2017年07月25日

朱鞠内湖キャンプ 後編

『キャンプの朝は早い』ものですが、
前日のバタバタした買い出しと移動で、どっと疲れが出たようで、
7:30頃ようやくノソノソと起き出しました。
おはようさん。

朝からいい天気です。

P7194869.JPG


P7194796.JPG


テント内を撮影。


P7194861.JPG

中央のプラケース(100均)は、カトラリー入れに。
結構たっぷり入るし虫が付かないので、とっても重宝しています。
気に入ったので、色違い・サイズ違いも購入。
輪ゴムやクリップを入れたり、フリーズドライの細々としたものを入れたり、
なかなか便利です。


P7194850.JPG

一応持ってきたウールのひざ掛け、
夜は肌寒いくらいだったので、重宝しました。


朝食を済ませたら、第3サイトに散歩に出かけますか。

P7194813.JPG


普通乗用車だと、お腹をすってしまうかもしれない場所が幾つか。
でも場所を選べば入っては行けそう。

P7194831.JPG

P7194834.JPG

P7194833.JPG


第3サイトのいい場所には、ノルディスクのアルフェイム、
更に奥にはモンベルのテントとタープ。
第2サイトの私たちの場所からも、この第3サイトの湖畔はよく見えていました。

P7194823.JPG


遠目にもピシーッとキレイに張られているのがわかった、アルフェイムは、
初め構造物かと思うほどでした。


P7194817.JPG

フムフム、第3サイトの湖畔はこんな風になっているのですね。
更に少し下がった超一等地かもしれないと思われる湖畔の場所は、
この時は空いていました。


P7194826.JPG

オットはそこがとても気に入った様子。
レイサも余裕で建てられそうなスペースです。

ここに張れる人、ラッキーだゎ。(その後間もなく、ついてる人現る)

P7194872.JPG

アルフェイムの右下のその場所には、カヤードとテントが張られました。

第3サイトから第2サイトをみた図。

P7194821.JPG


第3サイトは段々になっていて、湖畔が満床だったとしても、
上のほうに張れば景色を楽しめそうだな思いました。
逆に第2サイトは、湖畔一択のような気がします。
秋に葉が落ちると、また雰囲気が違うのかもしれませんが。

ただ、ただね、
第3サイトのトイレ、古くて、超怖いんです。
明るい午前中に見ても怖い。
私は絶対無理。
どんなに景色が良くても、ここのトイレは怖くて入れそうにありません。
炊事場はきれいなんですけどね。
第2サイトのトイレは、新しくてとってもきれいでした。

自分たちのサイトに戻って湖を眺めていると、あちらこちらにカヌー。
お隣さんや、第3サイトからも2艇出て行きます。
カヌー気持ちよさそうだね。
いいね。
軽めのお昼を食べて、貸しボートに乗る事にしました。

第1サイトのすぐ下からボートに乗れます。
スワンはおらず、手漕ぎボートのみ。
漕ぎ手はオット。妙にやる気満々です。
先ほど出ていたカヌーは陸に上がったようで、
湖には誰もいませんでした。

IMG_3859.JPG

何がそんなに嬉しいのやら。(笑)

複雑に入り組んだ地形の向こう側はどうなっているのか、裏側を見に行ったり、
途中私が漕いでハチャメチャになったり、
力が入り過ぎのオットの手に、豆が出来たり、
1時間たっぷりと湖上散策を楽しみました。

キャンプ場があるのは湖の南側で、
見えているのはほんの一部です。
北側は全く見えていない状態。
道も通っていないので、多分空撮でしか見られないのでしょう。
幾つか島があって、船で釣り人の送迎をしているようです。
サクラマスや、稀に幻の魚「イトウ」にも出会えるようです。
クマが泳いで島へ渡っているのを見た人もいるそう。
ワイルドですナ。

遊覧船も出ています。
キャンプ場からは見えない奥のほうをグルリと回ってくれるので、
紅葉の時期は特におすすめだとか。
秋の朱鞠内湖、想像しただけでミゾミゾしてきます。(笑)

サイトに戻って、持ってきたマンガなど読みながらノンビリタイム。
持ってきたのは、『ゆるキャン』と『神様の御用人』。
神様の御用人は原作がとても良かったので、マンガを買ってみました。
原作の世界観のまま絵も好みで、面白かったです。
そうこうしている間に、第2サイトの一等地の方がお帰りになりました。
サヨウナラ〜。
次の人が建てる前にと、
空いたそのスペースをちょっと見学させてもらいました。

P7194842.JPG

ここイイヮ。
平らで広い。
奥にうっすら見えるのが我がサイト。
次回はここが第一候補か?
それとも右上の坂の上?

P7194844.JPG


ベストポジションに張るには、早い到着が鍵なのかもしれませんが、
こればっかりは、タイミング次第のような気もします。
(夕方、ラッキーな次の住人現る)

昨日は押せ押せのスケジュールでバタバタしたので、
今日の夕飯は余裕をもって準備を開始。
今夜は、ポトフと炊き込みご飯と、ソーセージや昨日の残った野菜など焼き物を少々。
軽く煮込んでからお風呂へ。
キャンプ場には24時間利用できるコインシャワーがありますが、
この日は、近くのレイク朱鞠内のお風呂が17:00−19:00で利用可能だったので、
早めに汗を流すことに。

さっぱりしたところで、夕飯開始です。

P7194877.JPG


明るいうちから飲んで食べて、片付けも終わらせ、
後はただのんびり湖面を眺めて過ごしました。
コレコレ、
このノンビリ何もしない時間がいいのよネ。

暗くなってから、焚き火を始めました。
炊事場に無料貸し出しの鉄板があり、
ここに薪を乗せて焚き火をすることが出来ます。


P7194899.JPG


日が暮れると肌寒く感じられ、
焚き火をするのには丁度いい気温でした。


P7194903.JPG

マシュマロ持ってくるんだった。

...........................................................


2日目の深夜、雨の音で目が覚めました。

湖畔へ向かって下がっている地形のため、
頭をテント後方にして寝たのですが、これがまずかった。
テントに雨が当たる音が、やけに耳元に近い。
ボツ・ボツ・バチバチバチ、ボツ・ボツ・ボツ。
木々に囲まれていたため、
雨音の他に、葉に溜まった雨が落ちてくる音も加わり賑やか。

外に出てみるとそれほどの大雨でもなく一安心しましたが、
雨音が気になってなかなか眠れません。
耳栓を持ってきたものの、耳栓自体が慣れないものだから、
尚更気になって眠れない。
適当な枕しか用意しなかったのも、まずかった。
合う枕、探さないと。




それでも少しは眠れたようで、朝起きると雨は上がっていました。
寝る前、オットが風よけのためにスカートをグルリと装着してくれたおかげで、
テント内への雨の侵入はほとんどなく済みました。
グッジョブ。

さて、朝食を済ませて、少しづつ片付けていきましょうか。
チェックアウトは夕方までOkなので、ノンビリ撤収の予定です。
スカートを外して洗って干し、
グランドシートの泥を流して雑巾で拭いて、
テントの水を弾いて拭いて、
この作業をしている間に、周りの方たちがどんどんお帰りになられ、
気付けば最後に私たちだけが残りました。
ガラーン。
皆さん、素早い。

全ての撤収が終わったのがお昼頃。
寝不足が堪えます。疲れてフラフラ〜。
帰りは幌加内のお蕎麦屋さんでお蕎麦を食べて、
のんびりR275で帰りました。
このR275が素晴らしく眺めがよく、そば畑があちらこちらに。
そばの花が丁度満開で綺麗でした。
R275は高低差もカーブも少なくて走りやすく、
おまけに高速を使うより近道だとわかりました。(メモメモ
家に着いたのは18時頃。

訪れた人がきっと、

『日本じゃないみたい』

と言ってしまう、朱鞠内湖。
ちょっと遠いのが玉に瑕ですが、とっても素敵な場所でした。

今回の反省を生かし、
雨音が気にならないような設営&場所選び、寒さ対策を考えて、
紅葉の時期にまたおじゃましたいなと思います。
あの眺めは、きっとクセになる。





posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| キャンプ | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

朱鞠内湖キャンプ 前編

7/18から2泊で、朱鞠内(しゅまりない)湖キャンプ場へ行ってきました。
札幌から北へ北へ、約220`の旅。
朱鞠内湖は、蕎麦の産地で有名な、幌加内(ほろかない)町に位置します。
人造湖ですが、とても複雑な地形で神秘的。

公式HP http://www.shumarinai.jp/

前日すったもんだありまして、家を出発出来たのが11時過ぎ。
途中お肉屋さんに寄ったり、パン屋さんに寄ったり、
とにかく寄り道が多い。(単に私の準備が悪いだけ)
「こんなはずじゃ...」な展開で、ひたすらオットに申し訳ない気分。
お昼過ぎには現地に着いている予定が、大幅な遅れです。
少しでも時間短縮になればと、R275を北へひた走るルートを変更し、
深川から高速でビューン。
途中、覆面パトにドキリとしたり。

朱鞠内湖に辿り着いたのは、確か16:40頃。
受付でチェックインを済ませ、薪を1束購入。(400円)
特に売店などは見当たらず、近隣に商店もありません。
買い忘れがあると、ちょっと困るかな。

さて、初めての朱鞠内湖。
サイトがどんな風になっているのか、さっぱり想像つかないままやって来たので、
ちょっとドキドキ。

ここは、第1サイト〜第3サイトまで3つのエリアに分かれています。

map.gif

第1サイトは芝生の開放的なエリア。
釣り客などの往来も多く、ちょっと落ち着かないかな。
第3サイトは上級者向けだと、確かどこかのブログに書いてありました。
車が入って行きづらいとか、トイレが怖いとか。

というわけで、まずは第2サイトに向かいました。
車から降りて少し歩いて回ってみます。
ポツリポツリ、湖畔にテントが建っています。
あそこが第2サイトの一等地と呼ばれる場所だね。(先客アリ)
あそこも良い場所だね。(先客アリ)

うむ。
良さそうな場所は先客アリです。
どこにしようかと決めかねていると、キャンプ場の方が声をかけてくれました。
こればっかりは好みだけど、あそこなんかもいいと思いますよ。
そう教えてくれたのが、第2サイトの一等地と呼ばれるやや左側。
湖畔に張ると、景色が最高によろしいらしい。
なるほど。
木立に囲まれていますが、プライベート感がある場所。
果たしてこのスペースにレイサが建てられるのか。
歩測で計ってみると、何とかギリギリ入りそうです。

ヨシ、ここに決めよう。
3度目のレイサ。
この日のために練習をしてきたのでした。
練習の成果を発揮して、何とかスペースを目いっぱい使って設営完了。
さぁ、ジャンジャン荷物降ろしていきましょか。

全てのセッティングを終えて、目の前に広がっていた景色がコチラ。


P7184767.JPG


皆さんがおっしゃっていたように、
「日本じゃないみたい」と言ってしまう。
「まるで北欧みたい」とも。(笑)

疲れが吹っ飛んだ瞬間でした。

まずはノンアルで乾杯。
お疲れ様〜。

P7194879.JPG


IMG_3886.JPG


P7184777.JPG


木立の中にひっそり佇む我がサイト。

P7184769.JPG


ノンビリしていたいところですが、
何せ時間も時間。
1時間後には日が暮れます。
寛ぐのは後にして、速攻でお米を研ぎ、野菜を切り、夕食の準備。

ニューフェースの カマド スマートグリル B6型 で、焚き火気分を味わいながら、
winpy-jijiiさんの、カマドの薪受けを実践してみました)

P7184770.JPG


P7184776.JPG


P7184778.JPG


P7184779.JPG


この眺めを楽しみつつ、

P7184784.JPG


ご飯が炊けるのを待ちます。

P7184772.JPG


今夜のメニューは、溶岩プレートを使った焼き肉。

P7184786.JPG

ジュー・ジュー。

お買い得のカルビ、旨し。
お箸が止まりません。
食事を初めて間もなくして、日が沈んでいきました...。


IMG_3830.JPG


後編へ続く。




posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| キャンプ | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

キャンプの片付け

7/18から2泊で、朱鞠内(しゅまりない)湖にキャンプに出掛けてきました。

片道5時間となかなかに遠く、今まで行く機会がありませんでした。
「日本じゃないみたい」
「まるで北欧のよう」
という噂通り、素晴らしい眺めのキャンプ場でした。

寝不足と撤収と長距離の移動で、昨日は疲れ果てて荷物を降ろす元気もなく、
気付けば朝でした。

布団でぐっすり眠れたおかげで、今朝はすっかり元気回復。VV
中高年は、栄養より何より睡眠が大事だと痛感。(笑)

朝から天日干しに追われています。
2日目の夜に雨が降り、撤収までに乾燥させられず、
湿ったまま持ち帰った道具たち。
テントやインナーテントやグランドシートや、大物を順番に干しています。
寝袋はオットの通勤の車の後部座席に広げて、車中乾燥。
カラッと乾いてくれるでしょう。

次回も気持ちよく使えるよう、椅子もテーブルも、乾かしています。
今日は晴れてくれて、助かりました。
キャンプ道具の片付けは、なぜか楽しい。




posted by マメコ at 14:46| 北海道 ☔| キャンプ | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

リメイク

winpy-jijiiさんに触発されて、
『思いついたらやってみよう』モードになっています。

数日前から、レイサの付属のインナーテント(2p用)を解体中。


P7124756.JPG


私たちは多分使う場面はないだろう、この2P用インナー。
別売りだったら良かったのに、と思ったものですが、
思いがけず使い道が降りてきた。💡

使わないなら、何かに有効活用したくなった、その程度のリメイクですが。
私がやろうとしている事が、そもそも役に立つのか、ただの要らん事しぃなのか、
オットは少々懐疑的。
それでも、私にはビンゴ!となる予感があるので、取り敢えず解体し始めました。
テントって想像以上に大きくて、ただひたすらリッパーでほどいております。
バラすまでを家でやっておいて、続きは現場合わせ。
さてさて、「これ、使える!」となるでしょうか...。

今日も猛烈な暑さ。
一体どうしちゃったのやら。





posted by マメコ at 13:00| 北海道 ☔| キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

お宝動画

お暑うございます。
札幌は、7日から4日連続真夏日となりました。
どこの家にもBBQセットはあっても、クーラーはない、
そんな札幌の一般家庭で、33℃超えとか、もうたまりません。
暑さにめっぽう弱くなった、元・神奈川県人、
夏本番を前に、すでにまいっちんぐ。

そんな中、焚き火台兼調理台になりそうな道具を、リサーチしています。
本当は『火』とか熱系は見たくないのだけれど、
素敵な動画に出会いました。
関西の方なのかな。
ギアのカスタマイズや、収納のコツや、アウトドア料理など、
経験とアイデアとユーモアがたっぷり詰まった有難い内容が、
惜しげもなく公開されています。
この暑さで意識が朦朧とする中、そんなお宝動画に出会えた事が嬉しくて、
正気を取り戻せました。




もうワクワクしてしまう。
自分なりに工夫する事は、キャンプの醍醐味でもありますね。

私も、息子たちのバッグについていた、バックルとかテープとか持ち手とか、
色んなパーツを切り取って残しています。
スポーツ系やアウトドア系のパーツは、丈夫で使い道が色々あるので、
お宝だったりします。


キャンプご飯の参考になる動画も沢山。






キャンプで、山ケトルを使っている方多いですよね。
軽くてコンパクトで、うちにも欲しいなと思ってはいるのですが、
美味しいコーヒーの抽出に欠かせない、細口がキープ出来ないのが難点、
今までそう思っていました。
嵩張るけれどコーヒーポットを持って行っています。

P5104022.JPG


そんな山ケトルの凄いアイデアが...。





なるほど、なるほど、針金状のものを付け足すだけで、
湯量を細く調節出来るのですね。
流石だな。

他にもギアを赤く塗装したり、商品開発したり、ミシンもかけなさる。
クゥー、カッコイイ。
勝手に『師匠』と呼ばせていただきます。(笑)





posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

美笛で DAY CAMP

先週、美笛でデイキャンプをしてきました。
5月・6月と、毎週木曜日はずっと天気が悪かったけれど、
この日は、スカッと晴れ渡った絶好のキャンプ日和。

今年初の美笛です。
10時過ぎに到着しました。

お天気が良かったというのもありますが、
さすがに人気の美笛は、活気があって賑わっていました。
特に湖畔が人気のよう。

ソロの男性やキャンピングカー、若いカップルや若者グループ、
私たちと同世代くらいのご夫婦など、実に様々。
平日だったので、ファミリーは少なかったかもしれません。
人が多いわりに、とても静かでのどか。

まずはグルリと1周回って、場所定め。
いいなと思った場所に、これから設営なのか、
それとも撤収完了でこれからお帰りになるのか、
どちらともつかない雰囲気を漂わせたカップルが椅子を並べて
寛いでいらっしゃる。
少し様子を見ながら待ってみましたが、動きがない。
待ち合わせかな?

その場所は諦めて、私たちは湖畔から離れた木陰に決定。
レイサの設営は2度目なので、今回は要領よくチャッチャと張れました。
11時前にはすべてのセッティングが終了。

張り終えたら、やはり先ほどの場所が空いていました。

P7064664.JPG

ポッカリ。

美笛は7:00〜チェックインOKで、
チェックアウト11時なので、場所取りはタイミング次第ですね。
あそこは次回の楽しみに。


今回は前も跳ね上げて、思い切り開放的にとフルオープンにしましたが、

P7064665.JPG


この日はポプラの綿毛が凄く、ぶゎぶゎっと舞っていまして、
うっかりすると口の中にも入ってしまうほど。
途中から片方だけ網戸仕様に。

P7064677.JPG


それでも、時折吹き抜ける風が心地よくて、極楽〜🎵

お昼はそうめんをツルツルッと食べ、
燻製をして、
インナーを吊って、中でお昼寝したり読書したり。

午前中木陰で快適だった我がサイトは、
午後にはカンカン照りの日にさらされて、アッチッチ状態になりました。


P7064691.JPG

テント内も半分日が入り、片側に移動...。

P7064698.JPG


午後の熱い時間帯に日陰になるというのも、夏の場所選びの大きな
ポイントですね。
太陽の動きをよむスキルが必要かも。


そうそう、今日は他に大事なミッションがあるのでした。
家で縫ってきたスカート合わせ。
涼しくなるのを待って、4時ごろから動き出します。

P7064699.JPG


P7064701.JPG


抜けにくいステンレスのヘアピンを準備しましたが、
割と簡単に抜けちゃう。うむ。
想像と違って、ちょっと拍子抜け。
ダメではないけど、頼りない感じです。

そう簡単には行きそうにもないという事がわかり、幕全体を採寸して
終了としました。
これは秋までの課題。


帰り際、湖畔で写真撮影などをし、


P7064718.JPG


P7064713.JPG


モーラップに立ち寄って、夕日を眺めました。

P7064726.JPG

モーラップにはテントが三つ。
楽しそうなウクレレの音が聞こえてきました。
このシチュエーションにぴったり。

支笏湖は本当に美しくて、気持ちのいいところです。
この日の美笛キャンプ場の気持ち良さは、
後々記憶に残るくらいのものだったろうと思います。
また出かけよう。









posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| キャンプ | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

ロールトップ・テーブル

今日は、某アウトドアショップのロールトップテーブル発売日。
何度も自作を考えたロールトップ・テーブル、
あの独特の金具がどうしても手に入らず、一度は諦めたものの、
理想の大きさ、理想の高さの、お値打ちテーブルが商品化されると聞き、
これは何としても手に入れなければと、やる気満々で臨みました。

開始30秒。
予想通り、サーバーはかなり混雑していたようで、
何度かはじかれましたが、
無事、買い物カゴまでたどり着き、ミッション成功。(フゥー、ヤリマシタ。

で、届きました。

P7124749.JPG

大きさ高さ共に、私たちの求めていたサイズ。
少し重いけれど、お値段以上と思われ、満足・満足。

最近、愛用中の美容液がプレゼントで当たって届いたり、
念願のレイサが手に入ったり、
保江さんの貴重な講演が聞けたり、
何だかついている気がしなくもない。

アリガトウー。




posted by マメコ at 18:14| 北海道 ☔| キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

7/7までにやるといい事

misaさんのブログで紹介されていた、保江邦夫さんの講演会の音声。
夏至の6/21から七夕の7/7までにするといい事を、お話されています。




いつもながらとても楽しい講演でした。
おすすめですョ。

7/7まであと2日ですが、まだ間に合います。

一つ、我がままに(本当の自分自身で在る)過ごす事。
一つ、今の自分に満足する事。

この二つが大事なよう。
肝に銘じて過ごしたいと思います。

この期間は、数千年に一度の大チャンスだそうです。
他力本願も時にはいいらしい🎵






posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| 不思議な話 | 更新情報をチェックする