2017年06月24日

就活準備

我が家の長男、現在大学院1年生なのですが、
呑気に今もサークルに精を出しております。
先日も合宿に行ったり、大会に出たり。
中高時代の同級生は、すでに社会人1年生になっていて、
世間にもまれているというのに、
君はそんなんでいいのか?と少々心配になるのです。
同じ大学に通う1つ上の姪っ子(院生2年)に聞くと、「私も今も大会出てるよー」との事。
「サークルでは、おばあちゃんって呼ばれてるのー」、とあっけらかん。
これは遺伝か?
それとも、そんなものなのか?
姪っ子はもう内定出ているからいいけど。

この夏から、いよいよ息子の就活の準備(インターンシップ)が始まるらしく、
就活バッグやスーツケースなど揃える必要が出てきました。
私からは、就活バッグをプレゼントすることにし、色々調べてみました。
よくわからないけど、こんな感じの出いいのかな?



【 AVECALDO ビジネスバッグ メンズ A4 大開き 】 リクルートバッグ 就活 出張 PC収納 AV-E113(ブラック)

早く学生終わっって欲しいものです。









posted by マメコ at 12:56| 北海道 ☔| 子供 | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

落ち着いて

お寒うございます。
今朝の札幌の最低気温は、マイナス14℃。
キンキンに冷えています。

この最強寒波、しばらくとどまるようですね。
今日は広い範囲で雪の予報が出ていますが、
どうぞお気を付けください。

さて、今日明日はセンター試験。
我が家の次男も参戦します。
受験モードになるのが遅く、
やり残したことが山盛りのようですが、
出題が好物でありますようにと、そんな淡い期待を抱いて
出かけて行きました。

そうであるよう、母も祈りましょう。^^
落ち着いて頑張れ〜。



posted by マメコ at 09:39| 北海道 ☔| 子供 | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

祝・成人式

今日は長男の成人式です。

先ほど小学校時代の友人たちと、式典に出かけて行きました。
本州の大学へ行っている友人も帰って来ていて、懐かしい顔が揃ったようです。

成人式Yearということもあり、昨年末からチョクチョク皆で集まっていた様子。
昨晩は小学校の集まりがあり、写真を見せてもらいましたが、
女の子はもちろん、男の子もすっかり雰囲気が変わっていて(背が伸びてる)
誰なのかわかりませんでした。
みんな大人になってる。

今夜もまた小学校の集まり(part2)に出かけました。
2クラス70人くらいのこじんまりとした学年だったから、
皆気心が知れていて、居心地が良いのだそう。
友達が近くにいるって、羨ましいナ。

おめでとう。
沢山の経験を通して、愉しんで生きて欲しい、
そう願うばかりです。





posted by マメコ at 12:22| 子供 | 更新情報をチェックする

2013年04月09日

息子の入学式

昨日、長男の大学の入学式がありました。

新入生のうち、6割が道外生でした。
札幌市外が1割。
新入生の7割が、寮や一人暮らしで大学生活を始めるそうです。
自宅通学生はわずか3割。
息子は自宅通学の、少数派です。

実際息子が友だちになった子たちも皆関西方面からで、殆ど一人暮らし。
子どもはもちろん、親のほうにも諸々覚悟がいることですね。
皆逞しい。

息子は理系なので、6年間通うつもりのようですが、(ヒャーッ)
大学はすべからく、『自分次第』であるということが、本人もわかってきたようです。

式の中で、副学長さんが寺山修司氏の言葉を引用されていました。

振り向くな
振り向くな
後ろには夢がない


伝説の名馬、ハイセイコーに向けた詩の一節だそうです。


『 さらば ハイセイコー 』

ふりむくと
一人の少年工が立っている
彼はハイセイコーが勝つたび
うれしくて
カレーライスを三杯も食べた

ふりむくと
一人の失業者が立っている
彼はハイセイコーの馬券の配当で
病気の妻に
手鏡を買ってやった

ふりむくと
一人の足の悪い車椅子の少女がいる
彼女はテレビのハイセイコーを見て
走ることの美しさを知った

ふりむくと
一人の酒場の女が立っている
彼女は五月二十七日のダービーの夜に
男に捨てられた

ふりむくと
一人の親不孝な運転手が立っている
彼はハイセイコーの配当で
おふくろをハワイへ
連れていってやると言いながら
とうとう約束を果たすことができなかった

ふりむくと
一人の人妻が立っている
彼女は夫にかくれて
ハイセイコーの馬券を買ったことが
立った一度の不貞なのだった

ふりむくと
一人のピアニストが立っている
彼はハイセイコーの生まれた三月六日に
自動車事故にあって
目がみえなくなった

ふりむくと
一人の出前持ちが立っている
彼は生まれて始めてもらった月給で
ハイセイコーの写真を撮るために
カメラを買った

ふりむくと
大都会の師走の風の中に
まだ一度も新聞に名前の出たことのない
百万人のファンが立っている
人生の大レースに
自分の出番を待っている彼らの
一番うしろから
せめて手を振って
別れのあいさつを送ってやろう
ハイセイコーよ
おまえのいなくなった広い師走の競馬場に
希望だけが取り残されて
風に吹かれているのだ

ふりむくと
一人の馬手が立っている
彼は馬小屋のワラを片付けながら
昔 世話したハイセイコーのことを
思い出している

ふりむくと
一人の非行少年が立っている
彼は少年院の檻の中で
ハイセイコーの強かった日のことを
みんなに話してやっている

ふりむくと
一人の四回戦ボーイが立っている
彼は一番強い馬は
ハイセイコーだと信じ
サンドバックにその写真を貼って
たたきつづけた

ふりむくと
一人のミス・トルコが立っている
彼女はハイセイコーの馬券の配当金で
新しいハンドバックを買って
ハイセイコーとネームを入れた

ふりむくと
一人の老人が立っている
彼はハイセイコーの馬券を買ってはずれ
やけ酒を飲んで
終電車の中で眠ってしまった

ふりむくと
一人の受験生が立っている
彼はハイセイコーから
挫折のない人生はないと
教えられた

ふりむくと
一人の騎手が立っている
かつてハイセイコーとともにレースに出走し
敗れて暗い日曜日の夜を
家族と口もきかずに過ごした

ふりむくと
一人の新聞売り子が立っている
彼の机のひき出しには
ハイセイコーのはずれ馬券が
今も入っている

もう誰も振り向く者はないだろう
うしろには暗い馬小屋があるだけで
そこにハイセイコーは
もういないのだから

ふりむくな
ふりむくな
後ろには夢がない


ハイセイコーがいなくなっても
全てのレースが終わるわけじゃない
人生という名の競馬場には
次のレースをまちかまえている百万頭の
名もないハイセイコーの群れが
朝焼けの中で
追い切りをしている地響きが聞こえてくる

思い切ることにしよう
ハイセイコーは
ただ数枚の馬券にすぎなかった
ハイセイコーは
ただひとレースの思い出にすぎなかった
ハイセイコーは
ただ三年間の連続ドラマにすぎなかった
ハイセイコーはむなしかったある日々の
代償にすぎなかったのだと

だが忘れようとしても
眼を閉じると
あの日のレースが見えてくる
耳をふさぐと
あの日の喝采の音が
聞こえてくるのだ



息子の進学は、一度はゴールしたかのような錯覚を覚えましたが、
これからが本当の意味でのスタートです。

自分の可能性を信じて、
チャレンジして、
何かを見つけて、
何かを掴んで欲しい、
そう願っています。

入学おめでとう。





posted by マメコ at 14:56| 子供 | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

息子の挑戦

さぁ、今日からセンター試験が始まりますね。
我が家の長男も少し前に出かけて行きました。
体調もバッチリのようで、それだけでまずは一安心です。

高3になってから、息子は急にスイッチが入りました。
一つ上の従姉妹の進学に、いい意味で刺激を受けたみたいです。
部活が7月まであったので、夏休みから本気モードになりました。
出遅れているのは本人も充分自覚していましたが、焦らず腐らず、
黙々と机に向っていました。

何より有り難かったのが、志望校は違うけれど励ましあい共に頑張る仲間が沢山いた事。
担任の先生が応援してくれていた事。
塾に行っていない息子や友人達は、休みの日は学校で講習を受けたり、
大学の図書館で、ひたすら独学でコツコツ頑張ってきました。

落ち着いて、実力が出しきれたらいいなと思ってます。
もうそろそろ始まる頃かな。
普段どおりに送り出しましたが、何だか私のほうがソワソワしてきています。

みんな、頑張れ!




posted by マメコ at 10:03| 子供 | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

息子の中体連

午前中、長男のサッカーの試合サッカー(中体連)を見て来ました。

息子の試合を見るのは1年ぶりです。
来るなと言うので今まではそのようにしてきましたが、「最後くらい見せてよ!」
と強引に押しかけました。
懐かしいお母さんたちにも会えたし、行ってよかった。

久しぶりに見る友達や後輩達が、大きく・たくましく成長しているのを見て、
ちょっと感動です。

肝心の息子はヒョロヒョロ〜のへなちょこで・・。
うーん、頑張ってた???
もう、相変わらずど下手やーん。(TT)
小学2年生からの8年間の集大成がこれでいいのかっ!!
とついついブツブツ言ってしまいます。

結果は他のメンバーのおかげで、2-0で見事勝利でした。ぴかぴか(新しい)

息子が出ようが出まいが、下手っぴだろうがサッカー観戦は面白いです。
来週に続きます。
楽しみ・楽しみ。



帰ってきた息子のコメント

「イヤーっ、今日は全然カラダ動かなかったさぁー。
調子悪かったの、わかった???」

「よくわかったよ・・・」
「いつもの事だね・・・」
「次こそ頼むよ、本当に・・・」

これに懲りず、来週もまた見に行くつもりです。

さて、息子、
コンサドーレの試合のチケットをもらったそうで、
帰ってくるなりバタバタと出かけて行きました。
試合ではあまり働きがなかったから疲れ知らず。





ラベル:サッカー 中体連
posted by マメコ at 12:50 | TrackBack(0) | 子供 | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

Fリーグ観戦

3連休最後の昨日、Fリーグ(フットサルのプロリーグの)試合を観てきました。
真駒内アイスアリーナ。

ここは、札幌オリンピックであの氷上の妖精 「ジャネット・リン」が滑って転んで、それでも”銅メダル”を取った有名なところでもあります。

私は道産子じゃないのでスケートはてんでダメです。
手すりを独り占めして、それはそれは悲惨なことになります。
真駒内アイスアリーナは、冬場はスケート場、それ以外の時期はコンサートもやるし、
多目的に利用されてます。

次男を連れて主人と3人で出かけました。
長男は部活で不在。(居たとしても最近は家族とは出かけてくれませんねぇ。)

P1000904(1).JPG

残念ながら北海道のチームの試合ではなく、湘南と大分戦を観戦。
本日の入場者数は1700人〜とのアナウンスが入りました。
確かにガラガラ。
まだ始まったばかりだから、仕方ないか。
試合は3-3で引き分け。

プロはルールが違うんですね。
フィールドプレイヤーがキーパーにもなれちゃうし、交代は無制限のようでした。
頻繁にメンバーが交代して誰が誰だかさっぱりわからず。
でも、狭いコートを行ったり来たりするので、スピード感があり、迫力がありました。

館内は寒くて、次の2試合目まで1時間半も空くので、一度帰宅。
再度出かける気がなくなり、本日のイベントはこれにて終了〜。

北海道のチームの試合があったらまた行きましょう。





posted by マメコ at 11:33| ☁ | TrackBack(0) | 子供 | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

続 万華鏡

P1000105(1)(2).jpg

P1000106(1)(1)(1).jpg

P1000108(1)(1)(1).jpg

写真が無事アップ出来て、ウレシイです・・。
昨日まで出来なかったことが今日は出来たっていう体験は、大人になると減ってくる
ものですが、この灰色の脳細胞にもたまには刺激を与えないといけませんね。

覚えついでに実際の万華鏡の中の世界もアップしてみました。

いかがでしょうか・・・?


意外と透明になる木工用ボンドやマジックなど、透かして見ると
キレイなのです。



ラベル:万華鏡
posted by マメコ at 12:55| 子供 | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

ミニさっぽろ 子供お仕事体験

先日小学生の次男が学校から「仕事体験」のお便りをもらって来ました。
友だちと行くからチケット買っといてーと言います。
日頃この手のイベントには全く興味を示さないので、珍しいなと思いながら読んで見ました。

それは市が主催する小学3.4年生対象のお仕事体験でした。
「キッザニア」のミニ版のようなものでしょうか。

10/4.5の2日間、10:00〜4:00まで。
各日定員1.500名、チッケトは完全前売り制で500円。

当日、会場でチケットと交換で「市民証」をもらう。
それぞれの会社の仕事内容の看板を見てどこで働くか決める。

仕事内容は
市役所・消防署・税務署・気象台・銀行・テレビ局・航空会社・ホテル
建設会社・タレント・お花屋さん・ケーキ屋さん などなど

仕事が終わったら働いた会社からお給料をもらう。その名も「ドーレ」
ドーレを使って買い物や食事が出来るようです。
無くなったらまた働いてドーレを稼ぐ。
会場内は基本的に子供だけで行動のようです。

なかなか面白そうです。
2学年限定と言うのがミソですね。

チッケトは何とか購入できましたが人気があるようで早々と売り切れたみたいです。

息子は2年生の頃
「ボク、お相撲さんになりたいな」と突然言い出しました。
エェーッ?と心底びっくりしたのを今もよく覚えています。
小さいキミが、お相撲さん?
昨年の夏、札幌で大相撲巡業があったので見に行き、
間近に見た白鳳に兄弟で大興奮していました。
オーラを放ち、輝いて見えたた白鳳。

その後忘れた頃に「お相撲さんはやめたよ」と言って、この話は終わりました。
なんで、あんなことを言ったのやら?

背は小さいのですが、筋肉だけはなぜか立派で自慢のようです。
はだかでうろうろするのが好きな、チョイナルシスト。^^;






posted by マメコ at 12:36| 子供 | 更新情報をチェックする