2013年06月24日

マイケル♪

昨晩のスーパームーン、ご覧になりましたか?
札幌ではとてもきれいに見えました。
何度も外に出て、月光浴しました。
ついでに、「スーハー、スーハー」深呼吸。

明日、6月25日は故マイケル・ジャクソン氏の命日です。
夏至とスーパームーンが過ぎ、そしてマイケルの命日。エライコッチャ

私は「THIS IS IT」を観て、マイケルのファンになりました。
今までマイケルを誤解していたことに気づき、本を数冊読みました。
真実を捻じ曲げられ、心無いバッシングを受け続けていた事、
亡くなって初めて、マイケルの無念さを知り、
自分の無知を恥じました。

おなじみ、「Heal the World」には、何度も助けられました。
とてもしんどかった時期、きれいなメロディー、マイケルの優しい歌声は、
私のささくれだった心を落ち着かせてくれたものです。

ライブイン・ブカレストのDVDを初めて観たとき、「Heal the World」を歌う
マイケルの背中に羽が生えているように見えて、鳥肌がたったのを今も覚えています。
何かを超越しているかのような、神々しさがありました。




これは、スーパーボウルのハーフタイムショーの動画です。(ブカレストのが探せません。。)
世界中の子供達の絵が、とってもかわいい。


『GHOSTS』の神ダンスのマイケルは最高だし、
『リメンバー・ザ・タイム』の美しいマイケルには、うっとりしちゃうし、
『マン・イン・ザ・ミラー』も大好き。そうだね、まずは自分から変わろう。
『ブラック・オア・ホワイト』や『ゼイ・ドント・ケア・アバウト・アス』を聞けば、
マイケルが何と戦い、何を訴え続けていたかがわかると思います。




けがのため、椅子に座ったまま『リメンバー・ザ・タイム』を歌うマイケル。
なのに、こんなにかっこ良いなんて。。。


今日の遠い記憶・前世からの約束さんの記事、とても興味深かったです。
マイケルは、ミカエル。。。
うなずけますね。
唯一無二の天才アーティストでありながら、あれほどの苦痛を味わい、
戦い続け、そしてツアーを目前に旅立っていったマイケル。
沢山のメッセージを残してくれました。
マイケルの死をきっかけに、この世の不条理に気づいた人も多かったと思います。

もしも、肉体を持ったまま故人に会えるとしたら、
亡き父と、愛猫のタラちゃん♂と、そしてマイケルに会いたい。
マイケルは遠〜〜くからでもいいの、一目見るだけでも。。。

痛みも苦痛も何もない、ベストコンディションのマイケルの、
「This is it」が観たいナ。
想像しただけで、感動してしまう。

天使とマイケル、私の中ではぴったり重なります。






posted by マメコ at 11:33| マイケル・ジャクソン | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

マイケルと踊ってみる?

WiiのCMで、ダンス系の面白いゲーム「ジャストダンス」が出てる事を知りました。
AKBの曲などに合せて振り真似して踊る、女の子はこういうの好きだろうねぇ、楽しそうだね、なんて家族で話していたんです。
そうしたら、今度は12/8にWiiからマイケルのダンス版が発売になると聞き、ビックリしてます。

何?マイケルのダンスが踊れるの?
ワォッ!



マイケル・ジャクソン ザ・エクスペリエンス




いい運動になりそうだなぁー。
カラダ鈍ってるし、重いし。

amazonには収録曲の情報など詳細は出ていませんが、
amazonに詳細出ました。

他所にあった情報によると、
収録曲 (Wii版の一部と書いてありました。)

・Bad
・Beat It
・Billie Jean
・Black or White
・Earth Song
・Smooth Criminal
・The Girl Is Mine
・They Don’t Care About Us
・Who Is It
・Workin' Day And Night

ゴーストやスリラーが無いのはちょっと残念な気もするけれど、スムースクリミナルは入っているようですね。^^
私でも踊れるようになるかな?

これは、X'MASやお正月のカロリーオーバー対策にもってこいだと思う。
何より楽しそう。








posted by マメコ at 10:33| 北海道 ☔| Comment(0) | マイケル・ジャクソン | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

マイケル♪

今日はマイケルジャクソンの命日です。
もう2年が経つのですね。。。

私は「THIS IS IT」の映画を観てからの、にわかファンです。
次男もそう。
DVDやCDを購入し、遅ればせながらマイケルの魅力にどっぷり浸りました。
世間ではマイケルを誤解している人が多いけれど、本当はとてもピュアな人だったと知りました。
天才なのに超努力家。
メディアはマイケルの「奇」の部分だけを大きく取り上げてばかり。
欲に目が眩んだ人たちに振り回された人生。。。
それでも戦って、訴えて、自分も辛いのに手を差し伸べていた優しい人です。
そして沢山のメッセージを残してくれました。

マイケル関連のブログを見つけ、そこからマイケルの死に疑いを持つようになりました。
去年の春、不思議パワーの友人に思いきって聞いてみました。

私 「マイケルの死って○○○○ティの仕業なの?」
友 「そうだと思うよ。」
私 「ジョンレノンも?」
友 「そうだと思うよ。他にもいっぱいいるよ。」
私 「やっぱりそうだったんだ。。。TT」

何ともやるせない気持ちでした。気の毒すぎます。
でもマイケルの死がきっかけで世の中のしくみに気付いた人も多いと思います。
命がけで気付かせてくれた。
亡くなってからリスペクトしても遅いのだけれど、私はとっても感謝しています。

Black Or White では肌の色を唄い、
Billie Jean では奇跡のダンスを披露し、
Earth Song では地球の叫びを代弁し、
Heal The World では世界を良くしようと私達に語りかけ、
Man In the Mirror は強烈なメッセージ。
鏡の中の自分に向って
「世界を良くしたいなら、まず自分から変えて行こう」 と謳います。

今日はマイケル追悼として、たっぷりDVD鑑賞する事にします。
何より好きなのが「HEAL THE WORLD」
特にライヴ・イン・ブカレスト [DVD]のが一番好き。
この映像を見て、天使のようなマイケルに惚れました。
まだ不思議な世界に全く縁がなかった私にも、背中に羽が見えた気がしたものです。

今改めてこの曲を聴くと、マイケルの伝えたかった事がストレートに胸に響きます。
R.I.P MJ



posted by マメコ at 10:48| Comment(0) | マイケル・ジャクソン | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

マイケル『GHOSTS』

先月マイケルの新しいDVDが発売されました。

513+r3aKFfL__SL500_AA300_.jpg

マイケル・ジャクソン VISION【完全生産限定盤】 [DVD]

楽しみに待っていた「ソウルトレイン」は結局発売になりませんでした。
残念です。
今度のDVDには、初収録の楽曲が数曲入っているそうです。
そして、280分とボリューム満点です。
見たい気もする。。。
伝説の「Ghosts (ゴースト)」もショート版で入ってるそうです。
ただ、「Ghosts」はフルバージョンでなければあのかっこよさが伝わらない、意味が無い、と思うのだけれど、いかがでしょう?

http://youtu.be/KWkhXGKcAO8
これぞ、神ダンス〜。
膝下が何が何だかわかないくねり方で、でもGhostsさえも美しい。
「Ghosts」の動画フルはなんと40分。
長いけれど、マイケルの凄さが十二分に堪能できます。
「Ghosts」のフルバージョンの入ったDVDが出たら、迷わず買います。
いつもyoutubeの小っさい画面で観てるから、高画質大画面で観てみたいものです。

今も静かにマイケル熱は保たれております。
車に乗ったらまずは「HEAL THE WORLD」。
これを聞くとトゲトゲした気持ちがとっても穏やかになります。

[VISION] X'masプレゼントに欲しいけれど、石やらちょこちょこ買ってる身としては、欲しいとは言い出しづらい状況です。
次男も見たいねぇと言っていますが、物欲はしばし封印しておきます。
しばらくはyoutubeで楽しませていただこう。




posted by マメコ at 20:52| Comment(0) | マイケル・ジャクソン | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

マイケル トリビュートsong♪

今日は、男前なマイケルとトリビュート曲の紹介です。


sb17.jpgsb33.jpgsb19.jpg
sb8.jpgmichael p4.jpgsb9.jpg
sb.jpgsb23.jpgsb27.jpg


カワイイマイケルも、大人なマイケルもどれも素敵です。


そして、Akonによるマイケルジャクソン トリビュートSONG ♪です。





          生きている限りあなたに感謝したい。
          鏡の中の男に気付かせてくれたこと。
          生きている限りあなたに感謝したい。
          世界中に分かち合おうと伝えてくれた。
          みんなで喜びの涙を流すんだ。(あなたのために)

          彼がしてくれたことを覚えていよう。


何度観ても、途中から涙で画面が見えなくなってしまいます。

マイケルが闘ってきた本当の相手。
苦しかっただろうな、悔しかっただろうな。

1人でも多くの人が関心を持ってくれたら・・・。




posted by マメコ at 11:18| マイケル・ジャクソン | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

「What More Can I Give? 」

「What More Can I Give ?」という曲をご存知でしょうか。

米・同時多発テロ被災者支援のために、マイケルが知人のアーティスト達に
呼びかけてレコーディングをした、チャリティソングだそうです。

あの「9.11」が起きる直前の9月7日・10日の2日間、マイケルはニューヨークで
ソロ活動30周年を祝うコンサート、
「Michael Jackson: 30th Anniversary Celebration, The Solo Years」を
行っていました。

その翌朝、世界を震撼させたあの9.11が起きたのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下 Wikipedia より

日本からは安室奈美恵が駆けつけ、オノ・ヨーコも参加した。9月7日は兄弟達と
出演し、終幕はクインシー・ジョーンズの指揮で出演者全員による
「We Are The World」が演奏された。
9月10日には最後の「You Rock My World」でアッシャーとクリス・タッカーが
パフォーマンスに参加した。
コンサートはチケット総売り上げ額10,072,105ドル、観客総動員数34,884人と
成功のうちに終わったが、その翌朝アメリカ同時多発テロ事件が起こる。

事件に衝撃を受けたマイケルは、「We Are The World」を再現したような、
豪華アーティストを集めたチャリティシングル「What More Can I Give?」
を企画。
この曲はもともとはコソボ自治州のアルバニア系住民に捧げる予定であった曲で
1999年には既に存在していた。

マライア・キャリー、セリーヌ・ディオン、ジャスティン・ティンバーレイク、
ビヨンセ、
リッキー・マーティンらスターを集めてコンサートを開催した。

しかし、10月にレコーディングは終わっていたのにもかかわらずプロデューサーの
スキャンダルなどの影響でCD発売は実現しなかった。
ソニーの圧力があったとも言われる。

同時多発テロ被害者の支援のために作られたにもかかわらず、長らく棚上げの
状態が続いていた、「ホワット・モア・キャン・アイ・ギブ」であったが、
何とかして発売できないかと検討した結果、オンラインで2ドルで販売する事が
決定し、2003年10月にダウンロードが始まった。
これによって集まった資金は子供の組織に寄贈された。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「What More Can I Give 」(メイキング映像です)



和訳 (ニコ動より)

僕たちが立ち上がるまでに、何人が死ななければいけないのだろう
僕たちができることを全てやるまでに、何人の子供達が泣かねばならないのだろう
もしあなた達の愛を贈ることが、出来る事の全てなら
一つの命を救うために…

いったいどれだけの間顔を背けて
分からない振りをしていられるだろう
私たちの壊れた地球の傷を癒そう
私たちは一つの大きな家族だから
あなたの祈りを届けるだけで
感じられる
なにかを癒したことを

今まで何をしてきただろう
何ができるだろう
愛してあなたに教えてあげる事
抱きしめてあなたを必要とする事
他に出来る事はなんだろう

仲間から仲間へ不安が伝わっていく
手を伸ばして、約束しよう
私たちの心にある愛をさらけ出して
思いやりの心を取り戻そう
あなたの愛を贈るだけで、癒しの力を持つのです
さぁ、みんな始めよう

今まで何をしてきたのだろう
(たくさん与えなくてもいいんだ。ほんの少しでいいんだ。)
何ができるだろう
(みんなが加わらなければならない)
愛してあなたに教えてあげる事
抱きしめてあなたを必要とする事
他には何ができるだろう

さぁ、言って
僕は君のために何でもするよ
ほら、僕の名前を呼んで
僕は君の味方だから
ねえ、どうして人は強いることをやめないんだろう
こんな憎しみと残酷さを
僕たちは何度も、何度も与え続けなければいけないよ

今まで何をしてきただろう
何ができるだろう
愛してあなたに教えてあげる事
抱きしめてあなたを必要とする事
他に出来る事はなんだろう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プロデューサーのスキャンダルやソニーとの確執など様々な原因があったにせよ、
この曲がCD化されずにお蔵入りとなってしまったのは残念なことです。




posted by マメコ at 13:31| ☁| Comment(2) | マイケル・ジャクソン | 更新情報をチェックする

michael













2002年、ニューヨーク、ハーレムでのマイケル・ジャクソンの、人種差別に関するスピーチが翻訳されている。すこし長いが引用する。

『 私が6歳か7歳くらいだった時の、遥か昔のインデアナでのことを思い出します。
私はパフォーマーというか、皆さんもご存知でしょうが、エンタテイナーになりたいという夢を持っていた。
夜寝ている時いつも、母は私を起こしてこう言ったものだ、
「マイケル、マイケル、ジェームズ・ブラウンがテレビに出てるわよ!」 と。
私はベッドから飛び起きて、ただ画面を凝視したものだし、すべてのツイストやターンや腰を動かしたり、グラインドしたりしようとしたものだ。Jackie Wilsonも出てきた。他の有名人もたくさん次から次へだ。本当に目を見張るような、際限もないような偉大な才能の連続だった。

この時のアーティスト達が現実に一文無しな状態なのを見る事は本当に悲しいことだ。 彼等は世界中にとてつもない喜びを生み出したのに、 レコード会社を初めとするシステムが完全に彼等を利用したからだ。
レコード会社がいつも主張するように、”アーティスト達は豪邸を建てた”とか、”大金を浪費している”とか、”たくさんの車を買った”とか、 言うようなことではないんだ。そんなこと馬鹿げている。それは言い訳だ。
そのようなことはアーティストが成し遂げたことに比べれば、なんでもないことだ。

我々が現在闘っていることは、非常に重要なことだと皆さんに知ってもらう必要がある。
なぜなら私はうんざりしているからだ。 私はごまかしに対して心底うんざりしている。
現在の状況で実際に何が起きているのかに関してマスコミがいかに全てを操作しているか本当に嫌気がさしている。
メデイアは真実を話さない。彼等はうそつきだ。
それから彼等は我々の歴史の本を操作している。
我々の歴史書は真実ではないんだ。 それは嘘だ。歴史の本は嘘だ。
皆さんはそれを知らなければならないし それを知るべきなんだ。
ジャズからヒップホップ、ビーバップ、ソウルにいたるまでのすべてのポピュラー音楽の形式や、 Cake WalkからJitter Bug、Charleston、Break Dancingまで異なるダンスの形、つまりこれらのすべては、Black dancingという様式なんだ。

現実逃避という感覚、つまりエンタテインメントという現実逃避を人々に与えること以上に重要なことって何だろう?
歌がなかったら我々はどうなるだろうか? 
ダンスがなかったら我々はどうなるだろうか?
喜びや笑いや音楽がなければ?
これらはとても重要なことだ。

しかし、もし我々が角の本屋に行けば、 たった一人の黒人さえも本の表紙になってはいない!という現実を見るわけだ。
皆さんはエルビス・プレスリーの顔を表紙に見るだろうし、ローリング・ストーンズも見るだろう。
でもそれを最初に始めた本当のパイオニアはどこにいるんだ?
Otis Blackwell は多作で素晴らしい作曲家だ。彼は最も偉大なエルビスの曲の幾つかを書いた。
でも彼は黒人だったんだ。 彼は一文無しで亡くなった。そして誰も彼のことなんか知らないし、つまり、彼について書かれた本なんか一冊もない。 なぜなら僕は世界中探してきたからわかるんだ。
今日私は彼のお嬢さんにお目にかかった。とても光栄だった。彼女に会った時、私にとっては、それはイギリスの女王に謁見するのと同じレベルのことだったんだ。

しかし、今日私はすべての不公正について話すためにここにいる。
皆さんは思い出さなければならない。
私がレコードセールスで過去の記録を全て破った次の瞬間から、、つまり、私がエルビスの記録を、ビートルズの記録を破った瞬間から、ギネスブックの歴史上、史上最高に売れているアルバムとして認知された瞬間から、一夜明けたら、彼等は私を変人、ホモセクシュアル、 児童虐待者と呼び始めたんだ。
私が自分の皮膚を漂白しようとしているとも言った。
彼等は世間の人が私に背を向けるようにするために、ありとあらゆる全てのことをしようとした。
これは全て完全な陰謀だ。皆さんはそれを知らなければならない。

私は自分の人種をわかっている。鏡を見れば、自分は黒人であることがわかっている。
今や変革すべき時だ。 この建物を去るときに、何が(スピーチで)語られたかを忘れないようにしよう!
心に入れて、皆さんの自意識の中に入れて、それに対して何か行動を起こそう!
我々はそうしなければいけないんだ!
長い間待望されてきたが、今や変革がおきなければならない時なのだ。
だから、我々の松明を高々と掲げ、我々が本来当然受ける資格のある尊敬を受け取ろう。

I love you.
I love you.  
どうぞ今日心に留めたことを明日に忘れないで。
そんなことをするようなら、我々は自分達の目的を達することはできないだろうから。
こんな(差別は)やめなければならないんだ。 止めなければならないし、だから私はそれを確実に止めさせるために
自分の最善を尽くすためにここにいるのだから。
皆さん、I love you.
”And remember: we’re all brothers and sisters, no matter what color we are. 
そしてどうか覚えていてください。 我々は皆兄弟であり、姉妹であるということを。
たとえ我々がどのような皮膚の色(人種)であろうとも。”  』




ファンの方が会場で撮影したものでしょうか
画像音声が一定しない等、非常に観にくいですが、 これだけ黒人差別問題に関して自分の気持ちをはっきりと公で話すマイケルは珍しいようです。
人種差別問題に関して、詞や作品の中では信念としてブラックオアホワイトをはじめ、常に明確に主張してきました。
公の場でマイケル自身の口からは 人種差別については語られてこなかったようですが、そあえて表に出すべきと行動に移した、マイケルの気持ちが痛いほどに感じられます。
posted by マメコ at 10:32| ☁| Comment(0) | マイケル・ジャクソン | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

THIS IS IT しおり

アーティスティックワイヤーでしおりを作ってみました。
ズバリ、「THIS IS IT しおり」。


P1050326(1).JPG

  ↑ あらら、微妙に内股。^^

THIS IS IT の絵の上で曲げていきました。
こうすると上手くいきます。

これ ↓ が、一番いい出来。
 
P1050336(1).JPG


材料はアーティスティックワイヤーのシルバーとブラス(金)。
0.8mmと0.6mmで作ってみました。
0.8mmは堅くて曲げるのに少し力がいりますが、その分丈夫でgoodです。


P1050334(1).JPG


本に挟むとこんな感じです。


P1050340(1).JPG


これで、ますます読書が楽しくなります。
マイケル中毒進行中。^^;





posted by マメコ at 16:37| ☁| Comment(0) | マイケル・ジャクソン | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

ソウル・トレイン 「Remember The Time」

今日もまたまた、マイケルのお話。

93年度 ソウル・トレイン アウォード授賞式での様子。

右足のケガのため、金ピカの椅子に座って「Remember The Time」を歌うマイケルです。

デンジャラスのDVDに「Remember The Time」のPVは入っていまして、PVも
もちろんbeautifulで素敵なのですが、この時のマイケルには惚れてしまいます。^^;

座って少し踊っているだけなのに、このかっこよさ。

もう、本当に、美しすぎます・・・。





「ソウル・トレイン」に出演した際のジャクソン5~ザ・ジャクソンズ~マイケル・ジャクソンの
ヒット曲のフル・パフォーマンス映像集、のDVDが1月27日、「THIS IS IT」と同じ日に
発売予定でした。


220.jpg


1972年/マイケル 14歳 から
1995年/マイケル 37歳 まで  
若い頃を中心に、貴重な映像がたっぷり収録されている模様です。

直前に、諸般の事情か何かで発売延期(未定)になってしまいました。
ジャケットを拡大してみると、この時の「Remember The Time」の写真があります。晴れ

発売開始を今か今かと楽しみに待っているところ。

早く見たいなぁ。





posted by マメコ at 10:56| 🌁| Comment(0) | マイケル・ジャクソン | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

ジャクソンズ

マイケルの曲を聴き始めたのをきっかけに、ジャクソンズ・ジャクソン5の頃の曲に
遡って聴いています。

ジャクソンズのライヴCDがあると知り、購入してみました。
80年のツア−ライヴ、つまり今から30年も前の音です。


P1050266(1).JPG

その名もズバリ、Live

マイケルが21・2歳の頃だと思います。
思春期・青年期と声変わりが心配されていたそうですが、キレイな声は健在です。

兄弟の掛け合い、お客さんの歓声、とても楽しそうな雰囲気がビンビン伝わってきて、
聴いてるだけで楽しくなります。

車で聞いていると、まるでその空間にいるような錯覚。^^

14曲も入っていて、600円ちょっとで購入しました。
このお値段でも音は決して悪くない、と思います。
大満足の買い物でした。


いよいよバンクーバーオリンピック開幕です。
開会式で 「We Are The World」 歌われる流れるそうですね。
とても楽しみです。

天国のマイケルにも届きますように。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
あれれ・・・、「We Are The World」 の3D画像流れませんでしたね。
3時間、今か今かとTVの前に張り付いていたのに残念でした。
アメリカのNBCだけの話だったようです。

でも、オフィシャルサイトで見れました。
ハイチ大地震復興支援バージョンです。

メンバーががらりと替わっていますが、こちらも若々しくて(笑)いいですね。

シンディ・ローパーのパート  セリーヌ・ディオン がちょっと意外でした。

マイケルもちょこっと出ていて嬉しい〜。^^






posted by マメコ at 10:57| ☁| Comment(0) | マイケル・ジャクソン | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

THIS IS IT (マイケル・ジャクソン)

昨夜、マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」を観てきました。


P1040581(2)(1).JPG


特にファンということではありません。
2週間だけの上映と聞いた時は、熱烈なファンが見るんだろうなくらいにしか
思わなかったのですが、11/27まで延長されたと知って急に観たくなり、
主人と次男と出かけました。

7月のロンドン公演に向けて行われたリハーサルの様子をつなげたドキュメンタリー
のようなものを想像していました。
ところが、各曲のリハーサル映像が見事に1曲に編集されていて、まるで
コンサート会場にいるような、とても臨場感のある映画になっていました。

マイケルはとても謙虚で、美しくて、ダンスパフォーマンスは本当にお見事。
とてつもないパワーに満ち溢れていました。
観客に完璧なステージを見せるため一切妥協せず、間を大事に、余韻を大事に
自分のイメージをスタッフに伝え、何度も確認を繰り返すマイケル。
あぁー、ステージはこうやって丁寧に作られていくものなんだと感動しました。

マイケルのダンスは、誰よりスマートでカッコよくて、
誰よりも若々しくてパワフルでした。
何度も鳥肌が立ちました。

隣に座っている主人と同い年とは思えませぬ。^^;

最高傑作となるはずだった最期のコンサート。
その完成を(本番を)迎えることが出来なかった、マイケル・スタッフ・ファンの
方たちの無念さは計り知れません。

こんなにも優しく才能溢れる彼のような存在は、2度と現れないかもしれません。
何故、このコンサートの直前に神様は彼を連れて行ってしまったのだろう。

今まで報じられてきた様々なゴシップと、今このスクリーンに写っているマイケルとが
全く結びつきません。

この映画を見て、私がマイケルに持っていたイメージが間違いだったことが
よくわかりました。

この最後の映画によってマイケルの偉大さ・素晴らしさを知ったというのが
残念でなりません。
なぜ、もっと前から真実をちゃんと知ろうとしなかったんだろう。
本当に残念です。

英語の勉強をしてたら、歌詞の意味がわかって良かったろうな。
どうか歌詞にも字幕を付けて下さい。

最近スリラーが好きになった次男も十分楽しんだようで、昨夜は興奮して
なかなか眠れずにいました。

マイケルの素敵な歌声に包まれた夜でした。


サッポロファクトリーのクリスマスツリーです。

P1040573(1).JPG


今もキラキラした余韻が残っています。
サンキュー、マイケル!

心からご冥福をお祈りします。





posted by マメコ at 09:50| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マイケル・ジャクソン | 更新情報をチェックする