2020年02月20日

キャンペーンのシェア


「中国人、及び2週間以内に中国渡航歴がある者の日本国入国禁止措置を求める」

キャンペーン。

http://chng.it/vwpxM6698h

まずは蛇口を閉めないと。
今のままでは駄々洩れ。
急げ急げ。







posted by マメコ at 09:55| 北海道 ☔| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2020年01月31日

鳴霞氏からの最新情報

C国人の日本への入国を、早く止めてーーー!

諸外国が数日前から中国便の停止を発表していますが、
日本は未だに絶賛お迎え中。

日本はわざとやってるのかとそんな風に思えるほどの、お寒い状況です。
封鎖直前に武漢から来日したC国人たちが、日本旅行を満喫しながらウィルスをばら撒いてる可能性がありますが、彼らの足取りは一体どうなってるんでしょう?
ちゃんと把握出来てるのかな?
まさか、滞在延長申請とかしてないよね?


鳴霞氏からの最新情報。
今回は聞きとりやすいです。





【虎ノ門ニュース】 藤井厳喜さんと坂東忠信さんの最強タッグ




札幌雪祭り、大通公園などのメイン会場は2/4からなのですが、
今日からつどーむ会場で先行開催されます。
C国人観光客も多いこちらの会場。
一部の小学校が(10校ほど)校外学習での参加を中止したと、地元メディアが報じました。
学校も保護者も危機意識を持っていますね。
賢明な判断かと。

札幌市内のラーメン店が、C国人入店お断りを掲げました。

C国発表の感染者数や死亡者数などあてにはなりません。
それを基に呑気な議論をしてても何の意味もない事くらい、天安門事件で学習済み。

WHOや国連を信じても意味がない。
C国に毒されていない健全な国や機関が、この地球上に一体どれくらいあるのかって感じです。

国の対応が後手後手で、腹立たしく情けなくも思ったけれど、
武漢にいる帰国希望の日本人を無事に日本に戻すまでは、政府は思い切った手が打てなかったのかも知れない、そうも思えるのです。
日本が先に強硬な手段を取ったら、あの中共の事、台湾のように帰国を許可しなかった可能性もあるわけで。
相当の根回しを経て3便が帰って来れたことを考えると、非難してばかりじゃいけないか。
罹患した方々の回復を祈ります。

このウイルス拡散を最小限に留める努力を、個人でしていくしかないですね。
免疫力をあげるため、飲む点滴と言われている甘酒(麹甘酒)を飲み始めました。
かなり甘いですが、レモンを加えたら飲むヨーグルトみたいに飲みやすくなりましたよ。
毎日飲むとお肌にも良いらしい。(笑)








posted by マメコ at 11:03| 北海道 ☔| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

クライシス

コロナは感染力が非常に強く、SARSの比ではない模様です。

元中国共産党員の鳴霞氏(ジャーナリスト)が、今回のコロナの話を電話で伝えてきています。
かなり聞き取りにくいのですが、驚愕の内容が語られています。
A・Bは文字起こしがされています。注:字幕ではなく、チャンネル概要欄にあります。



コロナは自然発生なのか、人工なのか...。(漏れたのか、撒かれたのか)
もし人工なのだとしたら、その首謀者たちはワクチンなど打ってしっかり防御している事でしょうね。

チャンネル桜
https://www.youtube.com/watch?v=n-O3BIjwWLw

こちらでも専門家の方が、深刻なコロナの現状を語られています。(39分頃から)
武漢にあるウィルス研究所の存在とか、証拠品は処分されたとか、既に今回のウイルスの塩基解読がなされたとか、妙に手回しがいいのが気になります。
人為的な可能性を否定できないように思えます。

あの隠ぺい国家のC国が1千万都市を封鎖したって事は、かなりまずいんだろうと想像できますよね?
上海のディズニーも閉鎖。
このなりふり構わない慌てっぷりが何を意味するのか?
C国の国益を守るのに必死なのか、未だ正確な状況を把握できていないのか、政府やマスメディアは深刻なコロナの事実を私たちに伝えてはくれません。(軽く見てる)
見事なまでに浸透工作が進んでいる証拠かな。
こんな非常事態が迫って来ている時でさえ、「桜がー」とかどうでもいい話で時間を無駄にし続ける野党の面々。
本当にオバカで困っちゃう。
議員の中に、C国のスパイもいますよね?
おかしなのを国政に送り込むと、こんな風に自分たちの命を危険にさらす事になるよ、といういい例で、
国会で審議されていた夫婦別姓の問題、あれも実は浸透工作と繋がっているように思えてなりません。

札幌にも既にC国からの観光客が沢山来ています。(年中だけど)
地下道も街中にもいっぱい。
千歳で武漢からの旅行者が高熱を発症し、コロナが疑われていましたが、幸いコロナではなかったようです。
本当にセーフだったのかな?と勘ぐってしまう。
2/4から2/11まで、札幌では雪まつりが開催されます。
例年多くのC国人観光客がやってくる雪まつり、今年はちょっと心配。

鳴霞氏が言われるように、今回のコロナに端を発してC国共産党が崩壊して行くのだとしたらそれは朗報。
懐柔されていたWHO国連衛生部?が動き出し、アメリカを中心にC国包囲網が発動されて、中共はゲームオーバー。
まるで漫画の世界みたいだけど、そんなシナリオがあるようです。
日本国内にいる中共のスパイたちも、芋づる式に「ジ・エンド」だといいですね。

日本での感染拡大が起きないことを祈るばかりです。
取り敢えずガソリン満タンにしてきました。
想定外の事態に備えて、食料の備蓄などもしておこうか。

正常性バイアスは危険です。
(災害時などの危機的状況にある中、「自分は大丈夫、大したことない」と思い込んでしまう、脳のメカニズム)
用心しましょう。







posted by マメコ at 11:22| 北海道 ☔| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

ぷーさんに関する反対署名

今年の春、国賓での来日を予定している、C国の国家主席。
それに反対する署名ができます。

国守衆ホームページ  https://kunimorishu.jp/

なぜ反対か、下の動画でわかりやすく説明してくれています。

「呼ぶな、呼ぶな、呼ぶな、習〇平呼ぶな、国賓招待なんてあり得ない ♪」




C国の恐ろしさは、
チベット問題や、




ウイグル人への弾圧、




香港のデモの弾圧などから、日本国民も少しずつ知る事となって来ていますが、

実は日本(北海道や沖縄)への浸透工作も深刻です。
アイヌ利権とセットで進みそうで本当に危険。



この浸透工作は日本のみならず世界中で起きているようですが、
世界はこの事実に気付き、手を打ち始めています。

ITとIRの繋がり。



マシンガントークの萌絵ちゃん。
難しい横文字だらけでチンプンカンプンではあるものの、諸々危ない事になってることは理解出来ました。

さて、日本はどうする?
日本はマスコミも議員も官僚も経団連もあてにならないのが現状だけれど、
わたしたちは内なる敵からこの日本をどう守ればいい?

追記 内なる敵の皆さま。
K国C国べったりの、この3〇〇トリオの選挙区ってどこなんでしょうね?
N氏・N氏・K氏、調べたらすぐわかりますね。
右のお方は、勇者坂東さん



もう勘弁して〜。

私は今、派手にちゃぶ台返しをしたい気分。
時代は調和を求めているけれど、その前に「ノー」という事も必要だと思えてならないのです。

「呼ぶな、呼ぶな、呼ぶな、習近平呼ぶな、
 国賓招待なんてあり得ない ♪」


気概のある日本人のパワーの発動を信じたいものです。
集合意識こそ、パワー。





posted by マメコ at 14:21| 北海道 ☔| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

署名をば。

上念さんがツイッターで拡散されていた件、署名しました。

https://t.co/7thvC9nPyT?amp=1

※ 10.000人まであと少しと思っていたら、現在は25.000人に近付いています。

「蛍の闇」とか全く知らなかったけれど、これにもこの人絡んでる。
「利権・リケン・りけん」に群がる、怪しい面々。

篠原さんのYOUTUBEが最近のお気に入りです。

上念さんの深堀  https://youtu.be/7Hcush_ObJw
いわんかな    https://www.youtube.com/watch?v=reLgYJetjqM

沖縄にも北海道にも、チュ〇ッパの影...。
アイヌ新法も問題だらけ、これも利権絡み。
日本の中にいる「日本の敵」、これが一番厄介だ。

「一体どうすればいい?」 と、自分なりに考えてみよう。










posted by マメコ at 12:26| 北海道 ☔| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

「良心的”知識人”を警戒せよ」って?

台風10号が通り過ぎ、北海道に夏が戻ってきました。
久しぶりの30℃越え....。
しばらく暑い日が続きそうです。

さてこの夏、こんな本を読んでいました。
ホワイト国から除外されることになったかの国絡みのもの。我ながら偏ったラインナップだとは思いますが、知りたい気持ちを十分満たしてくれました。
(この路線、まだまだ続きそうです

P8175489.JPG


韓民族こそ歴史の加害者である

誰も教えないこの国の歴史の真実

売国議員

在日特権と犯罪

坂東さんやカミカゼじゃあのさんの本はかなりどぎつい内容ですが読みやすく、今の日本が置かれている状況を知ることが出来ます。
また、石平さんの韓民族こそ歴史の加害者であるもとても興味深かったです。
これ、かなりおすすめ。

高句麗・百済・新羅の時代から、民族同士の争いが絶えなかったかの国。
そんな争いの歴史から、かの国の民族性・思考パターンが見えてきます。
地政学的にも大国に挟まれ、苦労が多かったことは理解できます。
しかし、歴史から学ぶこともなく同じことを繰り返し、その度に他国を巻きこんできたかの国。
その被害は甚大です。

白村江の戦いで、日本は既にかの国特有の『事大主義』は経験済みだったのに、(https://ja.wikipedia.org/wiki/白村江の戦い)
福沢先生も「脱亜論」を唱えていらっしゃったのに、それなのにまたも関わってしまったのは、一体どんな因果なのでしょう。
今も昔も変わらない事大主義&民族主義に凝り固まった隣国とは、やはり距離を置いた方がよいのだと、この本を読み改めて思い知らされました。
子供たちに間違った教育をしている以上、この先もそう簡単には変わらないのでしょうね。
この点は日本も同じだと思いますが。


さて今日の本題。
今韓国でベストセラーになっている本があるそうです。
「反日種族主義」(反日の間違いを問う本)

1.jpg

この「反日種族主義」の共同著者、イ・ウヨンさんが昨晩(8/16)のBSフジ「プライムニュース」にご出演。
見応えのある2時間で、地上波ではまずお目にかかれない、そんな深い内容でした。

ハイライトムービーはこちら。(1週間で消えるみたいです)
http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/day/d190816_0.html

イ・ウヨン氏は、韓国の経済研究所の研究者です。
数年に渡る丹念な証拠集めや史実の検証から、日韓の間で問題になっているいわゆる徴用工や慰安婦問題は嘘だとの結論を出されています。
国連のシンポジウムでも「徴用工のウソ」に言及されています。

https://www.youtube.com/watch?v=eb58ys2pr4U

思わず拍手。
本来こういう検証や行動は、日本側が積極的にするべきですね。
外務省や、日本の歴史家たちは一体何をしているのでしょう。
日本にとっては大変ありがたいご発言ですが、韓国国内ではイ・ウヨン氏に危害を加える輩もいるようで、心配です。
この「反日種族主義」の日本語版が出たら、是非読んでみたいものです。

プライムニュースでのイ・ウヨン氏のご発言は、私にはとてもしっくりきました。
出たらめの歴史を論破。スカッとしました。
隣に座っておられた一橋大学の准教授、権容奭氏(コン・ヨンソク氏)は、さぞお困りだったでしょう。
こうも真っ向から正論を突き付けられては、ぐうの音も出ないご様子。
どちらが真実を述べているか、どちらが誠実かはもう明らかでした。

そして、イ・ウヨン氏は最後にこう締めくくられました。

日本人に言いたい事として、

「学会・マスコミを中心とした、“良心的”知識人を警戒せよ」 と。

爆弾発言のような痛烈な一言です。

(ハイライトムービー 8/16 後編17:30頃 )http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/day/d190816_0.html

日本にいる知識人(似非?)に気をつけろということですね。
この意味、おわかりになるでしょうか?
そもそもいわゆる徴用工問題は、日本側から積極的に提起され、現在も支持されているという事です。
これは、慰安婦問題などと同じ構図。
似非日本人が日本国内で、せっせと反日活動をしているわけです。💢

西岡力さんの「でっちあげの徴用工問題」の巻末には、2010年 日韓知識人共同声明日本側署名者一覧があります。

P8175491.JPG
でっちあげの徴用工問題

540名もの日本側の知識人(自称?)が名を連ねています。
この540名の方々は日本の戦時中の「罪」をかの国へ積極的に進言している模様。
発起人は東京大学名誉教授の和田氏。https://ja.wikipedia.org/wiki/和田春樹

作家の赤川次郎さんや、ノーベル文学賞の大江健三郎さん、ジャーナリストの佐高信さん、映画監督の井筒さん、嘉納昌吉さん。
サンデーモーニングにご出演中の、ジャーナリストの青木氏や姜尚中氏などお馴染みの名前も。
やっぱりね、日頃の言動からして一貫性があります。^^

他には弁護士・社会活動家・宗教家のお名前があるのですが、
何と言っても圧巻は、大学教授のセンセー方がズラ〜リと名を連ねているところです。
歴史家・学者研究者のくくりで、東大、京大、一橋、阪大、東北大、北大、早稲田・慶応、津田塾、奈良女、琉球大...。
現・元合わせて290名以上のセンセー方のお名前があります。
540名の半数以上が教育関係者って、もう目が点ですよ。
そもそも、この人たちを日本の知識人と呼んでいいのかとさえ思いますけど。

上の540名とかぶりますが、「韓国併合」100年日韓知識人共同声明の署名用紙のようなものが今もネット上にあり、
声明文や賛同者のリスト(日本側100名)などが見られます。
強烈な文面と、それを支持する奇妙な皆様方の一覧です。

http://www.maroon.dti.ne.jp/rekikakyo/movement/nikkannseimei20100528.pdf

この100名が540名まで増えたのが、西岡さんの本の巻末にあったリストのようです。

日本の大学のセンセー方がこんな事になっているので、日本側からまともな史実の検証が発信出来ない事情がうっすら見えてきます。
これ、かなりまずくないですか?
日本の大学が乗っ取られ始めている何よりの証かと。
大学の入学式などで日の丸の掲揚をしなくなっている根っこは、こういうことだったんですね。
お子さんの大学選び、学部選びは慎重に。
うっかりこれらのセンセーのゼミなんかに入ってしまったら、あちらの思想に染められてしまうやもしれません。
「チュ〇ェ」とか言うあの思想は、かなりアブナイみたいですからね。
沖縄に広がる「主体思想」とは https://www.youtube.com/watch?v=EI0I2uJDl1A
この話、日本人は知っておいたほうがいいです。

補足ですが、日本政府が行った韓国に対する『輸出管理制度の厳格化』の撤回を促す署名運動をしている中心にいるのも、またまた和田氏だったりします。
https://peace3appeal.jimdo.com/
もう、ガチで。

和田氏他、このリストに出ている人たちの本質は、どうやら親北で反韓で反日ということのようです。
親北で反韓。
親韓ではなく反韓。
北のマンセーの人。
いわゆる「チュ〇ェ」思想の人たちってことで。
南北統一を目指す彼らは、日韓問題で日本を叩いて賠償金を奪い取り、その裏で韓国を弱体化させて、北が南を統一って構図をもくろんでいるのでしょうか?
ややこしい。

私たち日本人はしっかりこのあたりを見抜いておかないと、ですね。
日本の国土に生かしてもらいながら、その恩恵に感謝するどころか売国紛いの事をしているなんて、本当にバチ当たりな人たち。
そういえば、恩を仇で返すのはあちらの常套手段でした。
そんなに日本が憎いなら、さっさと日本から出て行けばいいのに、出て行かないから不思議です。


100歩譲って自虐史観の刷り込みは、GHQの方針であったとしましょう。
日本人が二度と白人に歯向かう事がないように、教育改革を押し付けられたのだとしましょう。
教育で徹底して自虐史観を刷り込み、恥ずかしい思いや罪の意識を日本人に被せて、私たち日本人を弱体化させる。
これがGHQが行った「WGIP」。
東大の総長と京大の総長がプリンストン大学に招待されて「日本の戦後教育はかくあるべし」とGHQの方針に従わされたのだとしても、
それが昭和までなら、まだいいです。
でも、平成・令和と新しい時代になり、誰もが簡単に情報を手に入れられるそんな時代に、未だに日本の子供たちにこんな間違った歴史観を植え付け続けるのだけは見過ごせません。
どんだけ時代錯誤なんだ。
本当に腹立たしく思います。

彼らは『死んだら終わり』とでも思っているのでしょうか。
違いますよね。
たとえ今の肉体を離れても魂は永遠です。
学び終えるまで、別の肉体でまた同じテーマでの学びを繰り返すことになります。
いつまでそんな不毛な事を続ける気なんだろう。
ご苦労なこっちゃ。

近頃物凄いスピードで嘘や闇が暴かれています。

NHKの闇。
トリエンナーレでばれちゃった、芸術の世界に紛れ込んでいる反日勢力。
反日勢力。
日本の歴史の嘘。
韓国の歴史の嘘。
某辻元氏と次々逮捕されている関生の関係と、マスコミ完全スルーの件。
そして、アメリカの某エプスタイン氏の闇、など。

これからますます真実が明らかになって、わたしたち日本人もかの国の人も自国の本当の歴史を知る事になるのでしょうね。
あの大東亜戦争の真実も。

「日本の敵は日本の中にいる」とよく言われていましたが、
マスコミや政界のみならず、教育者にも反日思想を持った人が沢山紛れ込んでいたことに驚きました。
ただ、韓国人学者さんが日本のマスコミで、それを痛烈に批判されたところに新しい流れを感じます。

いい加減過去のことは清算しておしまいにして、これからはおのおのが自分にぴったりの場所で心地よく暮らしたいもの。
今後どんどん2極化して行き、振り分けもあると聞いています。
自分の意志で、自分に合った世界に分かれていくのだとか。
争いが好きな人は争いのある世界行き。バイバイ。

私は、身軽な世界に行きたいぞ。






posted by マメコ at 09:30| 北海道 ☔| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

偏向報道祭り

8/2は記念すべき1日となりました。
ホワイトday。
「大韓捨祭(だいかんしゃさい)」なんて、上手い事を言った人もいましたっけ。
丁度横浜から姉が来ていたので、大いに盛り上がって、乾杯〜 ♪♪♪

1日にニセコに行ったのですが、かの国のご一行が大型バスで来ていましたょ。
こんなご時世だから、絶賛ボイコット中なのかと思っていましたが、普通に観光していました。(某有名牧場)
国を挙げて日本を敵国扱いして大騒ぎしているのに、観光してて大丈夫なのかな?
SNSに上げたりしたら、バッシングとかされるみたいだし。
マスコミが一部の反応だけを大きく取り上げてるのかしらん?
うむ。

さて、今朝のサンデーモーニングは、予想通りの展開でしたね。

大宅女史も、青木某も

あからさま過ぎて、笑った、笑った。
もう皆知ってるのに、80歳の母だって知ってるのに、本当によくやるなぁ。
大宅さんたら、今かの国の景気がいいとか、日本との技術差が縮まっているとか、えぇぇえぇぇえ?な発言を連発。
それを聞いて、隣にいた姜さんが薄ら笑いを浮かべたのがこれまた寒かった。

皆さん一様に、日本政府の小さな発言のミスを突いてばかりで、
事の発端のかの国の問題には一切触れないというお決まりのパターンでした。
オイオイ、一体どこの国の放送局で?
あの番組に携わっている人たちは、何のために日本に住んでいて、何のために日本のテレビで日本を悪く言っているのかしらね。
日本の恩恵を受けているにも関わらず日本を貶める人たちって、本当に罰当たりです。
海を渡って、ご自分の波動に合う場所に行けばいいのに。

そもそも、ホワイト国からかの国を除外した一番の理由は、
兵器に転用される恐れのある原材料の、使途不明(横流し)の懸念があったからですよね。
それはかの国の管理に非があったからで、その説明責任はあちらにあったはず。
にもかかわらず、使用データの提出も解決策も提示できず国内外に日本政府非難を繰り返しているうちに、日本ではホワイト国から除外する閣議決定の日を迎えちゃった。
アホなの?

ホワイト国からの除外を受けて、
日本を「盗人猛々しい」などと、強烈に口撃。
まったくね、どの口がそれを言う?

義兄が勤めている会社がサンデーモーニングのスポンサーになっているそうです。
株主総会で
「何故偏向報道を続けるようなサンデーモーニングのスポンサーになっているのか?降りるべきでは?」という意見が出たそうです。
会社は「貴重なご意見として承ります」的な返事しかしなかったそうですが、
スポンサーへの抗議が殺到してスポンサーを降りる企業が増えるのが、番組には一番堪えるらしい。
毒されるから、反日偏向番組は見ないのが一番。

「マスコミから国民を守る党(M国党)」

が出来たなら、私は一票入れますょ。
N国党とM国党で日本のマスコミから売国分子をちゃっちゃと追い出して欲しいゎぃ。
反日マスコミは早く消滅すればいいのに。
朝日新聞なんて、(朝)鮮(日)報の略かと思うほど酷いから。

渡邊哲也さんの『腐ったメディアとの戦い方』はコチラ。https://youtu.be/uGrPrAFcA4o
2年前のものですが、とても興味深いです。吉本の話とかもチラリ。^^

今回のホワイト国解除の件で、面白いくらいに炙り出されていますね。
どこの局の、『どの番組』の、『誰』があちら系なのかが、良〜く見えてきます。
まるで踏み絵のよう。

所詮地上波はそんな番組ばっかりです。
ニュースさえ微妙にニュアンスを変えて流すので、世耕さんや河野さんのツイッターで確認すると随分事実と違う事に気付かされます。
BSのプライムニュースや深層NEWSは、専門家が出ているので、まともかと。
最近は地上波は殆ど見なくなり、情報は専らYouTubeやツイッターで。
宮脇淳子さんのアジア史が最近のお気に入り。
一度にはとても観きれないので、少しずつ楽しませていただいています。

日本に巣くう反日勢力って本当に厄介。
内なる敵ってやつです。朝日とか毎日とか共同とか。

ビザ発給厳格化も、なる早でお願いしたいものです。





posted by マメコ at 10:24| 北海道 ☔| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

ホワイト国解除と、注意喚起情報

外務省が19日、韓国の日本大使館前で起きた車両放火事件を受けて、
注意喚起のスポット情報を出しています。

在韓国日本国大使館付近での車両の炎上事案に関する注意喚起

続いて22日には、釜山にある日本総領事館に学生たちが侵入した件で再度注意喚起。
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2019C084.html

注意喚起ですが、下の映像を観るともっと危険な状況になっているのでは?と感じます。

総領事館侵入の動画がこちら。

https://youtu.be/JgNmdHAiwmw

ちょっと驚くレベルの騒ぎです。
この動画、日本人も見てるんですよー、ドン引きしてますよー。

法を犯して侵入して、排除されるとギャーギャー喚き散らす、この激しさは一体何なのでしょうね?
韓国の学生さんのようですが、なんでこんなに攻撃的になっちゃうんだろう。
お互い、捏造された歴史に踊らされてきたんです。
歴史を正しく理解したら、あなた方が抗議すべき相手は、自国の政府だったと気付くでしょう。

レーダー照射、大使館へのテロ行為、領事館侵入、産経新聞乱入、竹島上空でのロシア機への威嚇行為、WTOへの提訴、徴用工差し押さえ資産の現金化、見せかけの不買運動、
もうお腹いっぱいなくらい、やらかしてくれていますが、こうやって騒げば騒ぐほど益々こじれて日本人の心証が悪くなっていくのが、彼らにはわからないみたいですね。

経産省のホワイト国解除に関するパブリックコメントは、今日が締め切りです。
それに合わせたように、
かの国はホワイト国解除を撤回して欲しいと言って来ているそうですが、自分たちがその原因を作った事を反省するわけでもなく改善策を打ち出すわけでもなく、相変わらずトンチンカンなご都合発言を繰り返しています。
もうどうしようもない。

渡航禁止→金融制裁→○○なんてシナリオもあるかも...。

気の済むまで反日やって盛り上がって、巨大な墓穴でもせっせと掘り続けてればいいのだ。
もう放っておけばいい。

相変わらず反日マスコミは、吉本のどうでもいい話ばかり。
公共放送にも外国人が多数在籍しているって、異常事態ですよね。
こんな反日マスコミはもう要らないから、一緒に墓穴に放り込んじゃえ。

マスコミの中の健全な日本人勢力、ガンバッテ!!

「ホワイト国解除」の発動が楽しみなだなぁ。
まともに付き合う事など所詮無理な相手なのだと、日本国民の大半が気付きました。
極力関わり合いを減らして、これ以上ネガティブに引っ張られないようにしたいものです。

李承晩がかの国の人々に信じ込ませた捏造の史実。
これは非常に受け入れがい事でしょうが、ここから始めないと何も始まらないような気がします。
かの国の人々におかれましては、いつの日か真実を受け入れて想いの方向を修正するきっかけとなれば、救われる日も必ず来るかと。

それにしても、日本はこれまでよく我慢してきたなと思います。
捏造の歴史で罵詈雑言を浴びせられ続け、代償として日本国民の血税が吸い取られ、数多の侮辱・屈辱に耐え、長い間歯がゆい思いをしてきました。
経産省が正当に反論しただけで、こんなにあちらが大騒ぎになるとは...。
こんなに脆い国だったとは、いやはや驚き。
ようやく悪夢から解放されるのかと思うと、感無量です。
ホワイト国解除のついでに、日本の中に巣くう勢力(反日マスコミとか)から日本を取り返せたら、
本当にサイコー。
そんな日も遠くないですよね。


これから先は、燻り続けて留まるのも、軽やかな方へ行くのも、個人の自由。
今は大事な時期らしいですから、いつまでも争ったり憎悪にまみれていたら、
また重たい世界での体験を延々と繰り返す....。

なんてね。






posted by マメコ at 17:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

パブリックコメント

経済産業省が、
韓国に対する輸出貿易管理令の一部を改正する政令案について、パブリックコメントで国民からの意見を募っています。
(7/1〜7/24まで)

https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=595119079&Mode=0

私も書いてきました。
「大賛成」と。

「W・G・I・P」

この言葉をご存知でしょうか?

これは、「War Guilt Information Program」 の略です。
大東亜戦争後の昭和20年から、サンフランシスコ講和条約発効によって日本が主権回復を果たした昭和27年までの7年間の占領期間に、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)が占領政策として行った、

戦争への罪悪感を日本人の心に植えつける宣伝計画
です。

詳しくは、関野通夫さんのこちらの本に書かれています。




多くの方がご存知のように、日本には日本人と見分けのつきにくい「かの国」の人たちが沢山います。
戦後GHQが彼らをうまく利用したのでした。

駅前の一等地にド派手なパ〇ンコ店。普通に考えたらおかしな事ですよね。
在〇には特権があるとか年間凄い金額が流れているとか、
帰化した国会議員が某政党には沢山紛れ込んでいるとか、
その弊害はキリがないほどです。
ヤレヤレ。

また、マスコミの乗っ取られぶりは今や周知の事実。
かの国のダメージになる報道や日本の国益に沿う報道はなるべくスルー。
偏向報道やりたい放題です。
ヤレヤレ。

2008年に起きたリーマンショック。
アメリカ発のサブプライムローンに端を発するリーマンブラザーズの経営破綻。
原因は諸々ありますが、
リーマンブラザーズ経営破綻の直接的な引き金を引いたのが実はかの国だったと、今回の件で知りました。
これは、日本では殆ど報道されなかったそう。
そんなこんなで、世界中から信用を失っているかの国の銀行。
その信用保証を、実は日本の銀行がしているのですって。
これも初耳でした。
銀行もビジネスとして行っている事ですが、「信用状」というのだそうです。
かの国では、日本の銀行のお墨付きを得る事で海外との取引が成り立っているわけです。
もし、この信用状の保証が停止したら...。

そんなおんぶにだっこ状態なのに、捏造の歴史でいつまでも日本に難癖をつけてくるのは、一体どういう思考回路で?
よくわかりませんね。
ベトナムのライダイハン問題に、彼らはどう答えるのだろう?

それにしても、幼少期から熱心に反日教育をして日本を敵視している国を、よりによって「ホワイト国」に認定していただなんて、ブラックジョーク過ぎて笑えませんよ、まったく。
日本人のお人好しも度が過ぎると、本当に危ないと思っています。
脱亜論」にもあったように、
やはり付き合う相手はよくよく考えた方がいいのかも知れませんね。

嘘つきとはもう付き合えないよ、という事で粛々と対処して欲しいと切に願います。
信用を得るのには時間がかかるけれど、失うのは一瞬ダ。

騙したり、陥れたり、呪ったり、恨んだり、裏切ったり。
これは〇流歴史ドラマでよく見かけるパターンですが、
21世紀の今も同じような事を延々と繰り返していることに、ただただ驚くばかり。ある意味おめでたいのかもね。
こんなに情報が溢れている時代に生きているのに、ネガティブな感情に雁字搦めの人生に疑いを持つことはない?
子どもや孫の世代にも、捏造の歴史を継承させていくおつもりか?
それで幸せ?

そんな空気の中で生きるなんて、考えるだけでゾッとします。
早く自国の嘘に気付けばいいのになと思います。

戦後教育で自虐史観を刷り込まれ、私たちは日本人としての誇りを奪われ続けてきましたが、それもそろそろお終いにしないとね。
教科書では教えない、日本の本当の歴史を私たちに早く公開して欲しいものです。
今回の件は、日本人のまあるい愛国心にポッと火を灯す、そんな出来事になるのかも知れません。

宅急便の箱がきれいなまま届くとか、
レジに並んでいて嫌な思いをする事はめったにない、とか、
公共の場のトイレが綺麗で気持ちがいい、とか、
ゴミ出しのルールをみんなで守っているとか、
日々当たり前の光景も、ありがたい事ばかり。

かの国や日本国内にいる反日にやられっぱなしの日本ではありますが、
龍神様の背中の上で、(友人談)
宇宙に届く日本語を話す、(友人談)
そんな日本に日本人として生まれ育ったことに、心から感謝。






posted by マメコ at 11:17| 北海道 ☔| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

10月10日

今日は、10月10日ですね。

随分前に不思議な友人から聞いた話です。
今までにも何度か書いていますが、おさらいの意味を込めて再掲。

「数字の10(十)には神(カミ)の意味があるんだよ。

カ=火 縦棒
ミ=水 横棒
カミ=十=10
○の中に十で、「アマテラスオホミカミ」を表すの。

10月10日は、カミの月のカミの日。
人間は皆、お母さんのお腹の中で10ヶ月と10日大事に育まれて、
この世に生まれてくるでしょ。
カミの月とカミの日で、とつきとおか。
そう思うと、本当に有り難いことだよね。
ちなみに火と水の間に風が入って、火風水(ひふみ)だよ」。


まるで言葉遊びみたいで、面白いなと思いながら聞いていました。
『10』という数字に、神の意味があること。
この世に生まれた人間誰もが経験してきた「とつきとおか」に、
そんな意味があると知り、この日をとても大事な日に思うようになりました。

さて、そんな10月10日の今日は、衆院選の公示日ですね。

皆さんはどんな思いで、今回のゴタゴタを見ているでしょうか?
人は皆自分が信じたいものを信じて生きていますから、
何を信じているかで判断基準も違ってくるのでしょう。

私は常々、
この国は日本人ではない人たちの思惑によって、
彼らに都合よく動かされてきた、そう思っています。(浅い知識が基ですが)
明治維新も、戦後から今に至るまでも、ずっと背後にいた誰かさんによって、
操られてきたのだと。
ネオコン(戦争や)ですね。

飯山一郎さんのブログをずっと愛読しています。http://grnba.jp/
スピリチュアルな部分においては「えっ?未だにそんな認識で?」と
思う事もありますが、政治に関する見立ては、とても興味深いです。
飯山さんと真逆の説を唱える、信州のA氏のブログも長い間読んできました。
どちらの説が真実に近いのか?
そう思いながら、頭がこんがらがりながらも両方を見てきました。
普通に考えたら、
モリカケ問題で散々バッシングされていたアベさんは、「ノー」なのでしょう。
初めは私もそう思っていました。
でも、カゴイケさんに急接近した某ジャーナリストが登場したあたりから、
んんん?となったのです。
あのモリトモ問題は、本当にアベさんの問題なのか?
事の発端と言い、どうもおかしい。
単に安倍おろしに躍起になって、
どうでもいいことで騒ぎたててただけなのでは?
逆に辻本某の件はどうなの?
もうおかしな事ばかり。
そう思い始めてから、安倍さんに対する見方がガラリと変わりました。

飯山さんは常々、
「好き嫌いで政治を見てはいけない」
とおっしゃっています。
そして、今回の選挙をこのように表現。

...............................................................................
今回の衆院選挙は…

 ネオコン戦争屋 対 民族独立派の戦い。
(竹中,小池ら)VS(安倍,麻生ら)


こういう非常に分かりやすい構図に↑なってきたので…
益々政党選びが重要になってきている
...............................................................................


今まで利権の分捕り合戦だと思って見ていた政治が、
現在本当にこんな戦いになっているのだとしたら、えらいこっちゃです。
どちらを応援するかは、もうね...。


そして、放知技の常連さん、堺のおっさんさんの文章に、
私はジーンときました。

2017/10/09(月) きたるべき日本国のかたちを考える http://grnba.jp/

を是非多くの人に読んでいただきたいです。

本当にこうなったらいい。
日本にこんな希望があったらいい。
日本の未来を憂う、
愛国の政治家にも愛国の官僚にもガンバレーと言いたいけれど、
そのためには、国民も頑張らなきゃいけないのだと思いました。
(売国政治家を見抜くんだ)

残念ながら、同じニュースを見、同じ屋根の下に暮らしていても、
オットや母は、私のこの考えには懐疑的。

「民族の独立?」
「ネオコン?」
「何それ。」

「今までの日本は、ネオコンに牛耳られていた」まずはこの認識を持ち、
安倍さんがいつ(なぜ)変わったのか、ここを理解しない限り話が通じません。
マスコミが嘘だらけなのは、二人とも重々承知してはいるのですがね。(笑)
今は好き嫌いは置いておこう。
(間違っていたらゴメンンサイネ。)

この日本を、いつまでもネオコンの好きにさせていてはいけないのだと、
危機感と希望を持って、
日本と日本人の幸福な未来につながる選択が出来ますように、
そう願うばかりです。


再び、不思議な友人の話。

日本は神の国。
ドロドロと地球が燃え盛っていた頃、
神様が、龍の姿になってこの地球に降り立ち、陸・海・空を作り、
龍の姿を残したまま横たわっているのが、この日本列島。
その有難い龍体の上で、私たちは暮らしているのだと、
そう彼女は話してくれました。 

そんな有難い背の上で暮らしながら、
かの国の属国でい続けるだなんて、ばちあたりにもほどがある...。
ありえない。
ないない。

というわけで、
ガンバレ、日本。
ガンバレ、わたしたち。

(以上、私の信じている話でした ^^ )






 
posted by マメコ at 10:20| 北海道 ☔| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2015年03月11日

4年目の日

あの日から4年。

今尚復興が進まない地域の様子を映像などで見る度、
愕然とします。
傷ついた人々を、今も助けてあげられないこの国。
都合の悪いことを、隠し続ける人たち。
オリンピックどころじゃないでしょうに。
世界一古い歴史を持つ日本なのに、龍体の上にある日本なのに、
現実は何故にこうも厳しく冷たいのだろう...。

MINMI 「レクイエム」



ハートの贈りものさんの記事を読みました。
http://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/c7fb18ada34ecdf3c88a96910b96f4f5

過去を書き換える...。
ひょっとすると、「奇跡は起こすもの」なのかも知れませんね。

「私たち日本人が引き受けた役目」を全うするという事の意味を
考えたいと思います。







posted by マメコ at 11:59| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

リアル・サイバー攻撃

何か、凄い事になっています。

アメリカの某都市を、世界中が一斉にサイバー攻撃。
そんな様子をリアルで観られるサイトがあるそうな。
http://map.ipviking.com/

標的はどうやらセントルイス。
セントルイスは、ワシントン大学や、マイクロソフトやマスターカードなど大企業の拠点が集まる地域。
西海岸のシアトルも攻撃を受けている模様。

この世界や地球を、好き勝手やりたい放題メチャメチャにしてきた人間界のワルどもの拠点がここにあるのか?
ここは実働部隊の本拠地なのか?
世界中がもう我慢できないとばかりに一斉に怒り出して、戦争屋と戦っているようにも見えなくもない。

これが本物なら凄いですね。
発信元(国)や、アタック数までカウントされてます。

飯山さんの解説によると、

今回のサイバー大戦には、世界中の市民ハッカーやITアタッカーが参戦している。
米系戦争屋が核ミサイルの照準をロックオンさせないように、
世界中の市民ハッカー兵士もサイバー銃を撃ちまくっている。


のだそう。
詳細はコチラ。http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-7631.html

中国、ロシア、ブラジル。
襲撃事件の起きたフランスやドイツも参戦。
そしてアメリカ国内からも。
ようやく我日本からも、257発!(1/10の事かな)

201501102349462ees.jpg

この画を見てたら、何か熱いものがこみあげてくる。
デジタルの世界の事だけど、
この一本一本の線に「ワルどもの暴走を止めたい」という、
世界中の願いと叫びが込められているように思えました。

ワルどもの一番の金づるの日本からも、ポチばかりの日本からも、
「もうやめろー」とばかりに参戦されている人がいる模様。
先ほどはここ札幌あたりからも、バビューンと数発飛んで行きました。
行け行けーーー!

私からも「いい加減にしろ」ビームをお見舞いしておきました。(それ届くのか?)
セントルイスに向けて、波動砲をビシバシ打ち込んでやれー。

GAME OVER とでも表示されたら、最高だな〜♪

もうおしまいにしたらいいじゃない。
皆で幸せに地球で暮らすのがそんなに嫌なら、火星にでもどこにでも行けばいいじゃない。
誰も探さないし、誰も追わない。
似たもの同士で支配したりされたりを延々とやっていればいいじゃない。
そして、二度と地球に帰って来なけりゃいいんじゃない?

それでオッケーよ。






posted by マメコ at 12:14| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

映画 『 A2-B-C 』

母の日ですね。
札幌も朝から良いお天気で、
只今外は25℃くらい。
初夏のような陽気です。

さて、巷では漫画『美味しんぼ』最新号の「鼻血」が、話題になっていますね。
石原さんまで出てきてワーワーと。

私が今まで鼻血を出したのは、物心付いてからは確か2回だけ。
1度目は高校生の部活中、暑い体育館の中でのぼせました。
2度目は数年前、リフォームした部屋に入った時の事。
暫くの間換気をし、匂いもしなくなったのでもういいだろうと部屋に入った瞬間、
人生2度目の鼻血が、前触れもなく突然ツゥーと出ました。
体は化学物質に対して敏感に反応するんだなと、
少々怖く思ったものでした。
子どもはよく鼻血を出すものですが、いい大人はそうそう出さないですよね。

福島で原発事故が起きて、
それでも大丈夫だと言い続ける人々。
反対に、危ないから逃げろと言い続ける人々。
自分の目で見て確かめたわけではないので、
どちらが本当なのか、わかりませんが、私個人の感覚ではクロ。
『トーキョー』(の資産価値)を守るために必死でごまかしてるだけ、
ずっとそう思ってきました。
なので、今も食材の産地には気を遣っています。
次男が高校生になり、給食の牛乳を飲まずにすむようになって一安心。

チェルノブイリの原発事故後のデータ、
子どもたちの体に起きた事、
いくらでもネットで見ることが出来ます。
石棺で覆ったチェルノブイリでさえあの被害です。

目に見えない放射能を「安全です.問題ない」と暢気に構えて甘く見ている現状は、
とても恐ろしく感じます。

前置きが長くなりました。
福島原発事故の放射能被害、被曝の現実・事実を追ったドキュメンタリー映画
『 A2-B-C 』が、日本でも公開されるようです。
日本在住のアメリカ人監督が撮った映画だそう。
星月夜☆さんのサイトで知りました。
http://ameblo.jp/hoshitukiyoru7/entry-11846595493.html


予告編

公式サイトはこちら。http://www.a2-b-c.com/intro.html

放射能問題は様々な思惑があり、真実はなかなか見えてきませんが、
美味しんぼであの騒ぎですから、この映画にもきっと横ヤリなど入るのでしょうね。
勇気ある行動を起こされた方々に感謝・感謝です。
美味しんぼもこの映画の内容も、どう受け取るか、その先は自分で判断するしかないですね。
札幌でも上映されたら見に行きます。
日本中に上映の輪が広がるよう、祈っています。

追記:5/14
こんな漫画もありました。
http://www.moae.jp/comic/1f/1








posted by マメコ at 14:13| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

咲き誇れ 日本♪

昨日『かみさまとのやくそく』を見てきました。
出産前に、私たち親を選んで来てくれる子どもたちの純粋な思いに気づいていたら、
どんなに良かっただろうと思いました。
うちの息子たちはもう大きくなったけれど、それでも観る事ができて良かった。
是非多くの方に見ていただきたいなと思います。

次回札幌での上映は、6/26(木)札幌エルプラザにて。
詳細は、主催者の方のブログでご確認下さい。http://www.yururun.com/kamisama45-2/

今朝久しぶりに届いた、「わの舞」の千賀さんからのメルマガに
沢山の動画の紹介がありました。
一つは、インドネシアの若者が送ってくれた日本へのエールの歌
「桜よ」です。




桜が心に残るのは 人肌に似ている 桃色のせいだと
みんな知っている

桜の命が愛しいのは わずかで散り落ちる はかなさのせいだと
みんな知っている

桜を誰かと見たいのは この花のやさしさを分かちたいせいだと
みんな知っている

桜よ 咲き誇れ 青空を背にして咲き誇れ
桜よ 咲き誇れ 星空に浮かんで咲き誇れ

みんなで笑える 歌える 抱きあえる 生きていける
この花が咲くたびに 重ねる想い出

何かを 失う寂しさ あきらめる悲しさ
でも春は来る 来年も その先も ずっと先も

桜よ 咲き誇れ 日本の真ん中で咲き誇れ
日本よ 咲き誇れ 世界の真ん中で咲き誇れ
私よ 咲き誇れ この道の真ん中で咲き誇れ

桜よ



とても美しいメロディー、そして素敵な歌詞。
「日本よ咲き誇れ」と歌ってくれています。
ありがたくて、温かい気持ちになりました。

私が幼いころの数年間、父が単身インドネシアで仕事をしていました。
一時帰国するたび、インドネシアのお土産が家に増えていきました。
今も家にいくつか飾られています。
私が始めて海外旅行に出かけたのも、インドネシア(バリ島)でした。
父は現地の知り合いの連絡先を私に渡し、何かあったらここに行きなさい、
そんな風に言ってくれたものでした。
なので、インドネシアはとても親しみを感じている国です。

もう1つありました。
我が家はコーヒー豆屋なのですが、当店の一番人気は、インドネシア産の「マンデリン」です。
コーヒーはこれしか飲まないというリピーターさんも多く、コーヒー好きのお客様にとても愛されている、美味しい豆です。
というワケで、
インドネシアには、今現在もとてもご縁を感じているのでありました。

インドネシアの学生の皆さん、日本を好いてくれて、本当にありがとう。

私たち日本人は、日本が好きだろうか?
日本に生まれたことを、誇らしく思えているだろうか?
日本の土地に感謝しているだろうか?

他にはこんな動画の紹介もありました。
http://youtu.be/Yi6t6r7FbjM

戦後私達日本人は、日本人としての誇りや尊厳を酷く傷つけられてきたこと、
改めて胸に刻みました。

教科書で教えられてきたこと。
中国や韓国が今も責め続ける、日本の過去の過ち。
本当は何が正しいのだろうと、真実を知りたくて色々本を読んだ時期がありました。
遠戚に渡部昇一さんがいるのですが、(昇一さんの奥様が母の従妹)
母は昇一さんを風変わりな本を書いている人だと言います。

数年前、何冊か渡部昇一さんの本を読ませていただき、
youtubeを見て、
初めて母の話す昇一さんと、渡部昇一さんが同一人物だと気づきました。
他には若狭和朋さんの「日本人が知ってはならない歴史」や、
天皇の金塊、天皇のロザリオなどなど、読みました。

侵略戦争と教わってきた大東亜戦争(太平洋戦争)の真実は違う、
そういう考えに至りました。
戦時中の極限の中では、双方様々な残酷な出来事があったと想像しますが、
今伝えられている中にはかなりの捏造も含まれていると思います。
日本軍の謀略もあったのでしょう。
様々な思惑があり、日本とて一枚岩ではなかった。
天皇の金塊に出てくる天皇家T宮の不可解な行動からは、軍部の暴走が垣間見れたり。
(最近お孫さんの露出が多いですね...)
南京虐殺記念館は、日本の社会党の某氏が中国に資金を提供して建てさせたという、
とんでもない話を聞きました。
日本の敵は日本の中に紛れ込んでいた(今も)という現実。

縄文時代ならまだしも、近代史さえも謎(誤魔化し)が多い日本の歴史。
私が読んだ本は、もしかしたら偏っているかもしれませんが、
それでも、長い間わたしたちは間違った歴史を教わり、自虐史観を刷り込まれてきたのだと思っています。

あの頃の権力者の末裔が、この国を今も動かしているのでしょ?
それは明治維新からずっと続いているのかも知れないですね。

欧米の差別的な侵略&植民地支配から、アジア諸国を独立させるきっかけとなった
先の戦争で、命をかけて戦った大勢の日本兵の方々。
その勇敢な日本兵の子孫であることに誇りを持たなければいけないのに、
誇張された出来事の反省だけを押し付けられて、私たちはうつむいてきました。
今一番悔しい思いをしているのは、お国の為にと命を捧げた日本兵の方々に違いない。
子供たちに胸をはってこの日本の良さを伝えるために、
まずは大人が真実に近づく努力をしないと、そう鼻息荒く思う次第です。

アジア諸国をあの戦争に引きずりこんだのは誰か?

欧米が起こす戦争には、大義名分などなく、
戦争は、お金儲けのために起こされてきたもの。
ウクライナの騒動も、イラクもシリアも北朝鮮も、みんな根っこは同じじゃないのかな。

戦後アメリカGHQに押し付けられたもの。
禁止されたもの。
日本人と変わらぬ風貌の人々を巧みに紛れ込ませ、
日本人を逆支配するために配置された彼ら。
某宗教団体。
日本に帰化している国会議員。
半日感情むき出しの某テレビ局、あからさまなCMを流し続ける某ケイタイ会社。
駅前の一等地に陣取るパチンコ店、芸能界。
右翼が街宣車で大音量で愛国をがなりたてる。
地方都市では見かけない光景ですが、神奈川に住んでいた頃はよく目にしました。
愛国心を持つ事は、行儀の悪い事、軍国主義につながるキケンな思想。
いつの間にか、そう刷り込まれてきました。

日本人の覚醒に、
正しい歴史認識は不可欠だと思っています。

「日本人ほど自国の正しい歴史を知らない国民はいない」不思議な友人はそう言います。
それは知らされていないだけ、隠されてきただけで、本当の歴史は別に存在するそうです。
彼女は、日本は素晴らしい国だと言います。
そして、今世日本に生まれたことを「本当にありがたいことだと思う」と言います。

彼女は、
日本は龍体の上にあると言い、
瀬戸内海の某島にはムーへの入り口があると言い、
失われたイスラエル10氏族のうち、2氏族が沖縄と北海道(アイヌ)に来たと言い、
イエスキリスト=聖徳太子だと言い、
●●陛下は世界一のシャーマンだと言います。
女王様のうしろにいる、変な存在が仕掛けた封印を解く事の出来る、唯一のお方だと...。
(※ 彼女の活動のスケールの大きさを知り、私はこれらをまるっと信じております^^)

今尚不思議が隠された日本。
日本叩きの根っこには、この辺の事も関係しているのかも...、と常々妄想しています。
そして、
その日本に今現在配置されている私たちは、そろそろ目を覚して真実を知る努力をしなければいけませんね。

日本人は、日本人であることに誇りを持っていい。
日本を好きだと胸をはって言っていい。
日本の国土に、感謝と愛着をもって暮らし、子供たちに、美味しい水と自由と安心な日本を残してあげたい。
この日本を私たちの手に取り返すことを、諦めないでいよう。

私たちは、なんのために生まれてきたのか?
自分の学びのためと、他にプラスαあるのでしょうね。
過去の失敗を繰り返さないため、未来を良くするため。

「かみさまとのやくそく」を見て、
今朝の千賀さんのメルマガを読んで、
そんな風に思いました。

札幌の桜の見頃は、5月初旬です。
昨日・今日とまさかの雪が降っておりますが、
咲き誇る桜に自分や日本を重ねて眺めるのを楽しみに、
春を待ちたいと思います。





posted by マメコ at 10:57| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

オドロキ!

昨日の天下泰平さんの記事は、驚きの連続でした。
「ボストンテロ負傷者たちは役者だった」
http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51855198.html

こんなことまで、するんだという驚き。
ここまで念入りに演出をしていたとは。

もう何でもアリで、わけがわかりません。

この事件の首謀者は、一体誰なんでしょう。
この事件で何を得たのでしょう。
破れかぶれで、相当焦っているのでしょうか?

この中に本当に演技している者がいたとしたなら、
彼らも気の毒なくらいに、
病んでるな。





posted by マメコ at 15:06| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

やっぱり自作自演?

ボストンマラソンのテロ騒動&逮捕劇。
何か腑に落ちない気持ちでいた方も多いのではないでしょうか?
「9.11を思い出す」と騒げば騒ぐほど、あの時と同じなのかも?と
疑いが増すばかり。

自作自演を裏付けるような情報が、チラホラ出てきました。
詳細は、カレイドスコープさんのブログで。
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-2033.html
犯人とされた兄弟は、まるでケネディ事件のオズワルドのようじゃありませんか?

『日本のメディアは、本当の事を伝えない』
ネットの情報が全て正しいとは言いませんが、
それでもテレビよりは、ずっとまともだろうな。

日本のマスコミが韓国[電通]に支配されている理由 元NHK職員語る
http://quasimoto.exblog.jp/20311182/

日本は相当病んでおり、
テレビはジワジワ刷りこみを仕掛けてきます。
くれぐれもご用心。

もう騙されるのは沢山だ、そう思う方は、
新井信介さんの4月のメッセージを聞いてみて下さいね。
http://www.k2o.co.jp/blog2/2013/04/20134.php

4/28の主権回復の日。
天皇陛下から何かお話があるのでしょうか。
また、4/29には長野で映画「シリウス」が全国に先駆けて上映されるそうです。
http://www.k2o.co.jp/blog2/2013/04/429-1.php
映画の中で何が語られているのか、こちらも興味津々であります。





posted by マメコ at 10:52| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

本当に怖いのは、「ワクチン」

ネットの世界では、もう何年も前から「ワクチンの危険性」について
話題になっていました。

インフルエンザワクチンはもちろんの事、
子宮頸がんワクチンの怖さについても。
私がこの子宮頸がんワクチンの危険性について知ったのは、
今から3年前の、2010年4月のことでした。
過去記事はこちら。http://motokononikki.seesaa.net/article/147127098.html
その頃から、警告は出されていました。
姪っ子がいるので、姉や弟には絶対受けないようにと、何度も念押ししてきました。

最近になって、国会でこのワクチンの有効性を疑うような話が出てきました。
効き目がないどころか、副作用の危険性をはらんだ大問題でしょうに。
効かないのは当たり前で、その中身は『毒』なのではないですか?

すでに受けてしまったお子さんも多数いらっしゃるようで、
中には副作用で大変苦しい思いをされている方もいます。
misaさんのブログで、その親御さんの話を取り上げていました。
娘さんをお持ちの親御さんは、ぜひお読みになって、
本当にお子さんにこのワクチンが必要かどうか考えて下さい。

我が家は息子2人ですので、今回のワクチンは該当しないのですが、
長男の大学入学時の書類に、気になったものがありました。
それは、はしかと風疹の予防接種です。
健康調査に関する書面で、はしかと風疹の2度目の接種を勧めていました。
いずれも子どもの時に1回ずつ接種しています。

2007年に、東京の大学ではしかの大流行による休校騒ぎがありましたね。
あれ以降、2度の接種が暗黙の了解にでもなったのでしょうか。
この春の風疹大流行も記憶に新しいところですが、私はどうも腑に落ちないんです。
将来をしょって立つ日本の若者に対して、よってたかってワクチンの強要。
はしかや風疹の流行は、作られたものではないかとさえ勘ぐってしまいます。

2度目を受ける必要が本当にあるのか、今も引っかかっていて様子見です。
高校でも無料接種の案内が来ていましたが、無料はどうも怪しいと思い、
スルーしてきました。
タダほど怖い物はない。
気づかないところで副作用が出るかも知れません。
海外の製薬会社の儲けに加担する気もさらさらありませんし、
彼らの思う壺になるなんて、まっぴらごめんだと思うのです。

副作用に苦しむお子さんを出さないように、
取り返しのつかない事態にならないよう、
このワクチンの危険をご存知ない方がいらしたら、
教えてあげてください。

ワクチンの怖さを知らない人が、いまだに多いようです。
ひょっとすると、放射能も全く気にしてないのかナ。
おとなしいだけの家畜人間(シープル)になってしまわないよう、
嘘に騙されませんように。

国はもうあてにならないので、何でも調べてみる事をおすすめします。
鵜呑みにしたら危険。
情けない話ですが、これが今の日本の現実だと思います。
放射能の危険だって同じことだと思います。
あまり言われなくなってきていますが、危険な事に今も何も変わりはない。


追記 2013.7.3

風疹の大流行を騒ぎ立て、ワクチンの接種を呼びかける、
そんな異常なまでの報道にずっと違和感がありましたが、
風疹騒動は、放射能被爆による奇形出産のカモフラージュなのかも知れません。。。

http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7194898.html

原発事故後に富山で起きた焼肉店でのO157騒ぎや、昨年北海道で起きた白菜漬物騒ぎと
同じ匂いがします。
もう、隠し切れないはず。






posted by マメコ at 10:16| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2013年04月03日

ん?

お久しぶりです。
数日、風邪でダウンしていました。

先日の、野球界への国民栄誉賞報道には驚きましたね。
何で今なの?
それもお二人同時?
WBCと絡めるにはちょっとずれてるし、プロ野球は開幕したけれど、何故今?
妙な気分でした。
こりゃ何かなるな。

そこへ、「あぁ神様」さんの、するどい読みです。
http://kakizoe.seesaa.net/article/353690810.html
なるほど〜。
あるかも〜。
何事も額面通りに受け取らず、信じず、
色んな見方をするのは、今の時代とても大事な事だと思います。

ロシア。
そう、ロシア。
これからの鍵を握っているかも知れない、ロシア。
ロシアの声というサイトもたまにチェックしています。
http://japanese.ruvr.ru/news/
ロシアのマスコミは、日本のお馬鹿マスコミより、
よっぽど進んでいるようですね。
日本も少しは見習って欲しいけれど、今は無理なんでしょうね。

日本では、盛んに北の若き将軍様の暴走っぷりを煽り立てていますが、
これも何か匂いますね。

満州国の設立。(某飯山さん説)
ロシアの隕石。
北朝鮮の若頭。
中国のPM2.5騒ぎ。
キプロス預金封鎖。
朝鮮総連のビル落札。
皇居が京都へ?(噂の域ですが)

これ、繋がってるの?
ん?と思う事、近頃やたらと多い気がします。

追記:
中国の鳥インフル騒動も何だかなー、ですね。
豚やアヒルが川に浮いてるなんて、どう考えたって妙な話です。
何か空から蒔かれたのでは?
今夜のNステで、ふるたちさんがタミフル・リレンザ・ワクチンの事に
触れていました。
これって、製薬会社に一儲けさせるためのマッチポンプなんですか?
ふるたちさんは、敢えてこれを口にしたのかな?

いずれにしても、要注意です。
クワバラ・クワバラ。






posted by マメコ at 14:22| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

この雄叫び、聞いてみて!

ニニギさんのところで紹介されてました。
長いけど聞いてみて下さいナ。
http://youtu.be/ENBV0oUjvs0

ムカムカ&モヤモヤがスッキリする、熱い叫び。
凄い勉強されてますね。
お見事!

最初、せっちゃん(斉藤和義氏)かと思いました。
唄っているのはFRYING DUTCHMANさん。
HP http://www.fryingdutchman.jp/

「一撃で世の中ひっくり返るんだヨー」

あぁー、本当にひっくり返したい。
こんなおバカな世の中。
そろそろ気付いてもいい頃なんだけどな。


posted by マメコ at 17:11| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

気になる空気。。。

横浜港北区のマンション屋上から出たストロンチウム。
姉が住んでるところの近くです。

ストロンチウムの詳細、岩上氏のユーストリームで見られます。
http://www.ustream.tv/recorded/17794261/highlight/208001

この後に出た「世田谷区で高線量」のニュース。
原因は床下の瓶が原因だとか、ラジウムだとか何だとか。

こちらのニュースにとても違和感を感じている方も多いと思います。
世田谷の件ばかり騒いでいますが、港北は実際ストロンチウムが出たのに。

姉に聞いたところによれば、一度ニュースが流れたきり特に何の騒ぎにもなっていないのだそう。
何故あそこのマンション?と言うのが周辺住民の感覚だそう。
地形から考えても特別な場所じゃないのだとか。

たまたまあそこの住民がガイガーカウンターを持っていて計ってみたから出たのでしょうか?
他のマンションだって計れば出るかも知れません。

姉は、「それよりそっちのヒグマ大変だねー」と言います。
ヒグマ?
あぁ、大丈夫よ。
あちこちで出ているみたいだけど、出会わなきゃ大丈夫。
なんたって熊は見えるから大丈夫だ。

今朝の知っとうやさんでは、関東のホットスポットと千葉のコスモ石油の爆発の因果関係について触れられていました。
そういえばあの火災の直後「雨に当たらないで、外出時はレインコートを着用して」などのメールが話題になっていましたね。
その後デマだったと修正されていたかと思いますが。
放射性物質は福島第一からなのか、はたまた千葉が原因なのか。
どうもはっきりしませんね。

昨日の霊能ブログでは放射能についてのこんな話がありました。

転載
今の日本に住んでいる人は人種を問わず、この耐性を持てる要素はあります。特に、日本人特有の遺伝子である、Y染色体D系統の遺伝子を持つ人間が有利です。男女関係なくD系統であることが有利です。
福島県をはじめとして東北に代々住む住民は、このD系遺伝子が非常に強いのを感じます。(東北が、国津神の親玉である鬼門大神が鎮まる聖地であることが関係します。)


D系統って、所謂縄文人の染色体でしょうか?
D系じゃない場合どうなるのでしょう?

何が本当なんでしょう。






posted by マメコ at 10:26| 北海道 ☔| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

本当は怖い化粧品

先日、東京では「脱原発」の大規模なデモがあったそうですね。6万人が集まったとか。。。
ネットで知り、海外のニュースで見ました。
国内のニュースでどこか報じていたでしょうか?
きっといつものスルーなんでしょ。

他にもデモと言えば、某フ○テレビ問題からスポンサー「花○」の製品不買運動などが
ありましたね。
おかしなテレビ局への抗議は、その番組をバックアップしているスポンサーへと
向ければいいのです。
私は、洗剤のCMを流しているあの企業の製品は、ずっと不買です。
ああいう石油系製品が、どれだけ川や海を汚し、それが全生命に返ってくるかと
想像した事がありますか?
人間だけが地球を汚している、この現実。
最近やたらと宣伝している、柔軟剤やファブ○ーズみたいな消臭スプレーも怖くて
使いたいと思いません。
あの人工的な匂いが、鼻にツーンときてたまりません。
アトピーや皮膚のトラブルの原因にもなるそうです。

そんな製品をCMにのせられてせっせと買う人達が、結局はおバカ企業やマスコミを
支え、回りまわって電twoや東電を支えている。
自分達の普段の買い物が、いつの間にか原発を支えてしまっている、そんな流れが
あることに気づくと、ものの見方やものの選び方が変わってくると思います。

数年前、初めて読んだベンジャミン・フルフォード氏の本。
本の名前は忘れましたが、輸入化粧品の怖さについて書かれていました。
昭和の時代、日本が豊かになると同時に入ってきた海外ブランド化粧品の数々。
その中にはホルモン撹乱剤と言われるものが混ぜられていたとか。
日本人を根絶やしにするために、女性が(母親)が使う化粧品に、子供達、特に男児の
遺伝子へ影響を及ぼすホルモン剤が入っていたのだそうです。
化粧品は、出荷される国ごとに成分を変えられるので、日本向けの製品が
そうだったようです。
近年の不妊と無関係ではないだろう、と書かれていました。
もしかすると、オネエが増えたり草食系と言われる男子が増えているのも、関係が
あるのかも知れませんね。

これを読んで私は本当に怖くなりました。
皮膚から吸収される毒、いわゆる経皮毒です。
口から入った毒は肝臓で分解&解毒されてある程度排出されるけれど、皮膚から
入ったものは解毒されづらいのだそうです。
ステロイドだって結局は皮膚に塗った物が内臓に蓄積されていくんですから。
経皮毒をあなどってはいけません。

独身時代は,私も百貨店1Fの化粧品売り場が好きでした。
華やかなパッケージ、いい香り。。。
デ○オールのラインで揃えて、ピンクのボトルが並んでいるだけでウットリ。
それだけでキレイになった気がしていました。
今じゃすっかり老化肌を突き進んでいますが、幸い私は肌が丈夫なので、化粧品で
トラブルが起きた事はありませんでした。
でも姉は、敏感肌で化粧品でかぶれて、相当辛い思いをしていました。
40歳を過ぎてアトピーと診断され、肌がボロボロになってしまいました。
そんな姉にこそ、と手作りをすすめていますが、面倒がってやらないのです。
相変わらず市販品を購入してはかぶれる、を繰り返しています。
何にかぶれるのかを突き止めればいいのに・・・、と私は思うんですがね。
毎朝毎晩、同じ場所に塗りこんでいるその成分、皆さんも一度チェックしてみて下さいね。

私はここ何年も基礎化粧品は買っていません。
作っています。
作ると言っても混ぜてるだけ。
材料を購入する時、多少迷いますが、面倒なのはそれくらいです。
何より安全で、安上がりです。
一度作るのを(混ぜるのを)体験したら、化粧品を買う気にはならないこと請け合います。
化粧水は精製水に植物性グリセリンを混ぜるだけ。香りをつける場合はグリセリンに
精油を溶かしてから精製水に混ぜます。
防腐剤など入っていないので、冷蔵庫で保管してます。
無くなったらその都度混ぜるだけ。

グリセリンはぜひ植物性のものを。
グリセリンが合わなければ、ベタイン粉末やヒアルロン酸など色々試しましょう。
ネットや東急ハンズでも売っています。
要は、防腐剤や石油系の成分を肌に塗らない事だと思います。
植物エキスを抽出したものを混ぜれば美白効果も期待できます。
最近は手作り化粧品の材料のネットのお店が充実していて、美白やアンチエイジングを
狙った有効成分もどんどん紹介されています。
これらは自己責任なので、パッチテストだけはお忘れなく。

私がよく利用させていただくお店は、
薬局グローバさん
PEACH PIGさん
マンディームーンさん です。

ニキビ面の長男のために、今生薬の「ユキノシタ」のチンキ(アルコール抽出)を作成中です。
ユキノシタといえば、美白や老化肌や私に必要な成分が盛り沢山の万能生薬。
私はこのエキスに保湿剤を足して使う予定です。
アレルギーや肌トラブルのほうが後々大変だし怖いので、見た目はそこそこ?でOKって
事にしてます。
^^少し、言い訳っぽいかナ。。。

考えてみれば、海外ブランドっていうのは(化粧品もバッグもお洋服も)結局アチラサイド
なんですよね。
ブランドって、優越感を満たすためにはもってこいのツールだそうです。
私の周りにもいます。リッチに見られたい人。
日本人は本当にいいカモですね。
特にバブル世代は重症でしょう。
アナタは大丈夫ですか?
裏権に貢いでいませんか?

健康を守るため、地球を汚さないためにも、その商品の中身=成分をしっかり
見極めることが、とても大事だと思っています。

ちなみに、洗濯にはこれを使っています。
汚れ落ち抜群とはいきませんが、
川や海を汚さない成分で出来ているので人にも安心。


アルカリウォッシュ 3kg


シャボン玉EM洗濯液体石けんボトル(1200ml)





地球にも人にも優しい製品を作っている会社を応援したいと思っています。
正しいものづくりをしている人たちが評価され、間違ったものづくりは消えていく。
それが当たり前な世の中が、早く来るといいなと思います。
買う側が賢くなれば、売る側も変わらざるを得ないわけですから、主婦の「買い物力」が
試されているのかも知れません。
がんばりましょう。

台風15号に備えて、午後からは庭の植木鉢などの片付けに励みます。
今夜から明日にかけて北海道にも上陸しそう。
台風進路に該当する皆々様も充分お気をつけ下さい。







posted by マメコ at 10:17| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

今日は夏至

今日6月22日は夏至です。
1年で日中が一番長いとされる日。
今まで、ただそれだけの日。。。と思っていました。

でも、今はちょこっと違います。
日中が長いと言う事はそれだけ太陽からのエネルギーが高まると言う事ですね。
季節の節目には全て意味がある。そう気付いてからこういう日に少し目を向けるようになりました。
今日から何か新しいエネルギーになるのかな?

夏至の日は植物がすくすく伸びるのだそうで、ミニトマトとピーマンをプランターに植えてみました。
その日じゃ遅いってのは重々承知の助だー。
本当は庭に直に植えたいところですが、雨が降ったらサッと移動できるようにプランターに。
ささやかな(放)対策です。

P1060761(1).JPG

恵庭の野菜直売所で買ってきた農家さんのミニトマト。
もしも豊作だったなら、ドライトマトにして保存する予定です。
鈴なり来いっ。


P1060762(1).JPG

こちらはピーマン。
中華好きにの我が家には欠かせません。

そして、さんさんと日が降り注ぐ中、長袖に完全防備(マスク・手袋・帽子)で庭の雑草とり。
殆どが巨大化したタンポポでした。(放射能クンの影響?)
本当はあまり気が乗らなかったのですが、ご近所迷惑になりそうなくらい育ってしまったので、やむなく引っこ抜きました。
次は空き地に咲いてね。。。

P1060769(1).JPG

そして砂利の上にひっそりと咲いていた小さな花。
淡いピンクがとても可愛いらしいお花です。
どこからかタネが運ばれて来たのでしょうね。
ようこそ。



posted by マメコ at 11:01| 北海道 ☁| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

真実と危険は隣り合わせ

いつもおじゃまさせていただいているブログが、攻撃を受けていたようです。
ここ数日繋がりづらく、少し心配していました。

やはり、都合の悪い事(真実)を書くとどこかの誰かが規制をかけてくる。
震災のどさくさの中で通っていた法案とも関係あるのでしょう。
無事、お引越しを済まされたようで一安心です。

不思議な友人は常々、
「私達のような存在は、決して目立ってはいけない」」
と言っています。
少し前にやっていたドラマ「スペック」を見た時、「目立ってはいけない」という言葉の意味を重く受け止めました。
息子達はただ面白いと言って見ていましたが、私は少しハラハラして見ていました。
その不思議な力を利用したい・悪用したいと考えるモノはいくらでもいるでしょうから。

だから、現在陰謀論を声高に発信し、活躍している人を私は信用する事ができません。
自称「能力者」も同様です。
顔を出して、本を出して、今も安全に生活されている。
もし真実やタブーに触れていたら、本当にマークされたら、無事でいられるはずがない。
目障りな存在を放ってはおかない。
きっと100%真実を突いていないから、中にウソが散りばめられているから、ご無事なのでしょう

そう思いながら、本もブログも話半分で読ませていただいています。

攻撃をしかけてくる側の大元締め(海外)のバックにいる本当の親分は、とても常識では考えられない、人間の想像を遥かに超えたモノだと友人から聞きました。
怖いと言うより笑っちゃう存在。
それはマンガの世界でした。
地球は、人類はそんなモノ達に牛耳られていたとは、本当に驚くばかりです。
でも、それが事実なのだと思います。
守りの強い友人も、流石にその存在には太刀打ち出来ないと言っていました。
だから仲間達と目立たないように動いているのだそう。


今まで誰が(何が)この地球を支配してきたか。
いずれ(数年後)その真相が明かされる日が来ると思います。
その日がとても楽しみです。
みんなで笑い飛ばしましょう。☆

よっぽど後ろの守護が完璧でない限りは、真実を追究&発信するのは危険を伴うと言う事だと思います。
管理人さん、どうぞお気をつけて、と祈らずにいられません。






posted by マメコ at 09:52| 北海道 🌁| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2011年05月31日

気づきの意味

私がこの世のしくみについて考えるようになったきっかけは、ベンジャミン・フルフォード氏の本だったでしょうか?
いや、その前のきっこのブログだったかな?
いやいや、ノリピー事件だったかも?
植草さんの手鏡事件の真相を知った頃だったか?
確か、2009年の夏の事でした。

日本の政治と警察&裏社会のつながり&マスコミ、闇の支配。。。
そして9.11の真相へと繋がっていったのでした。
あの時は正直きつかったです。

ベンジャミン氏の9.11の本には「日本人よ目を覚ませ」と書かれていました。
そして、日本人がこの世界を救うとも書かれていました。
当時は意味が全くわからず、何で日本人?と思ったものです。

その後、不思議なパワーを持つ友人との出会いがあり、日本人の不思議を教えてもらう事となりました。

ベンさんの本をその後数冊読みました。
彼がアチラ側から送り込まれたのかどうかは私にはわかりませんが、それでもきっかけを作ってくれた事には違いありません。
何が真実で何がデタラメの部分なのか。
何事も鵜呑みにせずにいつでも自分なりにサニワする。これが大事だと知りました。日々訓練です。

闇の勢力について今は興味ありません。
それよりも、「目覚める」「覚醒」「気づき」これらの言葉は何を意味するのかずっと考えてきました。

それが知りたくて沢山の本&ブログを読み、友人からも教わってきました。
少しだけわかった事。

魂の学びのために人は何度も生まれ変わっていること。(魂は永遠)
今生、私はこの時代・両親を選んで生まれてきた事。(皆さんもそうでしょう)
肉体は借り物であり、この肉体のおかげでこの世の経験ができる事。
ご先祖様に感謝すること。
生かされていることに感謝すること。
期間限定のこの世の人生を楽しんで生き切ること。
行き過ぎた文明はいつか滅ぶ事。
ムー大陸は実在した事。
シャンバラも存在する事。
お金が何より大事な今の世は間違っている事。
洗脳から目覚める事。
地球は生命体である事。
地球は今悲鳴をあげていること。
地球は自身で浄化を始めている事。(地震・噴火など)
宇宙人は存在する事。
人の想念は宇宙に反射する事。
自然と繋がり、失われていた霊性を取り戻す事。
弥勒の世はあること。
次元の変化が起きる事。
人間は光の存在である事。
暗闇の中にいる人に光を当てる事が出来ると言う事。(例えば私が療養中の母に)
人は皆心に神を宿している事。
日本人が大きなカギを握っていると言う事。

まだまだ他にもあるけれど、私なりの解釈です。(証拠を出せと言われても困ります)
私は気付けたのか、目覚められたか、まだ眠ったままなのか、よくわかりません。

今日の「知っとうや?」さんの記事では、
気づきとは「資本主義を捨て、地球を元の生態系に復活させること」とありました。
3.11以降、創造主?地球?は日本人に気付きの猶予期間を与えてきたそうです。
その猶予期間は今日までなのだそう。もう時間がない。
その気付きの結果次第で、次にまた大きな何かが起こるだろうと。。。
残念な事に、今もまだ洗脳が解けずに何も変わっていない人が多いと管理人さんは危惧しておられました。

変わっていない人と変わった人の違いとは具体的に何だろう?
それは目に見える変化?
はたから見て私は色々考えてるように見えるだろうか?
お隣さんもレジのおばちゃんも、友達だって何も感じていないはず。
そう、外には見せてはいない。家族にだけ見せている。

表には表れていなくても、意識を変える小さな変化は既に始まっていると思います。
当たり前に使っていた電気の有り難さに気付いたり、水の大切さに気付いたり。
また、地震を機に政府や東電・マスコミの発表に対して「何か変だぞ!」と疑問を抱いた人も多いはずです。
流される情報を鵜呑みにせずに自分の頭で考え始めた人たち。
それはきっと今までにはない変化。
見えない変化は小さいながらも起きている。

私は「サラとソロモン」の話に出てくるソロモンの「いつだって万事良好だよ」、この言葉が好きです。

しあわせな結末へ意識を向けつづけて・・・万事は良好だよ。

現実には色々あるけれど、それはそれとして何とかなると思っています。
こんなのん気な事言ってたら、甘いかな。
次のステージに行く気満々だったけれど、「いよいよ変化がやって来る!」そう思えば思うほど弱気になってしまう事があります。
イカンイカン。
私の魂がその域に達していないのなら、今回は出直すしかないでしょう。
以前友人から「魂が幼いね」と言われた40半ばのおばちゃんです。
幼いとやっぱり今回は無理でしょうか。

でも、本音はみんなでワイワイ賑やかに行きたいです。
はじめは見習い研修生でいいです。
「行ってから頑張ります」ではダメでしょうか?






posted by マメコ at 11:06| 北海道 ☁| Comment(8) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

空気が気になります。。。

ドイツやノルウェーの放射性物質飛散予測などを見ると、これは現実か?と目を疑いたくなります。
ドイツ http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/DWD
ノルウェー http://transport.nilu.no/browser/fpv_fuku?fpp=conccol_I-131_;region=Japan

「7.8日の両日は外気に注意しましょう、外出を控えましょう」との呼びかけをネット上で見ました。
ここ北海道も例外ではないと思っています。
でも、息子たちは朝からそれぞれ部活に出かけて行きました。
一人はサッカーの公式戦(応援組)、もう一人はテニス。
午前中いっぱい、外にいる様子。
心配で「休めばー」と言ってはみたものの、子どもにも付き合いや事情があってそうそう休むわけにはいかないものです。
せめてマスクでも・・・、これも無理か。

ならばせめてこれを飲んでお行きなさい、と豆乳にミロと黒糖を溶かしたのを飲ませました。
これはリーマンさんの受け売りです。^^;
悪い成分の分解には、ビタミンやミネラルが必要だそうです。

地震より何より、今はこの見えない何かが気になって仕方ありません。
洗濯物もずっと部屋干しのままです。
ハエが家の中に入ってきたとき、ギョッと思う前に、虫が生きてて良かったーと思いました。
鳥たちのさえずりに、安心したり。


4月20日、「幸福への近道」の松原照子さんのブログで、ある数字が気になって仕方ないという内容の記事がありました。
72.73.74.82

これ何の数だろうと思っていたら、ある人が元素記号じゃなかろうかと言っていました。
なるほど元素記号か。
すいへりーべぼくのふね♪までしか覚えられなかった、懐かしの元素周期表

72 ハフニウム  常にジルコニウムと存在する 高価なので、用途は広くなく高圧放電管の極に使われる
73 タンタル   タンタル石などの鉱石がある 生産量の半分は、電解コンデンサー製造に用いられる
74 タングステン ウォルフラムともいう 電球・真空管のフィラメントに用いられる 融点と沸点が一番高い
82 鉛      車のバッテリーの主成分 軟らかく、加工しやすい、その上耐食性に富むので、用途は広い

やはり私にはチンプンカンプンでした。

そして、今朝の松原さんの夢の話
前回の数字(やはり元素記号)の謎とつながるとても興味深いお話でした。

そして、以前どなたかが放射能を火山灰で中和する事ができるのでは、と発信しておられました。
いよいよ日本が放射能でやられるその時、富士山が噴火してそれを中和するだろうといった内容だったと思います。
まさにそれとリンクするお話。
これが現実に打てる手だったら本当に素晴らしい。

あぁーこの先一体どうなるのだろうと気をもむ毎日ですが、偉大なる自然の力を借りてこの難局をのり超えられたら・・・、とそれこそ夢見る気分です。
希望の光ですね。

地震の被害国ニッポンから、放射能を駄々漏れさせている加害国ニッポン。
最近ではこんな悲しい見方に変わりつつあるそうです。
確かに近隣諸国、いえ世界から見たら、何をやってるんだと歯がゆく苛立たしく思われていても仕方ないですね。
そして外国の方が客観的事実をきちんと知らせているんでしょうね。
危機感も違うのでしょう。

http://www.youtube.com/watch?v=_yO-_iTo-XY&feature=related
参考までに。。。

空気も土も海もこれ以上汚さないように、ここは是非賢い方々にいい知恵を出し合ってもらい、即実行に移していただけたらと切に願います。

そして次は、この放射性物質により体調を崩した方への治療法が見つかるといいですね。
それこそ元素の中に何かないのでしょうか。
中和とか解毒とか。。。

今現在も厳しい環境の中、懸命の作業を続けて下さっている方々の安全をお祈りしています。

今はなるべく放射性物質を浴びないよう、吸わないよう自衛していきましょう。





posted by マメコ at 10:36| 北海道 ☔| Comment(4) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

ずっとウソだった

斉藤和義さんの「ずっと好きだった」の替え歌。
ご本人による「ずっとウソだった」。
相当の覚悟で歌っている。
清志郎とおんなじ。カッコイイ!

※ You tube、やっぱり速攻で消されましたね。。。
  もうバレバレなんだから、消したって意味ないでしょうに。
  またアップされるのを待つとしよう。

  4/9 おっ、再アップされてました。



また消されたら、ここからも聞けます。
http://www.dailymotion.com/video/xi038q_yyyyyyyy_music


「ずっと好きだった」もいい歌です。
http://youtu.be/_W0XmBEFKdg

関連記事はコチラ。
http://npn.co.jp/article/detail/66168793/


元祖 反原発の清志郎 
サマータイムブルース & Love Me Tender -The Timers-
http://youtu.be/aJdMa1VI0do
「早く目を覚ましなっ!」
キヨシローから平和ボケ日本人への最強のメッセージだと思います。

原発事故は報道されている以上にとても深刻なのでしょう。。。

これからも大きな地震は続くと思います。
だから、無防備でいないでキチンと準備しておけばいい。
原発に関する正しい情報を得て、最悪をほんの少し想定して、気を引き締めていましょう。

最後に斉藤和義さんの名曲。
「おつかれさまの国」
http://youtu.be/lrm-ftkTdDc

いつ聞いても、いい歌。。。



posted by マメコ at 09:24| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする