P5164169.JPG

焼き肉プレートなどのアクセサリーを使いたい場合は、
五徳の足の凹みをマーベラスの台座のこの位置にはめ込みます。


P5164175.JPG

P5164174.JPG

ガッチリ固定されてこんな状態に。


P5164192.JPG


更に焼き肉プレートなどの裏には溝があり、


P5023898.JPG

五徳の凸にはまるようになっています。


P5164212.JPG

P5164210.JPG


少々ガタツキはありますが、
まずまず安定しています。

ほぉー。
なんちゅうアクロバティックな仕様なんでしょう。
こんな風になるとはね。
今回焼き肉専用プレートを購入してみて、ようやくこの仕様に気付き、
あらやだ、マーベラスでも焼き肉出来るんじゃない、となりましたょ。
軽い衝撃...。
きっとマーベラスの箱には、そんなイメージ写真が大きく載っていたんでしょう。
取説読めば、ちゃんと書いてあるんでしょうね。
読まないから、全然気づかなかった。

ただ、焼き肉プレート(大)はマーベラス本体から少々はみ出ます。
マーベラスの風よけになるカバーに当たるので、
カバーを外さないとセットが出来ません。
安定感で言ったら、ビストロのほうがぴったりはまる感じで、
風の影響も受けにくいかな。

焼き肉プレートには鉄製の角型タイプもありまして、
これは唯一「ビストロの達人U」には使えないアクセサリー。
逆に、マーベラスには使えます。
ちょっとややこしい。
プレートに関しては、鉄製の角型の方が良かったかなとも思いましたが、
マーベラスを家でも使うとなると、今度は置き場所に困る...。
とか更にややこしくなるので、取り敢えず丸形で結果オーライという事に
しておきます。
うむ。

P5023884.JPG

『マーベラス』と『ビストロの達人U』の大きさ比べ。

マーベラスはキャンパーに絶大な人気があるコンロで、
アウトドアで使用することを前提に、
保管&持ち運びしやすい工夫があり、
風の影響を受けにくい構造にもなっています。
ただ、家の中で使うにはちょっとごつく、
特殊な形状のカバーでプレート位置が少々高くなる感じ。
やはり屋外が似合うコンロですね。

ちなみに、ビストロは火口がコンロの中に埋まっている形状のため、
キャメロンズのような角型スモーカーはセット出来ませんでした。
なので、キャンプでスモークの予定がある場合は、マーベラスの出番。

また、前回のデイキャンプで失敗だったのが、ビストロでは径の小さなポットが
使えなかった事。
直火エスプレッソなどに使うプレートを置けば、この点はクリア出来ます。
もしくは、小型のガスストーブがあればクリア。

多少の向き不向きがあることを頭に入れて、
メニューによってコンロを使い分ければいいかな。

このビストロ、
餃子、鉄板焼き・焼きそば・ホットケーキ、先日のデイキャンプでと、
早くも大活躍しています。
ビストロによってマーベラスの秘儀(?)を知る事となったので、
めでたし・めでたし、という話でした。

余談ですが、
ビストロでもんじゃ焼きをしようと、はがしを準備。
以前ステンレスのはがしでコーティングをダメにした苦い経験があるので、
ここは木製にこだわりました。
今までのより二回りくらい大きいけれど、口当たりは優しそうです。

P5023930.JPG

イワタニさんは他にも通好みのカセットコンロを色々出していて、
焼き肉専用の「焼きまる」、焼き鳥が得意な「炉ばた焼器 炙りや」など、
渋いラインナップ。
家飲みお父さんの強い味方ですね。^^
http://www.iwatani-i-collect.com/konro/

更にオシャレな外観を纏ったら最強なんじゃないかと、
今後のブラッシュアップに大いに期待しています。





posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| Comment(0) | キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

耳より情報

憧れのあのテントが、遂についに再版されるようです。(ヤッホー
まずは会員さん優先のよう。(無理もない)

落ち着いたら、一般Pにも回ってくるかしら?
我が家にお迎え出来るかどうかは、運次第かナ?
とりあえずアンテナ張って、頑張ってみます。







posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

テント選び

先日、息子の運転の練習に付き合って、朝から夕方まで近場をウロウロ。
本人殆ど家に居ないので、免許を取ってからなかなか練習が出来ずにいましたが、
近所のスーパーや、大型書店、ホームセンターやパン屋さんに立ち寄り、車庫入れを練習。
案外上手で安心して助手席に座っていられたので、
私の希望で、セールの下見を兼ねて秀岳荘まで行ってもらいました。
息子の運転する車に乗るのは、何とも不思議な感覚。
もう、いい大人なんですけどね。^^

この日秀岳荘の屋上では、オガワキャンパルさんのテントの展示をやっており、
気になっていた、新作のツインピルツT/Cなど見る事が出来ました。
ツインピルツT/Cは、天井の中央部分がダランと下がってしまっていて、
私の頭につくほどで、180cmの息子は直立できず。
この事は以前どなたかが現物を見て言っておられたので、想像はしていたものの、
これほど低いとは...。
ロープでピンと張られたら、実際はもう少し広い空間になるのかも知れませんが、
ロースタイルではない我が家には窮屈な感じ。
メッシュが左右上部のベンチレーションにしかなかったのも、
惜しいなと感じました。
虫対策や換気、困りそうです。
そういうわけで、ツインピルツT/Cは我が家の候補から外れました。

あくまでもタープの延長として考えるなら、アリかもしれません。
色んな形に変形出来るのは、面白いでしょうね。
T/C生地の風合いや明るさは良かっただけに、少々残念でした。

私がずっと惹かれているのは、廃盤となったノルディスクのピル。
o0400040013625740974.jpg
画像、お借りしました。

このテントは、側面を開けた時の開放感が、すばらしい。
立てやすくて、居住性も申し分なくて、
デザインの良さはもちろんですが、他にない小技が利いたテント(らしい)で、
人気があるのも頷けます。
唯一の弱点でもあるスカートが無い件は、私がミシンでサクッと縫えば済む話ダ。
(イイキッチャウ?
昨年秋に数量限定で出ていた、レイサのスペリオール情報を逃し、
今年もベージュが出ないかと、再販を期待しています。
レイサのグリーンもいいけれど、やっぱり私はベージュがいいのだ。
スペリオールのフライシートのリコールでは、メーカーの神対応があったそうで、
そんなこんなで本格生産になりはしないかと、しぶとく待っているわけです。

オガワさんのロッジにも一時心が揺れました。
職人気質なテントという感じで、居住性抜群。
ただ、色と重さがネックでした。
コールマンのコーストラインも良かった。
が、こちらはメッシュがなく、おまけにグランドシートと一体で、
相当蒸れそうな予感が...。
開けるか閉めるかのどちらかしかないっていうのが、残念。
今回ツインピルツT/Cの現物を見て購入を見送り、
おかげで一番欲しいテントを待つ覚悟が出来ました。
それまでは、家にあるのを使って楽しめばいいねというのが今の段階での結論。

オットが秋に行きたいと言っているキャンプ場があります。
ちょっと遠いので、今まで敬遠していた所なのですが、
お客さんからも「あそこはイイヨー」なんて聞いてきたものだから、
昨年から行く気満々になっています。
そこは札幌より寒いようで、当初小型の石油ストーブを検討していましたが、
どうせなら薪ストーブをINしようか、といつになく乗り気な様子。
フルオープン&フルメッシュ&フルクローズと出来、尚且つ小窓で外の様子が
見えるピル&レイサは、秋のキャンプを楽しみにしているオットにも魅力的に
映るよう。

珍しく二人の意見が一致したところで、
再販のアナウンスを聞き逃さないよう、アンテナを張る日々です。
こんなに欲しいと思い続けたものが、今まで他にあっただろうかってくらい稀で、
寝る前に手を合わせたりもしていて。
我ながら泣けてくるのダ。^^
まっ、程々に夢見ていましょうかね。





posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

ダンボー

キャンプ用品の収納方法を考えていたところ、
かわいらしいコンテナを見つけましたョ。

P4033694.JPG
【Amazon.co.jp限定】TRUSCO(トラスコ) "ダンボー"コンテナ

『ダンボー』の薄型折り畳みコンテナです。
●と▲で、愛嬌満点。
蓋つきのコンテナBOXを探していたので、
色と言い、デザインと言い、これはド・ストライクの商品でした。
おまけに、定番の無地のコンテナにプラス300円くらいの、GOODプライス。
業務用としても使われている、TRUSCOさんの商品なので、
耐久性も信頼がおけるかと。

使わない時はコンパクトに折り畳めて、

P4033687.JPG

畳んでいる時でさえも、かわいらしくて、

P4033688.JPG

横顔も手抜きなしで、

P4033693.JPG

蓋にはロック機能も付いています。

P4033702.JPGP4033701.JPG

容量は50L。

P4033710.JPG

電池式のランタンも余裕で入る高さです。

P4033717.JPG

重たいものの収納には向きませんが、軽くて嵩張るものの収納にはうってつけ。
もう一つ欲しいくらいです。

札幌近郊のキャンプ場の多くは、GW頃から営業が再開されます。
今月末には秀岳荘のセールもあるでしょう。
楽しみな季節到来です。






posted by マメコ at 09:47| 北海道 ☔| キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

ケース色々

今年の夏は、北海道まで亜熱帯化してしまったのか、と思うくらい蒸し暑い日が
続いていましたが、台風が通り過ぎて、どうやら空気が入れ替わった様子。
空が高く、清清しい朝です。

涼しくなってきたので、先日のキャンプ泊で、あったほうがいいなと感じたものの1つ、
トイレットペーパー・ホルダーを作ってみました。

P8262762.JPG


P8262764.JPG

ホームセンターで見かけた、ロゴスのTPホルダーがお手本。(完全目コピ^^)

61-phRp2z2L._AC_US200_.jpg 

材料はこちら。

P8152684.JPG

以前プロートさんでおまけでいただいた、カモ柄のリップストップ生地を側面に。
天地は、茶系のダンガリー生地。
カバン用の厚手接着芯を貼って、少し張りをもたせました。

P8212701.JPG


底部分をファスナー開閉にし、(派手にずれたー)
ペーパー取り出し口にはハトメ。

P8212686.JPG


このハトメはなんちゃってで、ペンチで爪を折りこむだけの簡単なものです。

P8212696.JPG


持ち手はバネホックを付けて、開閉できるようにしてみました。
アクリルテープにスクリューポンチで下穴をあけて、

P8262748.JPG

専用の打ち具&打ち台を使ってホックを留めます。

P8262738.JPGP8262742.JPG
P8262743.JPGP8262751.JPG

バネホックの取り付け方は、peachmadeさん
サイトを参考にさせていただきました。

P8262758.JPG

P8262755.JPG


レシピなしで作り始めたものだから、
そうそう順調にはいかず、何度もほどいてやり直しをしていますが
何とかカタチになりました。
テーブルに置いても、吊り下げても使えます。
早速デイキャンプに持って行き、
なかなか良いんじゃない?と、オット相手に自画自賛しまくってきました。

そして、少し前に作ったティッシュケースのカバー。
こちらもぶら下げタイプ。

P8272774.JPG


オットの仕事用のエプロンの余り布を使用。
今回のTPホルダーの天地部分に同じ生地を使用したので、(持ち手も同じ)
少し統一感が出せたかな。

P8272775.JPG


他に作ったものたち。

P8072671.JPG

キッチンペーパー(BOXタイプ)用のケースです。
家ではロールタイプのペーパーを使っていますが、
ロールペーパーを外で使うには、
専用のバーを取り付けたり、置き型のホルダーを準備したりと、かなり厄介で、
そのくせ片手では切り取れず、使い勝手はいまひとつ。
持ち運ぶ度にボロボロになってしまうのも、何だかなーと思っていました。

キャンプには箱入りペーパーの方が使いやすいのではないかと思い、
ラミネート加工の生地でケースを作ってみました。
ラミネートなら、濡れた手で扱っても大丈夫。
引っ掛けられるように、持ち手も付けました。
片手でサッと引き出せる箱タイプは、使い勝手も上々。


それから、小さなテーブルナイフのケースも作りました。


P7252570.JPG


P7252569.JPG

カトラリーと一緒に入れているので、これで一安心。

キャンプ用のチマチマした小物作りは、これで一段落。
そろそろ洋服作りにも励みたいところではありますが、
3月にVネックプルを作って以降、すっかりご無沙汰しています。

「作ってみたい!」と思うパターンに、最近出会えていないからかも知れません。
今年は、本もパターンも生地も殆ど買っていない。
キャンプの準備で脳内もお財布も、いっぱいいっぱいだったのが、
大きな要因ですが。^^

自分用のエプロンなんぞを作ってみたら、
勢いがつくかな〜。
どうかな〜。








posted by マメコ at 07:00| 北海道 ☔| Comment(0) | キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

キャンプテーブル

うだるような暑さの札幌から、コンニチハ。

慣れない蒸し暑さに、ヘロヘロになっています。
30℃やそこらでへばっていたら、本州の方に笑われてしまいそうですが、
とにかく暑くて、もの凄い湿気で、グダグダです。

そんな中、キャンプ用のテーブルを作っていました。
と言っても、天板のみ。
以前から、何故だか1つ余計にある、スノーピークのキャンプテーブル用の脚。
どうして脚だけ余っているのか、天板はどこへ行ってしまったのか思い出せないのですが、
適当な板を乗せて、作業台として使っていた気もする。
この度この脚に合う天板を作ってみました。


P8022573.JPG


コンパクトに丸められる仕様が理想でしたが、
ホームセンターで買ってきた格安の板が、
よくよく考えてみると薄くて強度不足な気がしてきたので、
丸める形状は諦めて、角棒で裏側から補強することに。
結果的に、すのこを2枚を作った形となり、
これを脚の横に渡ったパイプに固定する事にしました。


P8022582.JPG


角棒は接着剤止めにして、
2枚のすのこは、中央でダボで連結。
天版とパイプは、マジックテープで固定します。
これで、浮き上がったりせず、安定しました。

タオルなどを掛けられるように、アルミの6mmのバーを取り付け、
(マスキングテープで、抜け防止中〜^^)

P8022579.JPG


更に、アルミのフックを通して。

P8022577.JPG

テーブルに散乱しがちな小物を、引っ掛けられるようにしました。


あーでもない、こーでもないと、
オットと頭をひねって、何度もやり直して、
90cm×60cm×高さ66cmの食事テーブル(天板)の完成です。

食事用には少し高めですが、何かと役に立ってくれるかと思います。

もう少し厚みのある板が手に入ったら、
脚部分の形状を研究して、
55cm〜60cmくらいの高さの食卓ロール・テーブルを作ってみたいものです。

その前に、
我が家のインパクトドライバーが、終に充電できなくなってきました...。
今までよく頑張ってくれたインパクト。
そろそろ、新しい相棒を探さないと。








posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| Comment(0) | キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

手作りベーコン

先月の話になりますが、ベーコンの燻製にTRYしてみました。

キャメロンズの燻製器を使ったレシピを参考に。
豚バラ500gの塊に、
塩15gとコショウをたっぷりすりこみ、ラップでくるんでジップロックに入れて、
冷蔵庫で4日間ほど寝かせます。
その後、特に水洗いや風乾などはせず、そのまま熱燻。
チップはさくらを使用。


P6232362.JPG


途中何度かひっくり返して水滴を拭いて、


P6232363.JPG


弱火で40分。


P6232368.JPG

半日ほど常温でえぐみをとばして、
再びジップに入れて更に数日冷蔵庫で落ち着かせます。

仕込から1週間、いよいよ実食の時。(写真撮り忘れまして)
ベーコンのいい匂いがちゃんとしています。
とても厚手のバラ肉だったので、中心部分はやや生っぽい感じで、
スライスするのがちと難しいけれど、しっかり塩気も行き渡っていて、
なかなか美味しく出来ました。

ベーコンエッグにしたり、
シチューに入れたり、
そのまま焼いたり、
あっという間に食べてしまいましたが、
燻玉(燻製タマゴ)以上に、息子達にも喜ばれました。

大きな塊の場合、部分的にカットして高さを調整するなどしたら、
もっと均等に火が通ったかな。
添加物無しのベーコンは、貴重かも知れませんね。
またTRYしてみよう。






posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| Comment(0) | キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2016年06月30日

ランタン・ハンガー

楽しみにしていたキャンプ道具が、高知の「196(イチ・キュー・ロク)」さんから届きました。


P6292370(1).JPG


木製(サクラ材)のランタン・ハンガーです。
ランタンのイラストが素敵♪

このように使います。

lanhan_006.jpg
196さんの画像をお借りしました。

お店の写真の通り、木の質感がとても良く、軽く、何とも楽しい気分になります。
大・大満足です。
黒いポールにもバッチリ合いそう。
引っ掛けたいものが色々あるので、こういう吊るせる道具は
何かと重宝しますね。

先日のデイキャンプの時、
24mm径のニーモのポールに、スノーピークのランタンハンガーをかけようとしたところ
太さが合わず使えませんでした。
帰ってから調べてみると、スノピのハンガー(黒)は、22mm径まで使用可、
となっていました。
あらら。

補助の細いポールには使えたので、時計とメガネをぶら下げてます。

P6232359(1).JPG


メインポールに使えるランタンハンガーを探してみるも、
意外と24mmに対応するのが見当たりません。
大概が22mmまでで、スノーピークの太いver.は、27mmから。
これは盲点でした。

フト思い出したのが、この木製ハンガー。
以前どなたかのブログで、黒いポールにセットされているのを見た記憶がありました。
黒ポール=「ニーモ」かもと期待して、探しました。
コレダ、コレダ。
28mmの穴に通るポールなら、添え木をかませて固定して使えるとの事です。

素敵なオマケが二つも入っていました。(喜)

P6292379(1).JPG


ミニカッテインングボードと、

P6292383(1).JPG


こちらは、フックみたいですね。

P6292382(1).JPG

キャンドルランタンを吊るすのに、ピッタリかと。
イラストや文字は焼印かと思いきや、レーザー加工で彫られているそうです。
細かい線までキレイに彫られていて、とても凝った作り。
梱包も丁寧で、物づくりのこだわりを随所に感じました。
素晴らしい。

196さんありがとうございました。
亜麻仁油でお手入れして、大事に、大事に使わせていただきます。

すぐに使ってみたいところですが、
オットがギックリ腰気味なため、
完治してからの楽しみに、しばらくとっておきます。






posted by マメコ at 07:00| 北海道 ☔| Comment(0) | キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

オットマン+クッション

今日は夏至ですね。
陽が極まる日。
太陽のエネルギーが一年で一番長く届く、パワフルな一日。
庭の宿根草も、亜麻も、雑草も元気いっぱいです。^^
今日は、太陽が顔を出してくれるといいのですが。

さて、先月のDAYキャンプで、
オットマンがあればもっと快適に寛げるね、という話になりました。

小ぶりな折り畳みチェアをオットマンとして使うことにし、
Adirondack(アディロンダック) マイクロチェア を購入しました。

P6202209(1).JPG

オットはダークブルー、私はレッド。
ダークブルーは、くすみのあるブルー。(やや地味な色)
レッドは、とても良い色です。
オットもこちらを気に入っている様子。^^

似たようなデザインの椅子は他にもいくつかあったのですが、
アディロンダックのマイクロチェアは、何より丈夫そうなところが決め手となりました。
クチコミ通り、安定感バッチリ。
ゴールドのフレームもカッコイイ。


P6202212(1).JPG


550gと軽く、コンパクトにたためるので、携帯性もバッチリ。
ハイキングにも気軽に持ち出せそうです。


P6202255(1).JPG


オレンジの収納袋もnice!


P6202260(1).JPG


P6202272(1).JPG


火起こしの時も使える。

ただ、ONWAYのコンフォートチェアに合わせてオットマンとして使うには、
高さ31cmのマイクロチェアは、少し低かった。

P6202218(1).JPG


P6202215(1).JPG

このままでは、足が下がってしまう。
おまけに、生地のテンションが高いので、
長時間の使用では、ふくらはぎが当たって少々痛くなります。
惜しい。

どうしたものか。
クッションを乗せてみたり色々試したのですが、
クッションだとずり落ちてよろしくない。
いっそのこと底上げする?

悩んだ末に、取り外し可能で固定出来るクッションを作ることにしました。

家にあったウレタンのクッションベースの厚・薄を一枚ずつ。
それでもまだ低いので、
廃棄予定だった低反発マットのへたりの少ない端部分をカットし、3枚重ねに。
これで、9cmの厚みが確保出来ました。


P6202221(1).JPG


P6202223(1).JPG


一番上を低反発マットにすると、もっちりして気持ちいい。


11号ハンプでカバーを縫いました。

P6202225(1).JPG


裏側でマジックテープで止めて、椅子に固定しています。

P6202228(1).JPG


P6202233(1).JPG


汚れたら、カバーだけ洗えます。


P6202277(1).JPG


比べてみるとこんな感じ。

P6202251(1).JPG


P6202254(1).JPG


P6202237(1).JPG


使っているうちにへたってきたり高さが合わないと感じたら、
中身を入れ替えることが出来る、アバウトな作りのクッションです。
もう1つは、もう少し丁寧に作ってみよう。

早く外で使ってみたいのですが、5月の好天とは対照的に、6月は雨続き。
梅雨がない北海道にも、蝦夷梅雨(エゾツユ)と言われる雨季があります。
今年は少し長い...。
お日様カモーン。





posted by マメコ at 06:00| 北海道 ☔| Comment(0) | キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

燻製作り

ずっと雨で、なかなかDAYキャンプにも行かれないので、
ガレージで初めての燻製作りに挑戦。

キャンプで、一度やってみたいと思っていた燻製。
初心者でも失敗がないのは、玉子やチーズだとか。
慣れてきたら是非作ってみたいのは、王道のベーコン。
サーモンや手羽なんかも美味しそうだナ。

まずは燻製器選びから。
色んな種類が出ていて迷いましたが、
割れる心配がなく、軽くてコンパクトで、尚且つお手ごろ価格の、
キャメロンズ ミニスモーカー(ステンレス製)にしました。

P6172184(1).JPG


長方形で、ベーコン用のバラ肉が収まるサイズというのも決め手に。

P6172186(1).JPG

フタがスライドします。

P6172188(1).JPG
(ヒッコリーのチップが付いてきました)

初回なので、オーソドックスな桜のチップを使います。
鍋の底に、汚れ防止のアルミホイルを敷き、大匙1.5杯ほどのチップを中央に盛ります。

P6172192(1).JPG

この上にトレーをかぶせ、網を乗せ、具材を並べます。
ちくわとウインナーと、カマンベールチーズと玉子。
玉子は、煮玉子と塩をもみ込んだのと2パターン。

P6172191(1).JPG


始めは強火。
煙が出てきたら、弱火にして10分。
具材が汗をかくので、何度かフタを開けてキッチンペーパーで水滴をふき取りました。
(水分は煙と反応して、酸味になってしまうのだそう)

10分後、それらしく出来上がりました〜♪

P6172195(1).JPG

出来立ては煙の匂いが少し強いのですが、
時間がたつと馴染んできて、独特な燻製の香りに変化しました。
塩をもみ込んだ玉子がとっても美味。
ウインナーは息子達が喜びそう。

P6172201(1).JPG

カマンベールもウマウマ。

風が強い中強行しましたが、初めてにしては上手く出来たように思います。

次は豚バラの塊肉を買ってきて、自家製ベーコンを作りたい。
ベーコンの作り方も様々あるようですが、
まずはキャメロンズで出来る、簡単なやり方で。

強めに塩コショウをして三日間冷蔵庫で寝かせ、
40分ほど燻せば出来上がるとか。
そんなに簡単にベーコンが?と思うのですが、
どうやら本当に出来るらしい。

オットがやる気満々なので、
近いうちに自家製ベーコンが食べられそう。

調味料(お醤油とか)も、燻す事が出来るとか。
色々試してみたくなります。






posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| Comment(0) | キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

クーラーBOXスタンド

久々にDIYの話。

数多のキャンパーさんが作っておられる棚の構造を参考に、
クーラーBOX用の簡単な台を作りました。

P6152173(1).JPG

30mmの角材をホームセンターでカットしてもらい、
サンドペーパーをかけ、亜麻仁油を塗り、インパクトドライバーでガガガッとネジ止めして、
穴をダボで塞いで、脚が完成。
そして、棚板用のワンバイフォーを3枚通します。

P6152167(1).JPG


とっても簡単な組み立て式。
板を隙間に通し、脚を少し内側に傾けることで固定される仕組みです。
なるほど・なるほど。


P6152162(1).JPG


P6152159(1).JPG

イグルーのクーラーボックス(25L)のサイズに合わせて作りました。(棚板65cm)
材料費は、1.000円ほど。
色を塗る予定はないので、窓際に置いて日焼けさせていますが、
6月に入ってからの札幌は、雨続き。
スカッと晴れて欲しいところです。





posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| Comment(0) | キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

アリゲータークリップ

キャンプ用品(マットやテーブル)の、リサーチに明け暮れていた5月、
レビュー読んで、ナチュブロやインスタにお邪魔して、秀岳荘で現物確認して、
価格を比較してーを繰り返していたら、
頭がパンクしそうになりまして、
その反動で、プチプラな小物をポチっていました。


アリゲータークリップ。

P5292058(1).JPG



P5292060(1).JPG



全部で4色。

P6012094(1).JPG


アリゲーター君にしてもらいたい仕事は、主にコレ。
軍手のホルダー。


P6012113(1).JPG


エスビナー(Sの字のカラビナ)に通すとジーンズなどに引っ掛けられ、
使い終わったら所定の場所にぶら下げておける。
それぞれ別メーカーのものですが、カラー(コヨーテ)がバッチリ合いました。


P6012108(1).JPG


P6012117(1).JPG


P6012118(1).JPG


タオルをはさんだり、アウトドアでの活躍間違いなし。
登山でも使えそうです。
ワニの口は、ガバッーとは開きませんが、
ゴツくてなかなか丈夫そうで、挟んだものはそうそう離さない、
そんな頼もしい印象です。





posted by マメコ at 10:14| 北海道 ☔| Comment(0) | キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

電池スペーサー

今回の熊本の地震を目の当たりにして、
改めて非常持ち出し袋の点検をしなければと思いました。

暫くの間玄関に置いてあったリュック、どこにしまい込んでしまっただろう?
食料・水・灯り・おトイレ関連・寝具など、改めて確認しておこう。
アウトドア関連グッズ=サバイバル用品にもなりますから、
軽いものは車に積んでおこうとオットと話し合いました。

昨年の秋に購入した、コールマンの電池式のランタン。
押入れにしまい込んだままになっていたのを、
久しぶりに引っ張り出してみました。


P4181747(1).JPG


単1電池を4ケ使います。
このような電池式のランタンは、このパターンが多いですね。
別売りで充電式バッテリーがあるのですが、なかなかいいお値段します。
渋ちんの私は購入を迷い、ずっと見送ってきました。
かと言って単1電池は普段あまり使わないので、家に買い置きが無い。

いずれにしても、バッテリーか単1電池かどちらかを買わないとな、と
アマゾンを彷徨っていたら、面白いモノを見つけました。

P4181742(1).JPG

パナソニック 単3形充電式電池用 サイズ変換スペーサー 2本入 単3形→単1形 BQ-BS1/2B

充電式電池のスペーサーです。
これは、単3電池を単1電池に変換できる、優れもの。
(他のサイズもあります)

ついでに、エネループの充電器セットを新調。
(上の2本は随分前のエネループ、充電器が行方不明...)

P4181739(1).JPG

P4181740(1).JPG
パナソニック eneloop 急速充電器セット 単3形充電池 4本付き K-KJ21MCC40

単3・単4を同時に急速充電出来て、電池の残量もわかります。
進化してますね。

スペーサーの中に単3電池を入れると、

P4181756(1).JPG


P4181757(1).JPG

単1電池に早代わり。

P4181758(1).JPG

これを電池部分に入れて、ランタン本体に装着&スイッチオン!

P4181765.JPG

「おぉーーーっ!」
ちゃんと点きました。
スペーサー、偉い!

LEDで調光式のランタンなので、電池の持ちもいいかも知れません。
単1を4ケとなるとかなり重くもなりますから、単3電池で軽量化にも成功〜。

このランタン、いつでも使えるように出しておく事にしました。







posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| Comment(0) | キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

パラコード

唐組紐屋 菊五郎商店さんから、パラコードが届きました。
先日のサンプルの中からジックリ選んで、ターコイズに決定。
とても綺麗な色です。
予備(タープ内用に)にブラウンを少々。

P5242021(1).JPG

自在は赤に。






posted by マメコ at 11:04| 北海道 ☔| Comment(0) | キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

パラコード サンプル

キャンプのタープ用に、
丈夫で視認性の高いロープを探していて、パラコードに出会いました。
パラコードとは、パラシュート用に開発された丈夫なロープ。
4mmの太さで、耐荷重は驚きの250kg。(ナイロン製)

唐組紐屋 菊五郎商店さんのパラコードは、
単色と Multi Colorとバリエーションが豊富で、なかなか決められない。(嬉)
10色までサンプルをいただけるとの事で
オットの希望3:私の希望7で10色を選び、お願いしてみました。


P4111723(1).JPG

上から
ターコイズ・カモグリーン・ブラウンゴールド・イエロー・ゴールデンロッド・オレンジ
マルチカム・インクブルーシルバー・ターコイズワッフル・ハーレイ
※マルチカムだけ、細いのを送ってもらいました。


単色はビビットでいいし、

P4111718(1).JPG


Multi Colorも素敵。

P4111717(1).JPG


P4111722(1).JPG


タープに合わせてみるとこんな感じに。

P4111737(1).JPG

目立つのは、単色のオレンジかゴールデンロッド、案外ターコイズもいいかも知れません。
インクブルーシルバーやターコイズワッフルは個性的で素敵だけれど、
芝生の上では目立たないかな?
目立たないと言えばマルチカムやカモグリーン・ブラウンゴールドですが、
これはこれでシックでカッコイイ。

どれもいい。
やっぱり、悩むな〜。

オットがロープワークの本を見ながら、色々な結び方を練習中。



ロープで、ハンモックを編んでいるつわものもいらっしゃる。
細いコードは、アクセサリーも作れるそうで。
ロープの世界もなかなか面白そうです。







posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| Comment(0) | キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

キャンプ道具  タープ編

昨日確定申告を済ませてきました。
最終日の前の日だったので、やはり大混雑。
駐車場に入るまでに1時間近く並び、会場の中でも並びました。

今年は早くから取り掛かっていたにも関わらず、
2月中〜下旬、突然片目が原因不明の腫れに見舞われ(祟りか?)、
細かい数字を追う事が出来なくなってしまいました。
それ以外にも遊びを優先したりしたものだから、そのツケは後半にやって来て、
結局ギリギリに。
フゥ、危なかった...。

2015年を振り返っていると、昨年あった様々な出来事が思い出されました。
しんどい時期もあったけれど、
家族や友人たちに励まされ、元気を取り戻せました。
何か飛んできても、今ならエイヤッと跳ね返せるョ。
皆さん、その節はアリガトウ。

早いもので、オットの店はこの3月で15年目に入ります。
2016年も、淡々と頑張りましょう。

申告を済ませた足で、秀岳荘に寄って、
取り寄せをお願いしていたタープ用のポールを受け取ってきました。

ニーモのアジャスターポール。

P3151591(1).JPG

カッコイイ。

昨年秋から盛り上がっていた、「キャンプ熱」は、
冬の間も静かに燃え続けていました。
オットからタープ購入の許可が下りたので、1月には早々とタープを購入。

ヨーレイカのパラウイングです。

P2261465(1).JPG

美味しそうな、カフェオレ色。
外で広げると、もう少し明るい印象になるそうです。

P2261462(1).JPG


P2261460(1).JPG

ガイロープ 約2.5m×4本と約8m×2本と自在、そしてペグ8本が同梱されていますが、
どうも華奢に見えて仕方ない。
タープ自体が大きいので、このロープとペグで万が一の強風に耐えられるのか、
少々心許ない感じがします。
念のため、ペグとロープ(自在も)は別に準備することに。

タープの生地は75デニールと薄手なので、遮光性は今ひとつのようですが、
そのかわり雨には強いらしい。
焚き火使用も可能な「タトンカ」と最後まで悩みました。
タトンカは風合いが素敵。
北海道での使用では遮光性はそれほど気にならないだろうという事で、
軽いヨーレイカに決めました。
タトンカは、またの機会に。

結婚前オットとよく富士五湖や信州にキャンプに行っていました。
その時に張っていたのが、「モス」のウイングタープ。(借り物)
このモスのタープが惚れ惚れするくらいかっこよかった記憶があり、
今回も「モス」を探してみたのですが、残念ながら「モス」はもう無いのですね。
モスのタープはMSRに受け継がれたとの事。(知らなかった...)
ただ、MSRの現行モデルには希望の色と形がなく、
ケルティーも魅力的だったけれど、パラウイングがなく、
ニーモも良さそうだけれど、あのマークが...。

というわけで、キャンプブログにおじゃましたり、雑誌などを読んでリサーチに励んだ結果、
ヨーレイカにしました。
パイピングの黒に合わせてポールも黒を探し、メインポールはニーモに。
サイドのポールは、amazonで格安黒ポール2本セットをゲット。

ハンマーも新調。

P2261474(1).JPG

GREATTOOL ショックレスハンマー 0.5ポンド


カンカン音がしなくて、それでいてグイグイ打ち込めそうな、
お手頃価格の「ショックレスハンマー」にしてみました。

試し張りは、多分庭。
今はまだ雪に覆われているので、
雪解けがすすむよう、今年は庭の雪割にも励みますぞ。
地面が見えるのは、4月に入ってからかな〜。

秀岳荘では、気になっていたキャンプ用の椅子の座り心地を確かめたり、
ウェアをチェックして、カタログも沢山いただいてきました。
気分はすっかりアウトドア・モード。

北国の春も近いかな。
そうだと嬉しいナ〜。





posted by マメコ at 10:23| 北海道 ☔| Comment(0) | キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

ソーラー・ライト

キャンプ用に、ソーラー・ライトを購入しました。

P3041549(1).JPG
Landport ソーラー式エコライト solar puff ソーラーパフ PUFF-15WL


ペッタンコの状態で、メール便で届いたちょっと風変わりなこのライト、
重さはたったの75g。


P3041546(1).JPG


上下を引っ張るとキューブ型になります。


P3041543(1).JPG

P3041544(1).JPG


日の当たるところにしばらく置いて、


P3041552(1).JPG


夜灯してみると...。

P3041560(1).JPG


いいです、いいです、この灯り。
優しい感じで落ち着きます。

ひっくり返すと、こんな感じ。


P3041558(1).JPG


ホワイトとウォーム色の2色ありまして、ウォーム色を選びました。
マスクメロンのようなこの網模様が、LEDの眩しさを和らげてくれて、
優しい雰囲気の灯りにしてくれているのでしょう。

持ち手が上下2箇所にあるのも便利です。(現在ウォーム色のみの仕様)
夜キャンプサイトを歩く時は下を明るく照らしたいので、ソーラー部分を上にして持ち、
テーブルに置く時などはソーラー部分を下にして、と色々使えそうです。
点灯パターンは、強・弱・点滅の3通りあり、
点灯可能時間は、強で6時間、弱で12時間とあります。
明るさも十分。

防水仕様なので、雨の時でもお風呂でも使え、
軽くて携帯にも便利なので、山登りする人にも人気だとか。
アウトドアは勿論のこと、防災用品としても役立ちますね。

お日様のパワーを蓄えて、
その後何時間もの間、明るく照らしてくれるソーラー・ライト。
機械なんだけれど、まるで太陽の分身のように思えて、
有り難いったらない。^^

もう1つ欲しいくらいです。
これの小さいバージョンが出たら嬉しいナ。
ロープに幾つかぶら下げたら、ガーラントみたいになるかな。
夜ロープにつまずく危険も減るし、
何より楽しそう。

ソーラー式の充電器。
これも防災に役立ちそう。









posted by マメコ at 15:14| 北海道 ☔| Comment(0) | キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

シロクマワッペンと、焚き火テーブル

近頃『キャンプ行きたい熱』が燃え上がっていて、
アウトドア雑誌などを眺めるのが楽しみの一つになっています。

困った事に『ソーイング熱』はすっかり冷めているわけですが、
キャンプと絡めた何かなら作れそうな気がしています。
10月の妄想キャンプ用に(オットのOKが取れていない)、
フリースのひざ掛けなど作ってみたらどうかと、ワッペンを注文しました。
(肝心の生地はこれから)

ネイチャーと言えば、モチーフはやはり『シロクマ』!

P9060656(1).JPG


優しくおどけた雰囲気のシロクマ君には巡りあえず、
ややワイルドなこれを選びましたが、そんなに怖くもなく、まぁ良かった。
9cm×5cmと大きめです。
もしもキャンプが無しになったら、
一体何に使えばいいのかわからない、そんなアイテムですゎ。


ユニフレームの焚き火用サイドテーブルも届きました。
程よい大きさ&高さで、何より丈夫そう。
両サイドの木部がなかなかgoodです。

P8280643(1).JPG


キャンプ♪  キャンプ♪









posted by マメコ at 10:01| キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

キャンプ道具 コツコツ

久しぶりにキャンプに行きたくなっていまして、(8年ぶり)
オットと二人、こじんまり荷物少なく気軽に出かけるためのgoodsを、
只今絶賛リサーチ中。

ここ数年キャンプが流行っていた事も知らずにいたので、
様変わりした「キャンプ事情」に軽いカルチャーショックを受けました。

まず何といっても、イマドキのキャンプはおしゃれなんですゎ。
ちょっとついて行けない。
飾る&見せる収納&温かみのある素材&統一感を大事に、
くつろぎのリビングスペースを作り上げるってな感じでしょうか。

参考になる部分も沢山ありますが、
我が家は、「おしゃれキャンプ」を目指すのはまたの機会にして、
あくまでもコンパクト且つ楽チンな設営に重点をおいて、
気楽に自然を楽しむ方向で行きます。
テント、椅子、作業テーブル、焚き火台は今あるのを使い、
以下の道具たちを新調するかどうか、これからオットと話し合い^^


..............................................................................

その1. 食事用のテーブル。 (高さ60cmが魅力的〜)



憧れのカステルメリーノのテーブル。
ハイ・ロー、2通りに使えるのが魅力で、赤い脚もかわいい。
けど、お値段もいい。
予算オーバーだ...。



こんな脚が、我が家に1つあります。
天板を作って固定できたら、きっと安上がりだ。

細々とした道具を並べるなら、こんな木製テーブルも素敵。
キャプテンスタッグの折り畳みテーブル。

 ダウンロード.png
キャプテンスタッグ CSクラシックスサイドテーブル


軽量&コンパクトさ重視なら、こんなのがピカイチでしょ。

 ダウンロード.png
OUTAD アウトドアテーブル フォールディング アルミフレーム ウルトラライト



..............................................................................

その2. ユニフレームの焚き火用サイドテーブル。

  ダウンロード.png
(ユニフレーム)UNIFLAME 焚き火テーブル

ファイヤーグリルもユニフレームなので、コレが候補。 

..............................................................................


その3. IWATANIのガスコンロ。

 ダウンロード.png

風除けが付いていて、コンパクト。
二人ならこれとファイヤーグリルで何とかなりそう。
分解してオリジナルカラーで塗装している、おしゃれキャンパーさんたち多数。
いつか、やってみたい。



これも優れものだそう。ロングセラーのアルポット。
お湯を湧かせるのはもちろんの事、ご飯も炊ける。


..............................................................................

その4. ホットサンドクッカー。



テントマーク
普通の食パンをカットせずに使えて、尚且つフライパン代わりにも。
「ほ」の字の焼印もかわいい。
欲しかったトラメジーノより使い勝手がいいかもしれません。
tent-markさんのタープも素敵。
http://www.tent-mark.com/takibi-tarp-tc-wing/

フッ素加工に抵抗がある人なら、やっぱり鉄製ホットサンドメーカーがいい。

 ダウンロード.png


こちらも上下バラバラになって、ミニフライパンとしても使えます。


..............................................................................

その5. ラック





ユニフレーム(UNIFLAME) フィールドラック 611630



..............................................................................

その6. カセットガス・ストーブ

    



秋のキャンプはしばれますからね。
これらのストーブは屋外専用。

そして、湯たんぽも欠かせません。
オレンジのプラスチック製のが家に二つありますが、
寝袋の中では、こんなソフトタイプの方が良さそう。




..............................................................................


その7. 就寝用のマット&コット。




DUNLOP キャンピングマット ダウンロード.png

私にとってのテント泊の最大の難点は、「ぐっすり眠れない」こと。
その原因は、寝具にあり。
快適な眠りを得るためのマット&コット選びは、実は一番大事かも知れません。

..............................................................................


その8. 大きな収納用バッグ

  ダウンロード.png
キャプテンスタッグ トートバッグ 大型収納カバン Mサイズ ブラウン M-1681

たっぷり入って、丈夫そうで、何よりお買い得! 

style="color:#FF9832;">..............................................................................


その9. たためるジャグ

  


..............................................................................


その10. クーラーボックス

  ダウンロード.png
igloo クーラーボックス MARINE ULTRA マリーンウルトラ

今あるのは大きすぎるので、このくらいが丁度いいかな。

..............................................................................


その11. ダッチオーブンハーフ 10インチ




餃子やピザを作るなら、ハーフで十分かも。

..............................................................................

その12. ヨーレイカ タープ 

  ダウンロード.png
Eureka! Parawing 550x550x400 ヨーレイカ タープ

今まで使っていたスクリーンタープは二人には大き過ぎるし、設営も大変。
ウイングタープは、庭でBQする時にも目隠しになって良さそう。

..............................................................................

その13. タープ用ポール&サブポール

  ダウンロード.png

Soomloom テント タープ ウイング 用 アジャスタブル ポール 2本セット 

タープフック
 ダウンロード.png


..............................................................................

その14. ペグ&自在

MSR

 ダウンロード.png

エリッゼ
  ダウンロード.png
鍛造ペグ エリッゼステーク 28cm    
キャプテンスタッグ サンドペグ



コールマン自在
  ダウンロード.png
Coleman(コールマン) アルミ自在 170TA0035  

..............................................................................

その15. ソーラー式エコライト

  ダウンロード.png
Landport ソーラー式エコライト solar puff ソーラーパフ PUFF-15WL

このランタンは画期的。
ペッタンコになってかさばらず、
それでいて電池要らず、更に明るさも十分なので、非常用にも役立つばず。
ウォームカラーは上下に持ち手がついています。
窓辺にぶら下げておけば、いつでもスタンバイOK。
これはいい。
もう1つ欲しいくらいです。

エネループ充電器セットも。

  ダウンロード.png


BOSEのスピーカーケース。
いつもタオルで巻いて持ち運んでいました。
もっと大切に扱わないと。

 ダウンロード.png
 Bose Case 専用保護 スピーカケース  

これは買って大正解の商品でした。
ピッタリ収まり、持ち運びがとても楽で安心感があります。


ポイポイ放り込めるこんなバケツも欲しい。
車の後部座席の足元に、ピッタリはまりそうなサイズです♪

  ダウンロード.png



  ダウンロード.png 

スノピのアメニティードームにぴったりサイズの、ロゴスのグランドーシート。
今までブルーシートで代用してきましたが、
専用のシートはテントの生地を痛めないらしい。

キャンプでぜひやってみたいのが、燻製。

燻製スモーカー


キャメロンズ ミニスモーカー  ダウンロード.png





燻製の基本





..............................................................................

欲しいものがありすぎて、ちょっとおかしくなってきました。^^
秀岳荘に行ってこよう。








posted by マメコ at 10:37| キャンプ道具 | 更新情報をチェックする