2012年11月21日

2013年の手帳

2013年の手帳を購入しました。

P1100187(1).JPG



星ダイアリー2013

普段手帳は使わないのですが 石井ゆかりさんのだし(筋トレもオススメ)、星の事など色々載っているので、読み物としても面白いかなと思い珍しく購入しました。
星座に疎いので、これを機に少し勉強してみよう。
最近知った『ボイドタイム』も載っていて、一目でいつからいつまでなのかわかります。
これは便利です。

先週不思議な友人から、新月の願い事etcのメールを貰ったのですが、
新月についてこんな説明がありました。

新月は文字通り、新しい月の始まりです。
新月の日、その月のテーマに沿って、常に新しいスタートを切る。
先月までのをリセットする為にも、願いをたてるのは、よい区切りになります。

願い事の書き方について、アドバイスをもらいました。
我が家には受験生がいるのですが、
例えばこんな書き方もいいそうです。
「●●が▼▲大学に受かって、大喜びしている私!」
完了形にその時の気持ちをプラスすると、尚いいのだとか。
人の事でも、自分がそのことで喜んでいるという書き方はOKだそうです。

私は、「月にお願い事をしてはいけない」、と思っていました。
願った分必ず取り返しがある、と某サイトで言われていたのが、
ずっと引っかかっていたのです。
逆に新月の願い事を勧める人もいて、どっちが本当なのか正直わかりませんでした。
願い事を否定するその超有名サイトは、友人の話とよく似ているところもありますが、
違う点も多々ありまして、
「このRって人、本当のところどうなんだろう・・・?」と思ってきました。
以前何度か思考を読み取られているような、妙な感覚がした事もありました。
これで、はっきりしたかな。
その人物を、「闇側」だという人も多いので、もう見ないでおこう。

彼女が大丈夫だよって言うのだから、間違いない。
新月の願い事は、私の中で晴れて「マル」となりました。
早速あれこれ書き出しました。
不思議とスッキリ、いい気分になりました。
私たちの体は、月と密接なつながりがありますから、月のリズムに乗るのは、
自然な流れなのかも知れませんね。

さて、ここからが本題です。

3月に彼女が言っていた、
「想像もできないくらいの素晴らしいエネルギーの働き・・・」
あれはどうなったか、聞いてみました。
「12月12日の新月の日が、キーワードになるよ」との返事。
だから、今回新月の案内を送ってくれたのだとか。
彼女は、そのエネルギーをすでに感じているそうです。うひゃー。
凡人の私は、まだ何にも感じられません。

2012年12月12日。
数字が並ぶこの日、今年最後の新月と重なります
(訂正します。新月は13日でした。お許しを・・・)
多くの人が、その素晴らしいエネルギーを感じられるといいですね。
楽しみです。





posted by マメコ at 11:37| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

満月

今日は満月です。
札幌はあいにくの小雨で、お月様が見えません。
昨夜はとてもきれいに見えたので、たっぷり月光浴しました。

昨年、知っとうや2さんのブログで月の話がありました。
倭人(日本人のルーツ)が、月に住んでいるという内容でした。
その後、不思議な友人に会った時に、この件を確認しました。

私 「月には倭人がいるって本当?」
友人「本当だよ」
私 「やっぱり・・」
友人「そういう話、よく見つけてくるよね・・・」

「七福神も実在したよ」と教えてくれました。

知っとうやさんは、どうやってこの情報を知りえたのだろう?
と、ちょっと不思議に思いました。
ご本人が直接繋がっているのか、それとも人を介してなのか・・・。

それ以来、月夜の晩に空を見上げると、不思議な気持ちになります。
あのお月様に、倭人がいる?今も?
こんな話に付いて来てくれる人はまずいないでしょうが、月って本当に不思議だなと
私は思うのです。
一体月の裏側は、どんなふうになっているのだろう。

昨晩は、そっと手を振ってみたりもしました。
「どなたかいらっしゃいますか?」
昨晩の月はとても光り輝いていて、日輪ならぬ月輪が見えました。

満ちてくる月も好きですが、欠けていく月も興味深く眺めています。

「月が欠けた時、やって来る・・・・。」

この一文がどうも頭から離れなくて、
気になって、気になって、
楽しみで、楽しみで。。。^^;








posted by マメコ at 18:26| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

10月10日

以前、不思議な友人から聞いた話です。
今までにも何度か書いていますが、10月10日が近づいてきたので、
おさらいの意味を込めて。

「数字の10には神(カミ)の意味があるんだよ。

カ=火 縦棒
ミ=水 横棒
カミ=十=10
の中に十で、「アマテラスオホミカミ」を表すの。

10月10日は、カミの月のカミの日。
人間は皆、お母さんのお腹の中で10ヶ月と10日大事に育まれて、
この世に生まれてくるでしょ。
カミの月とカミの日で、とつきとおか。
そう思うと、本当に有り難いことだよね。
ちなみに火と水の間に風が入って、火風水(ひふみ)だよ。」


まるで言葉遊びみたいだけど、面白いなと思いながら聞いていました。
『10』という数字に、神の意味があること。
この世に生まれた誰もが経験してきた「とつきとおか」にはそういう意味があると知り、
神 = 宇宙根源神 = スの神様(大国常立大神?)を身近に感じました。

ちなみに、彼女は10月10日は伊勢神宮へお参りに出かけるそうです。

1月1日  お正月
3月3日  ひな祭り
5月5日  こどもの日
7月7日  七夕
8月8日  ひらく、ひらくで、縁起の良い日(某サイトの受け売り)
10月10日(少し前までは、体育の日でした。。)
毎月11日 窓の開く日 1月11日は特に大切な日(友人談)

くり返しの数字の日には、
それぞれ、数字の持つ意味が深く込められているのだと思います。
もうすぐ10月10日です。
私達はみな、『神様のわけみたま』だという事に気づき、生きていることに感謝できると
いいなと思います。

今年の3月初旬に、彼女はこんなメッセージを届けてくれました。

「今年、想像もつかないような、
大きな大きな素晴らしいエネルギーの働きを、
感じられるでしょう・・・・・」


早いもので、あれから7ヶ月が過ぎました。
私はまだ何も感じていません。
きっとこれから来るんだよね。
それとも、もう来てしまった?うっかり見逃したか?

いやいや、きっとこれから来るのだと信じています。
どんな素晴らしいエネルギーを感じられるのか、
とても楽しみに待っているところです。




posted by マメコ at 10:02| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

夜空 ☆

8/31の満月(ブルームーン)を過ぎ、日々月が欠けてきていますね。
毎晩寝る前に窓を開けて、夜空を見上げるのが日課になっています。
今回は、来るだろうか?と、密かに楽しみにしています。^^;
昨日のお月さんは黄色く、とてもキレイに輝いていました。

今日の「幸福への近道」の照さんのブログに、UFOの記事がありまして、思わず嬉しくなっちゃいました。
照さん、近々日本上空のあちらこちらで、このUFOが見られる気がしているのだそうです。

本当ですか?
うふふ。
来るでしょうか?
うふふ。。。
楽しみですね。

札幌は、今日も30度超えの暑い一日になりそうですが、
空気は澄んでいて、爽やかな風がカーテンを揺らしています。
最近の夜空は、とっても綺麗ですよ。

誰がなんと言っても、アホだと笑われても、私は毎晩夜空を見続けるのだ!
ささ、皆さんもご一緒に! (^^;)





posted by マメコ at 11:29| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

金の龍・銀の龍

ニュージーランド先住民族 ワイタハ族の長老 ポロハウさんをご存知でしょうか?
16・17日の両日、山中湖で「富士いのりのセレモニー」が行われたそうです。
misaさんのブログで、その時の様子を読ませていただきました。
そのセレモニーに参加されたポロハウさんと、マヤの長老アレハンドロさんのお話が書かれてありました。

そして、先日の千賀さんのメルマガでは、ポロハウさんが26日の「わの舞」講習会の見学にいらっしゃる予定、とありました。
「繋がっているんだ」、と嬉しい気持ちになったのは私だけではないでしょう。



2011年3月、初来日前のワイタハ族テ・ポロハウ・ルカ・テ・コラコ長老より、
日本人へのメッセージ。(日本語訳付き)

札幌でもポロハウさんの講演会があったそうで...。
それも先週の20日でした。
知りませんでした。
ちょうど、「夏至・夏至」と私が騒いでいた頃。
聞きに行きたかったです。本当に残念。

とある方のブログに、
2011年にポロハウさんが来日された時のお話が書かれていました。

日本には金の龍のDNAを持つ人がいて、
ニュージーランドのワイタハ族には銀の龍のDNAを持つ人がいる。
金龍のリーダーは、天皇陛下。
日本人とワイタハ族は、まるで兄弟のよう。

鳥肌ものです...。

銀の龍といえば、中島みゆきさんの『銀の龍の背にのって』が頭に浮かびます。
あの独特の声と世界観、みゆきさんの歌の中でも、特に好きな歌です。

misaさんのブログでも、金の龍の話が出ていました。

私は以前一度だけ、白龍を感じた事がありました。
その話を不思議な友人にしたら、
白龍は自然神だから『もっと自然と繋がって』というメッセージだと思うよ、と言われました。

ついつい忘れてしまうけれど、私達は龍の背の上で暮らしています。(日本列島は龍体だと聞きました)
不思議な友人が、「ゴミのポイ捨てが、いかに失礼な事か。そう思わない?」
と言っていました。
そうだね、龍神様の背中にゴミなんて。
まして、原発を54基も建てるなんて.....。

またどなたかが、ポロハウさんの今回の来日の様子をアップして下さるのを、楽しみに待っておりま〜す。





posted by マメコ at 10:38| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

面白い雲

昨日の札幌の空は、朝からとても賑やかでした。
朝7時ごろ、藻岩山方面にいかにも!な、何か隠れていそうな雲がいくつも浮かんでいました。
ヤヤヤッ...。
でも、少しするとその雲はもう消えていて、次はこんなのがお出ましに。

P1090185(1).JPG

ボケててちょっとわかりづらいですが、オシャレ〜なライン入りの、親子のような雲でした。

藻岩山と手稲山の間をよく飛んでいるョ、と友人から聞いた事があります。
そう、不思議な雲が浮かんでいるのを見るのはたいていアチラ方向...。
そして夕方にはいくつも龍のような雲。

今日の空はいたってノーマルです。
ちょっぴり残念。
マタノオコシヲ...。



posted by マメコ at 10:59| 北海道 ☔| Comment(2) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

陰と陽

いつも読ませていただいている、天下泰平さんのブログ。
天下泰平さんのおかげで「わの舞」を知る事ができたし、健康に関する情報も参考にさせていただいています。
いつも感謝してます。
でも最近の記事の、本の紹介とその著者の能力者の話に「?」と感じました。

これから出版される「2013年からムー大陸の再浮上が始まります」という本。
なになに、ムーが再浮上?
ムーに関してはとても興味があります。
かつて沈んだとされるムーの入り口が日本にある、と友人が言っていましたから。
でも、「?」と感じたのはそのあと。
大災害の予言。
これを本に書いて広めてしまうって、ちょっとどうなのかな。
まぁ、本を書くのも読むのも、その人の自由です。
でも、私はこの本は読みたいと思いませんでした。
ご本人はご自分が受け取ったビジョンを基に、「今も意識の変化ができていない人々」へ、警告の意味を持って発信されるのでしょう。
「今からでも遅くないから変われ!」と。
でも、だからって、あまりにちょっと、これは..。
もしかしたら、彼もまた「陰の地球」を見ているのかも、そんな風に思いました。
私が言うのは大変生意気でお叱りを受けそうですが、とにかく嫌な感じがしました。

地球に起きる恐ろしいビジョンを語る人たちは、沢山いますね。
それに対して以前友人はこんなことを言っていました。
「彼らは決してうそを言っているのではないけれど、かと言って正しくもない。
あちら(陰の地球)に起きる事を、こちら(陽の地球)で起きるかのように言っているだけ。
そんな怖い話を振りまいて、それを多くの人が読んで、恐怖感を持つ。
そんな恐怖の集合意識こそ恐ろしい事、それを引き寄せるから」と。
「そんなことが書かれた本もブログも、読まなくていい、読まないほうがいい」とも。

以前不思議な友人から聞いた陰と陽の地球の話。過去記事はコチラ
かなりぶっとびな話なので、にわかには信じてはもらえないでしょう。
正直あまりにも奇想天外で、私も最初わけがわかりませんでした。
でも、正反対の内容をあちこちで目にするたびずっと疑問に思っていたのが、「陰と陽」この二つの地球の存在の話ですっきりしました。

「災いは忘れた頃にやってくる。」
この事は頭におきつつも、それはそれとして備え、別な事にエネルギーを使いたいものです。

今年3月にその友人がくれたメッセージ。

「今年はすべてにおいて自分自身(神)の意識が今まで以上に大きく左右します。
想像もつかないような大きな大きな素晴らしいエネルギーの働きを感じられるでしょう。
良いことも、一見悪いことに思えることも全ては計らい事です。
今後も、いつも「氣」持ちよくいられるよう息・活き・生きる、生活をしてね。」


私はこんな風に表現してくれる友人が大好きです。
彼女の話にはいつも優しさと厳しさと温かさがあります。
怖い予言より、断然こっちのメッセージのほうがいい。
私はその「大きな素晴らしいエネルギー」を受け取るつもりでいます。

「自分達は決して目立ってはいけない。地味にしてるのがイチバンよー」
彼女はよくこう言います。
これを聞いた時、そうなんだろうなと思いました。
目立ってしまっては動きづらいし、狙われるものね。
だから、「本物」がフナイ氏のところで紹介されるなんて、本を出すなんて、そんなのありえないわ。
そう思ってしまいます。

友人の自慢みたいになってしまいましたが、
友人からもらった沢山のヒント、それを基準に私なりに真偽のチェックをしています。
いつだって、惑わされないぞ!と思ってます。

ネガティブな「予言」なんて、要らない!

と、吠えてみたくなりました。


posted by マメコ at 11:57| 北海道 ☔| Comment(2) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

パソコンと光の害

昨日、「ガイアの法則」でお馴染みの千賀さんのメルマガを読んで、
私はハッとしました。
そこにはパソコンの画面(人工的な光)を長時間見続けることの体(神経)への害について書かれていました。
特に夜遅くに見る危険性について。
例え見なくても、夜皮膚に人工光を浴びる事もよくない、など。
つまり、夜起きていて電気の光を浴びる事自体がよくない、という話でした。
(メルマガの転載は不可なので、詳細は省きます。)

不思議な友人から、電磁波が体に溜まっている人が多いという話を聞いた事があります。
携帯やパソコンから受ける電磁波が、体に溜まるのだそう。
「目覚まし代わりに携帯電話を枕元に置いてはいけないよ」と教わり、慌てて目覚ましを買い足したものです。

不自然なもの(自然界にないもの)との接触を極力減らす努力。
自分は色々気にしているつもりでいましたが、パソコンに関しては例外でした。
今回の千賀さんの記事で、パソコンの電磁波の他に、パソコンからの光にも害があると気づきました。
ちょっと怖くなりました。

そして、夜10:00から夜中の2:00の間に寝ている事の大切さについても再考。
成長ホルモンが分泌されるこの時間帯は、お肌のためにも子どもの成長のためにも、寝ている事が大事だという話、多くの方がご存知かと思います。
千賀さんの話によれば、この時間帯、宇宙からのエネルギーが流れるのだそうです。

そんな大事な時間帯に、私はダラダラと起きていて、パソコンに向っている事が多かったです。
何と愚かな!
これからは、さっさと寝ることにします。
パソコンは明るい時間に手短に使うよう、生活リズムを変えないと。

宵っ張りは百害あって一利なし。
夜は暗くして早めに寝る、この事の大事さを改めて考えるきっかけをくれた、大変貴重な話でした。

不思議な友人も早寝です。
夕食の時間も早くて、驚いた事があります。
やはり、わかっている人たちは、当たり前の生活(早寝早起き)の大切さを知っていて、実践出来ているという事なのでしょう。
そういえば、祖父も21:00には必ず寝ていたナ。
毎朝神棚に手を合わせ、お日様を拝んで。
いつも元気でよく歩いて、大往生でした。
本当にあっぱれな、じいちゃんでした。
昔の人の暮らしは、正しい事が多い。
少しは見習わないと。

我が家も、夜のパソコン使用についてルールを決めようと思います。(特に私!)
子どものゲームも同様でしょうね。
これを機に、染み付いてしまった『悪しき習慣』とおさらばします。

『早寝、早起き』
これは本当に大事な、人間の基本の生活なのかも知れません。

人間本来の生活リズムを取り戻すよう、家族皆で頑張ってみようと思います。
まずは私からという事で、昨日は11時には寝て6時起床。
子どもの部活で5時起きも度々あるので、習慣に出来ればそのほうがラクですし。
日の出も早くなってきたことだし、早寝早起きを始めるにはいい季節ですね。

友人の話と千賀さんの話が合わさって、初めて気づく事が沢山あります。

ブログを書くのももほどほどにしよう。^^;
皆様もパソコン&携帯の使用はほどほどに。




posted by マメコ at 10:12| 北海道 ☔| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

まるで、平成の『オイカイワタチ』

以前読んだ「オイカイワタチ」の本。過去記事はコチラ
昭和の時代に、金星の長老からのメッセージを受信し、あちこち動き回っていた、『オイカイワタチ』と呼ばれた方々がいたそうです。
彼らはワンダラー。
地球上にいる(らしい)多くのワンダラーの中で、特に重要な任務を担っていた日本人の一部のワンダラーを、「オイカイワタチ」と呼ぶのだそうです。
その「オイカイワタチ」である著者は、残念ながらお亡くなりになられましたが、その後を引き継ぎ、現在も動いている方はいるのかな、いたらいいな、と妄想していました。

まあやさん(旧スポッツさん)とそのお仲間の方達のブログを読ませていただいているうちに、ふと思いました。
まるで、平成の『オイカイワタチ』みたいだなと。
昭和の時代は富士山や諏訪などが主な活動場所でしたが、平成はやはり135度周辺がカギのようで、あの近辺で皆さん活動されているようです。
ありがたいです。

ちなみに、不思議な友人は『オイカイワタチ』については知らないと言っていました。
諦めの悪い私は、友人が知らない=存在しない、とは決して思いません。
友人が知らない事があっても不思議じゃないね、くらいに思っています。

『オイカイワタチ』の本に出てくる金星の長老は、サナンダ。(=キリスト意識とあります。)
とあるブログで金星人はすっかり悪者認定されていますが、私にはどうしても納得がいきませんでした。
先日友人に会った時にまず確認したのが、金星人の事。
友人の見解では、金星は悪じゃないと。
それより火星のほうが少々問題だそうです。
ん?今度は火星?^^;

「火星にはね、実はね、ク○ー○がいて。あんな事やこんな事が、モニョモニョ.....。」
まるで映画の世界のような話が、進行中だそう。
(かなりぶっ飛びですが、いつか公表される日が来るでしょう。)
ということで、金星の疑いが晴れて、一安心。

火星と言えば、3月に火星が地球に最接近します。

P1080360(1).JPG

これは地球暦の今日のピンの位置です。
写真がボケボケでちょっとわかりづらいですが、緑が地球で、右側(外側)にある赤いピンが火星です。
毎日一コマずつ、反時計回りに動きます。
これで見る限りでは3月5日.6日あたりが最も近付くようです。
全体像は、ブログ右側の『地球暦』でご覧下さい。      >>>>>>>

友人は、仲間達から「●●●はどのグループにも属さないからね」とよく言われる、と言っていました。
すかさず私は聞きました。
「それって宇宙種族って意味で?」
「そうだよ」
「!!!」

聞いておいて驚くのも何だけど、やっぱりというか何と言うか、凡人の私にはとても想像もつかない、スケールの大きな話のようです。
いつも隠密行動を共にしている、海外の仲間からそう言われているようなので、皆さん宇宙種族を代表してこの地球で力を尽くされているのかと、そんな風に妄想しました。
それ以上は突っ込んで聞きませんでした。(怖くて聞けやしない...。)

節分の少し前、友人から告げられた今年の私への『言葉』。
思わず嬉しくなるような内容でしたが、アナタの行動次第だからね、と一言釘を刺されました。
そうだね、行動あるのみ。
私は自分の周りのことをせっせとしないとね。

私の周りも、世の中も、どうか万事うまく事が運びますように。

『いつだって、万事良好だよ』

ソロモンのこの言葉のように.....。





posted by マメコ at 17:02| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

新年、明けました。

2012年1月23日。
今日は新月です。
地球暦(旧暦)では今日からが新年だそうです。

今年2度目の
「明けましておめでとうございます」ですが、恐らく、こっちが正しいのでしょうね。
グレゴリオ暦って、一体何なのかな?

早速、地球暦にピンを挿してみました。

P1080233(1).JPG
(ポスターは、発泡スチロールの大きなパネルに貼り付けてみました。)

今朝届いた『惑星通信』はこんな内容。

一部転載します。

新年、明けましておめでとうございます!

今日の新月から、旧暦の“睦月”がはじまります。
元旦に“明けましておめでとうございます”という、あいさつをするのは、
“日=太陽”と“月”が重なる新月、“日+月=明”の時であり、
日と月が“結び”ついた“睦月”のはじまりが、目出度いからです。

月を元にした一年のはじまりの日、今日が『元旦』です。

初夢はどんな夢でしたか?
元旦にあたる今日は、これからはじまる一年へ向けてのビジョンをつかみ、
宣言する最高のタイミングです。一年の計は元旦にあり!

今日は、太陽と月が同時に昇り同じ位置にある新月の時です。
呼吸を整えて太陽と月に意識を合わせましょう。

西暦での元旦である1/1は単なる日付けの区切りですが、
旧暦の元旦は、太陽と月の位置関係におけるリセットの時です。

今日は“はじまり”の日を身近に感じるために、お水とりなどオススメです。
“はじまり”を一杯のお水から感じてみるのもよいでしょう。
また神社のほかに、自分の特別に思う場所へ、新年のお参りにいくのもいいですね。
今日は特別な一日をお過ごし下さい。


地球暦が朔弦望の一つ、“睦月の朔(さく)”をお知らせします。
今日の朔の日を朔日(ついたち)として、旧暦の一番目の月、睦月がはじまります。
今月は三十日間(丗日=みそか)で、次の朔となる新月は2月22日になります。
新月の日は、太陽と月が同時にのぼる日で、一ヵ月という“新しい月”がはじまる時です。
新月は、あらためて決意や宣言などすることによって、
満月に向かって現実化していく働きがあります。

※新月=インプット・種まき、満月=アウトプット・収穫

新月は太陽-月-地球が直線的に並び、最も潮汐力が強く、
朝と夕方に潮が満ちて、昼と深夜に引いています。
波の起伏が激しい新月の時は物事のリセットや浄化に最適な時です。
毎月“月が立つ”日となる新月の朔日(ついたち)は、月並み(月次・月例)
の行事を身近に作るとよいでしょう。

春のはじまり、初春のこの一ヵ月はどんな印象になるでしょうか。


転載終わり


ちなみに今日の水星(青)・金星(黄色)・地球(緑)・火星(赤)はこんな配置です。
右上の茶色いのは土星です。

P1080241(1).JPG

今はまだ、スケールが大きすぎてピンと来ませんが、毎日続けると何か感じるものがあるかも知れません。






posted by マメコ at 17:27| 北海道 ☔| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

2012年 地球暦

注文していた2012年の地球暦が届きました。地球暦過去記事はコチラ

とても立派なポスター状のものが入っていました。(卓上タイプも選べます)
まず、大きなポスター(60cm×85cm)が2枚。

P1080218(1).JPG


<地球暦>

P1080221(1).JPG


<惑星会合一覧表> 惑星の結びや開き。(一直線に並ぶ事)

P1080220(1).JPG


そして、A4サイズくらいのポスターが数枚。

<二十四節気および雑節の図> いわゆる暦。

P1080229(1).JPG


<朔弦望の図> 月の満ち欠けです。

P1080228(1).JPG

それと詳しい説明が書かれた冊子。

今まで、立春(2/4)が年の始めと思っていました。
この地球暦によると、旧暦の新年は今年は1/23(新月の日)からだそうです。
そして、新年度は春分の日の3/20からだそう。
なので、2012年の地球暦は、3/20からが始まりとなっています。

1/23〜3/20までは、こちらの紙を貼って使ってくださいとのこと。

P1080227(1).JPG

新月と立春と春分・・・?
少々難解です。。。

もう一つ大事なアイテム。
太陽系の惑星、水・金・地・火・木・土・天・海・冥 の9つのピンが入っていました。
地球暦の大きなポスターに挿して使う物です。
日々動かすピンは水〜火までの4つの惑星。(外惑星<木星以降>はゆっくりした動き)

こんな説明が書かれています。

地球暦は天体の運行に意識をあわせるためのものなので、配置を確認するということが全てです。
宇宙の縮図から何を感じるか、まずは自分の心に聞いてみましょう。


毎日目にする場所に貼って眺め、勉強したいと思います。
問題は、どこにこれらを貼るか、です。

昨年地球暦に登録し、惑星通信が届くようになりました。
惑星間の結びや開き。
今まで考えた事もなかった太陽系の他の惑星達の動きが、ほんの少し身近に感じられるようになりました。
惑星には意識があり、生命が存在するのは地球だけではない、と思っています。

太陽は心に働きかけ、月は体と繋がっている。

こんな一文を読み、ワクワクしています。
1年を通して、自分の心と体の変化と宇宙の動きと照らし合わせてみるのも面白そうです。


※この地球暦は、販売では無く『寄付』という形をとっているそうです。




posted by マメコ at 11:53| 北海道 ☔| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

夢の話

私はよく夢を見ています。
カラーで、匂いもあります。(たまに味もある)
忘れている事が多いけれど、何かのキッカケで「あっ、そうだった」と思い出す事もしばしば。
あるブログの記事んでいて、今ふっと思い出したので忘れないうちにメモメモ。

昨夜の夢はちょっと変わった夢。
夜、家族4人で外にいる状況で、私は何かが現れそうな予感がしています。
息子達に「ちょっと空を見ていてごらん」、などと言っています。
しばらくすると、星だと思っていた光る物から、青く(水色がかった)光る光線が地上に向けて発せられました。
まるで巨大なスポットライトのよう。
その数がだんだん増えてきて、あちこちから青い光が地上に向けて降ろされています。

その光の先は自分達のいる場所から離れているので、割りと平静を保ちながらも、
「おぉーっ」とみんなで叫んでいました。
思い出したのはここまで。

もう一つ、お正月に見た夢。(^o^)(初夢ではない)

暖かい季節の、昼間の設定。
主人と出かけていて、用事を済ませ、大きな建物の外に出ました。
何気に空を見上げると、わかりやすいUFOが1機浮かんでいました。
「地球製かねぇー」なんて二人で茶化していると、UFOの数がどんどん増えていきます。
「ちょっと、何あれ?」と周りの人達も気付き始め、人が集まってきます。

すると、UFOが次々に私達の目の前に降りてきて、中から誰か降りてきます。
グレイか?と身構えていると、ブルーのチェックのシャツ&ジーンズを着たアメリカ人風男性他数名が、目の前に現れました。
この時点で、彼らを宇宙人だと認識しています。

人間そっくり。
だけど目だけが何か違う。
深く窪んでいるというか、人間の目じゃないって言う印象。
恐い感じはしないので、周りにいる人達も逃げたりしませんでした。

チェックのシャツの男性が話し始めます。
聞き取れないだろうな、と思ってる自分がいるのですが、意外なことに日本語で理解できます。
「これから皆さんをグループ分けしますので、こちらの指示に従って下さい」。
あなたはこっち、あなたはあっちと並ぶ列を指定され、皆大人しく言われるままに並んでいます。
私は主人と一緒の列に並ぶことが出来て、ほっとしています。
これからどこかへ移動する感じ。

夢はここまで。

このファーストコンタクトもどきの夢はやけにリアルで衝撃的だったので、朝起きてすぐに主人に話しました。
「へェー」だの、「フーン」だの、気の無い返事。← 興味ないらしい
12月に不思議な友人から「近いうちにいいことあると思うよー」と言われたのはコレか?と新年早々妄想したり。。。
な訳ないか。(いいことは特に起きていません。)

この夢の続き、見れるでしょうか?





posted by マメコ at 11:38| 北海道 ☔| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

映画 インセプション

「インセプション」のDVDを観ました。




夏ごろ一度借りて観たのですが、その時は強烈な眠気に襲われて途中でリタイヤ。
何度トライしてもやはり眠くなって、結局最後まで観れずに返してしまいました。

先日不思議な友人に会った時に質問したうちのひとつ。
フォトンベルトについて。
それに伴い暗黒の三日間は来るのか?

答えはNO。

そして、友人の話はこう続きました。
「よく、天変地異が起きるとか言っている人がいるよね。
あれは決してウソではない。
だけど、本当でもないんだよ。
人の心の中に陰陽があるように、実は地球にも陰と陽があるの。
信じられないかもしれないけれど、もう一つの地球が存在しているの。

私「それって物質的に存在するって事?」

友人「そう、物質として存在している。
パラレルワールドってわかるよね。
並行して存在する異次元の世界って言ったらいいのかな。
今、私達がいるのは陽の地球。
そしてもうひとつの地球、陰の地球にもこの陽の世界と同じ人たちが存在しているの。
で、天変地異を言う人たちは陰の地球で起きるビジョンを観ているの。
どういうわけか、アチラの世界と繋がってしまったんだね。」

私「つまり、陰の地球の未来の話を陽の地球で発信しているって事?」

友「そういう事。
インセプションっていう映画、観た?
あれはね、夢の世界として描かれているけれど、この陰と陽の地球を上手く表現しているなぁ、と関心したよ。
もう一度観てごらん。意味がわかるかも。
陰の世界と繋がる必要はないんだよ。
ここは陽なんだから。
陰の世界を観ている人たちも、映画のように独楽を回してどっちが現実(陽)か気付けばいいんだけどね〜。」

・・・・。

(これらは、あくまでも友人が受け取っているものから導き出した話です。)

去年の夏、弥勒の世について聞いた時、彼女はパラレルワールドについても説明してくれました。
あの時、これからパラレルワールドというものが出来て行くのだとばかり思っていました。
まさか、今既にそのような世界が存在しているとは。。。

これから、本当に意識の分離が起きていくのだとしたら、
それによって、陽の地球の住人を選ぶのか、
陰の地球の住人を選ぶのか、
どちらの世界に住みたいか、どちらの世界に意識を向けるか。
これこそが分かれ道なのかな?と妄想しました。

思わず友人に聞きました。
私は陽の地球にいる?
陰の世界を観ていない?

「大丈夫だよ、ちゃんと陽にいるよ。」
彼女は笑って答えてくれました。

そんな話を聞いた後、もう一度「インセプション」を借りてきました。
やっぱり難しくてややこしいのですが、なるほど〜と思いながらも今度は最後まで観ることが出来ました。

もう一つ彼女に聞いておけばよかった。
「何のために陰の地球があるのか?」

私はフォトンベルト=「天変地異」とは思っていませんでしたが、それはいずれわかる事なのでしょうね。
ただ、今はこの『 陽の地球 』で踏ん張って生きるのみです。




posted by マメコ at 11:45| 北海道 ☔| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

ガイアの法則Uの目次と太鼓の話

ガイアの法則でお馴染みの千賀一生さん。
千賀さんのHPに、「ガイアの法則U」の目次がアップされていました。

いよいよ来年1月頃に発売されるみたいです。
待ってましたー。
楽しみですね。

目次を読むだけでも、期待が膨らみます。
太鼓の話も出てくるようです。
先日不思議な友人に会った時、
太鼓について興味深い話を聞きました。

太鼓に書かれてるマークについて。
「よく太鼓には三つの丸が書かれているでしょ。
三つ巴とも言うね。
三と言う数は面白い。
三位一体、神は三柱と言うし、先祖供養のお線香も三本、etc。

へその緒の断面を見るとね、三つの丸があるの。
一つは静脈。
もう一つは動脈。
そしてもう一つはレイトウ(霊とう?)。
この部分からは透明の液体が出てくるんだよ。
これで丸三つ。
太鼓の模様と同じ。」

!!!!!!

千賀さんの太鼓の話はどんな事が書かれているのか、ますます楽しみになりました。

以前霊脳ブログにあった、DNA3本説について友人に質問してみました。
一般的に言われている既存の2本の他に隠れたもう一つ隠れた螺旋があるって話。
レイトウで3本目って事?

答えは、Yes。

ついでに本来の人間のDNAは12条あって、アトランティスの時代に封印された話、これって本当?

答えは、Yes。

おぉぉーっ。

某ブログで話題になっていた七福神について。
七福神は実在した?と聞いたら、

答えは Yes。

もう一つ、月には誰かいる?倭人? 

答えは Yes。

おぉぉーっ。

時間切れで、「この続きはまた今度ね!」となってしまいました。
次回の楽しみにとっておくことにします。

私の質問に対してNo。の答えも幾つかありました。
あまりに奇想天外すぎて、正直少々こんがらがっています。
整理がついたら、また書きます。




posted by マメコ at 10:02| 北海道 ☔| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

明日は満月

今日、不思議な友人に会ってきました。
母の相談がメインだったので不思議系は少ししか聞けませんでしたが、
明日の話がとても印象的だったので、忘れないうちに書いておきます。

明日は皆既月食で、そして満月です。
明日10日の満月はとても深い意味があるのだそうです。

10(十)について。
友人曰く、「10は十。十はクロス。
十の縦棒は火のエネルギー。(カ)
十の横棒は水のエネルギー。(ミ)
十=クロスは、カミ(神)のエネルギーを表している。
○の中に十はアマテラスを意味する。

人間の赤ちゃは10ヶ月と10日(とつきとおか)で生まれてくるでしょ。
10=十=カミ。
10ヶ月10日=カミの月のカミの日。
このカミの期間、大事にお母さんのおなかの中で育てられるの」

なるほど。
みんなそうやって生まれて来てるんだ。
何だかありがたいゎ。

彼女は、「11日は窓が開く日」だと言います。(開放)
つまり、10日までは諸々エネルギーを溜め込んでいるのだとか。(蓄積)
今年最後の満月は、その10日と重なります。
そして、月食も重なります。
明日は、この1年の諸々を溜め込んだ、特に大きなエネルギーになるのだそう。

別に地震がどうこうと、そんな事を言いたいのではありませんよー。
いい意味で、エネルギーが満ちた日なのだと解釈しました。

満月の日はエネルギーが強いので、事故や事件が起きやすいと言われますね。
余計な事をつい言ってしまうだとか、そんな失敗もあるかも知れません。
なので、明日はいつも以上に注意が必要だと教えてくれました。

逆に言えば、
「明日、良い事を考え、良い事を話し、気持ちよく過ごす事が出来たら、大きなプラスに働くよー」とも言っていました。
「だから、お母さんと話をするのは明日がいいかもね。落ち着いて話が出来たらいいね」、
とアドバイスをもらいました。

「それにしても、○○さん、いいタイミングで来たよねー」と。
あらっ、そうなの?
嬉しい。(^O^)

ここ数日母の件で滅入っていた私は、重たい物を引きずったまま友人に会ったのですが、向かい合うなり、彼女にこんな事を言われました。

友「なんか、今日凄いね」
私「何が?」
友「なんかキラキラしてて目が開けられないんだけど、すごく眩しいー」
私「何がキラキラ?」
友「出てるよ、黄色いキラキラ」
私「えっ、私から?」
友「そう」
私「・・・」

うぬぼれに聞こえちゃったら、ゴメンナサイです。
友人からこんなこと言われたのは初めてです。
何で重苦しい思いを抱えてる私から、「キラキラ」が出ていたのかはよくわかりません。
「今日はまた一段と重いねー」、と言われる覚悟で会いましたので。
だから、とっても不思議でした。
帰宅してからまず鏡を見てみたけれど、いつも通りの私の顔。
いつもより少しクマが目立たないかな?くらいのいつもの見慣れた顔。
キラキラとは程遠い。。。(謎だわ)

帰りがけ、
「キラキラまだ出てるから、きっと近いうちにいい事があると思うよー」とも言われました。
何だろう、いい事って。
そんな風に言ってくれて、私を気持ちよくさせてくれて、パワーをくれて嬉しいな。
ありがとう。
今日彼女に会えたことが、すでに「いいこと」なのかも知れない、と思った次第です。

と言う事で長々と手前味噌な話になってしまいましたが、
『明日の満月&月食は、気を引き締めて、気持ちよく過ごしましょう』、と言うお話でした。

ちょっとだけ聞いた不思議系は、また今度に・・・。






posted by マメコ at 14:21| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

地球暦と幾何学模様

昨日面白いサイトに出会いました。
「地球暦」さんのブログ。
http://www.heliostera.com/blog/

早速会員登録をして、自分の生まれた日の惑星の並びを調べてみました。
こんな感じ。

19650905[1].png

ムムッ、これは。。。
水星と海王星以外の星がクロスに並んでいるように見えます。

家族の星の位置も見ることができますよ。(誕生日がわかればOK)
うちの家族の場合、1/4の位置に全部の星がギュッと固まっていたり、あちこちばらけていたり。
全員違っていて面白かったです。
きっと何かしらの意味があるのでしょうね。


今朝、早速メルマガが届きました。

おはようございます。
この度、地球は59°、太陽黄経239°を運行中です。
...................


「運行中」って、まるで乗り物みたいな表現で面白い。
まさに地球号。
そうそう、私達はみんな地球号の乗組員なんですよね。(お客さんじゃないのヨー。)
地球が動いているなんて実感できないけれど、地球は自転&公転しているんでした。
つい忘れてしまいがち。

この件で思い出しました。
「22を超えてゆけ」でお馴染みの辻麻里子さんの「数字のメソッド―スターゲートの解説」を読んでから、ずっと気になっていた幾何学模様があった事を。
確かこの本には文章は殆ど無くて、毎日変わる幾何学模様の図形が365日分載っていました。

:まえがき:
かつて、惑星地球の1年が360日だった頃、
1日につき1度、それぞれの角度を担っていた。

しかし、地球と月の軌道が変わり、
1年が約365.25日になったことで、
このコードは通常の意識下では使えなくなり、
宇宙とのアクセスコードを失った地球人類は、
深い眠りの時代へと入っていった。

そして今、宇宙から光の幾何学がもたらされ、
人類に目醒めの時を告げている。


こんな図形です。

image2(1).jpg

サイクロイド曲線というのだそうです。
このサイクロイド曲線が書ける定規(スピログラフ)を注文しました。



The Spiral Draw Book (Klutz)

子どもの頃、大きな円の中に小さな円の歯車を入れて、グルグル回して書いて遊びませんでしたか?
不思議で妙に面白くて、飽きずにグルグルしたのを覚えています。

今改めて見ると、何とも神秘的な図形です。
地球も太陽系も銀河系も全て回転、グルグル回っています。
確かあらゆるものは回転しているのだとか。
エネルギーも波動も。
回転は宇宙の法則。

今のうちにきれいな色のボールペンを揃えておかなくちゃ。
どんな模様が描けるか楽しみです。







posted by マメコ at 09:46| 北海道 ☔| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

1並びの日。。。

札幌は朝からとてもいいお天気です。
この時間は気温も上がり、暖かいくらい。
窓を開けて気持ちのいい外の空気を家の中に取り込んでいます。

さぁ、今日は1が沢山並ぶ日ですね。
2011.11.11 携帯の画面を見ては何度も「おぉー」と言っています。
朝から何度も外を眺めて太陽を見上げて、何だかソワソワしています。

もうすぐ11時。
11時11分11秒はさらに1が6つ。
この時間は心静かに過ごしたいと思います。
11日は窓が開く日。(不思議な友人談)
どんな窓が開くのかなぁ。

この次元では実感できない事かも知れませんが、
それでも何かの変化が起きると信じています。



posted by マメコ at 11:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

ゾクっときた話

天下泰平さんのブログ繋がりで読ませていただいている川嶋さんのブログ,
http://shinsukek.ldblog.jp/
とっても興味深くて、日本の不思議、神仕組みの不思議を感じます。

2年前初めて不思議な友人から聞いた、日本のびっくりするような話の数々。
彼女は、日本列島は龍体で北海道が頭、九州が尻尾だと話してくれました。
その後別のところで、九州が頭で北海道が尻尾という話を読み、一体どういう事???
とずっと思ってきました。

その謎の答えかも知れない話が、今日の川嶋さんのブログにありました。
日本列島は2体の龍体がメビウスの輪のようになっている。
!!!
北海道が頭の龍は東京が心臓。今まではこちらでした。
九州が頭の龍は、東経135度が心臓。
これはまさに「ガイアの法則」の世界です。
これからは、九州が頭の龍が中心になるのかな?
2体の龍か。。。
思わず鳥肌でした。

話し変わりまして。
以前からおじゃましていたブログに、近頃アトランティスの古い魂を持つ(かも知れない)人たちが集まりつつあるようです。
金星人を敵視する話が延々と続き、思わず私はひきました。
ブログ主さんから、私もその時代に関係してたかもしれないようなコメントをいただいた事がありましたが、それはないだろうと思っています。
私には一連の話がどうも腑に落ちないのです。

友人から「魂が幼い!」とのお墨付きをもらっている(泣)私がそんな古い時代に生きていたとはとても思えないし、アトランティスよりはむしろムーのほうがしっくりきます。
私が腑に落ちると感じる方達は、皆さんムーとの繋がりが深いのです。
敵対心を燃やすその様子から、「同じ過ちを繰り返す・・・」そんな言葉が脳裏に浮かんでしまいました。
気のせいだといいのですが。。。
いつもながらの妄想です。

昨年読んだ「霊的見地から見た世界史」にもアトランティスやムーの話があり、とても面白かったです。
(この著者がニュースを騒がせていましたが、何か腑に落ちない気がしてます。)
今また借りてきて、おさらいを兼ねて読み返しています。
へっ?
こんな事前にも書かれていたっけ?と新鮮に感じるから不思議です。

そして、今一番読みたいのが「フラワー・オブ・ライフ」。



フラワー・オブ・ライフ―古代神聖幾何学の秘密〈第1巻〉

この本にもアトランティスの話が出てくるそうです。
シリウス文明のカガリさんのこの本の解説にもゾクッときました。

この本のすごいところは、この本を読むことにより、右脳と左脳が怒涛のように統合されてきて、次第に両能のバランスが取れてくるという。このことにより、深いレベルで意識の目覚めを促し、これもまた人類をアセンション(次元上昇)へと導く手引書の役割を担う、目からウロコの本である。

右脳と左脳の統合って最近聞いたばかりの話とシンクロします。
この本ちょっと値が張るので、図書館で予約待ちしています。
早く読みたいけれど、背に腹はかえられず。。。
巷のスピ系ブログのソースはこの本かも知れないと言う話を聞き、
「なぁんだ、そういう事?」ってな気もしていますが、とにかく期待大です。

アトランティスとムー(縄文)と金星人。
このキーワードがやたらと気になります。



posted by マメコ at 09:32| Comment(2) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

右脳と左脳の統合?

11月になりました。
カレンダーが残り2枚になりました。
早いですね、本当に早い。
昨年不思議な友人は「一日が23時間になっているよ」と言っていましたが、最近はもっと早くなっているように思えます。
相変わらず眠くて眠くてたまりません。

以前「フォトンベルトの謎」と言う本を読みました。
元テレ朝プロデューサーの渡邉延朗さんの書かれた本です。
私個人的にはとっても面白くて(ぶっ飛び話)サクサク読めました。

渡邊氏はニニギさんとも繋がりがあるそうです。
昨日のニニギさん記事は渡邊氏のフォトンベルトレポートの紹介でした。
とても面白かったです。
(追記:このレポート、天下泰平さんで読めます。)

先祖供養でお馴染みのとあるブログではこんな話も。
一部転載します。

今日11月1日〜11月11日は、
右脳と左脳の統合が進み、第三の脳(意識)を人類が持ち始める起点。
この11日間は、宇宙の11次元が1つの今の次元に反射を始める起点の期間です。これから1年間を掛けて、上記が森羅万象に転写し始めるでしょう。
“自分でする”先祖供養(遺伝子へのケア)と、自分の心に内在する神に意識を向けることが大きなテーマです。この意味が、これから結実を始めます。

転載ここまで。

昨年、友人から先祖供養をすすめられ、毎日主人と手を合わせています。
今日まで、惑わされないよう、間違わないように、とご先祖様が導いてくれていたように思います。
私の進んでいる道はこれで正しかったのでしょうか?
それともどこか間違っているでしょうか?
「ご先祖様、どうかサインを下さい」と申し上げたいところです。 ^^

不思議系に興味のある方は既知かと思いますが、既存のDNA2条から封印されていた12条までの解除が起きる、なんてロマン溢れる話もありますね。
右脳と左脳、今まで別の働きをしていたこの2つの脳が統合されるとどうなるんでしょか?
私達の体や意識に、一体どんな変化が起きるのでしょう。

今年の11月11日は1が6つも並びます。2011.11.11。。。
毎月11日は、友人が言うには「窓が開く日」、特別な日。
いつも何となく気にしていましたが、この11日間は特に意識を向けていたいです。

10月28日にニューヨークのマンハッタンに、マヤの長老たちがクリスタルスカルをもって集合するという話もあるようで。

「 米国の各地を回る巡礼は、ニューヨークを基点とし、ロスアンジェルスで、11・11・11
に終わる。この旅の終わりには、13人のマヤの長老グループが集まって、2万6千年間で始めての聖なる13個のクリスタル・スカルの儀式を行う。」

2万6千年とはとても気になる数ですネ。太陽系のサイクル。
何だか映画の世界みたいになってきました。
まるでインディジョーンズみたい。面白いです。

宇宙の流れ(法則)に乗って進んでいけたらサイコー。



posted by マメコ at 11:47| 北海道 ☔| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

大きな節目?

数日前次男に、10月28日に地球が滅ぶって○○が言ってたけど、どう思う?
と聞かれました。
大丈夫、何も起こらないってば、と答えました。(本当はよくわからないけど〜)
長男の友達も似たような話をしていたとか。
今やネットで騒がれているような話は子供達の中でも話題になるのだなぁ、と可笑しかったです。

さて、10月28日=日本時間の10月29日。
コルマンインデックス終了と言われている日だそうで。
コルマン博士の本を読んだ事がないので私にはさっぱりわかりませんが、一体何がどう変わるのでしょう?

今日札幌ではこのコルマンデインデックスに関するセミナーがあるようです。
一度は申し込もうかなとも思いました。
でも、今さら人の話を聞いて何になるのか?
自分の答えは自分の中にしか見つけられないんだし。。。
そう思ったのでやめておきました。
千賀さんがいらっしゃるのならきっと参加していたかと思いますが。^^;

せっかく不思議な友人から教わったこと(ヒント)を私は生かせているのだろうか?
さっぱり私の意識が進化していない事を彼女は「何してるのヨー」、と歯がゆく思ってるだろうな。
何をどうしたらいいのか、今のままでいいのか全然ダメなのかそれさえもわかりません。

以前私が陰謀論にドップリだった頃。
その友人に、「この変てこな世界を変えたいなんて大きな事を考えるヒマがあったら、まず身近な人を大事にする事だよー」と言われ、ドキリとした事がありました。
その個人の集まりが地域を作り、国を作り、世界を作るんだよ。
大きなことは小さな事の積み重ね。小さい事こそ、身近な事こそ大切なんだよ。
すべては意識、一人一人の意識が変わればそれが集合意識の大きな変化になるのだから、と。
あの時はとっても恥かしかったです。
でも教えてもらえて本当に良かった。

集合意識の力はかなり大きいようです。
でもそれは元は個々の集まりでしかないから、やはり個人がしっかりする事が一番大事なんですね。
各々がをどうなりたいと望み、どんな未来を想像(創造)し、選ぶのか。

私は自分が生まれてきた意味(課題・使命)を思い出そうとしていますが、まだまだです。
何を思って(誓って)ここへ来たのか。
全ての人が何かを決めて、この地球へきているのは間違いないと思っています。
でも、多くの人がそれを思い出せないでいる。そんな誓いがあったことすら忘れている人の方が多いかも知れませんね。
私の場合、妄想が一人歩きするばかりで確証はいまだ得られずです。

友人から、「あなたは敏感なんだよ」と言われた事がありますが、それまでは自分はかなり鈍感なほうだと思っていました。
いかに垢にまみれて感度が鈍くなっていたのか、と反省しました。
以前音響療法に行った時、サロンの方からこんな話を聞きました。
自分のアンテナがしっかり立っている人は正しい選択が出来、尚且つ自分に必要な情報に繋がりやすいので、ここへ来た○○さんは、きっとそのアンテナが立っているのだと思いますよー、と。
(アンテナの話は、わの舞の時に千賀さんも同じようにおっしゃっていました。)

何とも照れくさかったです。
でも、私は失敗ばかりだし、間違ってばかりだし、子供達からもアホだねぇと言われるし、人間小さいし、年の割りに成長してないのも自覚しているし、本当に情けない事数限りなく。
それでも自分の課題を思い出したくて、もう少しヒントが欲しくて本を読んだりブログ読んだりしてました。
私のアンテナは時々違う周波数のものも拾ってきてしまう。
きっと先っぽが曲がっているか、錆びているのだろうな。

手っ取り早く友人に聞いちゃおう、なんて思う時もあるけれど、そんなズルをしたら結局何にもならないんだろうな、とも思い直す日々です。
第一友人は、そんなに甘い人ではない。

「今日明日は何かの転換期かもしれない」と言う事を頭に置いて、いつも以上に前向きに思考を保っていたいと思います。
地球人として、明るい未来を選択する集合意識の一部になれますように。






posted by マメコ at 11:28| 北海道 ☔| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

オイカイワタチの原書

先日読んだ「宇宙からの黙示録 オイカイワタチとは何か」
過去記事はコチラ
とっても興味深かったので原書を借りてみました。

その名も「オイカイワタチ」全5巻。
とりあえず一巻を読み終えました。
P1070455(1).JPG

前回の本より詳細に宇宙人からのメッセージの内容など書かれいます。
オリオンやルシファーの話もあります。
金星の長老=サナンダ=イエス・キリストとも。。。
太陽系の話や太陽の秘密(真実)なども書かれていて鳥肌の連続です。

この本、残念ながら非売品のようですが、図書館にはありましたよー。
あまり借りられていないようで、新品同様でした。
ネット上にもアップされています。http://oikaiwatachi.jp/zen5/zen5.html

宇宙に興味のある方、もしや自分も・・?と少しでもお思いの方にもおすすめします。^^;




posted by マメコ at 10:26| 北海道 ☔| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

エレニン彗星

朝から爽やかな秋晴れです。
うーん、気持ちいい。

最近眠くて眠くてたまりません。
日中ソファで本を読んでいると必ずというくらい寝てしまいます。
昨日は石けん作りをしていたのですが、20分の攪拌中にもうっかり寝てしまいそうになるくらいでした。
どうしてこんなに眠いの?

さてさて、9月26日がやってまいりましたね。
関心のある方は気になっている例の日です。

そう、エレニン彗星と地球と太陽が一直線に並ぶと言われている日。
:9/27 追記:
どうやら遅れているようですね。並ぶのはこれからみたい。

エレニン彗星を発見したと言うロシア人やNASAがエレニン彗星は9/11太陽フレアにより消滅した、と発表したようですが、本当のところどうなんでしょう。
彗星探検家の木内鶴彦氏はエレニン彗星は直径3キロほどだから地球に影響はないとおっしゃっていたみたいだし。
一方で「エレニン彗星は、実は巨大な宇宙船のようだ」との説もあり、なかなか賑やかな事になっています。
どれを信じるかは自由ですからね。
私は宇宙船説に一票。^^

先日不思議な友人にエレニン彗星の正体について問い合わせをしましたが、未だ応答なし。
返事が来ないのは地球には影響が無いと言う事なのか、はたまた「おバカなこと言ってないで、やることあるでしょ!」という叱咤の沈黙なのか、はたまた言えない事柄なのか。。。
主人には「きっと○○さん、呆れているんだろうよ」と言われました。
その線もあるでしょう。^^;

でも気になるじゃない。
気にならないの?
信じられないゎ〜。

主人はそういう話好きなくせに、現実にどうかとなるとてんで受け入れず、話が噛み合いません。
最近だって「V(ビジター)」のDVD借りてきてはせっせと観てるのに。
頼むから洗脳されないでちょーだいヨ。

ここへ来て巨大宇宙船説があちこちで囁かれ始めているのが面白いです。
「シリウス文明〜」のカガリさんはだいぶ前から宇宙船だと言っておられました。
天下泰平さんでもわかりやすい解説をされています。
私はロマンを感じて、ワクワクしています。いつだって能天気です。

昨夜カガリさんの日記が5日分まとめてアップされたのをドキドキしながら一気読みして、何気なく夜空を見上げました。

あれ、月が出てるの?と思うほど大きく明るい星が真上に一つ。
しばらく見ていると、その少し下に謎の発光体。。。
光っては消え、また光っては消え。
不規則にジグザグに移動しながらまた光って、まるで遊んでいるようでした。
この話は家族にはしていません。
どうせ、アホ呼ばわりされるだけだから。☆
そして日中眠いなら早く寝なさいと叱られそうで。。。
最近うたた寝してても夢にUFOが現れたり、何だか賑やかです。

太陽の活動がこのところ活発で、何やら大きな物体が近づいて来ているかもしれなくて、私達地球人は決して孤独なんかではなくて、宇宙の一員なんだと感じずにいられません。
ニニギさんのいう天体ショーも何が起こるのか楽しみです。
それは10月4日あたりなのかな?
10月末には何か大きな変化がありそうですね。

秋の夜長、空を眺めていると色んな発見があるかも知れません。
日中だって空に浮かぶ雲から何かを感じるかも。
以前、不思議な友人も言っていました。
「みんな、もっと空を見るといいのに」って。







posted by マメコ at 10:04| 北海道 ☔| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

メッセージ

数日前、ニニギさんの日記のコメ欄に寄せられていたブログ情報。

小学生の坊やがとあるお方(地震の神様?)から受け取っているメッセージのお話です。
伊勢女さんのみたヴィジョンと重なる部分も多いように思えます。
私も数回地震の夢を見、主人も何やら見ていてとても気になっています。
一つの心構えとして知っておいたらいいかもと思い、紹介させていただきます。

「煽るな」と仰る方はどうぞスルーして下さいね。

http://ameblo.jp/kotezo-angel/

なるべくその時期、危険とされる場所に近寄らなければいいのだと思います。
海沿い・地下鉄・地下街。。。

多くの人がそのことに意識を向けて備えると、回避されると聞きます。
私もそう思います。







posted by マメコ at 09:54| 北海道 ☁| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

窓が開く日

今日は7月11日。
あの震災から、もう4ヶ月が過ぎたのですね。
被災された多くの方々に心からお見舞い申し上げます。

11日と言えば以前不思議な友人から聞いた話を思い出します。

毎月11日は、窓が開く日。
だから特別な日。
個人の膿、社会の膿、隠していた事など諸々表に出てくる日でもある。
特に1月11日は重要だよ。。。

ネット上では、9.11と&3.11、これはテロだ!人工地震だ!と言っている人が大勢います。
9.11はもちろん自作自演。
だけど3.11の地震は果たして人工なのか。。。

11日に大きく揺れたのは何か大きな意味があったのでは?とつい考えてしまうのです。
それは意識の目覚めを促す地球からのシグナルではなかったのか。
テロだテロだと騒いでいたら、いつまでたっても気付かない。

毎月11日は、とても気になる日。



posted by マメコ at 10:15| 北海道 ☁| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

50音と染色体の数のナゾ

今日も、不思議な友人から聞いた謎めいたお話を。

友人宅にお邪魔したある日のこと、その日は蓄膿症の治療の予定でした。
ところが、友人は私の顔を見るなり、「色々聞きたいんでしょ?」とニヤリ。
そこで、蓄膿症の事は置いておいて机に向かい合って座り、彼女は何やら紙に書き出しました。

チャクラの話、体のどの部分が何と繋がっているかの話。
日本語の不思議。
そして彼女は日本語は宇宙語だと言いました。

友 「日本語の50語。
   実際はや行の「い・え」わ行の「う」がだぶっているから、3語引くと、47音。
   この数、何かわかる?」

私 「はいっ、手(パー)都道府県の数!」と自信満々に答えました。

友 「違うよ、染色体の数だよ」

私 「そっか、染色体ね。(汗)     ん・・・?」

その時は私も自信がなくて、47=染色体にあっさり納得してしまいました。
でも帰ってきてから気になって調べたら、

ヒトの2倍体細胞は、22対の常染色体と1対の性染色体、計46本の染色体を持つ。性染色体の組み合わせは女性では2本のX染色体、男性ではX染色体とY染色体1本ずつとなっている。
と。(wikiより)

そうだよね。染色体は46本だよね。
何で47?
また新たな謎だ。

最近DNAについて、こんな話が聞かれます。
一般常識では2重構造とされるDNA。
実は3本あるのではないかと。
隠されたもう一本があるのではないかと。

RNA%20DNA.gif

ロマンです。
何だかよくわからないけれど、とにかくロマンを感じてしまいます。

もしや染色体もこれと同じ話か!と勝手に妄想しております。
それとも友人の言い間違いか。
いずれにしても、私の蓄膿症はそのまま。

ちょっと思い出したので書いてみました。
いつもながら、突っ込まれても困りま〜す。^^;

注:広辞苑によると、

あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも

らりるれろ
わゐゑを で50音と数えているそうです。

い・う・え」がだぶっているので、音は全部で47。
「ん」は50音の中に入らないのだそう。
「ゐ」「ゑ」は、昔は別の発音をしていたとか。



 
posted by マメコ at 11:13| 北海道 🌁| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

ビックリな話。。。

気になっている話。
ビックリな話、です。

昨年の夏、不思議な友人から聞いた話です。
入院中の母を連れ出して、友人に会いに行きました。
病気の話、薬の話、思考パターンの話などなど沢山のアドバイスをもらい、手足の指先の血管の詰まりをとる施術をちょちょいと受けました。
その最中、私と友人は不思議話で盛り上がっていました。

何の話題からか、イエスキリストの話になりました。
母はクリスチャン(プロテスタント)です。
そのことは、友人も知っています(わかっています)。

友人は、聖徳太子=イエスキリストだと言い出しました。

友「イエスはどこで生まれたんだっけ?」
私「ベツレヘム」
友「いやいや、そうじゃなくてさ」
私「馬小屋?」
友「そう」
友「聖徳太子は?」
私「厩戸・・・?」
友「そう」

ヘェッ???
母も隣でうつむいたまま...。

あまりにビックリし過ぎて、それ以上突っ込んで聞けませんでした。
母もいるので、あまり驚かせてはいけないとも思いました。
この場はこれくらいにして、続きは今度二人の時にじっくりと。

で、そんな事ありえるのだろうか?
年代が違う。
人種が違う。
国が違う。
今まで習ってきた話と、あまりに違いすぎる。

でも、以前友人は、
「日本の歴史は嘘だらけだよ。
日本人ほど自国の正しい歴史を知らない国民はいないよ。
本当の歴史はすごいよ。」
そんな事を言っていました。
それを思うと、ありえない話でもないのかも知れません。
ちなみに、友人はどういうわけか、地球創世の歴史から知っています。
本や他人から聞いて得た知識ではなく、ハイヤーセルフから、教わっているそうです。
(いつか本を出す事になるかも、と言っていました。)^^

イエスが日本に来たとか、いやもともと日本人だとか、縄文人だとか、沖縄の人だとか、青森にお墓があるとか、いやそれは弟のお墓だとか、磔になったのは別人だとか、聖徳太子は双子だとか。。。
色んな説を本で読んだ事があります。
これだけ謎に満ちているという事は、やはり真実が別に隠されているという事を意味するのかも知れません。

その後、シリウス文明のカガリ氏の、「この二人は同一人物じゃないよー」なんてタイムリー過ぎる記事を読み、更に?となりましたが、
所詮私に本当の事などわかるはずがありません。
友人だって時には間違える事もあると思うし、
そもそもシリウス文明さんが、違うのかもしれないし。。。 (タイミング良過ぎて怖かった)

敢えてクリスチャンの母の前でこの話をしたのが、解せなかったのです。
何か意味があったのかな。
友人は、「カトリックじゃないだけ、まだマシです」って母を前にして、
ズバッと言い放ちました。^^;
「マシ」ってアナタ...。
確かに、カトリックは『超』が付くくらい、おぞましいけど。
まっ、どっちも似たようなものか。
このイエス=聖徳太子の話の続きは、いつかキチンと聞いておこうと思います。
ここがクリアできたら、芋蔓式に真実がわかってくるかも。

ちなみに私は無宗教です。
「宗教はインチキ」こういう認識でいます。
母には悪いけど、キリスト教も同様に。
子どもの頃は、日曜日のたびに教会へ連れて行かれました。
嫌で嫌で仕方なかったです。
キリスト教の事はよく知りません。興味もありません。
今じゃ、教会へは親族のお葬式の時に行くくらいでしょうか。
違和感バシバシ感じます。
私は毎朝主人と二人で先祖供養をしています。
これだけでいいと思っています。

もうひとつ、興味深い話。
北斗七星とハワイ諸島についてです。
友人曰く、この二つは深い関係があるのだそうです。
「位置が一緒なんだよーっ」と言っていました。
そして、ハワイは地球にとって、とても大事な所だそうです。
エネルギーが満ちている場所。

そういえば、ピラミッドとオリオン座も何やら関係があるって話がありますね。
ギザの三大ピラミッドの位置が、オリオン座の中心の三つ星と、同じ位置にあるという説です。
星と島々、星とオーパーツとのリンク。
一体どんな謎が隠されているのでしょう。

dipper.jpg
http://0ban.com/yook/index.html さんより拝借

Hawaii-Islands-Map.gif


平将門も、北斗七星とリンクしているそうです。

向きが逆ですが、形として捉えて下さいませ。
見事な柄杓型です。。。
この位置関係は、偶然じゃないでしょうね。

toukyo5.jpg

1本気新聞さんより拝借

知りたいことがまだまだ沢山あって、興味は尽きません。








posted by マメコ at 10:24| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする