2020年04月07日

豆乳甘酒

麹甘酒がマイブームですが、甘くない豆乳甘酒の方も作ってみました。




材料はコチラ。

P3317025.JPG

豆乳1本(1L)と米こうじを炊飯器に入れ、8時間保温してみました。
濃くなりそうな気がしたので水を400ccプラスしています。(水は入れても入れなくてもお好みで)


P3317028.JPG

前回の麹甘酒よりサラサラ。

P4017036.JPG

何ですか?コレ、とっても美味しい。
豆乳が苦手なオットは今までの麹甘酒の方が好みみたいですが、ほんのり甘くて寧ろ私はこちらの方が好みでした。
リピ決定です。
おかゆを炊かずに作れるので手軽ですし。
水400cc足したのは少し多かったか、はたまたもう少し長く保温すれば良かったか?
この辺を次回調整して、好みの濃度や風味を見つけるとします。





posted by マメコ at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2020年04月05日

緑茶を飲もうと思う。

コンニチハ。

人気ブログ「In Deep」さんから耳より情報です。
「緑茶は、新型コロナウイルス対策にものすごくいいかもしれません」
とのこと。
是非ともこの記事をじっくり読んでみて下さい。

一部引用させていただきます。

治療薬として有望なクロロキン等より「緑茶に含まれるエピガロカテキンガレートのほうが新型コロナウイルスへの抗ウイルス作用がはるかに高い」ことが公開された論文で判明。

新型コロナウイルスに有効な成分(効果の高い順)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. エピガロカテキンガレート (緑茶)
2. クルクミン (ウコン)
3. アピゲニン (パセリ、セロリ、グァバ)
4. ベータグルカン (きのこ類、最も多いのは、ハナビラタケ)
5. ミリセチン (クルミ、ブドウ、ベリー類)
6. ケルセチン (たまねぎ、そば、りんご)
7. ピペリン (黒コショウ)
8. ゲニステイン (大豆)
9. ジアゼイン (大豆)
10. フェルラ酸 (コメ、大麦、小麦)
11. アリイン (ニンニク)
12. リポ酸 (牛・豚のレバー、腎臓、心臓)
13. レスベラトロール (ぶどう、赤ワイン)
14. グルコサミン (カニ、エビ)
15. ジンゲロール (生姜)
16. スルフォラフリン (ブロッコリー)
17. アリシン (ニンニク、玉ネギ)

(参考までに)
18. レムデシビル (抗ウイルス薬)
19. クロロキン (抗ウイルス薬)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

19位のクロロキンと言えば、トランプさんが、この医薬品が「ゲームチェンジャー(状況を一変させるもの)」になると、期待を寄せていた成分ですね。

副作用の心配がある期待の抗ウイルス薬(18・19位)よりも、緑茶に含まれるエピガロカテキンガレートやウコンに含まれるやクルクミンなどのほうが、新型コロナウイルスに有効であるとは驚いちゃう。
薬より効くお茶。
1〜17までの材料でカレーとサラダを作って食後に緑茶。
身近な食材ばかりだから意外と簡単そうですね。

エピガロカテキンガレートは紅茶やウーロン茶にはなく、緑茶のみに含まれるって言うのだから凄い話。
普段お茶と言えば3年番茶を飲んでいますが、早速スーパーでお手頃な緑茶を幾つか買ってきました。

P4057052.JPG

この他にも海苔や海藻など、日本人が普段よく口にする食材がやっぱり良さそうです。
日本食がやっぱり良かったとか、BCGも日本株(Tokyo172)が良かったとか、
これは偶然なのか、それとも必然なのか?

お偉いさん方はしょうもない有様だけど、
『日本はもっと大きな何かに守られている』そう思わずにいられません。








posted by マメコ at 15:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2020年03月29日

味覚と栄養

こんにちは。
北海道は4週連続で出された外出自粛要請が解除されましたが、まだまだ油断できない感じがしています。
なので、引き続き外出自粛して引きこもり中。

プロ野球選手から、「味や匂いがなくなった」
こんな話が出てきましたね。

亜鉛不足によって味がわからなくなることはよくあります。

あるお医者さんが、
『新型コロナウイルスに罹患すると、体内の亜鉛がウイルスと戦う免疫系に優先的に供され、味を感じる味蕾細胞への供給が後手後手にまわるのかもしれない』とおっしゃっていました。
また、『オーソモレキュラー学会が、今回の新型ウイルス予防に推奨するビタミン・ミネラルとして亜鉛を挙げているのは、やはり正しかったと言えそうだ。』とも。

オーソモレキュラー学会が、1月にコロナウィルス対策に出した緊急提言を今一度見てみましょう。

「国際オーソモレキュラー医学会ニュース」 01177.pdf

国際オーソモレキュラー医学会が推奨するウイルス感染の予防や症状緩和のための栄養療法は以下の通り。

・ビタミンC:3,000mg /日 (またはそれ以上。分けて服用。)
・ビタミンD3:2,000IU /日 (1日5,000IUで開始、2週間後から2,000IUに減量。 )
・マグネシウム:400 mg /日(クエン酸マグネシウム、リンゴ酸マグネシウム、 マグネシウムキレート、または塩化マグネシウム)
・亜鉛:20 mg/日
・セレン:100 μg /日
※ビタミンC と同時に、ビタミンDの摂取推奨

オーソモレキュラーとは、日本では分子栄養学の事です。
ネットでオーソモレキュラーを検索すると、「怪しい」とか「胡散臭い」なんて単語が出てきます。
実際、私も以前似たような印象を持った出来事がありました。

10年前母が重度の鬱になり、入院中の多剤処方による薬害にあった事があります。
そんな苦い経験から、分子栄養学の書籍を読んで栄養に関心を持った時期がありました。
退院後分子栄養学の血液検査を受けて、母の体に何が足りていないのかを細かく調べてもらったところ、タンパク不足と出て、ビタミンの服用も一緒に勧められました。
ただ、その医院で紹介されたサプリがあまりにも高額(月5〜6万円)だったのには驚いてしまいました。
お腹を満たしてくれるわけでもないサプリが、食費よりもかかるのかと疑問に思ったのも事実。
私たちはサプリにあまり馴染みがなかったので、食事での改善を目指す事にし、卵をせっせと食べたり、たんぱく質を多めに摂るようにしたり、なるべく太陽を浴びるように努めました。
時間はかかりましたが、今では見違えるほど元気になりました。
80歳の現在、一人で公共交通機関を利用して外出できるまで改善しています。

そんなわけで、医院によっては高額なサプリをすすめてきます。
分子栄養学(オーソモレキュラー)が胡散臭いわけではなく、それを利用して高額なサプリで儲けようとする医院が存在すると言うだけです。
そこは慎重に見極めた方がいいです。
あの頃はサプリは高いものと思い込んでいましたが、藤川先生の書籍を読んで、ネットで購入出来る手ごろなサプリでも十分効果が期待できると知り、最近はiHerbでサプリを購入しています。
また、健康な体を維持するためにはたんぱく質がとても重要だと知り、プロティンも飲むようになりました。

分子栄養学は、物理学者の三石巌先生が日本での第一人者で、その三石理論を継承する藤川先生のこちらの本は、とても読みやすいです。

P2276946.JPG

医師や薬に頼らない! すべての不調は自分で治せる

更にこの本の良い所は、
先生が実際購入されているサプリの写真が掲載されている点です。

P3297022.JPG

P3297023.JPG

P3297024.JPG

初心者にとって、これはとてもありがたい。
この写真を頼りにiHerbに行けば、目的の商品にたどり着けます。
含有量が色々ありますのでそこは注意。
タブレットやカプセルなど、形態が異なるラインアップがあったり、容量の違い(大瓶・小瓶)もあります。
在庫切れだったら他メーカーを選んでも問題ないのでそこは柔軟に。

21世紀のこの日本で栄養不足が起きているなんて信じられない、と思われるかも知れませんが、
元気が出ない原因は鉄不足かも知れない、
たんぱく質が足りていなかったかもしれない、
ビタミン不足や、甘いものや糖質の摂り過ぎが不調の原因かもしれない、
と、気付くことがあるでしょう。
人によって体質が違うので、優先順位・改善順位も人それぞれだそうです。

この本で初めて知ったのですが、そもそもお医者さんは栄養に関して殆ど学ばれていないのだそう。
あくまでも対症療法で治す事しか知らない。
ビタミンCやたんぱく質やミネラルが体にどう作用するかの知識をお持ちではない方が多いそうなので、かかりつけのお医者さんに栄養について質問しても多分時間のムダ。
自分で勉強したほうが早いそうです。

実際母が入院・通院でお世話になった先生方に栄養に関する質問をしても、空振りの連続でした。
誰よりお医者さんが薬で治ると思い込んでいるのだから、無理もない。(実はこれが怖い事で)
このギャップは相当なものでした。

また、数年前私に突然蕁麻疹が出た時、痒みに耐えかねて近くの内科に行くと、先生は私の前で本を広げて調べ始め(多分専門外)、薬を処方してくれました。
残念ながらその薬は全く効きません。
痒がる私を見かねたオットがスーパーの中の薬局に行って相談したところ、薬剤師さんが「それなら肝臓が弱っているのかも知れませんね」と、肝臓を元気にするサプリのサンプルを幾つか下さいました。
試しにとそのサンプルを飲んでみたところ、蕁麻疹は数時間後には収まっていました。
あれほど痒かったのが嘘みたいに引いて行ったのです。
お医者さんよりも、薬局の薬剤師さんの見立ての方が頼りになるという現実。

また、息子の手に出来たイボ。
皮膚科の薬や窒素では治らなかった息子のイボが、ちょっと有難いミネラル水を数回飲んだだけで完治した事もありました。
半年通院しても治らなかったイボでしたが、治る時はあっという間。
その後も再発はしていない様子。
ミネラルの何かが不足していたのかも知れません。
そんな数々の経験から、薬による対処療法よりも症状が出た原因にフォーカスする方が私にはしっくりきます。

安価なビタミンCやミネラルや栄養で病気が治ってしまっては困るのは、
医学・製薬業界・栄養士の皆さまだそう。
執拗なまでに分子栄養学を否定して「インチキ」だと発信しているのは、そういう組織に属する方々なのでしょう。

『Doctor Yourself』(あなたがあなた自身の医師)
by アンドリュー・W・ソウル

こんな時だからこそ、体の仕組みを理解して免疫力を上げる事が、
最大の防御になるのではないかと思うのです。




posted by マメコ at 14:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2020年03月15日

飲んではいけない薬 

こんなニュースが出ていました。

『コロナウイルスにかかったら飲んではいけない薬』
フランスの厚生大臣が発表

「フランスの厚生大臣オリヴィエ・ヴェラン氏が、コロナウイルスに関して、イブプロフェンを服用しないほうがよいと推奨した。
イブプロフェンとは、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)に属する。これは、炎症や痛みなどを抑え、熱を下げるために使われるものだ。しかしこの薬は、既にかかっている感染症を悪化させ、合併症を伴わせる可能性があるのだという。(筆者注:イブプロフェンは市販の薬に使われている)
参照記事:非ステロイド性抗炎症薬 (内服薬・注射剤)の解説(日経メディカル)
厚生大臣は、自身のツイッターで、「コロナウイルス:感染者が(イブプロフェンやコルチゾンなどの)抗炎症薬を服用することは、感染を悪化させる要因になる可能性があります。発熱がある場合は、パラセタモール(別名:アセトアミノフェン)を服用してください」「すでに抗炎症薬を服用している場合、または疑わしい場合は、あなたの医師に助言を求めてください」とメッセージを送った。

複数の医者が、発熱のためにイブプロフェンを服用した後、併存疾患がないのにもかかわらず、重篤な状態に陥ったコロナウイルスの若い患者の例を挙げているという。
このためフランスでは、非ステロイド性抗炎症薬は、「薬と健康製品の安全性に関する国家機関(ANSM)」からの警告の後、1月15日以降は薬局では自由に買うことができなくなっている。
同じことは、パラセタモールを含む医薬品にも当てはまる。
パラセタモールはあまりにも多く服用すると、重大な肝臓障害を引き起こす可能性があるもので、時には致命症になりかねないという。
上記の情報は、AFP通信が報じた記事を、ル・モンドが掲載したものである。」
https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20200315-00167830/


このニュースが事実ならば、一刻も早く日本でも周知徹底して欲しいところだけれど、厚生労働省は何か発表したでしょうか?
イブプロフェン配合って、よくCMで耳にしますよね。
そういえば、最近風邪薬のCMを殆ど見なくなったけど、何か妙な気がしてならない。
面倒な事になる前にこっそり引っ込めたの?
風邪薬を飲む習慣のある方は、念のため成分をチェックされたほうがいいかも知れません。

オリーブオイル(エキストラバージンオイル)に含まれる物質「Oleocanthal(オレオカンタール)」も、イブプロフェンと同じような抗炎症作用があることが証明されているようです。
コロナとオリーブオイルはもしかすると相性が悪いのかもと、イタリアの感染爆発から感じてしまう。
※「オレオカンタール」は、非加熱のエキストラバージンオイルのみに含まれます。

そもそも、風邪薬で風邪は治りませんよね。
風邪薬には解熱・鎮痛効果があるだけで、結局は、人間の体が持つ免疫力(自然治癒力)で治っていくもの。
そんな免疫力を高めてくれるのが、緑黄食野菜やきのこ、発酵食品など。(身近なビタミンCやDなど)

こんな記事もご参考に。
https://article.auone.jp/detail/1/2/2/124_2_r_20200308_1583634822100845
ビタミンCについての、わかりやすい動画です。https://youtu.be/rf-5oT0ZOek

ビタミンCは少量では効果は得られないようです。
血中濃度がポイントです。←ここ大事
最近オットも私も風邪をひいていないので、このビタミンC最強説が果たして本当なのかどうかまだよくわかりませんが、予防のために引き続き摂取します。

コンビニやドラッグストア、ネットでなどで購入して、お薬の代わりに備えておくと安心ですね。
というわけで、今日もまたiHerbから荷物が届きました。

P3167006.JPG

オットの飛蚊症対策・眼精疲労対策に、アスタキサンチン。
コンビニで購入したルティンを飲んでいたようですが、飛蚊症が全く改善されないと言うので調べてみたところ、アスタキサンチンがヒットしました。
一時期化粧品でも話題になったアレです。
「脳血液関門」と呼ばれる関所を通過し、目の血管まで辿り着ける稀有な物質らしい。
2瓶飲み終えた頃までに何か良い変化があれば、リピートするそうです。
私もついでにいただくとしよう。(美容方面に期待
他はビタミンC・Dの補充と、前回買い忘れた亜鉛など。

韓国からの便が関空と成田の2か所のみになった影響なのか、今回は注文してから届くまでに10日かかっています。
送料も大幅に上がりました。
今後もしばらくは遅延が予想されるようです。









posted by マメコ at 16:55| 北海道 ☔| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

麹甘酒

飲む点滴と言われている、麹甘酒作りがマイブームです。

こちらの動画を参考にさせてもらいました。




近所のスーパーで麹(乾燥2種と冷蔵タイプの1種)を買って来て、
食べきっては作って、只今2周目に突入。

P2216922.JPG

乾燥タイプでも冷蔵タイプでも、同じように美味しく出来ました。
袋の裏に書かれている通りに作れば大丈夫。
ただ、冷蔵タイプ(左上)はお粥を作る時の水の量は3カップとなっていますが、これだと混ぜ辛いし仕上がりもややゴトゴトになってしまったので、水4カップの方が滑らかに出来るように思います。

=作り方=
お米一合に対して水4カップで炊飯器でお粥を炊きます。
お粥が50〜60度まで冷めてから米麹を入れて混ぜます。(温度が高いと麹菌が働けなくなる)
炊飯器の保温機能を使って保温します。
蓋は開けたままにして濡れ布巾をかけて、時々かき混ぜて8〜10時間放置。
夜仕込んでおくと朝には出来てます。

P2216918.JPG

完成。
粗熱を取ってから、保存容器に移し替えて冷蔵庫へ。

P2216925.JPG


毎朝これを食べるのが楽しみになっています。
もう、美味しいのなんのって。
これまでは市販のサラサラの麹甘酒を買っていましたが、甘ったるいのでレモンを加えて飲んでいました。(飲むヨーグルトっぽくなります)
手作りの方はお米の粒々感があって、甘みとほんの少しの酸味が何ともまろやかでそのままでも十分美味しいのです。
飲むって言うより食べる甘酒ですね。

手作り甘酒、しばらく続きそうです。

甘くない甘酒も更に簡単で美味しそう。




免疫力を高めて頑張りましょう。








posted by マメコ at 09:54| 北海道 ☔| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2020年03月04日

続・ビタミンC

今日もビタミンCについて。

多くの動物はビタミンCを体内で合成しますが、ごく一部の動物だけがビタミンCを体内で合成できません。

私たち『ヒト』も、ビタミンCを体内で作る事が出来ません。

それは、L-グロノラクトンオキシダーゼ(ブドウ糖をビタミンCに変換する酵素)を持ち合わせていないからだそう。(大昔に失ったらしい)
ビタミンC合成能力を失った動物種として、
ヒト、サル、コウモリ、モルモット
などがあげられます。

コウモリ?

武漢の生物研究所ではコウモリを使って生物〇器の研究していたのではないかと、そんな話があちこちから出ていますね。
どうしてコウモリなんだろうと思っていましたが、その理由が何となくわかった気がします。
コウモリを研究で使う理由、それはヒトと同じように「ビタミンC合成能力がない」からなのではないでしょうか?
こんな共通点があったとは...。
モルモット(テンジクネズミ)が古くから実験動物として使用されてきたのも、同じ理由かと。
※ そして、コウモリは発症しないらしい。(罹患しても平気)
保江さんが2月の講演会でお話された、コウモリ〇ロ計画もこれで可能なわけですね。
おまけに、あちらの人たちはコウモリを食べるって言うし。

先日のオーソモレキュラー(栄養療法)医学会からの緊急提言をもう一度確認してみましょう。

『ビタミンCはコロナウィルスから体を守る』

「身体がウイルスに攻撃された際、体の抗酸化能力および免疫力を最大化しておくことが、症状の軽 減や発症予防のために、とても大切です。
人間の体内の環境が最も重要なのです。重篤な疾患を治療 するよりも、予防に力を注ぐ方が容易であることは明確です。」
「国際オーソモレキュラー医学会ニュース」 01177.pdf

ここでもビタミンC。 

生田哲さんのこちらの本を読んだのですが、

P3047003.JPG

ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く (講談社+α新書)

コロナウィルスで糖尿病患者さんが重篤化してしまうのも、ビタミンCと関係があるような気がしてきました。
ビタミンCとブドウ糖は分子構造が似ていて、ブドウ糖運搬体(高性能ポンプ)によって細胞内部に取り込まれます。
この高性能ポンプは数に限りがあるため、ビタミンCとブドウ糖はポンプを獲得するために競争をするのだそうです。
ただ、ブドウ糖のほうがビタミンCに優先して細胞内に取り込まれる為、
血液中に糖が多い場合、ビタミンCが吸収されにくくなるのだそうです。
なので、糖尿病の人はビタミンC不足になりやすい。
なるほど。
インフルエンザに罹った時など甘いものを控えた方がいい(かえって餌になる)と言うのも、こういう理由なのでしょうね。

余談ですが、以前保江邦夫さんが糖尿病はマグネシウム不足が原因で、
マグネシウムは血液中から糖を吸い取るポンプの役割をする、とお話されていました。

諸々想像してみると、やはり身近な『ビタミンC』が健康の鍵になるような気がします。
ビタミンCは当たり前すぎて、手軽過ぎて、眉唾〜と思われるでしょうが、
新薬やワクチンに頼らずとも、私たちに必要なものはずっと前から身近にあったのかもしれません。
案外単純な事なのかも。
ビタミンCの血中濃度がカギで、少量では残念ながら効果はないようです。
予防には毎日ビタミンC3000r(3g)〜を推奨。
レモン1個分のビタミンCが50rだとすると、サプリ1000r1錠はレモン20個分になります。1日分だとその3倍。

P3036993.JPG
iHerbで諸々購入。

昔からビタミンCで成果を上げてきたお医者さんたちが居たにもかかわらず、それを偽のデータを用いて悉く潰しにかかっていた勢力がいたのも妙に納得できます。
彼らにとって、ビタミンCは不都合な存在。(笑)
今もそれは変わっていないのでしょうか?

「ビタミンCが効くとか、そんな効果はほぼないのでおまじない程度と思ったほうがいい」
今もそんな事を言うお医者さんはいるそうです。
教わらなかった事は「ない」事になり、自分で試したこともない事は「おまじない」で片づけられてしまう。

人によって合う合わないがあるでしょうから、こればかりは自分で試してみるしかありません。

コウモリは日に当たらないため、ビタミンDの濃度も低いそうです。
ビタミンDは免疫を強めるのに重要なことがわかってきており、インフルエンザ予防の有効性も言われているそうです。

北海道でコロナが流行ってしまっている一因として、日照時間が短く外はまだ雪に覆われているため、この時期あまり外に出て日に当たらない事もあるかも知れませんね。
札幌は特に、地下鉄や地下道の利用が多かったりします。
日光浴でビタミンDを増やすことに併せて、
食事やサプリメントを上手に利用して、体の中から予防するのも有効だろうと思います。
「体の抗酸化能力および免疫力を最大化しておくこと」こそが最大の防御。

※ ビタミンCの原材料のほとんどは中国で生産されているそうです。








posted by マメコ at 17:14| 北海道 ☔| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2020年03月03日

サプリが届く

コンニチハ。
注文していたサプリが、iHerbさんから届きました。

2/26の注文だったので、1週間かかりましたね。
ビタミンCの他にもまぁ色々と買い込みましたが、お手頃なnowフーズさんのものがメインだったので、関税がかからない範囲内でした。(15,500円以内)

P3036999.JPG


オーソモレキュラー学会(栄養療法)の記事を基に、

P3036984.JPG


コロナ対策用に選んだサプリがこちらです。

P3036988.JPG


ビタミンC1000r、ビタミンD3(2000IU、5000IU)、マグネシウム、セレン....
あれ?
亜鉛を買い忘れとる。(泣)

私サプリ初心者でして、同じサプリでも含有量の違うタイプが色々ある事を今回初めて知りました。
おかげで錠剤の数以外に含有量もチェックする必要があって、何度もカートに入れては訂正を繰り返して大混乱しちゃったのはここだけの話。

一日の摂取量、数字だけ見ているとチンプンカンプンですが、実物を見ると安心されると思います。
落ち着いて整理してみましょう。

ビタミンCは3000mg推奨なので、ビタミンC1000mgを3錠。(1日3回に分けて)
(家に居るときは、安価なアスコルビン酸粉末1gを摂取してます)
ビタミンDは5000IUを2週間、それ以降は2000IU推奨。
5000と2000の2種類を購入しましたが、今にして思えば1000と2000にしておけば良かったかな。

P3036993.JPG

マグネシウムは400mgなので 200mgを2錠。
これ、ちょっと大きいので飲み込みにくいです。

P3036996.JPG

亜鉛は今回なし。(お米で摂ろう)

セレンは100㎍(マイクログラム)のところ、間違えて200㎍を購入してしまいました。
幸い錠剤タイプだったので半分に割れば100μgってことで。

P3036997.JPG


取り急ぎ、ご報告でした。





posted by マメコ at 10:26| 北海道 ☔| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2020年03月02日

『ビタミンC』

緊急事態宣言が出た北海道から、コンニチハ。
この週末札幌中心部はシーンと静まり返っていたようです。
一昨年9月のブラックアウトのような静けさだったとか。

外出をなるべく控えるようにと知事さんがおっしゃいましたが、
土曜日の午前中スーパーに買い物に行くと、年末並みの混雑でした。
レジには長い列。
お米やトイレットペーパーやティッシュを購入している人も目立ちます。
食料の備蓄を皆さん意識されているように感じました。

さて、今日の本題「ビタミンC」について。
前回のオーソモレキュラー(栄養療法)学会からの提言を実践するため、サプリを摂取する事にしました。
今まで「栄養は食事から摂ればいい」と、サプリには否定的でしたが、藤川徳美先生や三石巌先生の本を読んで考えを改めました。
普段の食事で摂りきれていない栄養素がままあるようだと。
藤川徳美先生のこちらの本は目からうろこの連続でした。売れてるみたいですよ。


P2276946.JPG

医師や薬に頼らない! すべての不調は自分で治せる

病気はお医者さん(薬)が治すのではなく、自分で勉強して自分で治す。
必要な栄養素が体内にあれば、体(DNA)は勝手に治してくれる。

藤川先生のFB
https://www.facebook.com/100003189999578/posts/2706948779421429/?d=n

早速サプリをiHerbで購入。 
ビタミンC,D3,A、E、鉄、マグネシウム、セレンなどを注文しました。
2/26日に注文しましたが、海外からなのでまだ届いていません。
26日の時点で、ビタミンC1000の品切れが多かったです。
カゴに入れている間にも「在庫がありません」表示が出てしまいました。
他のメーカーのものに変更せざるを得ず、それすらノンビリしてたら無くなりそうで、今世界中の人がビタミンCを購入しようとしているような気さえしてきて、焦る焦る。
こんなスリリングな買い物も珍しい。(笑)


ビタミンCだけでも早目に飲んでおきたいと、アマゾンで安価なビタミンCの粉末タイプを購入しました。

P3026956.JPG
【1kg】高品質ビタミンC粉末100%(L-アスコルビン酸)(計量スプーン付)

1sで1.500円くらいなので、サプリを購入するよりお得感があります。

P3026958.JPG

缶に詰め替えました。
付属のスプーン擦切り一杯は、1cc(約0.8g)。
少し山盛り気味にして1g摂ります。
水だと溶けにくいので、ホットのはちみつレモンにしたり、オブラートで飲んだり、オットの仕事場で飲む分はカプセルに詰めています。

P3026959.JPG

家で飲むには、袋タイプのオブラートがとても便利で、1回分約1gが楽々入れられます。
カプセル0号だと0.4〜0.5gくらいしか入らないので、2個摂取で1g。

P3026964.JPG

ついでにカプセル詰めに使える、ミニじょうごのセットも購入。

P3026969.JPG
カプセルディスポベンリーナ

P3026973.JPG

P3026975.JPG

漏斗を使ってチマチマ詰めます。粉が詰まりやすいので、爪楊枝で突きながら押し込む感じ。
2・3個くらいなら楽しいけれど、10個作ると飽きてくる。
直接カプセルを粉の中にダイブさせて入れるのが一番簡単かな。(笑)
衛生上どうかとは思うけれど。

P3026982.JPG

ビタミンC関連の本を何冊か読んでみましたが、
『ビタミンCの有効性』については、過去に何度も医学会や製薬業界からの圧力や妨害があったと書かれていました。
特許もなく誰でも簡単に手に入れられる身近なビタミンCで、病気が治ってしまっては困る人たちが沢山いるのでしょう。

『風邪にはビタミンC』と昔からよく言われていた事ですが、どうやら血中濃度がカギのようです。
ビタミンCは多く摂っても不要なものは体外に排出され害がないそうなので、1日3000r(1gを3回)を目安に摂取していきます。

新型コロナウィルスに罹患してしまった場合、自力(自宅)で治すしかなさそうな雲行き。
ならば、『免疫を高めて、迎え撃つ』 しかないか。
そんな覚悟を持って過ごしたいと思います。










posted by マメコ at 11:09| 北海道 ☔| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

国際オーソモレキュラー医学会からの提言

国際オーソモレキュラー(栄養療法)医学会から、こんな緊急提言が出されています。

コロナウイルスの流行は、高用量のビタミンCによって劇的に流行を遅らせる、もしくは感染を止 めることができます。
過去数十年にわたり、ビタミンCの強力な抗ウイルス効果は、医療現場におい て活用されてきました。
しかしながら、ビタミンCによるこのような抗ウイルス効果、特にコロナウ イルスに対する効果的なアプローチは、メディアではあまり取り上げられることはありません。
身体がウイルスに攻撃された際、体の抗酸化能力および免疫力を最大化しておくことが、症状の軽 減や発症予防のために、とても大切です。
人間の体内の環境が最も重要なのです。重篤な疾患を治療 するよりも、予防に力を注ぐ方が容易であることは明確です。

「国際オーソモレキュラー医学会ニュース」 01177.pdf
オーソモレキュラー医学とは URL(https://isom-japan.org/

国際オーソモレキュラー医学会が推奨するウイルス感染の予防や症状緩和のための栄養療法は以下の通り。

ビタミンC:3,000mg /日 (またはそれ以上。分けて服用。)
ビタミンD3:2,000IU /日 (1日5,000IUで開始、2週間後から2,000IUに減量。 5,000IUは125μg、2,000IUは50μgに相当)
マグネシウム:400 mg /日(クエン酸マグネシウム、リンゴ酸マグネシウム、 マグネシウムキレート、または塩化マグネシウム)
亜鉛:20 mg/日
セレン:100 μg /日
※ビタミンC [1] と同時に、ビタミンD [2] 、


新型コロナウイルスは、高齢者や基礎疾患がある方のリスクが高くなると言われており、糖尿病や高血圧、心臓病などの基礎疾患を持った方々が重篤化する傾向にあるようです。
特に血糖のコントロールが良くないと免疫力が低下するため、感染を未然に防ぐためにも感染時の重症化を防ぐためにも、血糖値をできるだけ正常に保つことが大切のようです。

ビタミン・マグネシウム・亜鉛...。

以前保江邦夫さんが動画で、
『糖尿病はマグネシウム不足が原因』
とおっしゃっていました。
その対処法もお話されています。



こんな簡単に予防できる方法があるのに何故公にされないかと言えばやはりあれで、「インシュ〇ン」利権を手放したくない人たちがいるからって事のようです。
抗がん剤利権と同じですね。
医学の世界は闇だらけ。

このマグネシウムの話がとても衝撃的だったので、
早速アマゾンでマグネシウムワイヤーを購入して実験したのが、確か昨年の今頃。

P4214785.JPG
純マグネシウム99.9% ワイヤーφ1.6mmxL10m

それをコイル状に巻いてクエン酸を入れた水にポチャン。

P4194780.JPG

するとシュワシュワーとなりまして、水素(恐らく)が発生していました。
と同時に微量のマグネシウムも溶けだしているらしい。

P4194775.JPG

この水を飲んだり、ビールに入れてもっとシュワシュワさせたり、にがりを少し水に溶かして飲んだり、お豆腐をせっせと食べたり。
そんな事をして体にマグネシウムを取り込んでいましたが、あれから1年。
最近はお風呂でもマグネシウムを活用中。

マグネシウム入浴剤、エプソムソルトです。

P2226938.JPG

エプソムソルト シークリスタルス 8.8kg(2.2kgX4) 約58回分 入浴剤 岡山県産

お肌の乾燥や痒み、冷え、お腹の調子や、睡眠や、様々な症状に効果が期待できるそう。
塩ではないので、風呂釜も痛めません。
フレッシュロック(旧型・大)に入れて、(1袋2.2kgが収まります)マーナのお米計量カップ一を使用しています。

P2226928.JPG

マーナ極 お米計量カップ

エプソムソルト、体感は人それぞれでしょうが、
私の場合、調理中に油跳ねで負った火傷の痛みが早く引いたり、
雪かきでギックリ腰になりかけていたのがエプソムソルト入浴で改善したりと、気のせいではなさそうな回復を実感しています。
冷えも幾分和らいできた気もするし、オットも気に入っている様子。
マグネシウムはこれでオッケーにしておこう。

とにかく『予防』

北海道でもコロナの感染がジワジワ広がりつつある今、
サプリも利用しながら、ビタミンC・Dの摂取を特に心がけて未知のウィルスの予防に努めたいと思います。






posted by マメコ at 10:17| 北海道 ☔| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

コラーゲン

今年の春だったか、
「試してガッテン」で、コラーゲンの新事実みたいな放送がありました。

今まで、
『コラーゲンを摂取しても体内でコラーゲンは増えない』、
こういった説を信じていた私ですが、
この放送を見てから180度考えを変え、「コラーゲン摂ろう」となりましたょ。

初めは舞華のフィッシュコラーゲンを何回か注文しました。
もう一度試してガッテンの録画を見直してみると、
番組内で取材を受けていた企業や商品名が出ているじゃないですか。

「新田ゼラチン」さんでした。
放送の中で、ゼラチンでも十分効果アリとのこと。
たまたま新田さんのゼラチン、ニューシルバーが家にあったので、
早速コーヒーに入れたり、お味噌汁に入れたりして、せっせと使い切り、
その後、コラーゲンプロという商品を知りました。
ゼラチンより溶けやすく、使いやすいです。

と言うわけで、これをもう何度もリピートしています。



ゼラチンの大袋も購入しました。
ココナッツミルクのゼリーを、この夏せっせと作って食べました。

これはコーヒーとの2層パターン。

P6014438.JPG


爪が伸びるのが早くなり、掌がツルツルになった気がします。
皮膚はもちろん、骨や軟骨の元にもなるそうなので、
五十肩にもいいだろうと、毎朝欠かさずコーヒーに入れています。

これからの時期、例年だとそろそろ指先がカサカサし出す頃ですが、
今年はいつもと違うような気がして、
コラーゲン、やめられなくなりました。(笑)






posted by マメコ at 11:24| 北海道 ☔| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

酸素カプセル

先日、『高気圧酸素』なるものを体験してきました。
伺ったのは、円山酸素さん。

ガンの特効薬はミトコンドリア...』さんのブログで、
何度か酸素ルームの話題が取り上げられており、
酸素カプセルに興味がありました。
最近読んだ木内鶴彦さんの本に、
気圧と人体の影響についての話が出ていたのもあり、
『高気圧+酸素』を体験しに行って見ようという事に。

店内は真っ白で、エステのような、宇宙飛行士を連想させるような、
何とも面白い空間です。


カマボコ型の大型の酸素カプセルが、ドーン。
{定員20名(実際は16名まで)}
このカプセルの中で、気圧を1.3倍まで上げて、酸素増量、
全行程は1時間。

P2033535.JPG

元看護婦さんのスタッフの方が、詳しい説明をしてくれます。
まず、気圧を上げていく途中、
飛行機に乗った時のように耳がキーンとなります、と。
気圧を上げる事で血流が良くなり、酸素を増量することで、
血中酸素量が増えてなど、体に良さそうな興味深いお話が続きます。

ほー、
へー、
なるほどー、の連続。^^
サービズで作りたての水素水のサービスがあります。
これはカプセルに入る前後、どちらか選ぶことが出来ます。
カプセルに入ってしまうと途中で開けてもらう(出る事)が出来ないので、
私たちは後にしました。

特に何かの効能に期待するとかではなく、
健康オタクの好奇心で入ってみることに。

定刻通り、ドアが閉まりました。(ドキドキ)

「 Take off 」 (^▽^)/

P2033540.JPG


気圧が上がっていく途中、シューッという音がして、
一時耳がキーンとなります。
本当に飛行機の離陸時のよう。

カプセルの中は思った以上に広く、
電車の座席のような長椅子に、向かい合って座ります。
明るいカプセル内では
飲み物も飲めるし、スマホも見れるし、雑誌や本も読める。
会話もOK、空いていれば座席に寝転んでもいいそう。
快適です。

P2033542.JPG

P2033550.JPG


持ち込んだペットボトル(中は水)が、気圧の影響で三角形に変形していきます。
ふたを開けるとシュッと音がする。
実は人体もほんの少し細くなっているらしい。(実感はナシ)

P2033541.JPG


ご一緒した男性の方にお聞きしたところによると、
月に何度か来られるそうで、(フルマラソンに参加される方)
毎回とても効果を実感されているそう。
特に目に変化があるとおっしゃっていました。(視界がハッキリするそう)
疲れや二日酔いにもいいですよと。

終わりが近づき、今度は気圧が下げられ再び、シューッ。
多少耳がキーンとなりましたが、上がるときほどは気にならず。
静かになり、ドアが開きました。

無事、生還。^^

P2033547.JPG


お店の方のお話では、アスリートの方がよく利用されているとのことでした。
疲労回復や、けがの治りが早くなるなどの理由だとか。
北海道マラソンの前後は特に利用が増え、
逆に今頃は比較的空いているのだそう。
酸素療法は、現在様々な治療に役立てられているそうです。
水素は体内の活性酸素とドッキングして水になって、体の外に出ていきます。
デトックス効果ですね。
酸素は血液によって運ばれて、体のすみずみの細胞を活性化。
うむ、理にかなっているな〜。


その後近くのクロッシュさんでカレーを食べ、
後ろのお客さんのスケールの大きな会話に思わず振り返り、^^
ホームセンターでキャンプに使えそうな暖房器具の下見をし、
いつもの公園で雪中ウォーキングを3キロ。

P2033555.JPG

いいお天気。おまけに明るい陽ざし。
ということは、高気圧です。
なるほど晴れの日は酸素が多くて、気持ちがいいわけだ。


鈍感な私たちは、
酸素カプセから出た直後特に何も感じる事は無かったのですが、
家に帰ってきてから、調子がいいかもと気付きました。
普段より、血中を酸素が多く流れだおかげ(隅々まで血液が流れた)なのか、
疲れを感じず、末端も冷えていません。
休まず恵方巻の準備をし、夜まで元気が続き、豆まきもしました。
オットもテキパキ、何やらよく働く一日でありました。^^

たまに見かける一人用のカプセルは、
閉所恐怖症の私には怖くて、とても入る気になりませんが、
大型のカマボコ型のこちらのタイプは、その点安心でした。

円山酸素 http://maruyama-o2.com/





posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

ミネラルの話

今から15年前、父をガンで亡くし、
その後母が鬱になり、
信頼できる友人からの助言のおかげで、
医療のインチキや、薬の怖さを知ることが出来ました。

我が家では何か不調が出た時、
極力不自然なモノ(薬)を避けて、自然なもので改善する方法を選びます。
インフルエンザワクチンの怖さを聞いてからは、打っていません。
自分たちの体に元々備わっている、自然治癒力に期待しています。

肩こりが辛いと訴えるオットと、久しぶりに陶板浴に行ってきました。
ゆっくりじんわり芯まで温まって、コリもほぐれた様子。
体を温める事、免疫力を上げる事、極力余計な(薬、添加物、化学物質など)
ものを体に入れない事が大事かなと思います。

昨年春から、オットと毎朝『希望の命水』(ミネラル水)を飲んでいます。
72種類以上のミネラルがバランスよく含まれているそう。
2リットル入りを定期購入し、
一人分30ccをコップ一杯の水で薄めて飲んでいます。(酸っぱいので)
2人で飲んで、1ヵ月で少し残るくらい。
この命水は、以前misaさんのブログで何度か紹介され、
サンプルをいただく機会がありました。
その時は、同封された書類を殆ど読まずに終了。(ゴメンナサイ)
その後社長さんのぶっ飛びブログのファンになり、(社長さんブログはコチラ■ )
二度目のサンプル試飲の機会に恵まれました。
この時は、書類を隅から隅までじっくり読みました。
『足りないものを補い、要らないものを排出する』
このシンプルな説明に、定期購入を決めたのでした。

原発事故以降、健康について考える事が増えました。
自分たちの健康ももちろんですが、息子たちの将来を考えると、
色々心配になってしまいます。
口に入れるものを真剣に選んでいかないと、そのツケが回ってきそう。
なので、ご飯を炊くときに混ぜたりしています。

私たち夫婦には特に目に見える変化はないのですが、
(爪が伸びるのが早くなったと実感するくらい)
長男にハッキリとした変化がありました。

実は一昨年の6月、長男の左手にイボが出来まして、
イボにいいという民間療法を試してみました。
残念ながら効果なし。(過去記事
その後半年以上皮膚科に通院して、何度か液体窒素で取ったり、
体質改善のためと処方された、ヨクイニン(ハト麦)を飲んでいたのですが、
なかなか改善されず、その間もイボは少しずつ増えていきました。

ハードな毎日を送っていたので、抵抗力が落ちているのではないかと思い、
昨年の5月頃だったか、試しに命水を朝食前に30cc飲まてみたところ、
3日目くらいから少しずつイボが小さくなっていき、
1週間後にはすっかりきれいになっていました。
ポロリと取れるとかではなく、自然消滅した感じでした。

これには息子本人も大層ビックリした様子。
液体窒素の治療はかなり痛いものらしく、
再発予防のためにも、疲れを感じる時などは時々命水を飲んでいます。
以降、イボは出来ていません。
また出来たとしても、命水で解決するだろうと思えるので一安心。

ミネラルは見えないところで、私たちの体の中を日々整えてくれているのだろうと
思っています。
微量ミネラルは、偏った何かを摂るのではなく、絶妙なバランスこそが大事だそうで。

命水の会社JESさんで、無料サンプルがいただけるキャンペーンが始まりました。
http://www.j-smc.co.jp/meisui-sample.html

最近読ませていただいている脳神経科のお医者さんのブログでも、
ミネラルと脳の関係について書かれていました。
鉄欠乏や、亜鉛・マグネシウムなど、
微量でも欠かすことの出来ないミネラルの大事さについて。
大いに納得できる内容でした。
原発事故による〇尿病の予防にも、ミネラルが決め手になるような話を別の場所で
読みました。
今の日本人に足りないのは(必要なのは)、やはりミネラルなのかもしれません。

命水の他に今も続けているのは、
水素風呂と、就寝時にバイオラバーアイマスク。
時々、タカダイオン。
たまに陶板浴。
そして、炊飯器にはいつも姫川薬石。(気に入っているので。^^)

他には油や調味料を見直したり。
グルテン・フリーにも興味がありますが、
こちらはなかなか実践できずにいます。
後は深い呼吸を心がけて。

健康で、毎日機嫌よく暮らすことが出来れば、
それで十分幸せかと。💮





posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

ココア&ショウガ

真冬のような寒さにも、少しずつ体が慣れてきました。
今日の最高気温は2℃。
でも寒く感じません。

家に居るときは、気温より日差しがあるかどうかのほうが大事。
日差しがあれば雪も解ける。
先日の大雪も、昨日の雨と日差しですっかり解けました。
ヨカッタ・ヨカッタ。

冬になると生姜生活を始めます。
普段はcoffee☕党ですが、冬はチャイも飲みます。
しかし、今年はココア生姜。
「むくみ腸にいいらしいぞ」と、TVでやっていた内容をオットが教えてくれました。
私は落下腸だけど?
むくみ腸という言葉自体初めて聞きましたが、落下腸の私にもココア生姜は良さそうなので、
早速試しています。
確かにポカポカ体が暖かくなって、末端の冷えにも深部の内臓の冷えにも
良い感じです。

ところが、TVの影響なのでしょうか、
近くのスーパーの純ココアの棚が空っぽ。
100g400円のココアはあっという間に飲み切ってしまうので、
製菓材料のお店で500gや1kg入りの大袋を買っています。


ココアパウダー / 1kg ココア ココアパウダー

スーパーで買うより断然お得。
家族みんなで飲んでいたら、1`もあっという間に消費してしまいます。

ショウガにはジンゲオールとショウガオールという成分があるそうで、
ジンゲオールは毛細血管に血液を行き渡らせて手足を温める事が出来ますが、
替わりに内臓を冷やしてしまうと聞いたことがあります。
ショウガオールは内臓を温めるので、その心配はない。
生の生姜を乾燥させたり熱を加えることで、ジンゲオールがショウガオールに
変化するとか。

毎朝生姜をすりおろして飲んでいましたが、
干した生姜の方が冷えにもお腹の調子にもいいそうで、せっせと生姜を干しています。

ショウガの大袋を買ったら、すかさずスライス。

PB093250 (1).JPG

PB093248.JPG

干したら、こんなにちょびっとに。

PC193405.JPG

生姜パウダーもウルトラ生姜に替えました。


高知県産 しょうが粉末100g (ウルトラショウガ)蒸気殺菌工程 乾燥生姜粉末【スプーン付】[01]


PB093242.JPG

PB093263.JPG

ウルトラ生姜は、製造段階で乾燥+加熱をしているらしい。
今までの生姜パウダーと味も香りも特に変わりはないように思いますが、
製法から、ショウガオールが多く含まれていると思われます。

冷えと腸に効くのなら、こんなに嬉しい食材はありません。
ココア+ショウガ+はちみつは、案外飲みやすくて、ミルクなしでも飲めます。
これなら、冬の間続けられそう。

それから、
今まで簡易な空気清浄機し使った事がなかった我が家。
遂に、プラズマクラスターを注文しました。
受験生の次男の部屋用です。


シャープ 加湿空気清浄機 プラズマクラスター搭載 ホワイト KC-F50-W

加湿も出来るし、これは良さそう。
今まで通販生活の気化式タイプを使っていましたが、
持ち運びはしずらいし、フィルターの汚れ落としがちと面倒で。
息子がいない時は、私の居る隣の部屋で使わせてもらっちゃおう。
窓が開けられないこの時期、こうすれば良かったんだと、
今さらながら知りました。

後は精油で殺菌&清浄。
これでにっくきカビをwで撃退だ!




posted by マメコ at 14:23| 北海道 ☔| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

目がショボショボ

先週の木曜日の夜、札幌は雪が降りました。
初雪(舞う)が、いきなりの積雪に。(例年より早いです)
金曜日の朝には全て融け、この先しばらくは雪の心配はなさそうですが、
冬靴を出したり、タイヤ交換の予約を入れたり、大慌て。
足元が何より大事ですから。

さて、パソコンの引越作業は、
バックアップのための不要なデータの仕分けから始まりましたが、
中でもホームページのバックアップデータが大量にあり、
GB単位の大きさにまで膨れ上がっていました。
古いデータを消しているうちに、肝心なデータを移動してしまったようで、
ホームページのデータが空っぽになって、更新が出来ないというアクシデントが勃発。
一時は原因がわからず真っ青になりましたが、何とか無事に復旧させることが出来ました。

それにしても、目が疲れます。
長時間食い入るようにモニターを見続けたからでしょうが、
ブルーライトによるダメージもあるのでしょう。

少し前に「ガンの特効薬はミトコンドリア...」さんで、この本が紹介されていました。


目を温めると身体が自然によみがえる!


よくわからない不調は、目の使いすぎが原因かも知れない、と書かれています。

一部抜粋させていただきます。
..........................................................................

パソコンやスマホの使用などで目を使いすぎると、
目の筋肉がカチカチになり、
交感神経のスイッチがONのままになり(緊張状態のまま)、
頭痛・倦怠感など、あらゆる不調が引き起こされます。

目が休まらないと身体も休まらない。
こわばった目の筋肉は、
持続的にゆっくり温める事で、血行が良くなり、
だんだんほぐれていきます。

..........................................................................

確かに、
長時間パソコン作業をした日は、やけに疲れてだるくなります。

この本には、
寝ている間に目を温めて緊張を緩め、身体の機能を整える事を目的に、
山本工業さんのバイオラバーアイマスク(簡易版)が付録で付いてきます。
数年前競泳水着で話題になった、あの素材。
薬局で正規品のアイマスクを買うととてもお高いので、
まずは簡易版のマスクを使ってみたくて、この本を買いました。

こんなマスクが入っています。(一冊に一個)

PA183043.JPG

紫が内側。

初めのうちは多少違和感があったのですが、
数日もするとすっかり慣れました。
グッスリ眠れるような気がするし、
朝目が覚めると目がスッキリしているようにも感じます。

ドライアイ気味のオットも使ってみたら気に入ったようで、
同じ本をもう一冊買いました。
アイマスクを使い始めてから、目薬が必要ないくらいドライアイが改善しているようです。
涙の量が増えているのかな。

ただ1つ、
私の場合、朝にはおでこにアイマスクが来ています。
寝返りをしているうちにずり上がってしまうのでしょう。
時には首まで下りてきている事も。
朝目の上に乗っている事のほうが珍しいくらいだけど、
このマスクにとても満足しています。
アイマスクをして寝るのが、楽しみになるくらい。^^


疲れ目対策に、ELECOMのブルーライトカットメガネも導入しました。
柄にも無く、ピンクにしちゃったりして。

PA183051.JPG


ELECOM ブルーライト対策眼鏡 超吸収 ブラウンレンズ グレー OG-YBLP01GY

ブルーライトを約65%カットしてくれるそうです。
J○○Sのよりカット率が高く、お手頃価格。

薄茶のレンズで、吊り上ったフレーム、ちょっと怖い絵になり笑えます。
ビジュアル的には、J○○Sさんのほうがおしゃれでいいかも知れませんね。
家で1人ひっそり使う分にはこれでOKかな。
かけたままうっかり玄関を開けないように、それだけは気をつけています。

軽いのでかけていて疲れる事もなく、
目を守ってくれている実感があります。
メガネを外すと、モニターはこんなに眩しかったのと驚くほど。


これで疲れ目対策は一先ず安心だゎ、と思っていたら、
今度はモニターの調子がおかしくなってきました。
モニターが真っ暗になってしまう現象が頻発。オヨヨ
お別れの時が近いのかもしれません。

モニターも買い換えないと...。







posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

ミネラル水

先日、ミネラル水のセミナーに出かけてきました。
今年の2月、アメブロで大フィ−バーを巻き起こした、
あの社長さんの会社で扱っている、水のお話。
ミサさんのブログを読んで来たと言う人が、私たち以外にも
何人かいらっしゃいました。
凄い影響力ですね〜。

こちらのお水、実は以前プレゼントに当たり、1L飲ませていただいた事がありました。
その時は自分達にこの水が必要かどうかよくわからず、いつしか記憶からも薄れていき...。
2月にミサさんのブログで、とある社長さんのブログが紹介されており、
あのお水の会社の社長さんだとわかりました。
社長さんのブログに書かれていたのは、衝撃的な内容(特に限定記事)且つ私の大好物♪
そうかも知れない、きっとそうなんだろうなと大いに納得し、
毎朝太陽に手を合わせるようになりました。
大事な時期に来ているという事は、鈍感な私でも感じています。

そして今回もまた、サンプルプレゼントにちゃっかり応募しまして、
二度目の機会をいただきました。^^

今回は、隅から隅まで資料に目を通しました。
タイミングよく、札幌でセミナー開催。
これはもう、お話を聞きに行くしかないだろうという流れ。
来札されたのはサポートセンターの方でしたが、
この方のお話しがとにかく面白くて、
まるで寄席に出かけたみたいな、笑いっぱなしの2時間半でした。
内容も濃く、なるほどの連続。

農薬・添加物・化学物質・遺伝子組み換え食品・電磁波・放射能、
これらの脅威にさらされ続けている今、
健康を維持するために、酵素に働きかけるバランスの良いミネラルが必要だというお話、
よく理解できました。
(上記の脅威から身を守る努力をした上での話ですが)
水素が出来ることと、微量ミネラルが出来ることの違いもわかりました。
購入者の3割が医療従事者というお話も、興味深いです。

最近問題になっている、子宮頸がんワクチンの副作用に対しても
効果が現れているそうで、これは朗報だと思いました。
足りないものを補い、カラダに溜まった要らない物を排出する、
このとてもシンプルな作用に納得。

今回お話を聞き、続けて飲んでみたくなりました。
早速定期購入の申し込み。
父の闘病中にこういう情報があったらなーとも思いましたが、
あの時はまだ無かったのだから仕方ない。
今生きている私達の健康に役立てられたらそれでいい、と前向きに考えて、
水素風呂や時々の陶板浴と併用していきたいと思います。
我が家の受験生にも、是非とも飲ませたくなりました。(頭にも効くらしい^^)

家族が健康で、気持ちよく過ごせる事が何より幸せだと思う、
今日この頃。

このお水、自分たちのカラダのために良い(と思う)他に、意外なメリットがあるのも
魅力です。
「役に立ちたい」
「mさんを応援したい」
そんな思いで申し込んだ人が、多かったのでしょうね。^^






posted by マメコ at 11:30| 北海道 ☔| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

水素風呂

先日不思議な友人に会った時、
相談の後は、子どもの話や健康の話に花が咲きました。
昨年から陶板浴に通っている事や、BIOソルトを入れた水を飲んだり、
お風呂にも使っている事など話したところ、水素風呂がいいよとすすめられました。

お友達から水素風呂を借りて使い始めてから、娘さんのアトピーが良くなり、
彼女自身もお肌ピカピカ、髪の毛もつやつやになったとか。
うむ、確かに若々しい。

水素水の飲用は、人によっては胃腸に負担がかかるらしく、
お風呂で皮膚や肺から吸収する方が効率がよいと教わりました。
なるほど。メモメモ。
ちなみに、彼女も『ルルドの泉』は水素水だと言っていました。

彼女はよくトーキョーに出張に行くのですが、
行く度に体調を崩すのだとか。
そのケアにも、この水素風呂を活用しているそうです。
「とにかく空気が悪い。
 江戸は、もう穢土だよー」、と一言。
巷で囁かれている『○京説』は、本当みたいです。
短大も勤務先もトーキョーだったので、
この話はとても残念で、寂しい思いがしましたが、
これも仕方のない事なのでしょう。
「土地(不動産)に執着するのは、そろそろ止めた方がいい、
これからは身軽でいるのが一番」とも言っていました。
気づいている人は、もうとっくに動いてる、とも...。

さて、オットにこの水素風呂の話をしたところ、
是非使ってみたいということで、
早速レンタルの申し込みをしました。

P2081366(1).JPG


10日ほどで届いたのが、こちらの機械です。(新型)
音声アナウンスがあり、ヒーリングミュージックも内臓。
Bluetoothでお気に入りの音楽も聴けます。

使い方はとっても簡単。
白いのが電極。
これをお湯に沈めてスイッチオンすると、ブクブク泡が出てきます。
お風呂に入る前に水素を発生させておけばOK。
(30分.45分・60分設定から選べます)
自分が出た後は、次の人のためにまた水素を発生させておきます。
コスト的には、BIOソルトを毎日使うのと同じくらい。
電気代も一月50円くらいだとか。
BIOソルトのお風呂は、とても温まるので気に入っているのですが、
風呂釜を傷めないか、それだけが気がかりでした。
そんな心配もなく、毎日家族みんなで使えるのが何より嬉しい。

早速、昨日、一昨日と使ってみました。
若干お湯が硬くなるような印象がありますが、
とても温まるし、髪にもお肌にもいいような気がします。(オットも同意見)
洗顔も洗髪も、浴槽の水素湯を使います。(←これ大事)

目に見える変化を大いに期待しつつー、
しばらく使い続けてみようと思います。






posted by マメコ at 10:03| 北海道 ☔| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

たまご

この夏、思いもよらぬ珍事に遭遇し、ちょっと参ってしまったものですから、
秋以降、カラダに良さそうな事を試してみたり、自然の中に身を置いてみたり、
オットの助けを借りて、リハビリに励んできました。
そういえば、またおかしな電話がかかってきてたなぁ。ほんと、困るな。

冷えの改善や自律神経の調整に「陶板浴」に通い、
水の大切さに今更ながら気付き、
水素の偉大さを知り、
塩不足にも気付き、
『塩』繋がりで、美味しいタマゴに出会いました。


PC271301(1).JPG


清田の有明にある永光農園さんの平飼いの有精卵。
自宅から永光農園さんまでは、車で30分ほどの距離。

一度目はあいにくの定休日(水曜)で、自販機でタマゴのみ購入。
10個で450円。(いつも買っている卵の倍ちかい値段ダ!)

PC231268(1).JPG

この時、たまたま自販機小屋でご一緒したご婦人から、
「ここのシュークリームとプリン、とっても美味しいのよ〜」と耳寄りな情報を
教えていただいたのでした。

オットと再度訪問。
永光農園さんは、卵の販売の他にお菓子の販売(コッコテラスさん)と、
お蕎麦屋さんもされていました。

「農園の四季」さん
PC231270(1).JPG

10割蕎麦を出されているようで、蕎麦好きのオットが素通りできるわけがなく、
もり蕎麦をいただきました。

PC231263(1).JPG

つなぎを使わない10割蕎麦って、ボソボソした記憶があったのですが、
こちらは更科で、ツルツル、とっても喉越しが良い美味しいお蕎麦でした。

PC231260(1).JPG

自家製トマトソースとお醤油でいただく、
厚焼き卵も絶品でした。

※ 「農園の四季」さんは、1月・2月はお休みだそうです。


そして、かのご婦人が大絶賛されていた、シュークリームとプリン、
更にサクサクカスタードを、コッコテラスさんで購入。(念のため予約しておきました)

PC231267(1).JPG

クリームを充填してから「1時間以内にお召し上がり下さい」との事なので、
車中でまず1個食べてみました。(喫茶コーナーもあります)


PC241274(1).JPG


シュー生地がパリッパリのサックサク。
カスタードは甘すぎず丁度良くて、とっても滑らか。
シンプルで、とても美味しいシュークリームです。
タマゴが美味しいと、こうも違うのか。
これで120円って、ちょっと凄いと思いました。

http://nagamitsufarm.com/cocco/cocco-items/

時間が経つと、シュー生地が一般的な食感になってしまうので、
やはり出来たてを味わうのがおすすめです。

プリンも噂通り、絶品でした。

PC241289(1).JPG


パイ生地のサクサクカスタードもクリームたっぷりで美味しい。

PC241280(1).JPG


どれもまた食べたくなる美味しさでした。
今度はシフォンケーキも食べてみたい。
雪道の運転怖いけど、ガッツで買いに行くかな〜。

さて、何故に平飼いの有精卵を求めたか、ここからが本題です。^^

塩について興味を持ち、
現代人は塩不足という話から、一倉定氏の「生食と人体」という本を読みました。

この本の中に「卵醤(らんしょう)」(タマゴに醤油)というものが出てきます。
塩不足により起きている様々な不調に、効果抜群の療法なのだそう。
全卵一個に、殻の半分にお醤油をなみなみ入れたのを混ぜ、
「飲む」という、ちょっとワイルドな食し方。
卵は有精卵に限り、正しく作られたいいお醤油を使うことを勧めています。
おすすめの醤油は、近くの自然食のお店でも扱っていました。


丸島 濃口醤油 900ml

卵醤を試す為に有精卵を探して、永光農園さんに辿りついた次第です。
コッコテラスさんでは、と同じお醤油も売られていました。
これって、卵醤セットだよね、とオットとヒソヒソ。^^

最近お疲れ気味の、バリバリ陰性体質の長男のために、
まずは私で実験。
最初は4日連続で飲み、後は週に1個程度を続ける。
「稀に吐く場合もある」なんて書かれているので、内心ビクビクです。
夕飯の時に飲んでみました。

有精卵は白身の割合が多い印象。
お箸でといても、なかなか白身がほぐれません。
殻半分にお醤油を注いで卵に混ぜると、卵が真っ黒に。オヨヨ。
新鮮だからか全く匂いは気にならず、しょっぱいのだけを我慢できれば、
意外や意外、スルスルと飲み込めました。
オットは醤油少な目で半分だけ飲んで、残り半分は卵かけご飯にしていました。(←これは邪道)
卵飲みの4日間は無事終わり、これからは週一ペースで続けます。

人生初の、生卵一気飲み。
大人になったのか、何かを捨てたのか、やや複雑な思いがしないでもありませんが、
思っていたより抵抗はありませんでした。

塩分というのは、ちゃんと体に許容範囲があるらしく、
ある一定の量に達したら、自然と受け付けなくなるものだそう。
その点が砂糖とは違うので、摂りすぎは心配しなくていいようです。
自分の体の声を聞きながら、無理なくやればいいのでしょうね。

卵醤を飲み始めたからなのか、
リコエンザイムソルトのお風呂に入っているからなのか、
米の研ぎ汁還元水を飲んでいるからなのか、
陶板浴に通っているからなのか、
浄水器を付けたからなのか、
タカダイオンを1年使っているからなのか、
いつもの冬より、幾分冷えが治まり、肌の調子(カサつかない)もいい感じです。

ただ、この中のどれが効いたのかはわかりません。
タイミング的には、卵醤かリ・コエンザイムソルト(お風呂&摂取)かなとも思うし、
テラヘルツ波の陶板浴効果なのかも知れません。

いずれにしても、いい変化があるのは励みになります。








posted by マメコ at 11:33| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

浄水器

浄水器を取り付けました。

PC211252(1).JPG

日本ガイシのC1(シーワン)。スタンダードタイプ。
通販生活のピカイチ辞典にも掲載されている機種ですが、
アマゾンでポイントが31%!
とてもお得に購入できました。


浄水器 C1 スタンダードタイプ CW-101

取り付けは簡単。
これで湯冷ましにしなくても、
安心してお水が飲めます。
息子たちも「ウマイ」と言います。

酸化還元電位計で、数値を計って見ると、
600を超えていた我が家の水道水が、
浄水後は155、約1/4になりました。
ミネラルウォーターに近いレベルです。


PC211259(1).JPG

素晴らしい。
数字で見ると、納得します。
心なしか、息子たちも浄水器を通した水を大事にしている様子。
1年間フィルター交換が必要ないので、その点も気楽です。
浄水器 C1 交換用カートリッジ CWA-01 【C1スタンダード、ハイグレード共通】 (使用期間の目安:約1年間)

水の悩みが片付いて、スッキリしました。


さて、今夜は

『同じ時間に同じ歌を唄う企画』

の本番です。
22:00スタート。

http://pirorinu2015.blog.fc2.com/blog-entry-1026.html

ジョンレノンの『ハッピークリスマス』と、
マイケルの『we are the world』

この二曲を、世界中の人たちと同じ時間に一緒に唄おうという企画です。
実は前回、オットが帰ってきた時間と重なり、夕飯の支度をしているうちに、
22;00が過ぎていました...。
今夜こそ、
アラームセットして臨みます。





posted by マメコ at 11:32| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

塩のパワー

古代ローマ時代、兵士のお給料は塩だったという話がありますね。
ラテン語の塩「サラリウム」がサラリーになったとか。

それほど貴重だった塩。
動物が生きていくうえで欠かせない、水と塩。それは今も変わりません。

高血圧の原因は塩の摂り過ぎによるもの、
だから減塩を心がけるようにと一般的に言われていますが、
本当にそうなのでしょうか?
精製された食卓塩は毒でしかないけれど、
天然の塩は、本来もの凄いパワーがあるのでは?

海水の成分と、
赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいる時の羊水の成分は、殆ど同じと言う説があります。
地球に生まれた私たちの体は、
母なる地球と同じ成分で出来ているという事は、
とても理にかなった話だと思います。

普段『海の精』を使っていますが、
「ヒマラヤ岩塩」や「キ・パワーソルト」や、「リ・コエンザイムソルト」の
還元力の話を聞いて、色んな塩を試してみたくなりました。
まずは、まほろばさんでヒマラヤ岩塩のチェリーソルト(細粒)を購入しました。
ピンク色をした、かわいらしいお塩です。

減塩ブームのせいで、実は多くの人が塩が足りていないようです。
塩不足による不調というものあるようで。
陰性体質・陽性体質にも、塩が関係しているそう。
http://homepage2.nifty.com/motoyama/salt.htm

ただ、自然塩に含まれているニガリは、
腎臓などの臓器を硬化させることがあるので、にがりを極力減らした塩を摂ったほうが
いいという説もあるようです。
http://www.global-clean.com/html/sizenen-tanmei_01.html

以前、ダイエットのためだったか、便秘解消にと思ったのか、
ボトル入りのニガリの液体を飲んだ経験がありますが、
今更だけど、あれはまずかったのかな。

海水を干した自然塩にはにがりが多く含まれており、
岩塩にはにがり成分が少ないという事を、つい最近知りました。
岩塩を摂っている地方では健康寿命が長いとか、
「ヤク」が列をなして、ミネラル補給のために岩塩を舐めに来るとか、
岩塩をとっている民族は高身長で、
海水から作られる自然塩を摂っている民族は低身長だとか、
興味深い話が他にもチラホラ。

『塩』といっても、実に色んな種類があるのですね。

さて、そんな塩を使った興味深い実験動画があります。
まるで、マジック!



ここに出てくる、「リ・コエンザイム・ソルト(岩塩)」は、
にがり成分をほとんど含まないそうです。
添加物を消すほどの驚異の還元力。
溶存水素計の数値にもビックリです。(水素が発生している)

上の実験に触発されて、
「リ・コエンザイムソルト」を購入しました。

PC151247(1).JPG

左が入浴用のスパソルト
リコエンザイム スパソルト 500g
500gとたっぷり入っています。
1回の使用量が30gなので、16〜7回分あります。
硫黄の香りがして、温泉気分が味わえますし、
しばらくの間ポカポカが持続して、この時期にはおすすめ!

中央は、食用の細粒タイプ。
リ・コエンザイム ビオソルト 300g

この岩塩は、
今から3億8千年前の原始の海水がマグマで焼かれて結晶化し、
地殻変動によって標高5000メートルのヒマラヤ山脈に眠っているもの、だそう。

PC151243(1).JPG

舐めてみると、ズバリゆで卵の味がします。
料理に使う分には、全く気になりません。
昨晩鶏のモモ肉の下味に使ったのですが、
お肉が驚くほど柔らかくなりました。
焼いてもそれは変わらず。
これはいいですよ!

コップに入れた水道水に(600オーバー)、ほんの少しビオソルトを入れてみると、
上の動画と同様に、みるみる電位が下がっていきました。
嘘みたいだけど、本当の話。
水の中で、一体何が起きているのだろう?
その理屈が知りたいナ〜。

小さなボトルは梅干しパウダー。
リ・コエンザイム 梅干パウダー 携帯ボトル付 30g
こちらも硫黄の匂いがします。
お弁当やおにぎりにいいかなと思ったのですが、
息子には嫌がられてしまいました。
オットと私は大丈夫でしたけど。

そして、ヒマラヤチェリーソルトです。
こちらは水道水に入れても、あまり電位の変化は見られませんでした。
でも、美味しいのでOK。

身近な存在の『塩』ですが、奥が深いですね。








posted by マメコ at 10:03| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

酸化還元電位計

注文していた『酸化還元電位計』が届きました。

PC111220(1).JPG

なかなか、渋〜い機器。^^
精密機器なので、販売元の佐藤商事さんで購入しました。

オットに、
還元くん2の話と、お米の研ぎ汁から水素ができるかも知れない話、
両方を熱く熱く語ってみたところ、
まずは電位計を手に入れて、お米の研ぎ汁の計測をしようという事になりました。

お恥ずかしながら、我が家の水事情はお粗末なもの。
現在築20年の戸建てに住んでますが、今まで水周りのリフォームはしていません。
浄水器をつけずにずっと来ました。
意識が上向いた時だけ、簡易浄水(クリンスイのポット)を通して飲んでみたり。
それ以外は、ほぼ水道水そのままをゴクゴク。
札幌の水はソコソコなんじゃないかと思っていました。

母も、水には無頓着。
長年食材には気を遣ってきましたが、
いい水を飲むと言う意識を今まで持った事がないと言います。
震災後、蒸留水器を購入してしばらく使っていたのですが、時間がかかるのと
音がうるさいのが不評で、今では押入れの奥にしまったまま...。

7年前母が入院し、薬害で大変な目に遭い、
母娘でボロボロになった時期がありました。
そんな時、息子の同級生のお母さん(不思議な友人)が声をかけてくれて、
色々相談にのってくれました。

「薬飲み過ぎだねー。(飲まされ過ぎ)
 お母さんに、いい水を沢山飲ませてね。
 溜まった薬が外に出るから。
 浄水器を通した水を飲んだ方がいいよ〜」

そんなアドバイスをしてくれたのをすっかり忘れ、ずっと放置してきた私...。
今も一日の殆どを寝て過ごす母ですが、幸いなことに薬は止められました。
今からでもいい水を飲んだら、何か改善されるだろうか。

水は大事だと言いますね。
でも、今までその本当の意味を理解していませんでした。
病気の原因は酸化で、それを改善するのには電子や水素を補って還元する事が
必要です。
最近になって、酸化した水と水素を含んだ水(還元水)の違いについて理解し、
日々自分たちが口にしている水について、興味が出てきたのでした。

前置きが長くなりましたが、
早速電位計で我が家(札幌)の水道水を計ってみたところ、
衝撃の数値が出ました。

627、627です。
400くらいかな〜なんて思っていたら甘かった。
想像以上に酸化してました。
(※うちの水道管が、特別酷いのかも知れません)

他にも色々計ってみました。
家にあったペットボトルのミネラルウォーターは、199。
朝淹れたコーヒーの残り、188。
※ 翌日カフェオレを計ってみようと思い、もう一度コーヒーのみを計測してみたら、
  数値が7でした。
  何度計ってもそれくらいの数値。
  豆の銘柄が違ったかも知れませんが、これほどの違いが出た理由が正直よくわかりません。
生活クラブのオレンジジュース、142。
夕飯の大根おろし(汁のみ)は―98
出ました、マイナスです。
ヒマラヤの塩を水道水に混ぜてみましたが、こちらは50くらい下がった程度。
期待したほどのいい結果とはなりませんでした。
(元が悪すぎるからなのか?)

やかんに残っていた湯冷まし、コレは意外や意外230。
ミネラルウォーターに近い数値です。
沸騰させることで塩素が飛ぶので、酸化度がマシになったのかな。

そして、お米の研ぎ汁を一晩常温で置いたものがこちらです。

PC121227(1).JPG

なかなかいい数字が出ましたょ。
627の水道水が一晩で23ですから、浄水からやったらもっといい数字が出るのでは
ないかと。

追記:24時間後...

PC131233(1).JPG

なんと、マイナス403
いやいや、ビックリ。
常温で24時間置いただけで、お米の研ぎ汁で還元水が出来ました。
その後は冷蔵庫へ。
そのまま飲んでみましたが、糠くささもなく、普通のお水のようにすーっと飲めました。
これはおすすめです。

余談ですが、この機器について。
届いて初めて解ったのですが、キャップ部分に液体が1/3ほど入っています。
電極保存液みたいです。

PC121229(1).JPG

問い合わせをしたところ、電極部は乾燥させてはいけないそうで、別売りの電極保存液で
キャップを一杯にし、常に電極部分が浸っているようにして下さい、と回答がありました。

PC121231(1).JPG

なるほど。
本体と一緒に購入しておけばよかったのですが、
これは素人にはちょっとわからない事でした。
結局、保存液と検知極研磨剤を追加注文することに。
(どちらも必需品だとか)


で、我が家の水道水がかなり悲惨である事実がわかったところで、
浄水器の設置が急務となりました。
今のところ候補は、
通販生活のピカイチに長い事選ばれ続け、アマゾンでも評判が良いC1(シーワン)。


浄水器 C1 スタンダードタイプ 【ブラック】 CW-101


ただ、直径15cmもの浄水器を、果たしてシンク周りに設置することが出来るのか、
それが新たな問題であります。
水切りラックを、小さいのに買い換えないと置けないか。うむ。
ノンビリ構えていたら酸化するばかりだし、ここは決断せねば。
よく見てみたら、ポイント31%になってます。
見間違いじゃないよね。
迷わずポチリました。^^v

浄水器がつくまでは、なるべく湯冷まし(一度沸かしたお湯)を飲むようにしましょ。

こちらのサイトに、興味深い事が書かれていました。
http://www.geocities.co.jp/Beautycare/6325/orp.htm

水道水は蛇口をひねった時点ですでに酸化しているわけですが、
お茶や豆・雑穀・コーヒーを水に1日以上浸して水出しにすると、
それだけで『還元水』になるとあります。

「還元くん」を使わずに、水素茶が出来るのかな?
これはやらずにはいられませんね。





posted by マメコ at 11:28| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2015年12月04日

リジュベラック?

『リジュベラック』という言葉を今日始めて知りました。

穀物を水に浸けておくと、菌による発酵作用により醗酵液ができる。
この液が「リジュベラック」と呼ばれているものらしい。
リジュベラックには、還元力があり、水素が含まれているとか。
そして、弱酸性。
(胃は酸性なので、弱酸性だという事が大事みたい)

お米の研ぎ汁やお米を浸した水(24時間ほど放置)から、
水素が発生していると、あちらこちらで話題になっていました。

本当ですかい?
研ぎ汁から水素水が出来る?

@ ゴールドコーストde食事療法さん http://sekokiti.partisapp.com/?eid=158
A ナチュラルキッチンセサミさん  
http://ksesame.exblog.jp/tags/%E6%B0%B4%E7%B4%A0%E6%B0%B4/
B リジュベラックの作り方

『ガンの特効薬はミトコン...』さんでも取り上げられています。http://16296315.at.webry.info/201512/article_2.html

コレ、本当なら凄い話。
お米の研ぎ汁は3番汁(?)くらいがいいらしい。(一番汁は酵母菌優位だとか)
本当に水素出てるのか?って、確かめたくなりますねー。
そんな時には、酸化還元電位計で計る事が出来るのだそう。

こんなものまで、売られてる〜。




手当たり次第に計っしまいそうです。(知らないほうがいい事もあるかも)


震災以降、お米の研ぎ汁から豆乳ヨーグルトを作っている方多いですね。
最近では豆乳に玄米チャポンでOKなんて簡単な作り方もあるようで。

私もかつては豆乳ヨーグルトを作って食べていました。
豆乳も大豆から手作りしたけれど、家族には不評。
仕方ないので1人でせっせと食べてましたが、大豆のとりすぎは良くない気がして、
途中でやめました。

豆乳ヨーグルト以外で他にないかと探していた時に、
たまたまテレビで見たのが水キムチ。




この本では上新粉(お米の粉)を使って作ります。
お米の研ぎ汁ではありませんが、上新粉もお米だし、
醗酵させるプロセスは似ているように思います。

クックパッドで、水キムチをお米の研ぎ汁から作っている方を発見。
http://cookpad.com/recipe/1308514
皆さん、あれこれ試していて、素晴らしい。
感謝・感謝です。

研ぎ汁を醗酵させると匂いが出るので、そのまま飲むのには抵抗がありますが、
味を漬けたお漬物としてなら、気にせず食べられそうです。
水キムチはお汁も残さず飲むのがいいらしい。
塩にもちょっとこだわって、ヒマラヤ岩塩(食用)など使ったら尚goodかも〜。

水キムチとリジュベラック、早速作ってみましょ。







posted by マメコ at 11:43| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

ライザブ

ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤』という、
貴重な情報を発信し続けている、とても有難いサイトがあります。

12年前、父を抗がん剤治療で亡くしました。
治療を始めた途端、どんどん状態が悪くなっていき、何故?という思いが
大きくなっていきました。
治療などしないほうが家で元気に過ごせていたのではないか、
そんな風に思ったものです。

今から6年前、不思議な友人からのカミングアウトにより、
父は抗がん剤治療を受けないほうが良かったとの話を聞きました。
衝撃でした。
もっと早くにこの事に気付いていたら、と思うと無念でなりません。
それ以降ガン治療は「百害あって一利なし」という考えに至りました。

ガン治療は儲かる事。
抗がん剤は猛毒な事。
ガンになるよりよっぽど恐ろしい、この実態...
なので、こちらのブログ主さんのおっしゃる事にとても共感しています。

体が酸化する(乳酸が溜まる)ことが病気の原因であり、
電子や水素を与えて還元すれば改善される。
ミトコンドリアが元気な事が、健康には欠かせないと理解しました。

昨年「タカタイオン」を購入したのも、こちらのサイトがきっかけでした。
毎晩オットと使い続けてそろそろ1年になりますが、効果のほどは正直よく
わかりません。
でも、これからも使い続けると思います。
陶板浴は、ken2さんのブログで知り、ガンミトさん(勝手に略す)の記事に惹かれて、通うようになりました。
こちらは、すぐに効果を実感しました。
体がすっきりして、何ともいえず快適なのです。
4週続けて行きましたが、カラダが芯から温まる以上に、何か良い感触があります。
オットもそれを実感しているよう。
家庭用の陶板浴も販売されてはいますが、かなりのお値段なので、
しばらくは通ってみようと思っています。

すっかり『還元マニア』と化した私たち、
先日第三のアイテムをゲットしました。

『ライザブ』というフェルトのようなマットです。(ライザップじゃないょ)

PB281201(1).JPG

これは約10cm角、試しに一番小さなサイズを購入しました。
圧力によって、半永久的に電子を供給するのだそう。
電気を使わないので、どこにでも連れて行けるというのがミソ。
説明書を読みましたが、イマイチ仕組みが呑み込めていません。
理屈はともかく、効けばよろし。

仕事柄手先を酷使し、指や肩の痛みを訴える夫の職場用です。
薬局などで売っている手首用ネット(湿布などを固定するもの)で、
人差し指&親指に当てるようにして使用。
カラダに貼って暫くすると、遠赤外線効果でじんわり温かくなります。
使い始めて10日ほど経ちますが、指の痛みが大分改善されてきたようで、
日によっては肩こり改善に、シャツの間に挟んで肩に当たるようにセットしているようです。
フエルト地が程よい摩擦となって、雪かきをしてもずり落ちてこないらしい。
お風呂以外、24時間貼りっ放し。
オット曰く、凝りにはタカタイオンより効いている気がするのだそう。
それは良かった。
もう一枚欲しいと申しています。

○○が治るなどと言えば、薬事法に引っかかってしまいますが、
探してみれば、面白い(画期的な)療法が見つかるものです。
そんな希望が湧いてくるような情報が、ガンミトさんには詰まっています。
私にとってのお宝サイト。

メデイアは、ガンの恐怖を撒き散らす事に忙しいですが、
そんな彼らの情報を鵜呑みにして、後々後悔する事のないよう、
大病を患う前の転ばぬ先の杖として、色々な還元療法を試しているところです。
放射能対策にもなると期待して。

以前読んだホメオパシーの本に、
「インフルエンザの予防接種は、認知症の発症と関係があるかもしれない」
そんな指摘がありました。


それでもあなたは新型インフルエンザワクチンを打ちますか?


この本で熱(発熱)の功能を知り、予防接種をするより、インフルエンザに
罹ったほうがよっぽどいいのだと、理解しました。

残念な事に、今もインフルのワクチンを打っている人多いですね。
近所の内科は、予防接種の人で溢れていました。
母がお世話になっているデイケアサービス先からも接種を薦められましたが、
今年ものらりくらりとかわしました。

長男の幼稚園時代の友達に、ハンディキャップを持った男の子がいました。
「生まれた時は健康だったのに、
予防接種を受けた後から様子が変わってしまった。」
お母さんからそんな話を聞いた事があります。
今から15年も前のことで、その時は「まさか」と思いました。
でも今は、「そうだったのかも知れない」と思えてなりません。

つくづく、厚生労働省って何のため(誰のため)にあるんだろうと思いますょ。
子宮頸がんワクチンの薬害を後になって認めたところで、被害にあってしまった
少女たちの健康は取り戻せません。
ワクチンの、怪し気なその中身。
毒だとわかっていて奨励している彼ら。
ほんと、罪深い人たちだと思います。

今朝の新井さんのブログ、是非読んでみて下さい。

騙され続けるのは、そろそろおしまいにして、
現実を見る勇気を持ちたいものです。

自称還元マニアは、次なる第4のアイテムを見つけました。^^
今までのは電気が必要だったり、通わないといけなかったり、
個人で使うものでしたが、
電気いらずで、持ち運べて、そして何より家族みんなでわけ合って使えるもの。
水素水を作る事が出来る、摩訶不思議な陶器の容器『還元くん2』です。
これにお茶を入れると、数時間で手軽に安定した水素水が作れるのだそう。
ぁぁ、試してみたい。(←お試し貧乏の性)

ルルドの泉など、難病を治すと言われている水が世界にはありますが、
あの水の成分って一体何なのでしょうね。
その場で飲まないと効果がなく、
日本に持ち帰ると、ただの水になっているなんて話しを聞きますが、
ひょっとして水素水なのかなと思ってみたり。

オットを説得するために、せっせと情報を集めていますが、
知れば知るほど、還元くんに興味が湧いてきます。






posted by マメコ at 09:50| Comment(2) | 健康 | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

初めての『陶板浴』

いつも読ませていただいているブログ、
「ガンの特効薬はミトコンドリア...」さんで話題沸騰中の、
『陶板浴』に行ってきました。
正式には『抗酸化還元陶板浴』というらしい。

ken2さんのこちらの記事でも、詳しく紹介されています。
http://ameblo.jp/kemihiryma/entry-12004585687.html

以前岩盤浴で具合が悪くなった事があるので、今まで敬遠していたのですが、
わりと近くにあるとわかったので、あちこち痛いと訴えるオットを誘って
出かけてみました。

予約をして、着替えとバスタオルなどを持参しました。
通常一時間1人1.000円のところ、今日は部屋の温度がやや低いので、と
半額にして下さいました。
時間もゆっくりお使いください、1時間半でも2時間でもどうぞと、
全く商売っ気がありません。
お言葉に甘え、2人で1.000円。
対応して下さった女性のお肌がピカピカでとても美しく、
思わず見とれてしまいました。
素晴らしいゎ、陶板浴の効果なのかしらと、期待が高まります。^^
入る前に水分補給をし、途中も飲んでくださいねとのアドバイスをいただき、
更衣室で着替えて紙コップに入れた水を持って入室。
8人分のスペースがあり、私たち二人で貸切でした。
湿度は15%、部屋の温度は40度。
息苦しいほどの暑さではないので、安心して居られます。

オットは30分、私は40分を過ぎた頃からじんわりと汗が出てきて、
とてもすっきりしました。
そして、カラダの芯から温まったのを実感。
お風呂で温まるのとは、また少し違う感じでした。
オットは仕事柄指先を酷使するため、常に人差し指の痛みを感じているのですが、
1時間寝ながら陶板に指を当てていたおかげで、久しぶりに指に違和感がないと
喜んでいました。

二人とも気分爽快、お天気も良かったので午後からはウォーキングへ。
好転反応なのか、夕方頃オットは少し頭痛がし、私は少し吐き気がしましたが、
いずれも数時間で回復。
夜までカラダがポカポカしていました。
今朝は珍しく目覚ましが鳴る前に起きられ、何ともいい調子です。
これが陶板浴の効果なのかははっきりわかりませんが、
体を温める事は健康の鍵となるようなので、また行きたいねと話しています。






posted by マメコ at 12:17| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

MMS

数日前からMMSを飲み始めました。

P8180629(1).JPG

MMS(gold)とクエン酸のセット、そしてMMS2とCDH。
日本語OKの、こちらのサイトhttp://www.mmsasia.net/から購入。

P8170620(1).JPG

送料込みで、70j、注文から10日で届きました。

重金属(放射能)のデトックスに使います。

MMSの詳しい説明はこちら。
http://jhumblemms.sharepoint.com/Pages/default.aspx

MMSは数年前話題になりましたが、その後妨害(弾圧)を受けたようで、
人体に悪影響があると随分叩かれてしまいました。
猛毒の抗癌剤やインフルエンザワクチンの使用を認めている機関が言う、
『悪影響』説を信じてはいませんでしたが、
好転反応(吐き気など)を考えるとどうしても慎重になり、
今まで踏み出せずにいました。

今もフクイチから出ている放射性物質。
避難が必要なくらい大変危険な状態なのか、そう心配は要らないのか、
その事実を的確に判断できる人は、この国にはいないのかも、
そう思うと、とても残念でならない。

日本政府が何もアクションを起こさないのは、なす術がないからなのか、
それとも何も知らされていなくて、本気でコントロール出来ていると
思っているのか、
本当に問題がないレベルなのか、素人の私にわかるはずもなく。

以前ネット上で駅のホームや道端で倒れている人々の画像を見た時、
その異様な光景に衝撃を受けました。
神奈川にいる私の身内からはそういう話は聞かないので、
本当のところどうなのかはわかりません。
身内とでさえ、放射能の話は何となくアンタッチャブル...。
なので、本当にこの件に関しては、わからない事だらけ。

それでも、チェルノブイリで起きた事を考えると、
そう楽観もしていられないだろう、そんな思いが消えません。
この夏の異常な蒸し暑さは、一体何だったのか...。
心配し過ぎもカラダに悪いので、
『大丈夫』と思えるような自分なりの対策をするしかないようです。

飯山一郎さん新井さんは、今も変わらず警告を発し続けています。
今後の日本人の移住計画とか、「ほんまでっか?」の話まで出ています。(特に放知技に)
それまでの間極力被爆を避けて、何が何でも生き延びろと。

先日「タカダイオン」についてコメントをいただきまして、
久しぶりに販売元さんのHPを見に行ったところ、
放射能対策の1つの提案として、MMSの事が書かれていました。

フクシマの事故後、T電からタカダイオンのまとまった発注があったと、
販売元の所長さんはおっしゃっていました。
チェルノブイリの時もスリーマイルの時も、ブラジルでの被爆事故の時も
タカダイオンは使われてきたそうです。
被災地のフクシマにも送ったとか。
そのタカダイオンの販売元さんが、MMSを薦めていらっしゃる。
やはりMMSは試す価値があるのかも知れない、そう思い始めたのでした。
(ちなみに、飯山さんはMMSに否定的...)

電子還元療法で、痛んだ(酸化した)細胞を回復させて、
MMSでデトックスする。
この2段構えである程度(ホ)と闘えるのではないかと考えました。

数日前から私はCDHを飲みはじめ、(1時間ごとに8回)
主人はMMSとクエン酸を混ぜたものを、お風呂と足湯用の桶に入れて
使い始めました。(足のかゆみ対策)
足湯を始めてからは、夜寝る前に薬を塗らなくてもかゆくないそう。
効いている実感があると申しています。
早速主人は好転反応らしきものもありました。(お腹にきたらしい)
私は少し吐き気がする程度。
明日はもう少し濃度をあげてみよう。

本当にカラダにいいものなのか、それともよくないのか。
あくまでも自己責任で試すことになります。
今後も使い方などの情報収集に励みつつ、
体調と相談しながら、MMSを続けてみたいと思います。


MMSと同じくらい興味があるのが塩。
ヒマラヤ岩塩やキパワーソルトなど、カラダに言いと言われる塩が話題になっていますが、
こちらの塩も凄いらしい。

食用細粒タイプや、




梅パウダー、(おにぎりに良さそう)




お風呂用もあります。

リコエンザイム スパソルト 500g







posted by マメコ at 15:09| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

電子負荷療法

前回の記事で触れた「タカダイオン」について、もう少し詳しく書いてみます。

P1150118(1).JPG

先月辺りから、電子負荷療法について調べまくっておりました。
聴きなれない言葉かも知れませんが、電気治療の一種です。
母がもう何年も患っている鬱。
私が諦めたらこの先上向く事がないように思えるので、何とか改善する方法はないかと、
ずっと探し続けてきました。
血圧もかなり高く、これも放ってはおけない。
今は降圧剤を飲んでいますが、
以前薬害でとても怖い目に遭ったので、本当は薬も病院も懲り懲り。
薬は対処療法でしかなく、根本原因の改善にはなりません。
根本から治すには...?
ひょんな事から繋がったのが、この電子負荷療法でした。

人の健康に欠かせないこと、それは60兆個とも言われる細胞が元気であること。
つまり、ミトコンドリアが元気で、ATPと言われる物質を作り続ける必要があり、
そのためにはマイナスの電子が不可欠。
そんな説に惹かれ、本を何冊か読んで、電子とミトコンドリア・乳酸の関係などを
ほんの少し理解しました。(ミトコンドリアの過去記事はこちら。

そうしてたどり着いたのが、「タカダイオン」という機械でした。

.......................................................................

本より抜粋

発明者は、故高田蒔(たかだまき)博士。
東北大の医学部を主席で卒業。
ドイツに留学し、膠質化学と放射線生物学を研究、
肝疾患の治療に役立つ検査法「血清高田反応」を発見。
世界的にも高く評価され、日本人医学者としてはじめてのアメリカ国際アカデミー
名誉会員に。
その博士が長年にわたって取り組み、1940年(昭和15年)に開発したのが、
負電化負荷器(マイナスイオン治療器)によるマイナスイオン療法だった。

タカタイオン療法の誕生

博士が、太陽黒点と宇宙線の研究を行っていた際に、
「環境電位は地上からの高さが1メートルにつき100ボルトであることを確認し、
人間の身長を2メートルと考えれば、
頭のてっぺんからかかとまで、約200ボルトの電位差があるのではないか」
という考えがひらめいたのがきっかけとなったのでした。
高田博士は早い時期から、太陽の黒点活動と生理現象とのあいだに一定の関係が
あることに気付いており、生体内電離現象を環境電位と生体との関係を
世界で初めて医学的に解明する事に成功したのです。

.......................................................................

販売元さんでタカダイオンのレンタルをされていることを知り、
問い合わせをしたところ、
所長さんからお電話があり、色々ご説明いただき、
購入前に関連書籍を数冊送っていただきました。
症状の改善例などが数多く載っていました。

福島の原発事故後、T電から大量の発注があったそうです。
この機械は、広島の原爆の後遺症の治療に使われた事もあり、
チェルノブイリ、スリーマイル、某国の事故でも使われたのだそう。
病院での多数の臨床結果も報告されています。(どれも事実)

被爆に限らず、カラダの不調は電子で解決できるのかも知れない、
そんな確信のようなものが芽生えました。
母の鬱や高血圧、主人の体のコリにも利くとのお墨付き。
この療法は、長男の近視にも効果が期待できるとのことです。
ついでにやる気の出ない私にもスイッチが入ると有難い。
(怠け病には効かないか)
もちろんガンの予防にも、他の病気の予防にもなるそう。
60年たった今も作り続けられ、大学病院でも使用されているこの機械、
とても地味ないでたちですが、我が家はこれに賭けてみることにしました。

3年ほど前、札幌で「音響免疫療法」を体験したことがあります。
大きなソファに座って、二時間ほど脊髄に音を響かせる療法でした。
母の代わりに私がまずは体験。
鬱の人は、首の血管が詰まっていることが多く、脳の血流が悪いのだとか。
脊髄に音を響かせる事で体温が上がり、
首や脳への血流が良くなり、鬱が改善されると言う話でした。

ただ、母をそこへ連れて行くのが難しい。
販売もされているのですが、ソファが大きくて場所を取ります。
そのソファに数時間座っていないといけません。
そして何よりお高い。
体験でははっきりした価格は教えていただけませんでしたが、恐らく軽自動車(新車)が
買えるくらいではないかと思いました。
それに比べると、タカダイオンはぐっとお手頃で、コンパクト。
移動もらくらく。
就寝中にも使えます。
しくみに関して、音響椅子よりもタカダイオンに魅力を感じました。

タカダイオンは、実際多くの病院での臨床結果が報告されているのに、
ネット上にほとんど情報がありません。
何故なのか所長さんに尋ねてみると、
「病院にとっても他の産業(薬・保険)にとっても、病気がなくなると困るから、
あまり広まって欲しくないというのが本音なのでしょう。」
そうおっしゃっていました。
なるほど、そういう事ね。
大学病院などでも使われているそうですが、表立って電子療法をやっているのではなく、
先生の判断で、治療方法の一つとして患者さんに試されているとういう事だそうです。

T電やお医者さんや、先生と呼ばれる永田町のオジサンたちは、
ひょっとしたらこのような機器を使って、自分たちだけはちゃっかり健康管理をして
いるのかも、と思った次第。

というわけで、そんな魑魅魍魎に負けちゃいられないという思いから購入に至りました。
マイナス電子とミトコンドリアの関係を知れば知るほど、試さずにはいられなくなります。^^
(毎日クエン酸も飲んでます。)

早速30分やってみました。
ビリビリすることもなく、特に何の刺激もありません。
もちろん「電子が体に入ってきてるー」と言う実感もないけれど、
心地よくて眠ってしまい、タイマーの切れる音で目が覚めました。
体温が35.9から36.3に上がっていました。
今晩も寝ながらもやってみよう。

マイナス電子を与えることで、体にどんな変化が起きるのか?
自分や家族で気長に続けていれば、きっと何かわかると思うので、
まずは1ヶ月、毎日200ボルト、30分を2セット。
操作も簡単だし、害は一切ないとのことなので、安心して使えそうです。
毎日少しずつでも続けることが大事だとか。
私は冬場静電気でバチバチするのですが、それはマイナス電子が放電しているとも
言えるのだそうです。

以前元素記号の楽しい本を読みました。
その中に描かれていたイラストです。

P1060646(2).JPG
原始

P1060647(2).JPG
古代

P1060648(2).JPG
中世

P1060649(2).JPG
現代


現代では、原始の5倍以上の元素に囲まれて生活しているんですね。

電磁波や放射能にまみれた現代は、大気中にプラスの電子が放出されており、
人体のマイナス電子を奪っているのだとか。

人間の体のしくみは未だに解明されていない部分が多いと言いますが、
実は分かっている事はもっと沢山あるんだろうと思います。
肌のしくみも同じ事が言えるのかも知れません。
肌断食、早くも1ヶ月を過ぎました。
特にトラブルはないので、
本当に何もしなくても(何もしないほうが)いいのかも知れません。

最近、高血圧の母・正常値の主人・低血圧の私の3人で、毎朝・毎晩と、
血圧を計るようになりました。
私の場合、日中は正常値なのですが、朝と夜は上が90台で下が60台。
どうりでフラフラするわけだ。
血圧や体温など数値に変化があれば、一番わかりやすいかも知れません。
タカダイオンの使用感や体調の変化など、記録していこうと思います。










posted by マメコ at 11:15| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

ミトコンドリアとか、乳酸とか

今日はカラダの話。

母が長いこと欝を患っています。
なぜ治らないのか、どうしたら健康を取り戻せるのか、
日頃からこういった事に関心があります。
私自身も近頃冴えない感じ。
主人も年相応にあちこち痛いらしい。
いつもお世話になっている自分のカラダなのに、
カラダのしくみとか全然知らずにいます。

もう随分昔の話ですが私は20代半ばに、婦人科系の病気になりました。
それはある日突然やってきて、お腹の痛みと吐き気で救急車で運ばれました。
3連休の初日でした。
当直の先生に「尿管結石」と診断されました。
尋常じゃない痛みが襲ってきていて、何か違うと感じていた私は痛みを訴え続けました。
でも、看護婦さんたちに「結石なんて水飲んで縄跳びでもしてたら治るから〜」と、
軽く言われ、ナースコールを押してもなかなか来てもらえない。
そのうち、大したことないんだから少し我慢して、そう言われる始末。オヨヨ。
ただ、痛みに耐えるしかありませんでした。
連休明け往診に回ってきた先生が、私のお腹を触ってこりゃ大変だとおっしゃいまして、
すぐに緊急手術となりました。
尿管結石だと診断されていたため血液検査もしていなかったので、
「○○さんの血液型は?」と看護婦さんたちが騒いでいるところに
高校時代の友人がお見舞いに来てくれて、私に代わって『O型です』と答えて
くれたのだそう。
おかげで、私は命拾いしたのでした。

後になって、あの時もし1日遅かったら腹膜が破裂して云々...と背筋の凍る話を
聞かされたのも、今となっては懐かしい思い出です。
誤診やら少々痛い目に遭ったけれど、それでも無事生還できました。
ナイスタイミングで現れてくれた、友人に感謝。
幸い良性の腫瘍だったので、その後も特に問題なく過ごしています。

12年前に父をガンで亡くしました。
抗がん剤治療を始めると、良くなるどころかみるみる弱っていくのがわかりました。
何で?
治療しているのに。
治療前より悪化しているように見える。
あの時はガンの治療に何の疑いも持っておらず、お医者さんの言う事を
まるまる信じていました。

不思議な友人に出会って、ガン治療は受けてはいけなかった事、知りました。
薬の害についても。

私は病院で助けてもらいました。
でも、父は病院で命を奪われました。
ガンで亡くなったというよりは、ガン治療で亡くなったと思っています。
あの時の私たちは無知でした。
ガン治療がとても儲かると言う事、後になって知りました。

お医者さんは知っているんですね。
抗がん剤治療では治らないこと。
返って悪化させてしまうこと。
死期を早めてしまうこと。
全部承知でやってなさる。

ガンとは何なのか。
何故ガンになるのか。
何故病気になるのか。
ずっと私の頭のすみっこにありました。

先日、「癌と食養」さんで、興味深い記事を読みました。
半日断食を推奨されていた甲田先生のお弟子さんと、投稿者とのやりとりです。
http://cancer-treatment-with-diet-cure.doorblog.jp/archives/39267669.html

養生法の探求さんもとても勉強になります。

こんな説もあるんですね。
「ミトコンドリア機能不全=乳酸の蓄積による酸化が、ガン・慢性病の主原因」
http://16296315.at.webry.info/

ミトコンドリア?
乳酸?
乳酸と言えば、疲労物質でおなじみのあれ?
この乳酸が、ガンや慢性病の主原因だったの?

知らなかった事、知っておきたと思う事が沢山書かれていました。
わかりやすい動画の紹介も。

「ミトコンドリア内で生産されるエネルギー」

転載ここから。

ATPは生きるためのエネルギー

私達は食べ物から摂取した栄養を、呼気の酸素を利用して分解し、そこから水素を取り出して、細胞内のミトコンドリア内膜にあるATP合成酵素で、電子を発生させます。
その電子を使ってADP(アデノシン二リン酸)をATP(生体のエネルギー通貨と呼ばれる)に再合成します。再合成されたATPは各組織に供給され、リン酸をひとつ乖離する際に24Kcal/molのエネルギーを各組織に供給し、自身はADPになって、ミトコンドリア内膜に戻ってきます。このATP→ADP→ATPと変化する化学回路がATP回路(サークル)です。
ATPから供給されたエネルギーを使って、心臓、筋肉すべての組織を動かしているのが私達生命体です。ATPは私達が生きるためのエネルギーなのです。

ミトコンドリアが機能不全を起こせば、ATP不足になり、更に乳酸蓄積によって酸化します。
ガン細胞は、ミトコンドリア機能不全細胞です。
ミトコンドリア機能不全細胞は大量の乳酸を分泌するので、周囲の細胞と血液を酸化させます。
ミトコンドリア機能不全細胞は、人体の酸化現象、乳酸アシドーシスを引き起こします。
これがあらゆる現代病の主原因になっています。
細胞や血液が酸化すると、身体中の臓器・神経・筋肉・血流・免疫機能に不具合が発生します。
乳酸の蓄積は、酸化・糖化・慢性炎症・コラーゲンの破壊を引き起こすのです。

老化はDNAの損傷が原因

私達は、食物を酸化分解して水素を取り出す(クエン酸回路)際に、活性酸素が発生し、細胞のDNA(遺伝子)が傷つけられてしまうことで、老化してしまいます。
細胞の数は年齢と共に減ってゆき、70歳では赤ちゃんの時と比べ、約3分の1に細胞数が少なくなっているといわれています。
そのためATPの生産量も減り、老化していくのです。
体が老化すれば、免疫力も落ち、病気にも罹りやすくなってしまいます。

転載ここまで。

専門知識がないので、難しいことはよくわかりませんが、とても興味深く感じました。
ミトコンドリアが大事なんだ。
そして、乳酸は細胞に溜まったゴミなんだ。
この乳酸によって酸化された(電子を奪われた)細胞に、マイナスの電子を送り込むこと(還元)で、細胞を正常化することができるという説もあるようで、
マイナスイオンに関する本を何冊か読んでみました。

P1150079(1).JPG

一番上の本がおすすめ。

マイナスイオンは一時ブームになりましたね。
森林や滝の近くにはマイナスイオンが多いと言われています。
空気清浄機や、ドライヤーにもマイナスイオンを謳った製品が出回りました。
その後、それらの効果は薄いとの報道がなされ、マイナスイオンは全否定された模様。
ただ、空気中のマイナスイオンと、カラダに直接送り込む(直流の)マイナスイオンは
別物のようです。
電子負荷療法(タカダイオン)についてもっと詳しく知りたくて、情報収集に励んでいます。

ガンに限らず、
母の鬱にも
主人のコリにも
私の不定愁訴にも
ミトコンドリアと乳酸が関係しているのかも知れない。
細胞が元気=ミトコンドリアが元気なら(ATPの生産量を増やすことができれば)、
私達は健康に過ごせるのかも知れませんね。

クエン酸で乳酸の代謝促進が期待できると言う話もあります。

そうそう、昔から「疲れた時には酸っぱいものを摂るといい」って、よく言いますね。
クエン酸といえば、梅干や、お酢や、レモンなどの柑橘類に多く含まれています。
疲れると乳酸がたまる。
クエン酸で乳酸を代謝(お掃除)。
身近なクエン酸で、「万病の元」とされる乳酸の蓄積を防ぐ事が出来る?
なるほど、そういう事か。

クエン酸や重曹はお掃除に使うけれど、このコンビは体のお掃除にも有効なのかナ?
もう少し勉強してみよう。






posted by マメコ at 14:00| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする