2017年06月27日

店の事など

オットから頼まれた、店の細々した雑事を片付けました。

ミッション その@

価格改定に伴い、喫茶のメニュー表を作り替え。
いい機会なので、イマドキの雰囲気を少し取り入れてみようかと、
フォントデザイン集を購入。
最近は「ブルックリン風」が流行っていますね。


P6164495.JPG

グラフィティ&フォント素材集 NEW YORK DESIGN BOOK


P6164500.JPG


P6164509.JPG

一部書体とイラストを変えただけで、随分雰囲気が変わりました。

書体と言えば、
オガワキャンパルさんの「GRAND lodge」の、ロゴがとっても好み。

現在のオガワさんのロゴ
ogawa_maru90.jpg


ロッジのロゴ
13706851_506716922858478_134525470_a.jpg
 
(画像お借りしました)


ロッジのロゴ入りトートやマグも素敵です。(人気で品薄のよう)


話を戻して、
ミッション そのA

ウォールポケット。(壁掛けのシール入れ)
オープン時に作ったものを今までずっと使っていて、
長年のコーヒーの微粉が付着したそれは、流石にお疲れ。
昨年末オットから作り替えを依頼されていたのが、
半年遅れでようやく完成しました。

汚れが目立つけれど、壁に馴染むオフホワイトがいいとのことで、
パラフィン加工の10号帆布を使用しました。

アイテム名はアイロン転写のシートを使います。
これは毎日オットが使うものなので、見やすさ、分かりやすさ第一で、
書体はいたってノーマル、おまけに文字間隔少し広めで老眼対応。

P6134468.JPG


P6134474.JPG


P6154479.JPG


針は14号、糸はシャッペの30番。
6枚重ねの箇所も何とか縫えました。

P6154480.JPG

久しぶりにミシンを触ったおかげで、スイッチが入ったのか、
トップスのパターンを一つ注文してみました。
熱が冷めないうちに作れるかナ。






posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

道民の森一番川 DAY CAMP

念願のテント、『レイサ(スペリオール)』が我が家にやって来ました。(

P6234615.JPG

昨年秋の、レイサのベージュ数量限定販売情報を逃し、
長い冬を越えて、ベージュの再版情報に小躍りしたのが今年の4月、
あちこちに入荷のお知らせメール登録をして、楽しみに待った5月、
なかなか入荷の知らせが来ないまま5月は過ぎ、一旦は諦めムード。
この間に、他の幕(ローベンスとか)に目移り。
ただ、良いなと思ったトリプルは残念ながら廃番。

6月に入ってから、いつもお世話になっている秀岳荘さんでレイサの予約に成功。
このまさかの展開に、
ガッツポーズというより、しみじみと喜びを噛みしめたのでした。
メンバー割引きと合わせると、どこよりもお買い得だった秀岳荘さん。
ありがとう ありがとう。
本当に頼りになる、良いお店です。

想像通り、レイサ6はなかなかに大きくずっしりと重い。(17`)
使わないであろう、二人用インナーは除けて、
ポールやマットなど、分けられるものは別にして運ぶことにします。

早速張ってみようと、夏至の日にデイキャンプに出かけてきました。
キャンプ泊の予定が、またも雨で流れてデイキャンプ。(これで4度目ョ)
おじゃましたのは、当別の道民の森一番川キャンプ場。

P6214548.JPG


P6214546.JPG

今回もやはり、貸し切り。
シーンと静まり返っていて、携帯もまさかの圏外。

管理人さんおすすめの15番サイトに陣を構える事にします。

P6214575.JPG

川が見える、いい雰囲気の場所。

慣れてきたら15分で設営できると聞いているレイサ。
ストップウォッチをスタートして、設営開始。
     
         
         ▼
         ▼

写真を撮る余裕がなかったので、完成図をどうぞ。


P6214590.JPG


P6214594.JPG

シワシワでごめんなさい。

P6214586.JPG


P6214584.JPG

ペグ打ちだけで、ロープは張らずに終了。
ここまでで所要時間30分。
慣れたらもう少し早く建てられそうです。

想像通り大きいけれど、大き過ぎる感じはしません。
天井が高いので、居住性抜群です。

色も明るくてgood。
リップストップ(格子)の生地も丈夫そう。


P6214558.JPG


タープより、囲まれている分プライベート感があって、
3方を全開すると、タープ並みの開放感も味わえました。
あちこち開けたり閉めたり、色んなアレンジを試してみました。

窓があるのが、レイサに惹かれた点でもありましたが、
窓はやっぱりいいですゎ。(嬉)


P6214560.JPG


外から覗くと、こんな感じ。
窓を塞ぐシェードが内側にちゃんと付いてるところも、ニクイ仕様です。

P6214565.JPG


お昼はビストロの達人で、すき焼きをして、

P6214540.JPG


食後にインナーテント(4人用)を吊り下げてみました。

P6214577.JPG

敷いたのは、ロゴス(LOGOS) ぴったりグランドシート270。

  


このロゴスのシートは、アメドのMサイズにピッタリですが、
レイサ6の4人用インナーにもジャストフィット。(嬉)
前に少し余る分は、靴を脱ぐのに丁度いいスペースになります。


P6214581.JPG

インナーの上部にあるメッシュは、フルタイムメッシュ。
スースーしそうなので、閉じる事が出来るように対策したいなと思います。

足元の(特に左側)隙間は、やはり気になりました。
ブルーシートの色違いの、グリーンや黒を使ってスカートを作っている方が
多いようです。
これなら私たちにも気軽に挑戦できそう。

幕を傷めないヘアピン止めとか、
ファスナーやマジックテープでの着脱式や、
スカートを直接幕に縫い付けるとか、
逆に内側から風の侵入を防ぐ方法とか、
数多のキャンパーさんの、貴重なチャレンジを参考にさせていただきながら、
すき間風対策を考えようと思います。

メーカーのHPで、サイズはこのように表記されていますが、

floorplan-Reisa-6-800x500px.jpg
(画像お借りしました)

計算が合わない気がする...。
個体差もあるでしょうから、採寸は必須かも。




posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| キャンプ | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

就活準備

我が家の長男、現在大学院1年生なのですが、
呑気に今もサークルに精を出しております。
先日も合宿に行ったり、大会に出たり。
中高時代の同級生は、すでに社会人1年生になっていて、
世間にもまれているというのに、
君はそんなんでいいのか?と少々心配になるのです。
同じ大学に通う1つ上の姪っ子(院生2年)に聞くと、「私も今も大会出てるよー」との事。
「サークルでは、おばあちゃんって呼ばれてるのー」、とあっけらかん。
これは遺伝か?
それとも、そんなものなのか?
姪っ子はもう内定出ているからいいけど。

この夏から、いよいよ息子の就活の準備(インターンシップ)が始まるらしく、
就活バッグやスーツケースなど揃える必要が出てきました。
私からは、就活バッグをプレゼントすることにし、色々調べてみました。
よくわからないけど、こんな感じの出いいのかな?



【 AVECALDO ビジネスバッグ メンズ A4 大開き 】 リクルートバッグ 就活 出張 PC収納 AV-E113(ブラック)

早く学生終わっって欲しいものです。









posted by マメコ at 12:56| 北海道 ☔| Comment(0) | 子供 | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

CB缶カバー

100均で売っている、ペットボトル用のストレッチカバーが、
CB缶(カセットボンベ)のカバーに使えるという噂を検証してみました。

黒が無かったので、モスグリーン(抹茶色)をチョイス。

P5264398.JPG

どれどれと試してみたら、

P5264408.JPG


本当にピッタリ。

P5264409.JPG


お馴染みコン郎が、ちょっといい感じになりました。

P5264413.JPG

CB缶にカバーをかけるって、凄いコダワリ&発想だなとびっくりしつつも、
カバーでゴチャゴチャした絵柄を隠すと、
なるほど、雰囲気がよくなるのは確かだわと実感。(抹茶色でさえ)

これ、一体どんな場面で使うかと言うと、
オットが欲しがっているSOTOのこんなストーブのCB缶に、
装着するとよろしいらしい。


ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310


この位置だと炎に近いように思うのですが、
燃えたりしないんでしょうかね?
大丈夫なのかな?

20年以上使っている我が家のプリムスのバーナー。
今も使えますが、流石にちょっとガタがきてしまっていて、少々不安定に。

P5103994.JPG

地面に置いて安定させてるの図。

買い替えるなら、違う形状のがいいねと、
安定感のある↑SOTOのストーブが候補に上がっています。
OD(アウトドア)缶に比べて、CB缶は安価で入手しやすいのが何よりの利点。

最近知ったのですが、CB缶も中身が色々あるのですね。
廉価版の中身はブタンガスが主だそうですが、
プロパン入りや、寒冷地に強い(イソブタンが多く入った)ガスなどあるようで、
北海道のアウトドアシーンでは、
寒冷地用を備えておいた方が何かと使い勝手が良いと学びました。

それからというもの、
スーパーやホームセンターで、イソブタンの入ったTOHOのゴールドガス缶を、
探すように。
これがなかなかお目にかかれずにいますが、秋までには出会いたいものです。





posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

真狩 デイキャンプ

先週のキャンプ泊も、またも雨で流れました。
札幌はこのところお天気が続きません。
雨でもキャンプは行かれるのだけど、ヘタレな私たちはキャンプ泊は諦めて、
真狩(まっかり)自然公園キャンプ場でデイキャンプをしてきました。
「蝦夷富士」と呼ばれる、羊蹄山の麓にあるキャンプ場です。

キャンプ場の近くには羊蹄の湧水がありまして、
その隣の湧水を使った人気のお豆腐屋さんに寄りました。


P6074440.JPG

湧水の水汲み場も、お豆腐屋さんも、とても賑わっていました。
午前中だったのでお豆腐の試食がたくさん並んでいて、
あれもこれもといただいて、試食でお腹いっぱい。
どれも美味しかったのですが、何とか5つに絞り購入。

お豆腐屋さんからキャンプ場まではほんの数分の距離です。

P6074443.JPG

管理事務所でまずは受付。
管理棟そばの芝生では、無料でデイキャンプをしていいそうなのですが、
今回はキャンプ場の下見も兼ねていたので、キャンプサイトのフリーを使わせて
いただくことに。二人で1.200円。
アウトは何時でも構いませんよーと、かなりアバウトでした。

管理棟から800mほど進むと、キャンプ場があります。
真狩キャンプ場は縦に長く、思っていたよりこじんまりとした印象です。
キャンプサイトはこの日も貸し切りでした。
さすがにちょっと寂しいものですね。
ただ、こちらのキャンプ場は羊蹄山の登山者たちの通り道になっていて、
下山された方々が数人通って行き、
たまにキャンプ場の下見らしき車が数台入ってきたりで、
多少の人の気配はありました。

フリーサイト6区画分の真ん中に、ドーンと贅沢に張らせていただき、
羊蹄山を正面に仰ぎます。
先月と比べると、随分羊蹄山の雪が減っていました。
この日は長袖で丁度いいくらいの気温。


P6074465.JPG


虫がやたらと多く、自作の虫よけスプレーをシュッシュして、
何とか凌ぎましたが、そろそろ蚊遣りなどの出番のようです。


さて、一息ついて先ほどのお豆腐屋さんで買ってきたものを並べてみます。
お豆腐のドーナツ、すごいとうふ、名水わらび餅、湯葉ひろうす、
そして燻製豆腐。

P6074447.JPG


「すごいとうふ」が一番のお楽しみですが、
これは家に帰ってからいただくとします

燻製豆腐を食べてみましょう。

P6074456.JPG

P6074460.JPG

むっちりと、しっかりした切り心地。
さてさてお味は。

旨。
うましでございます。
以前木綿豆腐の燻製に挑戦したことがありましたが、全くの別物。
しっかり水切りされていて、燻製の香りがのっていて美味しい。
まるでチーズ。

昼食後は、読書をしたり、カメラの充電切れに凹んだり、
蚊と格闘しながら昼寝をしたり、ノンビリ過ごして4時過ぎに撤収。
真狩は家から1時間半くらいの距離なので、明るいうちに帰宅できました。
近いって、楽ちんです。疲れませんね。

夕飯に、「すごいとうふ」をいただきました。
本当にすごくて、「旨い!」と一同大絶賛。
濃い豆乳の中にお豆腐が入っていて、ちょっと取り出すのに苦戦しましたが、
しっかりとした硬さがあり、濃厚で、とっても美味しいお豆腐でした。
また行こう。

このお豆腐屋さんと、近くのお蕎麦屋さんの「いし豆」さんと、
パンの「JIN」さんを、このエリアの「3皇」と呼ぶ人もいるのだとか。
「皇」って...。
好みは人それぞれでしょうけれど、真狩&ニセコは魅力がいっぱいのエリアです。
いし豆さんは残念ながら定休日で、JINさんはちょっと遠回りになるので
今回は割愛。

お豆腐屋さんの隣の羊蹄山の湧水ももちろん美味しいのですが、
以前「さかもと公園」の湧水(甘露の水)にとても感動したので、
私たち的には、この4ヶ所を回れたら最高かなと思います。
それと、「マッカリーナ」でランチしてみたいナ。
これはまたの機会のお楽しみに。






posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| キャンプ | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

今年のフラックス

今年も、庭のフラックスが咲きました。


P6014419.JPG

P6014415.JPG

(多年草のフラックス)

手前には、昨年の一年草フラックスのこぼれ種から芽が出始めています。
今年も、多年草と一年草と、時間差で咲いてくれるのでしょう。
長くフラックスを楽しめそうで嬉しい。

夏至に向かうこの時期は、草花の成長著しく逞しく、雑草もパワー全開。
グランドカバー用の上にクローバーが覆いかぶさって、
クローバーを抜くと下のグランドカバーも抜けてしまう事に。(ヤレヤレ
すでに無法地帯となりつつあります。

気付けば1時間以上雑草抜きをしているなんてよくある事で、
座ったままコロコロ横に移動できる、あの便利そうなカートや、
電動草刈機が欲しい今日この頃。






posted by マメコ at 10:18| 北海道 ☔| 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

デイキャンプ からの夕日

先週、キャンプ⛺泊の予定だったのですが、
生憎の雨、強風、そして雨。
先々週、古いタープの建て方のおさらいをしたのは、この日のためでしたが、
ここはすっぱり諦めて、近場でのデイキャンプに変更。
我が家の晴れ男の運も、今回ばかりは発揮されず。

天気予報では、道央方面はやはり雨、洞爺湖方面は晴れ。
行ったことのないキャンプ場を開拓してみようかと、
行先は、洞爺湖近くの大滝のオロウエンキャンプ場に決めました。
ここは個人オーナーさんがやっているキャンプ場だそう。

オロウエンキャンプ場の公式サイトやFBは特に見当たらず、
本やキャンパーさんのブログ情報などから、
予約は必要なさそうと判断し、取り敢えず出撃。
念のため、途中の中山峠から電話を入れてみましたが、繋がらず、
チェックアウトで忙しいのかもね、と深く考えずに向かいました。

ナビに導かれキャンプ場に到着。
と、そこで私たちが目にしたのは、入り口に掛かったチェーン。
こ・これは?
確か、定休日は月・火のはずだけど...。
再度オットが電話を試みるも、呼び出しの途中で電話が切れたとか。
天気が回復したから、おじさんどこかに出かけちゃったのかナ?

ちょっと残念でしたが、急きょキャンプ場を変更。
洞爺湖畔の財田キャンプ場に電話をし、財田でのデイキャンプと相成りました。

ここは10年ぶり。
急な引っ越しでテンテコマイだった時に、
何とか準備して家族4人で楽しませてもらった、
思い出深いキャンプ場です。

今回はフリーサイト利用で、二人で900円。

P5254333.JPGP5254332.JPGP5254325.JPGP5254315.JPG


5月の平日、誰もいません。
広ーいフリーサイトを貸し切りです。

P5254349.JPG
ポ ツ ン。


着いた時は少し肌寒かったので、
カセットガスストーブで暖を取り、

P5254322.JPG


音楽を聴きながら、

P5254317.JPG


燻製作りをして、


P5254365.JPG

P5254371.JPG


散策して、


P5254334.JPG

チェックアウトの16:00まで過ごしました。

その後どんどん天気が良くなり、
オットが夕日を見に行こうなどと言い出しまして、
1時間半かけて支笏湖のモーラップキャンプ場へ移動。


モーラップは、ソロの小さなテントが二つだけ立っているのが見えました。
こちらも平日はガラーンとしています。

向うの山に日が沈むのを見届けて、

P5254394.JPG


家路につきました。
今日は一体何キロ走ったのやら。
行き当たりばったりで、疲れたビー。

結局新規開拓にならなかったデイキャンプですが、
大滝オロウェンはいつかリベンジするとしましょう。
ここは、週末以外は事前の確認が必要なのかも知れません。





posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| キャンプ | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

調理道具

次回のキャンプ泊の食事について、
メニューどうする?
何食べたい?
毎晩のようにオットとそんな話をしています。
何でもいい気もするし、せっかくだからという気もするし、
堂々巡りの日々。

デイキャンプの多い我が家は、
炭火をメインとする調理はスッパリ諦めて、
準備も片付けも楽なカセットガスをメインに決め、
4月にビストロの達人を投入しました。(家用でもあるけれど)
ビストロの達人は何回かデイキャンプで使用しましたが、
外に持ち出すにはちょっと大きく、パッキングに困るのが唯一の欠点。

次回のキャンプ泊に向けた新たな戦力に、『炉ばた大将』を検討中です。



イワタニ 炉ばた大将 炙家 【カセットガス式 網焼き・串焼き専用器】 CB-RBT-A


これ、渋いでしょ。
するめを炙って熱燗とか、演歌が似合いそうな世界。
網焼きと串焼きが得意のよう。

この炉ばた大将、他社から大将専用のアタッチメントも出てます。
焼き肉用に、極厚鉄板や溶岩プレート。


2枚セット!20センチ角! 穴が少ない高級溶岩だけを使用しています♪ 価格で勝負の切削仕上げ! 手軽に焼肉!溶岩プレート20×20cmタイプ

他にも、以前欲しかったユニセラTGのアクセサリーが、
実は大将にシンデレラフィットするという話を耳にしました。
半分でおでん鍋をセットして、半分で網焼きとか、
半分で溶岩プレートで焼き肉とか、ミニスキ乗せたりフォンデュしたりと、
あれこれ出来て、メニューの幅が広がるようなのです。
イワタニのたこ焼きプレートも、ばっちりはまるとの情報も。


炎たこ用プレート

この何通りにも使えるというのが、実に魅力的で、
片付けが楽で、メニュー選び放題の夢の調理器具!と、
私は買う気満々でいます。
後はいかにオットにプレゼンするか。
おでんも焼き鳥も焼き肉も楽しみにしているオットですから、
同意してくれるかな。
季節に合わせて、付属を買い増ししていくのも楽しそうです。

焚き火も調理も出来る、こんな楽しい道具も出ていて、ワクワクします。
小さな焚き火を楽しむのもいいですね。


キャプテンスタッグ バーベキューコンロ 焚火台 1台2役 折りたたみ カマド スマートグリル B6型 UG-34 バッグ付


2人用の小さな炊飯用クッカーも欲しいし、


ユニフレーム ライスクッカーミニDX 660331


軽めのホーロー鍋も煮込みに使いやすそう、





すき焼き・鍋・餃子も焼ける、コンパクトな鍋もうちには合っていそう。


シェラカップ、実はまだ持っていません。
持ちづらくて、しっくりこなかった。


スノーピーク(snow peak) チタンシェラカップ E-104
スノーピーク(snow peak) シェラカップ E-103

これはロッキーカップと言うのかな。





チタンじゃないけど、
こんな真空二重構造のステンレス製のかき氷のお皿も面白いかも。



冷たさが伝わらないという事は、熱も伝わらないはずで、
スープカップやとんすいの代わりになるような気がしていいます。
目下、試してみたい衝動に駆られているところ。


荷物は極力増やしたくないけれど、美味しいものは食べたい、
で、堂々巡り。
自分にベストな選択って難しいけれど、
道具は、よく吟味して納得して、揃えたいものです。





posted by マメコ at 20:59| 北海道 ☔| キャンプ道具 | 更新情報をチェックする