2017年01月22日

かわいい動画

かわいい動画を見ました。





映画「かみさまとのやくそく」そのものの世界観で、ホロっときましたョ。
かわいいイラストと、さださんの優しい歌がバッチリ合っていますね。
今からうん十年前の、まっさらの状態だった私。
自分で両親を選んで、姉と「あっちでまた会おうね」と約束して(弟も?)、
この世界に下りてきたのでした。(どうもそういう事らしい)
この地球に生まれている人、もれなくそうなんですよね。


「 さぁ おもいだそう
  私が地球で
  したかったことを

  喜び
  楽しみ
  愛すること 」



以前不思議な友人から聞いた話では、
私の今世のテーマは、
「家族の愛をとことん味わう事」
なんだそう。

両親・姉弟、
そして、夫・息子たち。
山あり谷あり、
色んな意味で、たっぷり味わっております。

あの頃の自分とのやくそく、
今の私は果たせているのかな〜。






posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

ドキドキ☆

本日の滝沢さんのメルマガを読み、ドキドキが止まりません。
何故って、
不思議な友人のサイ仲間、ハワイ在住の『R』さんの話が出ていたのです。
シークレットゲストとして招かれ、日頃リーディングをされている方を、
更にリーディングしたとか...。
ワォ。

昨年の11月ごろ、タッキーさんがまほろばさんを訪れた時から、
いつか繋がるんだろうなと思っていましたが、
ついに来た来たー、って感じです。(面白がってる)

3年前、不思議な友人から『R』さんのリーディングを受けてみないかと誘って
もらった事がありました。
今までも何度か「R」さんの話を聞いたことがあり、興味を持っていました。
(リーディングが正確で、人柄が良くて、沖縄の○○の○を引くとか、
自分の○○ー○とどこかの○で対面したとか、ムニャムニャ...)

費用は確か、通訳の方を入れて諭吉さん4枚ほどだったと思います。
(友人は、良心的な適正価格だと言っていました)
長男が大学に入学し、次男が塾に通い始めた時期だったので、
私の好奇心のために大枚をはたいてる場合じゃないよねと、
悩んだ挙句、結局諦めました。

今年の夏、鹿児島のKさんの懇親会に参加した時に、面白い事を言われました。
あなたは「○○○ーン」だったの覚えていますか?って。(覚えているわけがない)
その時はただただ呆気にとられ、
お酒を飲みながらワイワイ食事をしている時だったので、
俄かには信じられず(今も)、笑い飛ばしてしまいました。
他の方の手前、あからさまに否定は出来ませんでしたが、
ナイナイ、あるはずがナイと、内心では全力否定。
不思議な友人から聞いていた話と食い違う部分が幾つかあって、
Kさんの話に「?」と感じていたのも事実。
お酒が入っての「ついで」のリーディングは、かなり正確性に欠ける気がするし、
話半分どころか、1/100くらいにしか思えなかったナ。
(もしも当たっていたら、ゴメンナサイ)

リーディングを受けても受けなくても、
一般Pの私の場合、特別何かが変わるわけでもありませんが、
信頼できる『R』さんの話を聞いておけば、きちんとサニワ出来たのかもと
思います。

いずれタッキーさんのところで友人の話が出てくるかも知れません。
私がドキドキしても仕方ないけれど、
これから少しずつ表に出てくるのかな?
安全な状況になりつつあるのかな?
など色々妄想しつつ、
今後の展開を楽しみにしたいと思います。






posted by マメコ at 15:09| 北海道 ☔| 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2015年12月14日

みんなで唄おう♪

いつも楽しみに読ませていただいている、
ピロさんのブログにこんなお知らせがありました。


『同じ時間に同じ歌を唄う企画』

http://pirorinu2015.blog.fc2.com/blog-entry-1026.html


ジョンレノンの『ハッピークリスマス』と、
ご存知 『we are the world』

この二曲を、世界中の人たちと同じ時間に一緒に唄おうという企画だそうです。

今日は予行演習で、22:00 開始。
本番は来週。
21日の 22:00 開始。

2012年の冬至から早3年。
あの頃不思議な友人も、2015年に延びたと言っていましたし、
「うさとの服」のさとううさぶろうさんも同じような事を
おっしゃっているそうで。

良い未来を願う集合意識は、
きっと良い結果を手繰り寄せるものと信じます。

私も参加しよ〜。







posted by マメコ at 10:26| 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2015年11月30日

まほろば

今朝届いた、天下○平さんのメルマガを読み、目がテンになりました。

先週札幌に来られていた滝沢さんが行かれた先は、
たまに利用させていただく、健康食品のお店。
他所では見つからないレアな商品が多く、ヘンプオイルもここで購入しました。
私より主人の方がよく利用しています。
納品先が近いので、配達の帰りに美味しいリンゴや新鮮野菜を買ってきて
くれます。
『うさとの服』の、さとううさぶろうさんもご一緒に行かれたとか。
3年前『うさとの服』を購入したのは、こちらのお店の2階の特設会場でした。

こちらのお店、不思議な友人ともつながりがあると聞いています。
オーナーさんからの紹介で、友人を訪ねてくる人が多いとか。
泰平さん、うさぶろうさんがお店のオーナーさんを訪ねたという事は、
いずれ友人とも繋がるのかしらん?(すでに繋がっているのかナ?)
と、妄想を膨らませつつ読みました。

地下に何かあるというのは聞いたことがあります。
一般Pは地下に入ることは出来ないのでしょうが、また買い物に寄らせて
いただこう。
聖地だったとは...。
今まで全く感じませんでした。^^;
イヤイヤ、びっくりダ。

2015年の冬至の12月22日まで、1ヶ月を切りました。
翌日は、天皇誕生日。
よき日となりますように。










posted by マメコ at 09:48| 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

葦原さんの講演会

先週の土曜日の話になりますが、「黎明」の著者である葦原瑞穂さんのお話を
聞いてきました。

講演までに黎明上下巻を読んでおこうと思っていたものの、
上巻の前半の難しい箇所で足踏み状態に陥り、
結局上巻の1/3くらいしか読めずに当日を迎えることとなりました。
お隣に座っていた方曰く、前半の難しいところは飛ばして良いらしく、
後半からがとても面白いそうです。
あらま、これからじっくり読むとしましょう。

アワ歌、ホツマツタエ、フトマニ。
聞いたことがある程度の認識だった、言霊や文字のお話などを中心に
神話の世界の神々の話やムーやアトランティスの話など興味深い話が
続きました。
特に、アワ歌。
ネガティブな思いを持ったり言葉を発した時、このアワ歌を歌うことで、
天がそれを取り消して下さると言う話は印象的でした。
以前は限られた人しか歌うことを認められていなかったそうですが、
現在はどなたでもOKとの事。

早速家に返ってから、節をつけて、アワ歌を歌ってみました。
毎回違う節になりますが、それもまたよし。

「ア」で始まって、「ワ」で終わるアワ歌。
全部で48音。

アカハナマ イキヒニミウク フヌムエケ
ヘネメオコホノ モトロソヨ
ヲテレセヱツル スユンチリ シヰタラサヤワ

葦原さんが3回アワ歌を歌われた時、私はその間とても暑くなりまして、
その事をお隣の方に話したら、葦原さんのエネルギーが強いからでしょうねと
言われました。
なるほど。
鈍い私が感じるくらいだから、相当なエネルギーだったのでしょう。

そして、
自分自身が幸せ(心が平和)であることが、何よりかにより大事な事で、
家族の幸せに繋がり、
どんどん周りへ広がって行くとおっしゃっていました。

それが、
地域のためになり、
日本のためになり、
世界のためになり、
地球のためになり、
ひいては宇宙全体に影響すると、
全く同じ話を、友人から聞いたことがあります。

結局はこれに尽きるみたいですね。
日々地球上の70億もの人々から発せられる想念の一粒一粒が、
集合意識となって、この世の現実を作り上げていると言う事。
だから、まずは自分の幸せから始めよう。

また、日本語とインドのサンスクリット語、この二つは神様に届く特別な言語
だというお話もありました。
以前不思議な友人も、「日本語は宇宙に鳴り響いている」と言っていました。

講演終了後、黎明にサインをいただき、握手をしていただいて帰ってきました。
葦原さんおすすめの鳥井玲さんの「言霊」なども数冊借りてみました。
日本語を話すありがたさを、改めて噛みしめて読みたいと思います。










posted by マメコ at 16:12| 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

グッド・タイミングな話

以前から読みたいと思っていた本があります。

   

『黎明』上下巻  葦原 瑞穂 著

「人間とは何か」
「世の中で起こっていることの背景には一体どんな意味があるのだろうか」
を主なテーマに、
構想2年、執筆に13年8ヶ月かけ、2001年に世に送り出された本だそう。


あいにく札幌の図書館に扱いがなく、道立図書館にもないので、
この本の事は諦めていました。
昨日、いつも読ませていただいているブログでこの本が紹介されており、
コメント欄に、今まで表に出てこなかった著者が、
昨年から活動をされているという書き込みがありました。

早速ググッてみると、9月に札幌でセミナーが開催されることが判明。
「来た、来たー!」とばかりに、
まだ本も読んでいないのに、セミナーに申し込みました。
後追いで本を注文。
ちょっとお高い本なので、今まで購入を躊躇っていましたが、
やっと読むことが出来ます。

『今まで表に出なかった...』この部分にとても惹かれます。
八ヶ岳在住の方で、葦原さんはペンネームだそう。
「本物」は、表には出てこないもの。
常々そう思ってきたので、(友人からの教え)
いよいよの時が迫りつつあるのかと、鳥肌がたつのでありました。
どんなお話をされるのか、とても楽しみです。
妄想と過度の期待を膨らませるのは、いつもの事で。^^

スピの方々はあまり放射能について言及されませんが、
このへんの話もされるかどうか、じっくり聞いてきたいと思います。

この、グッド・タイミングな展開に、感謝です。






posted by マメコ at 17:48| 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

ムー度満点!

今日は夏至ですね。
一年で一番太陽のエネルギーが強い日。
朝は太陽が出ていましたが、午後からは雨の予報です。
たとえ見えなくても、太陽のエネルギーをいただいて
元気に過ごしたいものです。

たまに見ている動画、「ムー度満点」。
清田さんのこの回↓は、とてもためになる内容でした。
『眉唾〜』と思われる方も多いと思いますが、
常識に縛られる事なく、是非ご覧下さいませ〜。




直通の方の話は、とにかく面白い。
動画は誤魔化しがききませんからねー。^^

私は清田さんの動画を見てちょっとビックリしたんです。
この清田さん、不思議な友人にどことなく似てらっしゃる。
友人は女性ですが、雰囲気や、話す内容、
韻を踏んだり、言葉遊びのように話す感じもよく似てます。
テレポーテーションしたりとかの経験も...。
友人と同じような事を言う人がいるんだ、
同じような体験をしている人がいるんだ、と何故か嬉しくなって、
親しみを感じながら見ていました。

暦の話、呼吸の話がとても参考になりました。
明治維新で日本が失ったもの。
それは、和暦だそうで。
そうでしたね。
明治5年に、日本は西洋のグレゴリオ暦を採用するようになったのでした。
西暦は日本の実際の暦とずれがあります。

当時日本が遣っていた和暦(大陰暦)は、月の満ち欠けの周期を基にした暦法。
ついたち(1日)は新月で月が見えず、15日頃が満月。
それが突然来月からグレゴリオ暦になりますと言われ、
ついたちに見えないはずの月が出ていたり、15日に満月じゃなかったり、
当時の人々はさぞ戸惑っただろうと思います。
太陽と月と地球の、この3者の関係は切っても切り離せないはずなのに、
こうしてバラバラになってしまったのですね。

この中で、
「日本人はこれから、西暦と和暦とバイリン暦でやっていきましょう」
と清田さんがおしゃっていますが、とても納得しました。
という事で、早速右のメニューに月相&和暦のパーツを貼り付けてみました。
バイリン暦を目指して、和暦を意識してみようと思います。

呼吸の話は、先日読んだ政木さんの本に書かれていた
呼吸と脳波(α波、θ波)の関係の話とリンクしています。
過去記事
やはり、そういう事なんだな、と改めてガッテン。

和暦を意識する事
息を整える事、実践してみましょ。







posted by マメコ at 10:10| 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

素敵な映画

ハートの贈りものさん情報で、映画「美しき緑の星」を、ネットで見ました。
やっと見れたーって感じです。

https://vimeo.com/126904846(日本語字幕つき)

異星人(人間)の視点で描かれた、地球の話です。

1996年のフランス映画なのですが、事実上の発禁状態になっており、
ネット上に上がっても、何度も削除され続けてきた幻の映画。

進化した星から、地球の様子を見にやってきた彼ら。
耳鳴り、水を介して交信、切断(リセット?)...。

この映画を削除し続ける理由が、正直私にはよくわかりません。
何を今更...。
どこがそんなに不都合なのだろう。

興味のある方は急いで見てくださいね。


5/8追記

『美しき緑の星』削除されてしまったようです。

この映画の内容が、本当の事だとわざわざ言っているようなものですね。
放っておけばいいのに。
ご苦労様です...。


おっ、再アップされてますね。

https://vimeo.com/127164322

また消されても、
vimeoサイト内で「美しき緑の星」で検索してみて下さいね。




posted by マメコ at 18:21| 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2015年01月31日

シフトの扉

いつも読ませていただいているピロさんのブログ。
夢のお話というか、あちらの世界で見てきた話。
とても興味深いです。

先日の記事、本当そうだよねーと思いました。
http://pirorinu2015.blog.fc2.com/blog-entry-892.html

一部転載

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
シフトをするには、
戦争の状況を
決して他人事にしない。

きちんと把握した上で真実を見極め、
戦争が起こらない、
沈静化する、
最小限になる・・・
世界を選択することが、
もうできる
というところに気付くと
できるのだそうです。

....中略

「いいところだけみていればいい」とこの時期、発言するのは、
ディセンションへ誘導する役割の人の発言か、
もしくは金や欲にまみれて
接続先のおかしくなってる人の発言なのかと思います。

陰陽の「陰」を見定めた上で
シフトしてゆかなければいけない

それが大事なことかと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ピロさんがおっしゃるように、
陰の部分(重たい現実)をよく理解して受け止めて、乗り越えていくことが
必要なんだと思います。

映画インセプションを思い出しました。過去記事はこちら
夢の中の階層と言う形で描かれた映画ですが、
どちらの世界に自分の意識を留まらせるのか、
それによって自分の住む世界を選択できるというストーリーだと思います。

戦争に限らず、
身近なところから、その陰の部分に気付く事も出来ますね。
例えばワクチン。
3.11以降、気付き始めた人は多いと思いますが、
趣味系ブログにおじゃますると、未だにインフルのワクチンをお子さんに打っている人が
多くて、オヨヨとなります。
1日も早く真実に目を向けて、嘘を見抜くんだ!

第三次世界大戦なんてまっぴらごめん、そう思う人たちが集う世界。
(今の世の中は歪んでいて、もっと穏やかな世界に暮らしたいと願う人たち)
お金儲けが何より好きで、競争や戦争がしたくてたまらない人たちが集う世界。
(このままでいいやと思っている人たちは、こっちを選ぶのかナ?)

いずれ分かれていくんでしょうね。(不思議な友人も言っていました)
そういう選択を私たちが出来る時期に入ってきた、
私たちは決して無力ではない、
今回のピロさんの記事から勇気を貰いました。

扉作りの練習してみよう。^^
ポイントは丹田ね。

もうすぐ節分です。





posted by マメコ at 10:26| 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

保江さんの楽しい動画と、出雲の本

今日は朝から気持ちのいいお天気です。
昨日は台風19号の影響で寒気が流れ込み、11月並の寒さに震え上がりました。
堪らず、暖房を入れてしまった...。

保江邦夫さんの動画がまたまたアップされています。
前回同様、とても楽しいお話です。


『神様につながった電話』 出版記念講演会 前編

今回は、出雲と淡路島の旅のお話がメインです。
保江さんの周りに起きる事は、いつもグッドタイミングで繋がっていて、
いつだって結果オーライ。
こんな事ってあるんだ、の連続です。
この感じ、瀬織津姫のヤンズさんの本を読んだ時も、同じ印象を持ちました。
面白いです。

私は出雲には行った事がありません。
出雲どころか、西日本には過去3回しか行った事がないと気付きました。
中学... 奈良&京都(修学旅行)
高校... 広島&岡山(修学旅行)
20代... 福岡&大分(研修)
あらま。
個人の旅行で、行った事がなかった〜。^^
東日本&北日本人間です。

西日本で、行ってみたい所は沢山あります。
鳴門の渦を見に行きたいし、
仙酔島にも泊まってみたいし、
鳥取砂丘の砂のアートも見てみたいし、
本場の讃岐うどんを食べてみたいし、
四万十川にも行ってみたい。

元来パワースポットと言われる所に興味がなくて、神社仏閣などにも足が向かず、
行きたいと思うことも、呼ばれる事も全くなく、
今日まで生きてきましたが、(大げさ)
この動画を見ていたら、お話に出てくる出雲の本(ガイドブック)を無性に読んでみたく
なったのでした。


あたらしい出雲旅行

特に行く予定もないんですけどね。
先日、楽しみにしていたソーイングの新刊を書店に見に行ったら、
ピンとくる作品が載ってなくて、買わずに帰ってきたその後、
動画でこのガイドブックを知りまして、
たまたまソーイング本とピッタリ同じ金額だったので、
このお金はこの本に使ったほうが良いのかナ?
そう思ってポチった次第です。(こじつけ)

さてこの本、まず何と言ってもこの紙質が好みです。
写真もクッキリ&ハッキリではなく、趣があって素敵。
本の大きさも旅のお共に丁度いいですね。
私にはやや字が小さ目に感じますが、頑張って読みたいと思います。

P1140866(1).JPG

眺める楽しさと、

P1140865(1).JPG

読む楽しさが、たっぷり詰まっています。

じっくり読み込んだら、出雲に出かけたくなりそう。




posted by マメコ at 11:21| 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

歩ちゃん語録

皆様、ごきげんよう。

今朝の『花子とアン』の歩ちゃんのセリフにビックリ仰天した方、
さぞかし多かった事でしょう。

歩ちゃん

「僕が雲の上からおかあちゃまを見つけたんだよ。」

「おかあちゃまは英語の御本を読んだり
紙にお話を書いたり、忙しそうだったよ・・・。」

「でも楽しそうだった。
だから神様に頼んだの。
僕はあの女の人の所へいきたいですって。」



てっ・・・・・・・・。」


これは所謂、
『かみさまとのやくそく』の池川明先生の著書、


「雲の上でママをみていたときのこと」の
内容そのものではございませんこと?

朝から度肝を抜かれてしまいました。
歩ちゃん、お見事!^^








posted by マメコ at 17:40| 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2014年02月28日

『かみさまとのやくそく 〜胎内記憶を語る子どもたち〜』

ドキュメンタリー映画
『かみさまとのやくそく 〜胎内記憶を語る子どもたち〜』が、
全国で自主上映されるようです。
公式サイトはコチラ http://norio-ogikubo.info/

この映画に出てくる産婦人科医、池川 明先生の本、


雲の上でママをみていたときのこと。を以前読みました。

胎内記憶を持ったまま産まれて来る子たちの、興味深いお話です。
雲の上から、どのママにしようかなと見ていた事。
自分で選んで下りて行った子や、神さまに決めてもらったと話す子。
とても神秘的で、感動的でした。
過去記事はコチラ

産道を通って産まれ出るとき、人は前世や過去の記憶を一旦消去して生まれる、と
聞いた事がありますが、中には記憶を持ち続ける子もいるんですね。
彼らが話す、自分が生まれてきた理由は、
「人の役にたつため」なのだそうです。
小さな子供達がそう話すんですよ。
私、誰かの役にたっているだろうか....?
ちょっと恥かしくなりました。

以前不思議な友人に、
アナタはご両親を選んで生まれてきているし、
子ども達は魂の幼いアナタを助けるため、アナタを選んで生まれて来てくれたんだよー、
そう言われました。
私だけじゃありません。
みんなそうやって、自分で親を選んで生まれて来ているのだとか...。
それをすっかり忘れているから、その頃の気持ちを思い出せずにいるから、
世の中おかしな事になっているのでしょうね。

不思議な友人は、前世の記憶も胎児の記憶もあるそうです。
すなわち、生まれてきた使命もわかっている。
きっと神様との約束を守っているんだろうな〜。
私は一体どんな約束をしてきたんだろう。
少しでも実行できているのかなぁ?


この坊やの話も、とってもかわいいです。





あいにく札幌ではまだ上映予定がありませんが、ぜひ観てみたいです。
これから出産予定のご夫婦にも、おすすめの映画だと思います。

追記(3.15)
札幌でも、4/5と6/26に上映会が行われるそうです。
情報ありがとうございました。
詳細はこちらをご覧下さい。






posted by マメコ at 10:52| Comment(6) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

新星地球への宇宙ライン

16日の夜に札幌で行われた、
人気ブログ「天下泰平」の滝沢さんと、村松祐羽さんの講演会に出かけてきました。

滝沢さんの講演会は2度目ですが、村松さんのお話を伺うのは初めてです。
滝沢さんは、インディコやクリスタルチルドレンについてお話されました。

太平洋戦争で、日本に原爆が投下された後、宇宙の人々の間で議論が交されたそうです。
これ以上の地球破壊は見過ごせない、しかし地球への介入は許されていない。
そこで、宇宙人の魂を持つ人たちが、地球の中から変えて行く役割を持って、
地球人として生まれることを志願してやって来たと。
それがインディコチルドレン。

1950年代から1960年代が第一陣。
改革精神を持った人々。
どうやら村松さんは、切り込み隊長らしいです...。

1970年代から1980年代が第二陣。
そこにいるだけで存在そのものが周りに良い変化をもたらす、
そんな人々。

1990年代が第三陣。
詳細を失念...。

そして今、クリスタルチルドレンと呼ばれる子供たちが生まれてきているそうです。
私達のDNAは2重螺旋と言われていますが、彼らのDNAは3重螺旋だそう。
何も教えなくても、すでにわかっている子どもたち。
進化した肉体と精神を持ち合わせた、希望の新人類。

不思議な友人のところにも、このクリスタルのお子さん達が多く訊ねてきていると
聞いたことがあります。
元々12本あった人間のDNAは、アトランティスの時代にある宇宙勢力によって
2本に減らされた、友人はそう言っていました。

村松さんは余市でコンドミニアムを経営されています。
http://emer140.jp/
オーラの測定もしていただけるそうです。
30年も前から不思議な体験をしてこられたそうですが、
その内容には殆ど触れませんでした。
ここを楽しみにしていたので、少し残念。
ご自身の体験を周囲に(親ごさんにも)信じてもらえなかったというお話は、
まさに不思議な友人と同じでした。

冒頭の、
「UFOを見た人、夢で見ている人、
母星の人々があなたを見守っていますよ、というメッセージですよ」
このくだりで、どっと涙が溢れてきて、この反応には自分でも驚いてしまいました。

私達のいる銀河系が、アルシオーネ(プレアデスの太陽)に近づいているという
お話を元に、これから起きるかもしれない話をされました。

それに伴い、暗黒の4日間(3日間)がやってくる話も出てきました。
この暗黒の3日間の話は、2年前不思議な友人に聞いたところ、あっさり否定されましたので、
正直どうなんだろう?と思っています。
このへんは話半分ってことで...。^^

次元が分かれていくことによって、今まで通りの地球に残る人と、
新しい地球へと移動する人とに分かれていく話も出ました。
宇宙船で引き上げられるという、「宇宙船天空に満つる日」のような展開ではなく、
磁石のようなもので吸い寄せられるような感じ、そんな面白い表現でした。
その星の周波数に合った人が、吸い寄せられて行くと言うことでしょうか。
これに関しては、友人も「分かれていく」と言っていました。
所謂『パラレル・ワールド』ですね。
この話の時、彼女にこうも言われました。

「残念だけど、今のままのお母さんでは新しいほうへは行かれないよ。」

心を閉ざし、真っ暗闇の中にいた鬱状態の母。
この話にはとても驚きましたが、私は悲しいというより、
それも個人の問題だから仕方ないんだな、と割り切って聞いていました。

良くなるように色々と手を尽くしましたが、後は本人次第なのです。
自分の生き方を振り返って、自分の中でちゃんと決着をつけて、
そして自分の意識を変えていくしかないのだと思いました。
そこから逃げているから、いっこうに良くならない。
母を見ていると、本当にそう思えます。

自分を取り巻く現象は自分が作り上げているんだな、とつくづく思うのです。
いい気分も嫌な気分も、周りから与えられているのではなく
自分の意識が作り出している、という事にに気づくまで、
心底そう思えるまで、随分時間がかかりました。

最後の質問コーナーで、誰々さんの本やチャネリングの話は本当ですか?
というような質問が幾つか出ていました。
これだけ情報が溢れていたら、誰が本物なのか、誰が本当の事を言っているのか、
信じたい気持ちと、騙されたくないという気持ちとで、疑心暗鬼になっていくものですよね。
その気持ち、よーくわかります。
滝沢さんは一言、「僕は信じていません」とハッキリ答えられました。
村松さんは「あなたの信じたい事を信じたらいいのでは?」と...。

私は何といっても、宇宙のしくみ、宇宙の法則について興味があります。
この広大な宇宙は、みな回転しながら、動き続けていますね。
規則的に秩序を保って、グルグル回っています。

地球は宇宙の中でどんな存在で、そこに暮らす人間は何の目的で作られたのだろう?
人間は、どんな存在によってDNAを操作され、長い間何を失ってきたのだろう?
そしてこれから宇宙で起きる変化は、地球にどんな影響を与えるのだろう?
月の役割は?
銀河系の外はどうなっているのだろう?
そして、私はどこから来てどこへ帰るのだろう?
どれもそう簡単には答えが見つからない話ですね。
いつか信頼できる方の退行催眠を、受けてみたいと思っています。

不思議な友人には海外にサイキック仲間がいるそうなのですが、
「N(友人)は我々の誰とも違う、云々」といつも言われると言っていました。
「宇宙種族」...、彼女の口からこんな言葉を聞いた事があります。
人は皆違って当たり前ですけど、
お仲間たちと出身の星が違うのか、使命が違うのか、能力が違うのか。
凡人の私の想像を遥かに超えた、ぶっ飛び話になりそうなので(眠れなくなりそう)、
それ以上たずねた事はありません。

彼女は「ワケ」あって、この地球へ来ているようです。お仲間たちも同様に。
それは、地球(地球人)の進化を促す「何か」の為なんだろうなと思っています。
だから、見つからないよう、妨害されないよう、目立たぬように密かに活動している
ようなのです。
実に鳥肌もの...。
SF映画のような内容ですが、実話です。

昨年から不思議な友人が伝えてくれていることに、
「想像もできないような、素晴らしいエネルギーがやってくる」
というものがあります。
今年の3月に会った時に、それはもうやって来ているのか訊ねたところ、
「私はすでに感じているよ」と言っていました。
彼女が感じているそのエネルギーは、どこから来ている物なのかな?

彼女の言う「素晴らしいエネルギー」が私達に降り注いだ時、何が起きるのでしょう。
彼女が3月の時点で感じていたエネルギーを、一般の私達が感知できるようになるのは、
そう先の話ではないように思います。
すでに感じていらっしゃる方もいるかも知れませんね。
また、10月には「10月11日から新たな扉が開いて、新たな次元に向います」という
内容のメッセージをくれました。
「現在一見問題や不安があるように思える事も、良い方向に向います」とも。

進化した子どもたちが存在していて、彼女も変化の兆しを伝えてきている今、
何かが起きそうな予感がするのは、もはや必然。
みんな思い出せないでいるけれど、魂は知っているのかも知れませんね。

22日は冬至です。
この日を境に、日の出ている時間が長くなりますね。
クリスマスは、元は冬至のお祝いだったという説もあります。
太陽の誕生を祝う日。
今日の札幌はとても良いお天気で、太陽がまぶしいくらいです。
毎年冬至を迎えると、何故かほっとします。
陰極まって、これからは陽に向う、そんな開放感を感じるからかも知れません。









posted by マメコ at 12:56| Comment(4) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

楽しみな講演会

札幌は12月に入ってから殆ど雪が降っておらず、穏やかな毎日です。
ありがたや〜。

年末に向けて、少しずつ掃除&片づけを始めました。
掃除は大の苦手ですが、やったらやっただけ気分もすっきりします。

来週の15日.16日の二日間、札幌で面白そうな講演会があります。
天下泰平さんのところで随分前から告知されていましたが、すっかり忘れていました。
16日のほうの「新星地球への宇宙ライン」に申し込みました。
ふー、間に合って良かった...。

詳しくは天下泰平さんで。
http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51875822.html

村松祐羽さんのお名前は、以前どこかで聞いて以来興味がありましたので、
今回お話を聞けるのが楽しみです。
どんな宇宙の話が飛び出すのでしょうか?
不思議な友人から聞いてきた話と、リンクする部分がありそうな予感もしています。
今年最後の講演会、楽しんできます。





posted by マメコ at 11:45| Comment(2) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

天秤座の新月とこれから

明日10月5日は、新月です。

先ほど不思議な友人から届いたメールに、とても嬉しい事が書かれていましたので、
一部ご紹介させていただきます。

先月に続き、今月も特別な月の動きとなります。
10月2日、伊勢神宮内宮の遷宮式典。(「遷御」の儀)
5日は外宮の遷宮式典、そして新月です。
10月10日、(+)カミの月の(+)カミの日から、
意識は左から右寄りとなります。(脳)
心臓は左より。
「良心」は右寄りとなります。
10月11日から新たな扉が開いて/新たな次元に向います。
現在、一見問題、不安があるように思える事も、よい方向に向います。

転載ここまで。

カミの月のカミの日。
関連過去記事はコチラ。
友人曰く、毎月11日は窓が開く日だそうです。

彼女はずっと一貫して「どんどん良くなって行くよー」と
伝え続けてくれました。
だからいつでも、「大丈夫」そう思ってこれたのです。
今回のメッセージは特に具体的で、いつもと違う印象を受けました。
確か2011年の年末、次元の変化について訊ねた時は、
「もうしばらくは、この次元で体験して学ぶことがあるんだよ」との返事が
返ってきましたので、まだまだ先のことなんだ、と少々がっかりしたものでした。
なので、今回のこの知らせには、正直ちょっと驚いています。

新しい次元とは一体どんなものなのか、私には想像もつきません。
一気に何かが変わるのか、それとも少しずつ変わっていくのかもわかりませんが、
でも、これから私達が体験するであろう変化は、
みんながずっと待っていた、素敵な事なのだと思います。
楽しみですね。

新月を機に、また新たに目標を立てようと思います。






posted by マメコ at 20:41| 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

9月のイベント

残暑お見舞い申し上げます。

毎日暑い日が続きますね。
くれぐれも、お体ご自愛下さいませ。

札幌で素敵な講演会があるので、取り急ぎお知らせです。
9月中旬、札幌で映画『シリウス』の上映会がありますが、
9月には、もう一つ嬉しいイベントがあります。

人気ブログ「天下泰平」のタッキーさんが、9/8に札幌で講演会をされます。
http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51867750.html
ひょっとすると、「うさとの服」のさとううさぶろうさんもお見えになるかも、ということで、
早速申し込みました。

席数、残りわずかとなってきているようです。
『天下泰平』ブログのファンの方は、お見逃しなく。。。

天下泰平さんで、ヘンプの中山さんを知りました。
「わの舞」もそうです。

私にとって響く話題が多く、いつも興味深く読ませていただいています。
不思議な友人から日本の不思議を教わるようになった時、
一番初めに聞いたのが、「伯家神道」の話でした。
私がおじゃましているブログで「伯家神道」に触れていたのは、天下泰平さんだけでした。

不思議な友人の話とリンクしている部分も多いです。
一時期不穏な予言について書かれていた時は、「???」でしたが、
最近の記事はとても面白いです。
宇宙人っぽいところにも興味津々。 ^^;
うさぶろうさんもいらっしゃると、嬉しいナ。
是非!、ぜひ!

うさとの服  http://motokononikki.seesaa.net/article/297521062.html
うさと展   http://motokononikki.seesaa.net/article/301047267.html

9月は爽やかで、1年の中で一番好きな月です。
誕生月でもあり、また一つ年をとるけれど、
楽しみ盛りだくさんの、素敵な9月になりそうです。




posted by マメコ at 18:29| 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2013年08月02日

映画『シリウス』上映会

ディスクロージャー映画 『シリウス』 をご存知でしょうか?

untitled.bmpsiriusu.bmp




スティブン•グリア博士による、新しいドキュメンタリ-ー映 画です。
長い間、世界中の人々に隠ぺいされてきたUFO/宇宙人問題の真実を明らかに-し、
地球 レベルの様々な時事問題と宇宙との深い関係性を明らかにしています。


今年の春以降、全国で上映会が行われてきました。
9月13日、いよいよ札幌でも上映会が行われます。
ネット配信もされていましたが、日本語訳がいまひとつだったそうで、
この上映会を心待ちにしていました。

私は何度かUFOを見ています。
初めての時は、頭上にいきなり巨大なのが現れて、腰を抜かしそうになるほど
驚きました。
さらわれちゃ大変と、慌てて隠れました。^^;
この出来事は、不思議な友人公認です。(夢や幻ではなかったみたいです)

最近は少なくなりましたが、
一時期、UFOの夢を頻繁に見ていました。
昼寝中でさえも。^^
なんでだろう?

今も尚、UFOや宇宙人を信じない人が多いのは残念なことです。
まずは、かたくななその思考を止めて、星空を眺めてみてはいかがでしょう。
宇宙には、あれだけ沢山の星があるのです。
「地球にしか、生物は存在しない」
と考えるのは、もはやナンセンス。
太陽系の星にも、月にもいるそうですヨ。
火星にはすでに地球から人が行っているし、
この地球上でも、宇宙人が地球人に紛れて普通に生活しているとか。(不思議な友人談)

元CIA職員スノーデン氏が、地底人について語ったそうですね。
以前不思議な友人から、北極と南極には地球内部へ通じる穴が開いていると、
聞いた事があります。
地球の中心部は空洞になっており、地底都市『シャンバラ』は実在するとも。
私たちはいかに間違った一般常識を、植えつけられてきたことか。
こういった事実を、隠したい勢力がいるって事ですよね。

これからもっともっと、隠されていた話が表に出てくるのでしょう。
楽しみです。

『シリウス』は、DVDを購入するより上映会のほうがリーズナブルなので、
申し込みました。
当日はグレゴリー・サリバン氏もいらっしゃるそうです。
どんな方なのか興味深々。
先日のピプノのお話会でずっこけたばかりですが、
めげずに行って来ます。

自分のこの目で見て、感じて、確かめるのが一番。
なので空振りでも肩すかしでも、気にしない、キニシナイ。^^
過度な期待をせずに見てこようと思います。

詳細は、コチラ JECTI





posted by マメコ at 09:28| Comment(4) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

お話し会 ズッコケたの巻

昨晩、ピプノのお話し会に参加して来ました。

主催者の方と奥様、そして参加者5名の計7名、こじんまりとした会でした。
前半は今までのピプノで伝えられてきた内容など。
中盤は参加者それぞれの悩みなどにアドバイス。
後半はグループピプノ。
インナーチャイルドを癒すための退行、
光の存在からメッセージを受け取るという内容でした。(この時点で半信半疑)

いつもブログを楽しみに読ませていただいていたのですが、
第一印象、
「なんか違うなぁ」。。。

話が始まってみても
「なんか違う」。。。

何だろうこの違和感。
ずっとそう感じながら聞いていました。
内容はごくごく普通で、当たり障りがないというか、語りつくされていると言うか。
いくつか質問してみましたが、失礼ながらピンときませんでした。

奥様がチャネリングができる方だそうで、
参加者についている存在を教えてくださいました。

「●●さん(私)には、龍神様がついていますよ」と言われました。
「えっ???」

お調子者でつい話しを合わせてしまったけれど、もちろん信じていません。
龍神雲を頻繁に見はしますが、それとこれを繋げて考えた事などありませんし。

おまけに、「そのままでいい」と言ってますよ、と伝えられました。
「ヘっ???」

今もクリアすべきことがドーンと残っていて、
このままでいいわけなど、決してないんだけどなー。

本当に龍神様なら、「喝〜!」と、厳しいお叱りを受けるはずで、
それくらいの自覚はあります。

他の方はエジプトの女神やマリア様など、それはそれは豪華でした。^^
リップサービスのようなこの見立て、皆さんは信じたのかしらん?

後半のグループセッションでも
へそ曲がりの私は、何にも繋がれません。(当たり前か)
イメージしてみようと試みるのですが、すっかりしらけてしまって。。。
ゴメンナサイ。^^;

私以外の4名全員、
子どもの頃の自分からのメッセージを聞いたとか、
誰それから(光の存在)メッセージを受け取ったとか
おっしゃいます。

「えぇー、本当ですか???」  (と、しつこく疑う)
そんな数分でお手軽に繋がるものなの??? (信じられん)

ちなみに4名中3名は、主催者のピプノを以前受けた事があるそうです。
つまりは、リピーターさんでした。
こういったものはご本人が満足すればいい話なので、
外野がとやかく言うことではないですけどね。
「???」マークでいっぱいの私は、場違いだったようです。

不思議な友人から伝わってくるような、
独特な波動は感じられないまま、
2時間半のお話し会は終わりました。

ブログは、話半分、物語を読んでいるつもり、くらいが丁度良いかな。
いや、もう読む事もないか。
恐らく彼は、凄く文才があるんでしょう。

友人に話したら、笑われそうです。
自分のことをもっと知りたいと、欲をかいた自分が「アホ」でした。
アハハ。。。^^;





posted by マメコ at 09:48| 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

7月のお楽しみ

あっという間に今年も半分が過ぎました。
北の大地も、蒸し暑い日が続いています。

明日は七夕ですね。
七夕は正式には『棚機』と書くそうです。
7月7日の夕方、7月15日(旧暦)のお盆に向けて、機織(はたおり)でこしらえた着物を、
棚に置いて準備したことから『棚機』と書くのだという説を読みました。
へぇー、なるほど。メモメモ

織姫様は機織が上手だったのですよね。
七夕は、織姫様と彦星様が、1年に一度会う事を許された日とされています。
彦星様は、牽牛アルタイルで、織姫様は、ベガです。

アルタイル・ベガといえば、夏の大3角形の2星ですね。

untitled.bmp daisankakukei.bmp
wikipediaより。

夏の大3角形はこの時期夜昇ってくるそうなので、ちょっと見つけにくいようです。
(8月になったらよく見えます。)

あるブログで、織姫様は瀬織津姫様ではないか、と書かれていました。
以前より、瀬織津姫様はこの母なる地球の意識=ガイアだとおっしゃっていて、
私はこのへんの事は疎いので、へぇー、となるばかりなのですが
とっても興味深いお話でした。

今月末、いつも読ませていただいているブログ(ピプノセラピー)の方が主催される
札幌でのお話会に、参加させていただくことになりました。
5月に、不思議な友人のお仲間による個人セッションの機会を逃してから、
「やっぱり受ければよかった。。。」と後ろ髪を引かれていましたので、
今回は即決でした。
ただ、面識のない方による個人セッションは、私としては少し不安があるので、
お話会のほうに申し込みました。

不特定多数へ向けた講演会とは違い、少人数(10名)での会なので、
個人的な話にも少し触れるようです。
今まで不思議な友人から聞いてきた内容と合致するのかどうか、この点も興味津々です。

明日の夜は晴れるといいですね。






posted by マメコ at 12:04| 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

富士山と彼女

数年前から富士山の異変について、あちこちで語られています。
最近では滝沢林道の地割れがニュースになっていましたね。
富士山が膨張しているとも。

日本の象徴でもある富士山。
ただ美しいだけではなく、地球の大事な要の役割も持っているだろう富士山。
今は生で富士山を見られなくなったので、ブログの右側に『絶景君』パーツを貼り付けて、
毎日そのお姿を眺めさせていただいています。
今日もきれいです。

以前から何度かお伝えしていますが、
不思議な友人の話では、
地球には陰と陽の地球が存在するとのことです。
これは物質的に存在するそうです。

壊滅的な大地震や、富士山の噴火、ネガティブな映像を見せられている人たちは、
陰の地球と繋がっているのだと彼女は言います。
予知夢を見たという人も沢山いるようですね。
本を出したり講演会をするような有名な方でさえも、実は陰の地球の話を
しているのではないか、そう感じる事があります。
その話が真実との前提で、発信しているブロガーさんもとても多いですね。
なんか違うような気がする、
最近そう感じる事が多くなってきました。

富士山噴火が起きるか、起きないか。

起きたとしたら、それはそうまでしなければ気づかない、日本人への警鐘。
新しい時代への立替に必要な、崩壊の段階に入ったということでしょう。
3.11後も何も変わろうとしない、日本の大人たちの連帯責任ですね。

逆に起きないのなら、
そんな荒療治は必要ないのだから、自らの手で立て替えよという、
ずっと待ち続けて下さる寛大なる想いが、そこにあるのでしょう。

騒ぎ立てて心配したって仕方ない。
その時がきたら、なるようにしかならない。
自分が生き残ることを考えるより、
お互い助け合って、共に乗り越えていけるような、そんな人間へと成長したいものです。
「覚醒」とは、
『目の前の困っている人に手を差し伸べられるかどうか、
そういうことだと思うよ』と彼女は話してくれました。
「我よし」な考え方を、一日も早く改めないとね。
だから、怖い怖いで終わらせず、その意味を考え、今の想いを改めるほうが、
健全で前向きに思えます。

私が不思議な友人の話を信じるのには、いくつか理由があります。
彼女は本を出したり、不特定多数の人に向けての講演会はしていませんが、
知る人ぞ知る、そんな能力の持ち主だと思っています。
(初めはここまで凄い人だとは知りませんでした。)

前世の記憶を持ち、今世の胎児の頃の記憶も持ち、
そして、地球の記憶も持っているという彼女。

地方に出かけて行って、その土地の人々の体を癒す活動もしています。
海外にも往診に出かけます。
海外のサイキックと情報交換をしながら、目立たぬよう動いています。
お忍びで芸能人も訪ねてくるし、政治家さんもやって来る。
何千億もの巨大プロジェクトの相談を受けたり、
企業の入社面接に立ち会って、助言をしたりもしています。
千と千尋に出てくるような、もののけも見えているとか。
実に様々なものが見えているそうです。
私が聞いたのはこれくらいですが、他にも色々ありそう。

何より驚いたのは、そんな彼女のような不思議な存在や能力を認めている人が、
企業のトップや政界にもいると言う事でした。

そんな彼女の口グセは
『自分達のような存在は、決して目立ってはいけない。』
けれど、どこから噂を聞くのか次々と「会いたい、見て(診て)欲しい」と
人が訪ねてくる。
そんな生活を送っています。

彼女は何も心配していません。
むしろ何か楽しみな事が起きる事を、ほのめかします。
それが具体的に何を指すのかまでは話してくれませんでしたので、
正直なところ私にもよくわからないのですが、
その変化は私の元にも来るもの(もちろん皆さんにも)、と信じて待っているところです。

日頃の想念がとても大事。
今現在は、想いが現実化する時期に入ってきた、そうも言っていました。
だから、「毎日を、息・活き・生きてね」そうアドバイスしてくれました。

彼女は人のお役に立ちながら、私から見たら特異なその人生を、
今とても楽しんで生きているように見えます。
見えること、わかってしまうことで辛い事も沢山あったと聞きました。
そんな色々を、沢山乗り越えてきたのでしょう。
精神力が強くなければ、とても務まらないことでしょう。
いつだって明るくて、懐が大きく、前向きで、面白い人です。

前回会った時、船に関する巨大プロジェクトの話を聞かせてくれました。
大災害が待っているなら、そんなプロジェクトの助言などしていないはずだと思いました。
全く違うプロジェクトに参加しているはず。
とても楽しそうに、「これからどんどん良くなっていくよー」、そんな風に言っていました。
今、日本の周りに沢山の船が来ているとも言っていました。
追記:もしかしたら、宇宙の船なのかも...!

そんな彼女を見ていたら、きっと大丈夫なんだろうな、そう感じたのです。
だから私も心配しない事にしました。

昨日、彼女は引越しをしました。
今まで近くに住んでいたのですが、少しだけ遠くに行きました。
でも、会いたい時は会える距離です。

彼女と知り合って7年。
カミングアウトしてくれて、不思議話を聞かせてくれるようになって、4年。
沢山のことを教わりました。
沢山アドバイスをしてくれました。
弱っていた私にパワーをくれました。
感謝しても感謝しきれないくらいです。
今まで近くにいてくれて、どんなに心強かったことか。

近所のスーパーでばったり会って、
レジ待ちの間に不思議話で盛り上がる、そんな最高に面白い事が出来なくなるのは
寂しいけれど、
新しい場所で多くの人を励ましながら、
彼女のやり方で、様々なヒントを授けていくのだろうと思います。

私の人生の中で、彼女との出会いは、最高のプレゼントだったと思っています。
我が家の息子たちは、幼い魂の私を助けるために、私たちの元に生まれてきてくれた、と
彼女から聞きました。
実は、彼女に会わせてくれたのは、息子たちなのでした。
間違いない、今はそう確信しています。
そして、カミングアウトしてくれたのは、母の病気がきっかけでした。
これもたまたまなんかじゃないのでしょう。

沢山のお膳立てがあって、私が彼女から色々教わる事ができたのだとしたら、
この出来事を決して無駄にしてはいけないね。
人の役に立てるよう、私の人生に役立てるよう、諸問題を解決できるよう、
「よく乗り越えたね」
いつか彼女にそう言ってもらえるよう、頑張ろうと思います。

Nさん、今まで本当にありがとう。
離れていても、きっとあなたには見えているものね。

また、会いましょう。










posted by マメコ at 11:33| 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

ナニナニ?テレパシー?

不思議な友人に、
「アナタは、本来敏感なはずなんだけどねぇ。。。」
と言われたことがあります。(汗)

今現在の私は、かなりの鈍チンです。
今までの生き方の中で、すっかり垢にまみれてしまい、
余計なものが沢山ついているのでしょうね。
重たい出来事が色々あったし。
軽くなりたい、ピコピコ体質になりたいと願うものの、思いと行動がかみ合わず、
今も鈍感な日々を過ごしています。(何とかせにゃー)

数ヶ月前から、寝ようと横になって目を閉じると、
眉間のあたりに違和感を覚えることが度々あります。
第六チャクラの辺り。
ムズムズすると言うか、ボワーッと温かくなるというか、そんな感じです。
「あっ、まただ」
そう思いながら、いつの間にか寝てしまっているようです。

そんな日に限って、不思議な夢を見る。
・・・なんてことは、特にないのですが。

昨日の夢。
テレパシーでの会話が、当たり前の世の中のようでした。
私(若い感じ)が何かに困っていると、近くにいた友だちが、
「テレパシーで●●と話してごらんよ、聞いてごらん」そう言うのです。
「えっ?テレパシー?私にも使えるの?」
「そりゃ、使えるでしょー」
周りは、いたって普通に、テレパシーを使いこなしている風でした。
今思えば、フワフワ浮いていたような気もします。

夢って、一体何を見ているのだろう。
空想の世界?
それとも別の世界?






posted by マメコ at 10:29| 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

日本を狙い撃ち?

ボーイング787の不具合が立て続けに起きて、
そして、アルジェリアでのテロ。
『真っ先に日本人を探していた』などと言う証言が聞こえてくると、
一連の事象は、日本攻撃で繋がっているように思えてきました。

飯山一郎さんの言うように、最近盛り返してきている「シャープ」と今回被害にあった「日揮」とで行われていたプロジェクトに、何か関係があるのだろうか?
実にきな臭い。

「1月17日、葉巻型UFOが日本上空を取り囲んでいた」というブログ記事を拝見し、
私の妄想はさらにヒートアップしております。^^
http://ameblo.jp/atom-green-0201/entry-11452049250.html
NASAの元の画像で見ると、よくわかります。
沢山の黒く細長い影が映りこんでいます。
この大群は一体。。。
これが本当に宇宙船だとしたら、日本はやはり狙われていたのでしょうか。
この日、どんな脅威があったのだろう。
日本を守るために、こんなに沢山集まってくれたのでしょうか。
とてもありがたく思う反面、今も尚狙われているかと思うとゾッとします。
鳥肌ものの画像、是非ご覧になってご自分で感じてみて下さい。

私が以前見たのも、もしかしたら葉巻型と言われる上記の物体と同じかも知れません。
あまりに巨大で、頭上にいきなり現れたものだから(見せられた感じ)、
私は驚いて、慌てて隠れたのです。

それは横に細長くて、両端がオレンジ色に光っていました。
(夜の9時過ぎ、月食を見に外に出た時の出来事です)
あれは現実だったのか、ただの気のせいなのか気になって、
後日不思議な友人に会った時にこの話しをしました。
すると、彼女は私の顔をじっと見て、「そうだっただろうね」と言いました。
隠れなくても大丈夫だったとも。
なんだ、もっとしっかり見ておくんだった。^^

昨年の暮れ、雪かきをしていた朝、いかにも宇宙船が隠れていそうな巨大な
クラウドシップが2つ、南の空に浮かんでいました。
見たことがある人はわかるかと思いますが、あれは普通の雲じゃないと
一目でわかりますね。
何といっても、ライン(輪郭)が違います。^^

一瞬でも姿を現さないかと、手を止め目を凝らして見ていたのですが、
やがて普通の雲に姿を変え、消えてしまいました。
数分間同じ場所にいました。
この日の巨大な雲に気づいた人は、多かったのではないでしょうか。

と、こんな事を書いている今、外が気になって2階の部屋の窓を開けて
南の空を見ました。
ん?
不思議な物体が西から東へとゆっくり音もなく、ユラユラと移動中。
何だろう?
四角っぽいような、形がイマイチよくわかりません。
その90度先には、南から東方向へ向う別の飛行物体。
それは飛行機雲を伴っていました。
あっちは、飛行機かな。

だとすると、こっちのユラユラは?
もしや。。。
心の中で、
「見えてますよー、何か合図下さーい」
と念じたら、数秒後にピカーッと、本体が明るく光りました。(と思う)
おぉぉぉーっ。
嘘みたいな話です。
まさかねと思い、もう一度念じたら、またもピカーッと今度は2回。(と思う)
おぉー、アリガトウ。
通じた。。。?(と思う)
そして数十秒後に姿が見えなくなりました。
慌てて写真を撮ったけど、何も映っていませんでした。

そろそろ、ドカーンと姿を現してくれるような、
そんな予感がしています。
まずはこの日本なのかな。

以前書いた火星の話、こっそり再アップしておきました〜。
今日は宇宙の話に触れたい、そんな気分だったもので。

久しぶりに友人に会いたいナ。
夜通し不思議話で盛り上がりたいゎ。^^





posted by マメコ at 12:03| 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

新月の願い事

昨日は新月でした。
2012年12月13日17時42分より、射手座の新月。

月の願い事は、48時間以内にするそうなのですが、(8時間以内のほうが効果的らしい)
今回ボイドタイムが、「2012年12月13日 17時42分〜12月14日6時42分」と、
新月の始まりからすっぽりと入ってしまいました。

なので、ボイドタイムは避け、これから新月の願い事を書き出そうと思っています。

先月は10ヶ書き出しました。(2ヶ以上10ヶ以内がいいらしい)
今までのをリセットする意味で、
そして、新しい月を気持ちよく過ごすために、
今月も宣言してみます。
先月不思議な友人が
「その時の自分の気持ちを交えて書くのも効果的だよ」と、
教えてくれたので、早速それも取り入れて。過去記事

こちらのサイトがわかりやすかったです。
http://www.1cocoro.com/images/h4-moon02.jpg

射手座新月の願い事のテーマについては、コチラ。
http://www.1cocoro.com/moon/post-369.html

前回日付を入れるのを忘れてました。
じっくり考えて、自分主体&肯定文&完了形で書くとしましょう。





posted by マメコ at 20:07| 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

2013年の手帳

2013年の手帳を購入しました。

P1100187(1).JPG



星ダイアリー2013

普段手帳は使わないのですが 石井ゆかりさんのだし(筋トレもオススメ)、星の事など色々載っているので、読み物としても面白いかなと思い珍しく購入しました。
星座に疎いので、これを機に少し勉強してみよう。
最近知った『ボイドタイム』も載っていて、一目でいつからいつまでなのかわかります。
これは便利です。

先週不思議な友人から、新月の願い事etcのメールを貰ったのですが、
新月についてこんな説明がありました。

新月は文字通り、新しい月の始まりです。
新月の日、その月のテーマに沿って、常に新しいスタートを切る。
先月までのをリセットする為にも、願いをたてるのは、よい区切りになります。

願い事の書き方について、アドバイスをもらいました。
我が家には受験生がいるのですが、
例えばこんな書き方もいいそうです。
「●●が▼▲大学に受かって、大喜びしている私!」
完了形にその時の気持ちをプラスすると、尚いいのだとか。
人の事でも、自分がそのことで喜んでいるという書き方はOKだそうです。

私は、「月にお願い事をしてはいけない」、と思っていました。
願った分必ず取り返しがある、と某サイトで言われていたのが、
ずっと引っかかっていたのです。
逆に新月の願い事を勧める人もいて、どっちが本当なのか正直わかりませんでした。
願い事を否定するその超有名サイトは、友人の話とよく似ているところもありますが、
違う点も多々ありまして、
「このRって人、本当のところどうなんだろう・・・?」と思ってきました。
以前何度か思考を読み取られているような、妙な感覚がした事もありました。
これで、はっきりしたかな。
その人物を、「闇側」だという人も多いので、もう見ないでおこう。

彼女が大丈夫だよって言うのだから、間違いない。
新月の願い事は、私の中で晴れて「マル」となりました。
早速あれこれ書き出しました。
不思議とスッキリ、いい気分になりました。
私たちの体は、月と密接なつながりがありますから、月のリズムに乗るのは、
自然な流れなのかも知れませんね。

さて、ここからが本題です。

3月に彼女が言っていた、
「想像もできないくらいの素晴らしいエネルギーの働き・・・」
あれはどうなったか、聞いてみました。
「12月12日の新月の日が、キーワードになるよ」との返事。
だから、今回新月の案内を送ってくれたのだとか。
彼女は、そのエネルギーをすでに感じているそうです。うひゃー。
凡人の私は、まだ何にも感じられません。

2012年12月12日。
数字が並ぶこの日、今年最後の新月と重なります
(訂正します。新月は13日でした。お許しを・・・)
多くの人が、その素晴らしいエネルギーを感じられるといいですね。
楽しみです。





posted by マメコ at 11:37| 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

満月

今日は満月です。
札幌はあいにくの小雨で、お月様が見えません。
昨夜はとてもきれいに見えたので、たっぷり月光浴しました。

昨年、知っとうや2さんのブログで月の話がありました。
倭人(日本人のルーツ)が、月に住んでいるという内容でした。
その後、不思議な友人に会った時に、この件を確認しました。

私 「月には倭人がいるって本当?」
友人「本当だよ」
私 「やっぱり・・」
友人「そういう話、よく見つけてくるよね・・・」

「七福神も実在したよ」と教えてくれました。

知っとうやさんは、どうやってこの情報を知りえたのだろう?
と、ちょっと不思議に思いました。
ご本人が直接繋がっているのか、それとも人を介してなのか・・・。

それ以来、月夜の晩に空を見上げると、不思議な気持ちになります。
あのお月様に、倭人がいる?今も?
こんな話に付いて来てくれる人はまずいないでしょうが、月って本当に不思議だなと
私は思うのです。
一体月の裏側は、どんなふうになっているのだろう。

昨晩は、そっと手を振ってみたりもしました。
「どなたかいらっしゃいますか?」
昨晩の月はとても光り輝いていて、日輪ならぬ月輪が見えました。

満ちてくる月も好きですが、欠けていく月も興味深く眺めています。

「月が欠けた時、やって来る・・・・。」

この一文がどうも頭から離れなくて、
気になって、気になって、
楽しみで、楽しみで。。。^^;








posted by マメコ at 18:26| 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

10月10日

以前、不思議な友人から聞いた話です。
今までにも何度か書いていますが、10月10日が近づいてきたので、
おさらいの意味を込めて。

「数字の10には神(カミ)の意味があるんだよ。

カ=火 縦棒
ミ=水 横棒
カミ=十=10
の中に十で、「アマテラスオホミカミ」を表すの。

10月10日は、カミの月のカミの日。
人間は皆、お母さんのお腹の中で10ヶ月と10日大事に育まれて、
この世に生まれてくるでしょ。
カミの月とカミの日で、とつきとおか。
そう思うと、本当に有り難いことだよね。
ちなみに火と水の間に風が入って、火風水(ひふみ)だよ。」


まるで言葉遊びみたいだけど、面白いなと思いながら聞いていました。
『10』という数字に、神の意味があること。
この世に生まれた誰もが経験してきた「とつきとおか」にはそういう意味があると知り、
神 = 宇宙根源神 = スの神様(大国常立大神?)を身近に感じました。

ちなみに、彼女は10月10日は伊勢神宮へお参りに出かけるそうです。

1月1日  お正月
3月3日  ひな祭り
5月5日  こどもの日
7月7日  七夕
8月8日  ひらく、ひらくで、縁起の良い日(某サイトの受け売り)
10月10日(少し前までは、体育の日でした。。)
毎月11日 窓の開く日 1月11日は特に大切な日(友人談)

くり返しの数字の日には、
それぞれ、数字の持つ意味が深く込められているのだと思います。
もうすぐ10月10日です。
私達はみな、『神様のわけみたま』だという事に気づき、生きていることに感謝できると
いいなと思います。

今年の3月初旬に、彼女はこんなメッセージを届けてくれました。

「今年、想像もつかないような、
大きな大きな素晴らしいエネルギーの働きを、
感じられるでしょう・・・・・」


早いもので、あれから7ヶ月が過ぎました。
私はまだ何も感じていません。
きっとこれから来るんだよね。
それとも、もう来てしまった?うっかり見逃したか?

いやいや、きっとこれから来るのだと信じています。
どんな素晴らしいエネルギーを感じられるのか、
とても楽しみに待っているところです。




posted by マメコ at 10:02| 不思議な話 | 更新情報をチェックする